オフの日4−4

2010年06月30日(水) 1時00分
オフの日・4−4


透明「それで 頼み事ってなに

タイ「それがよ〜 俺もよくわからんのだよ

透明「

タイ「実はな・・・。」


タイさん曰く、知り合いからの紹介

劇場を経営している会社から色々と頼まれ事を

されていて、困っていたらしい

その頼まれ事というのは、どうも

その劇場で、相次ぐ事故が多発しており

何かに祟られているとか 何かいるとか

噂になり経営も悪化していて、どうにか

事故の無いようにしたいということで

タイさんのお店にある御札やら御守りやらを

とにかく持ってきて欲しいということらしいのだが・・・。


タイ「そんなんよ〜 原因もわからんのに

   持って行けるかって〜の

   品物がかわいそうだ


こんな感じで、ごねているらしい

しかし、こんなんでよく商売してるよな〜


透明「でもさ〜タイさんのお店のモノなら

   効くって知り合いが言っちゃったんでしょ

タイ「そっ それなんだよな〜

   一応、そいつはオメ〜と違って

   筋の通ったヤツでよ〜

   断わりにくいんだよ

透明「・・・・・。」


一言多いんだけど・・・。


タイ「まあ、そんなこんなでお前が来たからよ

   いっちょ頼むわ〜

透明「はぁ〜っ・・・私が来なかったらどうしたの

タイ「あ〜あ そんなの来させるにきまってんだろ

透明「・・・結局やらせるつもりだったんじゃん

タイ「ちっ くどくどいってんじゃね〜よ

   お前の師匠なら

   くどくどくどくどくどくどくどくど

   くどくどくどくどくどくどくどくど

   くどくど
・・・・・・・・・・・・。」


・・・あんたが一番くどくどいってんじゃん


透明「わかった、わかった それで、いつ行くの

タイ「今からに決まってるだろ〜

透明「えっ

タイ「ちょっと待ってろ 今、電話すっから

透明「ち、ちょっと


泰蔵さんは、電話をかけに奥へいってしまった・・・。

はぁ〜・・・せっかくの休みが・・・。

しばらくして泰蔵さんが帰ってくる


タイ「大丈夫だってよ


なんであんたは、嬉しそうなんだよ

大丈夫か確認しなきゃいけない人、まだいるでしょ


タイ「何、ぶつぶつ言ってんだ 行くぞ


私はタイさんに連れられ、電車で30分ほど行った

劇場へ拉致られた・・・。



透明「へ〜っ 結構でかいんだね〜

タイ「ほんとうだな〜


タイさん・・・本当に何もしらんのね

劇場は、思っていたよりも立派なもので、

外から見た限りでは問題は無いように視える

ということは、中か・・・。

私達は依頼者の待つ事務所に足を踏み入れる





         続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

オフの日4−3

2010年06月28日(月) 1時00分
オフの日・4−3


タイ「あのよ〜 お前このあいだ、錬成水晶

   ぶっ壊したんだってな〜

透明「あっ


うっ なんて地獄耳


タイ「おめ〜っう〜ヤツは〜

   品物の価値がわからんのか〜


や、やばい タイさん、品物のこととなると

マジしつこいからな〜


透明「あ、あれには理由が・・・。」

タイ「理由もへったくれもあるか〜〜〜

   くどくどくどくどくどくどくどくど

   くどくどくどくどくどくどくどくど

   くどくどくど
・・・・・・・・・・。」


は〜ぁ・・・しばらくかかりそう・・・

それから30分・・・



タイ「わかったか〜

透明「は、はい

タイ「それで、今日は何しに来た

透明「そ、そんなワケで・・・錬成水晶

   わけて欲しいのですが〜


タイさんがギロッとこちらを睨む


透明「うっ

タイ「ほらよ そうくると思って用意しておいた

透明「あ、ありがとう


相変わらず素直じゃないんだから


カリカリ・・・カリッ・・・・。」

透明「・・・

タイ「どうした

透明「い、いや タイさん今何か聞こえた

タイ「はあ〜っ 何言ってるんだ

透明「い、いやなんでもない・・・。」


おかしい・・・何か・・・変だ・・・。


透明「タイさん 私を見て何か変わったところ無い

タイ「は〜あ〜 

   何気持ちのわり〜こと言ってるんだ

透明「いいから、素直に

タイ「・・・別に何もないけどな〜

透明「そ、そっか・・・。」

タイ「


確かに聞こえたんだが・・・。


タイ「おっ それよりよ〜 ちょっと頼まれて

   くれね〜か

透明「また〜 ただ働きはゴメンだよ

タイ「ちっ 口がへらね〜野郎だな〜

   錬成水晶と交換ならどうだ

透明「えっ まじ


実は錬成水晶ってバカ高いのだ


タイ「おう 二言はねぇ〜 どうだ

透明「・・・のった

タイ「よし それじゃあ・・・。」



あれっ 今日ってオフの日じゃなかったっけ

まっいっか


嵐のはじまりである・・・。




          続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

オフの日4−2

2010年06月26日(土) 1時00分
オフの日・4−2



透明「ふぁ〜っ よく寝た〜


久しぶりのオフということで、心おきなく

爆睡した私は、顔を洗い早速日課の自己鍛錬へ


透明「いや〜 一日自由って

   何て気持ちがいいんだ〜

   走ってる世界まで違って見える〜〜〜


そんなことを言いながら、軽く汗をかいた私は、

シャワーを浴び、今日一日何をしようか

ワクワクしながら考える・・・。


透明「さ〜てと、今日はどうしようかな〜


色々考えてみても、久しぶりの休みともなると

何をしてよいのか かなり迷ってしまう

やりたいことはイッパイあるのだが・・・。


「カリ・・・カリッ・・・・。」


透明「んっ・・・気のせい


私は、取り敢ずあてもなく外に出ることにした


透明「さてと、どうしようかな〜

   クスクス たまにはアテもなくふらつくのも

   良いかも〜


そんなこんなで、適当に町をふらつきながら

本屋さんに入ったり、家電をみたり、

本当に暇を楽しんでみる


透明「おお〜っ スーパーに買い出しでも行くか


私は、今夜の食事を作る材料を調達する為に

スーパーを覗いてみる

えっ 料理出来るのかって

チッチッチッ なめてもらっちゃ〜困ります

これでも私、調理師免許も持ってるんですよ〜

てなワケで、野菜コーナー


透明「・・・・・げっ キャベツ高っ

   野菜高すぎ・・・う〜ん・・・。」


完全に主婦目線の透明です

最近気候の変化で野菜が高くなってるとは聞いていたが、

これほどとは・・・

結局、スーパーとの価格紛争に負け

手ぶらで帰る透明先生・・・完敗である


透明「はぁ・・・次どこに行こうかな〜


何だかんだやりたいことがあるくせに、

せっかくの休日を無駄に使う私

そんで結局行き着いたのが・・・。


タイ「なんでぃ 何しに来た


非道い言われようだな〜

一応、ここお店だろうが〜

取り敢ず、買い足したいものもあったので、

泰蔵さんのところに来てしまった
・・・。




            続く・・・。






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

オフの日4

2010年06月24日(木) 1時00分
カリ・・カリッ・・・カリカリ・・・


  「カタン・・・カタ・・・・カタン・・・


    「ギギッ・・・ギギギッ・・・


??「


ヒト・・ッ・・・フタ・・・ッ・・・ミッ・・・


??「 きゃ〜〜〜〜〜っ



透明「 ぎゃ〜〜〜〜っ


す、すみません あまりに怖かったもので

えっ 今なにしてるのかって

・・・実は・・・。

ビデオ見てました〜

えへへっ 明日はオフの日なんで、

今日は近くのビデオ屋さんで、ビデオ借りまくり〜

たまにはこういうのも良いかな〜なんて

そんなワケで、最近話題の作品を見ていたところ

怖いビデオにも挑戦してみたりして〜

・・・でも・・・怖すぎやんけ〜

これなら本物の方が怖くない〜

って想いながら目を細くして観賞していました 

さ〜て、大体見終わったし そろそろ寝んべ

皆さんお休みなさ〜い・・・・ZZZzzz・・・。




オフの日・4 

スタートで〜す



透明「・・・・す〜っ・・・


カリ・・カリッ・・・カリカリ・・・


透明「・・・う〜ん・・・



何やら嵐の予感です・・・。




         
          続く・・・。





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

男心のラプソディ〜・6

2010年06月22日(火) 1時00分
男心のラプソディ〜・6





透明「簡単だよ 好きな人と一緒に

   幸せになろうと想ってごらん


晴貴「えっ

透明「自分が本当に幸せになりたいと想うなら、

   相手の幸せは不可欠なものなんだ

   その幸せを相手に与えられるのは、晴貴くんだけだし

   晴貴くんの幸せを与えてくれるのは

   晴貴くんを想う相手だけなんだよ

晴貴「

透明「簡単なことだけど、恋愛って

   相手が自分を本当に幸せにしてくれるのか

   この人で本当に大丈夫なのか

   って、模索しながらしていくものと思われてるけど

   私から見ると、ちょっと違うような気がするんだ

晴貴「

透明「私は、過去に沢山のカップルを鑑定してきて

   結婚していった人達をみてきているけど

   どのカップルをみても、そんな考え方

   している人なんていないんだ

   本当に幸せを手にした人達の考え方は、皆同じ

晴貴「そ、それって

透明「相手を自分がどうやったら幸せにしてあげられるのか

   相手を本当に幸せにしてあげたい

   本当に自分が相手を幸せに出来るのか

   皆そう願い、悩んでいた気がするんだ

   相手の幸せを望むことが相手との距離を縮めて

   本当にわかり合える大切な存在になる


   皆その考えを自然と理解していたからこそ

   自然と幸せを実感しているんだと想う

   もちろん、そう想える相手を得ることも大切だけど

   その気持ちに立てれば色々な形で、そういう人との

   縁もつながっていけるようにこの世の中出来ているものなんだ


   要は、それだけの器が出来ていないと

   出会いすら遠のいていってしまうものなんだよ

晴貴「・・・・・。」

透明「晴貴くん 人としてのプライドを持ちなさい

晴貴「

透明「シテもらう、大切にしてもらう、自分を大切にする

   そんな情けないプライドなんていらないし

   所詮そんなものは他力本願だよ

   人として立派な大人として、人一人幸せに出来ない

   ようなプライドなんていらない

   自分が人として、男として人一人の人生を

   プライドをもって幸せにして行く

   そんな真っ直ぐな生き甲斐をもったプライドをもってごらん

   先生は出来ない人には言わないよ

   晴貴くんなら出来ると想って言ってるんだけど・・・

   無理かな

晴貴「・・・プライド・・・。

   わかりました 俺、出来る男ですから

   先生の期待に答えてみせますよ

透明「くすくす 約束だよ 期待しているからね


まあ、晴貴くんならこれで大丈夫だろう

彼の場合、何度か経験を積んでいけば必ず

その境地にまでたどり着いてくれると想う

私は、晴貴くんにあらためて出会いのチャンス

レクチャーしなおし、彼を見送った・・・そして・・・。




半年後・・・



晴貴「先生今日は報告で〜す

透明「ど、どうしたの

晴貴「自分、結婚します

透明「は、はい〜っ ち、ちょっとまって

晴貴「大丈夫ですよ〜 

   ちゃんと彼女を幸せにするために、頑張ってますから

   俺は、やるときはやる男なんで

透明「は、はぁ・・・お、おめでとう

晴貴「あはははははっ



ナルシスト&俺様主義も、方向を正せば

誰よりも凄い力が出るものなんだな〜っと、

呆気にとられながらも感心する透明なのでした・・・。



   
               





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

男心のラプソディ〜・5

2010年06月20日(日) 1時00分
男心のラプソディ〜・5




透明「実際、今までの恋愛を見てもわかると

   思うんだけど、晴貴くんの場合、

   自分が100%だから相手も100%だと

   思っているフシがあるよね

晴貴「は、はい

透明「まず、ここを修正しよう

   女性は男性と違い、最初は何処かで

   距離を保っている

   それなのに晴貴くんは相手も100%だから

   何しても大丈夫だと思って行動してしまうんだ

晴貴「げっ

透明「特に晴貴くんの失敗で多いのって

   自分でわかるかな

晴貴「・・・


透明「キツく聞こえたらごめんね 君の場合

   自分がしてしまったことには気がつかずに

   相手にされたことが全面に出て来てしまう

   要は、自分の痛みにだけ敏感になってしまって

   ないかな

晴貴「・・・・・そ、そうかもしれません

透明「これは、男性にも女性にも言えることだけど、

   恋愛って、自分の痛みに敏感だと上手く

   進まないものなんだよ

晴貴「自分の痛み・・・。」

透明「女性も男性も人間だから、感情が先行して行くもの

   特に恋愛や結婚となれば、気持ちの入り方も

   感情的になりやすい

   冷静になれない自分がいて当たり前なんだけど、

   少し角度を変えてみれば、単純なことも多い

   相手を好きな気持ち相手を好きで努力している自分

   どちらを大切にするのか たったそれだけで

   結果は大きく変わって行くものなんだ

   晴貴くんの場合は、好きな相手に恋をしている自分が

   好きで、大切なんだと想う
 だからこそ、

   自分が想っている分、相手も想ってくれているって

   解釈になるんじゃないのかな

晴貴「それじゃあ、相手は自分が想っているより

   想ってくれてないんですか

透明「状況次第かな 相手にもよるけど、最初から

   相手が100%だと想うのは違う気がするけど

晴貴「・・・・・。」

透明「晴貴くんは、恋愛のタイプとして

   シテ当たり前シテクレテ当たり前

   どっちが強いかな

晴貴「えっ え〜っと

透明「それじゃあ、質問

   彼女がシテ欲しいことをしてくれなかったら

晴貴「そりゃ〜腹立ちますよ

透明「晴貴くんが嫌いな場所に彼女が連れて行って

   欲しいって言ったら

晴貴「え〜っ・・・我慢出来なければ行きません

透明「晴貴くんが口に出してないのに、晴貴くんが

   シテ欲しいことを彼女がしてくれたら

晴貴「そりゃ〜嬉しいに決まってますよ〜

透明「彼女が本当は行きたくないと想っていても

   晴貴くんと一緒なら何処でも良いよって

   晴貴くんの好きなところについて来てくれたら

晴貴「そりゃ〜悪いことしたな〜って想うけど

   でも、何か嬉しいですよね〜

透明「そう言っていながら、彼女がその場で

   つまらなそうな顔をして、早く帰りたがったら

晴貴「そんなのなんだよって感じですよ

透明「・・・・・・。」

晴貴「あっ

透明「ほらね やっちゃってるでしょ

晴貴「・・・はい・・・

透明「今聞いている限りでも、晴貴くんは

   シテクレテ当たり前なほうだよね

   もし、今の質問の中で、相手が自分よりも

   君のことを優先に君だけを大切に考えていたら


   相手が君の気持ちを最優先に考え行動してくれていたら

晴貴「・・・・・。」

透明「先生の言っている意味は、わかるよね

   晴貴くんは相手にそれを望み、強要しているんだよ

晴貴「・・・はい・・・

透明「もし相手にそれを強要するなら、君はそれを

   相手にもシテあげなくちゃ、バランスがとれないよね

晴貴「・・・そうです・・よね・・・

透明「もし、相手にシテ欲しいことがあるなら

   まず自分がシテあげることから始めないとだよ

   求めるだけで与えない人は、求める欲求だけが

   強くて、与えるにあたいしない人間になりやすい


   与えられる人間は、求めなくても与えたくなる人間に
  
   なるものなんだ


   それは、恋愛だけじゃなく生き方にもつながる

   特に恋愛や結婚のタイミングは、それが出来る人だけに

   時の神が与えてくれる特権みたいなものだよ

   それに、そういう生き方が出来る人は、決して減点される

   ような生き方にはつながらないはずだよね

晴貴「・・・・どうすれば、そうなれるんでしょう




少しお灸が過ぎたかな

でも、晴貴くんはこれで変われる

あともうひと押しかな〜




           続く・・・。


   

   

おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

男心のラプソディ〜・4

2010年06月18日(金) 1時00分
男心のラプソディ〜・4



晴貴「・・・。」

透明「まあ あんまり堅苦しく考えないで

   晴貴くんは男性脳女性脳って

   聞いたことある

晴貴「あ〜っ 昔流行りましたよね

透明「あの脳の使い方は的確に男性と女性を

   分けているんだけど、男性だからといって

   必ず男性脳というワケではないんだ


晴貴「えっ そうなんですか

透明「うん男性脳とか女性脳とか言うけど、

   つまりは脳のどの位置を多く使っているのか

   ってことだけで、女性でも男性脳優位の人

   いれば、男性で女性脳優位の人もいる

晴貴「それじゃあ、見分けつかないですよね

透明「うん 見た目にはね

晴貴「でも、その脳と今回のこととどう関係して

   くるんですか

透明「実は男性脳・女性脳の中でも、男性は必ず男性脳

   女性は女性脳しか使わない場所があるんだ

晴貴「それって

透明「恋愛脳って言うある一定の箇所

   そこは、女性が女性的な考えを使い

   男性が男性的な考えを使うっていう

   特殊な場所なんだよ

晴貴「へ〜っ

透明「男性と女性が人を好きになる違いって

   晴貴くんは知ってる

晴貴「違いですか・・・う〜ん・・・。」

透明「男性は−採点女性は+採点なんだよ

晴貴「

透明「晴貴くんが人を好きになるとき、

   相手が良いと想ったら、100%

   好きになるでしょ

晴貴「そりゃ〜もちろん

透明「でも、女性は違うんだよ

晴貴「えっ

透明「女性の場合、相手が良いと想っても

   マックスから始まることは少ないんだ

   人にもよるけど、大体60%くらいで

   付き合っても良いかな〜って想うんだよ

晴貴「60%

透明「そこからが、男性と女性の採点の違いなんだけど、

   付き合って一緒の時間を共有する中で、

   男性は、相手の色々な面を見て100%から

   減点方式をとって行く


   逆に女性は相手を見て自分のつけた採点から

   加算方式をとって100%に近づけて行く


   つまり、男性は相手の悪いところに目がいきがち

   女性は相手の良いところを探そうとするんだ

晴貴「そ、それってわかる気がする・・・

透明「男性は、理想主義になりがちで、理想と違うと

   減点してしまうんだけど、女性は現実的で、

   相手の良いところを見ようと+材料を見つけようと

   してくれるんだ

晴貴「それじゃあ、女性は減点しないの

透明「するよでも、男性と違い最初から100%じゃないから

   加算されていくことがなければ、時間とともに

   減点が起こって行く感じかな〜


晴貴「・・・・・は〜っ・・・。」


くすっ 少しはわかったかな

彼の場合、自分のことにとらわれすぎて

相手に見られていることを忘れがちになる


自分に自信がある分、自分が値踏みされている

ことに気がつかないのかもしれないな〜


さてさて、もう少し具体的に解決策を

      出していったほうが良いかもな〜





          続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

男心のラプソディ〜・3

2010年06月16日(水) 1時00分
男心のラプソディ〜・3



晴貴「先生 これから自分・・・。

   出会いあるんですかね〜


う〜ん・・・一応落ち込んではいるようだ

さっきとは少し雰囲気が違い、真剣に悩んでいる


透明「まあまあ、とにかく視てみようね

晴貴「お願いします


さて、木人図アクセス

晴貴くんの出会い、運命を視つつ

    彼のその先を紐解いて行きます




透明「・・・・・・。」

晴貴「ごくっ・・・・。」

透明「ふ〜っ・・・なるほどね

晴貴「ど、どうでしたか

透明「出会いはあるよ ただ・・・。」

晴貴「ただ

透明「このままだと同じことの繰り返しかな

晴貴「えっ ど、どういう・・・

透明「要するに、出会って付き合ってもすぐ

   ダメになるってこと


晴貴「ええ〜っ ダメじゃん

透明「うん ダメ

晴貴「いやいやいやいや ダメじゃなくて

   どうすればいいんですか〜

透明「聞きたい

晴貴「聞きたいに決まってるじゃないですか〜

透明「それじゃあ、先生とひとつ約束してくれる

晴貴「約束

透明「うん

晴貴「・・・はい なんでも約束しますから、

   お願いしますよ〜

透明「くすくす OK それじゃあ、話して行くけど、

   ちゃんとメモっていきなさい

晴貴「は、はい


晴貴くんは、カバンからメモ帳を取り出し

真剣に書く準備をしている

彼の場合、原因と道筋をしっかり理解出来れば

上手くいくだろう



透明「それじゃあ、まずは質問

   晴貴くんが好きになる相手って、

   どんな子か 自分で理解してる

晴貴「えっ・・・可愛いタイプかな

透明「ううん 外見じゃなくて、中身

晴貴「中身・・・優しい子

透明「いやいや こちらに聞かないで

晴貴「う〜ん・・・。」

透明「今まで付き合ってきた子たちの共通点って

   ところかな

晴貴「共通点・・・ヤバイ テンでバラバラ

透明「やれやれ 君の付き合ってきた子たちの

   共通点は、君を認めてくれた子

   もしくは、君を尊敬してくれたり

   凄いと言ってくれた子
ばかりだよ

晴貴「

透明「まあ、それは一般男性から見ても、

   心の中では一番の理由にあげられるもの

   なんだけど 晴貴くんの場合

   それが凄く強くないかな

晴貴「う〜ん・・・でも、それって当たり前じゃ〜

透明「そうだね 男性から見れば当たり前だよね

   男性の価値観、まあ本能に近いかな

   その中に、父性というものがあって、

   その父性は相手を守るって言う気持ちに

   正直にできているんだ だから、相手が

   自分より弱いもしくは自分を認め、敬う者への

   愛情が強く出るものなんだけど

   晴貴くんの場合、それが凄く強い

   まあ、ある意味男性らしいって言う事なんだけど

   逆に言えば、相手を守ってあげてる自分が

   心地よいって思ってないかな


晴貴「・・・確かに想ってるかも・・・。」

透明「守りたいと言う父性は、相手を守ってあげたい

   と想える内はいいけど、相手が守るに値しない

   もしくはテリトリーから外れたと想った途端

   冷めてしまう!


   晴貴くんは典型的なそのパターンだよね

晴貴「じゃあ、守ってあげたいって想える人

   探せばいいんですね

透明「それもちょっと違う

晴貴「

透明「女性は相手を敬い男性を立ててくれている

   ってことを知らないといけない


晴貴「

透明「女性の母性は、包み込むように相手を

   護ってくれる包容力


   男性の包容力とは少し違う価値観なんだ

   男女の関係は、常に守り護られを繰り返す

   女性は男性に守られながら、その実、

   相手の自尊心を護ってもいるんだよ

   女性が男性に守って欲しいと想えなくなれば、

   女性も男性を護る必要が無いと悟る

   相手も感情があり、君の行動いかんで

   見切りをつけられてもおかしくはないんだ

晴貴「う〜ん・・・わかったような・・・

   わからないような・・・・

透明「まあ、少しずつ行こうか

   最近では肉食系女子とか草食系男子とか

   色々言われてるけど、こういった

   男女の価値観は全て脳から来ているもの

   なんだよ

晴貴「の、脳ですか




次回、男性脳・女性脳からみる恋愛的価値観

検証して行きましょう




         続く・・・。

   

おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



男心のラプソディ〜・2

2010年06月14日(月) 1時00分
男心のラプソディ〜・2



透明「さて、晴貴くんさっき言ってたけど

   出会いはあったの

晴貴「はい結構あって、上手くいったんですけど

   どうも相手の価値観と合わなくて

   上手くいかないんすよね〜

透明「う〜ん、それって フッたの

   フラレたの

晴貴「・・・相手がイマイチ乗り気じゃ

   なかったから フリました


なるほどね フラレそうになったから、

先にフッたのね



透明「努力はしたの

晴貴「努力

透明「うん

晴貴「努力はしましたよ〜

   それでも相手がわかってくれないから

   上手くいかなくて

透明「どんな努力

晴貴「えっ う、う〜んと

   そうそう 行きたいって言ってたところに

   連れていってあげたり
・・・それから〜・・・。」

透明「それって、晴貴くんは行きたくなかったの

晴貴「えっ まあ、自分的には興味が無いから

   付き合いっていうか・・・。」


何だか、視なくても情景がわかるような・・・。


透明「彼女は楽しんでた

晴貴「それが せっかく連れてってやったのに

   つまんないとか言い出して

透明「・・・・・・。」

晴貴「先生 どうしてですか

透明「・・・・・。」

晴貴「自分はこんなに想っているのに

透明「はぁ〜・・・。」

晴貴「・・・・・・。」

透明「・・・・・・。」

晴貴「あれっ 自分、何かやっちゃいました

透明「うん

晴貴「・・・・・・。」

透明「自分でわかんない

晴貴「う〜ん・・・はい


はぁ〜・・・素直と言えば素直なんだけどな〜


透明「晴貴くん、彼女の行きたいところに

   連れて行ってあげて、俺は興味無い

   って言う顔してたでしょ〜

晴貴「えっ・・・そ、そうですかね〜

   確かにつまんないから、早く別のところに

   行こうって言ってましたけど


透明「・・・はぁ〜・・・。」

晴貴「でも、自分なりには努力して付き合ったんですよ

   先生でも、行きたくないところに付き合ったら

   早く別のところに行きたくないですか

透明「う〜ん・・・思っても顔には出さないかな

   もちろん言葉にも

晴貴「・・・・・。」

透明「晴貴くんさ〜 本当に恋愛したいの

晴貴「そ、そりゃ〜したいですよ〜

透明「それなら、どんなところに行っても

   好きな相手と一緒なら楽しいでしょ

   行きたくない場所でも、好きな人の仕草や

   楽しそうな顔見てるだけで嬉しくない

晴貴「う〜ん・・・そんなもんすかね〜

透明「晴貴くんさ〜 その子のこと好きじゃなかったでしょ

晴貴「えっ う〜ん・・・好きでしたよ

   それは本当です

透明「本当

晴貴「本当です


なるほどな〜言ってることに嘘は無いみたいだけど、

彼の場合、自分が見えてないみたいだ

まあ、男性的な価値観には違いはないけど・・・。


次回、男性の価値観に少し迫ってみましょう





           続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

男心のラプソディ〜

2010年06月12日(土) 1時00分
男心のラプソディ〜



晴貴「先生 どうしてですか

透明「・・・・・。」

晴貴「自分はこんなに想っているのに

透明「はぁ〜・・・。」



鑑定ファイル38

晴貴くん・男性25歳・恋愛漂流者



お早うございます 透明です

最近暑くなってきましたね〜

さてさて、今回の鑑定は、少し違った目線から

お贈りしたいと思いま〜す




カラン カラン


晴貴「先生 こんにちは〜

透明「おおっ 来たね〜


彼は、新山 晴貴くん

只今恋人募集中の商社マンだ

容姿なかなか男前

性格穏和で優しいタイプ

生活力中の上

かなりモテそうなタイプの男性なのだが

1つだけ気がかりが・・・。


晴貴「先生 今日も自分、イケてますか

透明「う、うん イケてると思うよ・・・

晴貴「そうですか はははっ


・・・はぁ〜・・・。

そう、彼はなかなかのナルシスト&俺様主義

人間的には、良い子なのに・・・



晴貴「先生先生に言われて行動してみたんですけど

   最初は上手くいくのに、すぐダメになるんです

   やっぱり、相手が悪かったんですかね〜

透明「と、唐突だね〜 ま、まあ、中に入って

   座ろうよ

晴貴「あっ そうっすね



やれやれ そんなわけで

今回は、いつも女性から見ている目線を、

男性から見る目線に変えてみて


男女の恋愛観や結婚観価値観の相違を

少し紐解いてみようとおもいま〜す


恋愛女子男子必見ですよ





          続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



平成「やばいば〜ちゃん」・8

2010年06月10日(木) 1時00分
平成 やばいば〜ちゃん・8


ツネ「真実って、なんだい

透明「ツネさんは、旦那様のこと誤解しています

ツネ「えっ

透明「ツネさんの旦那様は、外に遊びに行っていた

   ワケではないんです


ツネ「

透明「旦那様は寡黙な方だったでしょ

ツネ「あ、ああ そうだね

透明「ツネさんは、お店の新規のお客さんって

   どうやって来たのか 知ってますか

ツネ「・・・お得意様の紹介とか・・・。」

透明「その紹介を取り付けたのも、実は

   旦那様なんです

ツネ「

透明「旦那様は、ツネさんや働いてくれている人を

   信頼していたんです

   お店を任せられる人達に恵まれ、自分は

   女性では出来ない接待や付き合いに参加されて

   いたんですよ

ツネ「ほ、ほんとうかい

透明「はい 旦那様にとって、お店も家族もお店で

   働いている人も、大切な宝物だったんでしょう

   寡黙で、人付き合いの苦手な旦那様は、

   大切なものを守るために、あえて苦手な世界に

   足を踏み入れたんですね

ツネ「そ、そんな・・・じゃぁ、じゃあ〜 

   何で借金なんて

透明「それも、付き合いのためみたいです

   仕事をくれている方の保証人になることで、

   大きな仕事をまわしてもらっていたようですね

   昔は、そう言う付き合いもしなくては、仕事が

   回らないことも多かったようですし

ツネ「・・・・・なんで・・・なんで言ってくれなかったんですか

   ・・・私は・・・主人を恨んで・・・

透明「う〜ん・・・難しいところです

   大切な人達へ心配をかけたくない想いと、

   大切なツネさんが、お店で上手くやっていくためにも

   あえて、自分は悪者になる覚悟があったのでしょう

ツネ「・・・そ、そんな・・・。」

透明「ツネさんが言っていたシゲさんは、その事を

   旦那様にお願いされていたみたいですよ

ツネ「シゲさんが

透明「だからこそシゲさんは、お店のために

   一生懸命働いてくれたんだと想います

   それが、旦那様やツネさんの絶対的な信頼を

   寄せてもらえた恩返し
だったんでしょうね

ツネ「シゲさん・・・

透明「それと、もう一つ

   シゲさんは、息子さんに辞めさせられたワケでは

   ないんです
・・・実は、シゲさん自ら引退を

   したいと、息子さんに言ってきたんですよ

ツネ「

透明「シゲさんも、お店が大切だったんでしょう

   現状をみていたシゲさんだから出来る

   最後のご奉公だったのかもしれません

ツネ「・・・・・。」

透明「息子さんも何度も止めたようですが・・・。

   今でも息子さんは、シゲさんに相談しに

   行っているようですよ

ツネ「はぁ〜・・・私はなんて・・・。」

透明「・・・ツネさん

   これはね、重くとる話じゃないんです

   後悔をすることでもない

   ツネさんは、本当に頑張りやさんだからこそ

   皆、ツネさんを守って行きたかった

   ツネさんは、多くの人に愛されて来たんです

   ツネさんだからなんですよ

ツネ「・・・グスッ・・・。」

透明「ツネさん 少しいいですか

ツネ「


私は、ツネさんを連れて扉の前に立つ・・・。


透明「少しだけ扉を開けますから、外を覗いてごらん


私は、外の息子さんに気づかれないように、

少しだけ扉をあける・・・。



ツネ「


ツネさんは、大粒の涙を流しながら、必死に声を

押さえていた
・・・。



透明「何が見えました

ツネ「・・・む・・・息子が・・・手を・・・

   必死に手を・・・合わせていました・・・・

透明「そうですか・・・。」



ツネさんを席まで連れ、私は緩やかな口調

言葉をすすめる・・・。


透明「ツネさんの人生は、ツネさんが頑張ってきた分だけ

   実を結んでいましたね

   ツネさんの人生は、決して無駄な人生ではありません

   知らず知らず、沢山の人に守られながら、

   ツネさんの人生は彩られて、素晴らしい人生を

   描いて来たと言えます

   それは、ツネさんだからこそ得ることが出来た人生です

   もう、大丈夫ですよね

ツネ「コクン


ツネさんは、何度も頷きながら、優しい顔をしていた


鑑定も終わり、伸さんを呼んだ私は


透明「今井さんお母様はもう大丈夫だけど、

   なるべく気をかけておいてあげないと

   また、症状が出るかもしれないから

   気をつけるようにね


っと釘をさし、伸さんの見えないところで

ツネさんにウインクをした

そして、二人が帰ろうと扉を開けたとき・・・。


ツネ「あっ

透明「

ツネ「また来てもいいかい・・・先生

透明「・・・くすっ いつでも待っていますよ


少しは、認められたようである





                





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします   

平成「やばいば〜ちゃん」・7

2010年06月08日(火) 1時00分
平成 やばいば〜ちゃん・7


透明「ツネさんツネさんは自分の人生、

   後悔していますか

ツネ「えっ・・・そうだね〜・・・

   後悔っていったら、後悔だらけだよ

透明「そうですか・・・。

   私から視ても、ツネさんの人生は、

   後悔の連続だったようにみえました。

   家柄のために結婚をし、非道い旦那様

   振る舞いに沢山の涙をながしてきて

   家業の存続を一生懸命願い、身を粉にして

   働いてきた・・・。

   旦那様が亡くなって、家督争いに巻き込まれ

   勤め人を守るために一生懸命闘い

   額を床にこすりつけてでも守りきって・・・。

   子供達のために、店の借金を返すことに

   奮闘して沢山の苦い経験を積まなければ

   いけなかった

   子供達はそんな親の努力を見ていても

   わがままのし放題

   自分の育て方が悪かったのか

   何が足りなかったのか

   悩みながら、日々を過ごしてきた・・・。

   正直、苦しい人生でしたね



う〜っ・・・言ってるこっちが辛い

でも・・・食らいついてこい



ツネ「・・・・・・守護霊様が、あんたのことは

   信じて良いってさ・・・・・・でも・・・・。」



うし かかった



透明「でも

ツネ「それじゃ〜、私の人生なんて意味が無いとでも

   言うのかい


   聞いていれば、人の人生を非道い人生としか

   言ってないじゃないか

透明「はい 私は、客観的にツネさんの人生を視て

   そのままを伝えただけです

ツネ「・・・こ、この〜

   あんたに私の何がわかるって言うんだい

   確かに、家柄のために結婚はしたさ

   それでも私は旦那を昔から好きだったんだよ

   ・・・・・う、うるさい・・・・・

   旦那が遊びに出かけても、私は家業をまかされて

   幸せだったんだ

   どんなに家庭を振り返らない旦那でも、

   子供が産まれた時は、そりゃ〜喜んでくれたんだ

   ・・・・・あ〜っ もう黙って・・・。」



ツネさん、頑張れ もう一息

私は、ワザとツネさんの人生を全否定し怒らせた

それは、ツネさんにとってのプライドに触れる行為

逆転の発想で、ツネさんの幸せを引き出すと同時に

リモート現象と闘わせるためでもあった

ツネさんのリモートは、過去への同情や後悔から来ている

誰かがツネさんの人生を認めてあげなくてはならない

だが、リモートは負のアドバイスをしてくる

まさに、私のとった行為はリモートにとっては、

正しい判断をしたことになる

だが、ツネさんからすれば、守護霊さんという

逆らえない立場のモノとは違い、私は初めてあった

あかの他人 当然、反発をしてくる

そこで、リモートと自意識の反発が起こるはずだ




ツネ「使用人も皆、いい人ばかりで素人の私を

   心から支えてくれたんだよ

   みんな一丸となって、お店を守ってきたんだ

   ・・・・う、うるさいよあんたの言うことは

   聞いてない・・・。

   子供達だって、そりゃ〜寂しい想いをさせてきたから、

   たまには我が儘も言いたいさ

   それでも、子供たちは私やお客様に気を使い

   ながら、我慢をしてきたんだよ

   ・・・もういい守護霊か何かしらないけど

   あんたの言うことは聞きたくもない・・・

   どっかに行っておくれ・・・・・・・・。

   私の子供達は・・・グスッ・・・凄く・・・グッ

   ・・・優しい子達なんだよ・・・グスッ・・・

   ・・・・・私は・・・・



ツネさんは、心の底から涙を流していた

しばらく沈黙が続く・・・・。



ツネ「・・・・・・すまなかったね

   もう良いよ・・・。

   あんたにわかってもらおうなんて

   想ってないから・・・

透明「ツネさん ごめんなさい

ツネ「

透明「ツネさんをワザと怒らせたくて、

   ツネさんを傷つけてしまいました

   本当にごめんなさい

ツネ「はあ

透明「ツネさん 今、守護霊さんと話出来ますか

ツネ「・・・・・・・・あれ

透明「もう、出てきませんか

ツネ「・・・ま、まあ、あんな言い方したからね

透明「それで良いんです

ツネ「はあ



私はツネさんにリモート現象のことを話す

ツネさんは、少し納得したようで、大人しく

聞いてくれた・・・。



ツネ「・・・なるほどね

   それで、そいつを消したくて

   あんた、私を試したのかい

透明「うっ ご、ごめんなさい

ツネ「・・・ぶっ あはははははっ

   なるほど・・・あんた、面白いわ〜

   でも、久しぶりに泣いて、スッキリしたよ

透明「おそれいります

   ツネさん・・・続き・・・させてもらって

   いいですか

ツネ「なんだい まだあるんかい

   もう十分だよ 私は、自分が幸せだったこと

   想い出させてもらえたからさ

透明「いえいえ 実は、もう少し足りないんです

   今までツネさんが引っかかってきたものの

   真実が

ツネ「真実



次回、ファイナル

全ての真実が明らかに・・・。



           続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



   

平成「やばいば〜ちゃん」・6

2010年06月06日(日) 1時00分
平成 やばいば〜ちゃん・6


リモート現象

これは、私が判断するためにつけた名前だが

実際に数多く確認している現象で、医学的な観点

逸脱したものだけを総称してリモート現象

呼ばせてもらっています


簡単に説明すると よくドラマなどでも見ることがある、

何かを判断する時、考えている主人公の肩に

悪魔が やっちゃえよ〜」とか

天使が そんなことはいけない」とか

自分の主張を判断する描写でえがかれているものに

症状的には近いものと思ってください


人は、自分の主張に自信が無いときや

自分を特別に見て欲しいとき

自分が悪いとわかっているときに

自分の気持ちを後押ししてくれる

ものを求めることが多い


それは、大体が理性というもので抑制され、

その理性の範囲内での答えを出すことに慣れているため

いつか、抑制を外してしまいたいと言う欲求にとらわれて

しまうからかもしれません


それでも実際は、その抑制に勝てることは少なく

大体が我慢という形での理性をまわし、他者との

バランスを円滑にまわすことが出来るわけです


しかしこのリモート現象は、この抑制が強すぎることで、

脳内の判断回路に何らかの影響があり、

自分を後押ししてくれるもう一つの声を

無意識に生み出してしまいます

この声は自分の頭の中に実際に聞こえてくる

声となり、判断基準の中心に位置してくる

よく、道ばたで一人でお喋りをしている人がいますが

その中にも、このリモート現象が原因とされている

ものもあるようです

基本的にリモート現象は、医学的な検査を受けても

何も出てこないことも多く、まだ病気の症状と断定できる

根拠が見つからないのかもしれません


いっけん多重人格のように思われる症状ですが

多重人格のように、自己の人格が分かれるものではなく

リモート現象は、あくまでも自分を後押し出来るほどの

影響力をもつ他者の存在が声として出現するのが特長です

よく聞くのが、守護霊神様仏様天使・・・。

こういった自分がさからえない相手を名乗ることで

自己判断を操作し、理性の範囲をとりさらってしまう

自分の操縦者を作ってしまいます


それが全て悪いワケではないのですが 自己判断が

周りとの温度差を作り、修復不可能な深い溝を作って

しまうことが多く、孤独の中で精神をすり減らして

別の病気を併発させてしまう場合もあるのです


ツネさんの場合も、強く凝り固まった想い

長年の我慢がこのリモート現象を作ってしまった

要因なのだろう・・・。


正直、やるせない気持ちになる



透明「ツネさん

ツネ「

透明「たくさん苦労されて来たんですね・・・

ツネ「な、なんだい いきなり

透明「あっ ごめんなさい

ツネ「・・・・・。」

透明「それじゃあ、気を取り直して

   ツネさんの生きてきた意味

   紐解いて行きましょね



さて、ツネさんの人生 リモート現象

どれもしっかりとした導きをしないといけない

それがツネさんにとってのこれからを決める

重要な答えになる

気を引き締めなければ・・・。



いよいよ、鑑定も核心へ・・・。




        続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

平成「やばいば〜ちゃん」・5

2010年06月04日(金) 1時00分
平成 やばいば〜ちゃん・5


ツネ「私が、22の時に今井家に嫁いで来てから

   ず〜っと苦労の連続・・・

   主人はたいして仕事もせず遊びほうけて

   家業の卸問屋も私まかせ・・・。

   挙げ句の果てに、店の金を持ち出しては

   ギャンブルでスってくる始末・・・

   そんな主人も遊びほうけた罰が当たったのか

   55歳で亡くなり、蓋を開けてみれば

   借金だらけ

   女手ひとつで子供を育て、やっとの

   おもいで借金を返して、さあこれからって

   時には、もう還暦

   息子が後を継ぐことになって、やっと

   楽が出来ると思っても、このご時世

   商売は傾く一方・・・。

   息子も私の意見なんて聞きもしない

   昔から商売なんてものは、信頼あっての

   ものなのに、苦労時代からず〜っと

   店を支えてくれたシゲさんまで、人員削減

   なんて言って、隠居させて

透明「 それで、あそこでシゲさんの名前を出したんですね

ツネ「そうだよ少しは嫌味も言いたいじゃない

   あんた・・・占い師かなんか知らないけど、

   私の人生っていったい何のためにあったんだい

   占い師なら少しは何かあるだろう

透明「なるほど 確かにそうですよね

   ツネさんが生きてきた理由

   私に占わせてください

ツネ「・・・あんた・・・変わってるね〜

透明「そうですか でも、ツネさんが少しでも

   私に占いをさせてくれる気持ちになってくれて

   嬉しいです

ツネ「ふん・・・


ツネさん顔が真っ赤 クスクス

でも本当にこのままじゃいけない気がする

私は、早速ツネさんを占いはじめる


さ〜て、それじゃ〜 木人図アクセス


ツネさんの過去現在未来を見通し

明日への希望を見いだします



透明「・・・・・・・・。」

ツネ「・・・・・・・・。」



うわ〜っ さすがに80年を全て視るのは

骨が折れるな〜



透明「・・・・・・・・。」

ツネ「・・・まだかい



うっ さいそくが来たぞ〜

急がなきゃ・・・・・んっ



透明「・・・・・・・・。」

ツネ「・・・・・時間かかるね〜

透明「お、お待たせしました すみません

ツネ「でっ どう出たの

透明「そ、その前に ひとつ聞いていいですか

ツネ「なんだい

透明「ツネさん、守護霊さんと話をするって

   言っていたこと

   あれは、嘘ではないんですか

ツネ「・・・・・・そ、そうだよ

   信じないかもしれないけど それは本当に

   聞こえてくるんだよ

   まあ、お迎えも近いからかもしれないけどね


や、やっぱり リモート現象だ

まずいな〜 早急に手をうたねば


リモート現象現象とは一体




         続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

平成「やばいば〜ちゃん」・4

2010年06月02日(水) 1時00分
平成 やばいば〜ちゃん・4



透明「お待たせしました ツネさん

   息子さんには席を外してもらったんで、

   少し、私と二人でお話しましょう


ツネ「・・・・・・。」

透明「もういいですよ

ツネ「

透明「呆けたフリしなくても

ツネ「・・・なっ

透明「最初から、気づいてたんですが

   ちゃんと確認したくて、沢山質問して

   すみませんでした

ツネ「・・・・・・。」

透明「最初に、私とシゲさんて人を間違えた時

   息子さんに言われてちょっとだけ、

   嫌な顔をされたように見えたものですから

ツネ「

透明「質問したのは、本当にツネさんがアルツハイマー

   なっているのか 確認するためです

ツネ「

透明「私の質問しつこかったでしょ

   嫌な想いさせて申し訳なかったのですが

   御陰でツネさんがアルツハイマーではないことが

   わかってホッとしました

ツネ「・・・なんで

透明「最初に年齢をお聞かせ願ったと思うんですが、

   最初に聞いた歳と次に聞いた歳が違いましたよね

ツネ「・・・・・。」

透明「普通、アルツハイマーでしたら、2つの数

   咄嗟に出ることは少ないんです

   大体は、心に強く残った事柄のある年齢

   想い出深い年齢がでることが多く、

   この短時間では、そうそう2つの年齢は

   出にくいと思います

ツネ「そ、それだけじゃ〜

透明「はいそれだけだとハッキリと違うとは言えないので、

   他の質問もさせてもらいました

ツネ「

透明「ツネさんは、全ての質問をワザと間違えましたよね

ツネ「・・・・・・。」

透明「いくらアルツハイマーでも、ここまでの記憶障害

   起すには、かなりの時間がかかりますし

   本当にそこまで進行していたとしたら、

   質問自体理解出来ないんです

   極めつけは、最後の質問

   同じ質問をもう一度させてもらいましたよね

   あれは、ツネさんがアルツハイマーではないことが

   前提での質問です

ツネ「

透明「ツネさんは、見事に答えてくれました

   普通アルツハイマーなら、30問近い質問を

   矢継ぎ早にされて最初に聞かれた時の答えなんて

   的確に覚えてないです

   それどころか、普通のお年寄りでも忘れる可能性も

   あるくらいですから、ツネさんの脳はかなりお若い

   ですよ


ツネ「・・・・・はぁ

   あんた、かなり切れ者だね〜

   参ったよ・・・。」

透明「いえいえ、まだまだ未熟ものです

   ツネさん 実はまだ、息子さんに

   この事は話していないので、

   私には、本当の話をしてくれませんか

   何か力になれるかもしれませんから

ツネ「・・・そうですか・・・・・・・

   実は・・・。」



なぜツネさんは、嘘までついて

        呆けたフリをしていたのか



次回、真相が明らかになります



          続く・・・。




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月 別☆アーカイブ