あんぎゃ〜〜〜っ・11

2019年05月21日(火) 8時00分
あんぎゃ〜〜〜っ11



透明「くっし、仕方がない

   揚羽私の靴を片方ずつ脱がしてくれ

揚羽「えっで、でも

透明「大丈夫だから早く

揚羽「は、はい


私が一緒に落ちないように、ゆっくりと靴を脱がして行く



透明「(・・・我、大岩なり

    悠久より大地に根付きし、極星の大岩なり
)

   ふぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ



剛体具現の法

自己暗示をかけ、己の力の流れを制御する



透明「(よしこれなら)」


足が地を噛んだ瞬間

片手で相手を少し持ち上げ、両手で掴み、

相手を上空に引っこ抜く


透明「どりゃぁ〜〜〜〜


ズドン


透明「はぁはぁはぁはぁ・・・ふ〜〜〜〜ぅ

六羽「やった〜〜〜

揚羽「ご主人・・・この子・・・

透明「ああわかってる


眼の前に倒れている女の子・・・どうみても中学生くらいか

助けられたことにも気づいていないのか

目が暗闇に沈んでいる



私は、彼女の後ろに周り、背中に気を当てる



「・・・はっえっ

透明「気がついた

「あ、あの、わ、わたし・・・。」

透明「名前、教えてくれるかな

ひな「・・・ひな・・・です・・・。」

透明「ひなちゃんかぁ〜可愛い名前だね

ひな「可愛くなんて・・・ないです・・・。」


まあ、そりゃぁ〜警戒するわなぁ〜

助けられたとはいえ、初めて会うおっさん

声かけてきたら・・・それに、この子は

助けられたとも思ってないだろうし


ひな「な、何でですか・・・。」

透明「んっ

ひな「なんで・・・邪魔をするんですか

透明「邪魔か

ひな「そ、そうです私は・・・・。」


色々と、葛藤しているんだろうなぁ〜


揚羽「こ、こいつ


ひなちゃんには、揚羽は見えていないだろうけど、

今にも飛びかかろうとする揚羽に待ったをかける


透明「どうしてだろうね

   何となく、邪魔したくなっちゃったんだよねぇ〜

ひな「えっ

透明「あ〜〜〜っそっか

   きっと、この谷のせいだ

ひな「た、谷

透明「そうそうこの谷の高さだと、確実にあの世に

   行ける高さか、わかんないからねぇ〜


ひな「えっ

透明「ほらこの谷の下って、川が流れてるじゃない

   もし、川が深かったり、中途半端だと、

   大怪我だけ負って、あの世にはいけないかも

   しれないし、その場合、生きているのに

   一生背負わないといけない怪我をするだけ
かも

   しれないじゃない

ひな「ええっ・・・・ゾック


谷の底を改めて見ることで、自分がどれだけ恐ろしい

ことをしたのかに気づいたみたいだ



ひな「ううっ

透明「それに、ひなちゃんは、ここから飛ぶことで

   楽になれると、希望を抱いて飛んだのだと

   思うけど、その先には、一切の希望はないよ

ひな「・・・希望が・・・ない・・・うううううううっ

   わぁぁぁぁあああああ


今は、沢山泣いたほうがいい

少しでも涙に流せるものがあるのなら、

たくさん泣いて、沢山吐き出して、

明日を見る気持ちを取り戻せたら

そんな思いで、ひなちゃんを見つめる透明先生



次回、ひなちゃんの話を聞きます




        続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ