縁の園・15

2017年12月25日(月) 8時00分
(えにし)の園15



病院に帰った私は案の定、大目玉

小言を言われながら、包帯やら何やら

換えてもらい、やっと開放される


 陣「大変だったね〜

 円「自業自得

透明「そう言うなよ〜

   少しでも早く、出してあげたかったから

   夢中になっちゃって・・・


バタバタバタバタ


透明「んっ

 陣「どうしたんだ

櫻井「先生

透明「櫻井さん

櫻井「和人が和人が

 陣「

 円「

透明「櫻井さん落ち着いて

   和人くんが、どうしたんですか

櫻井「和人が、今まで以上に暴れだして

   く、口から泡を

透明「マズい昴のヤツ、もう始めたのか

   円出番だぞ

 円「えっな、何々


私は、円を引っ張って、和人くんが待つ病室へ


病室では、お医者さんや看護婦さんが、和人くんを

縛り付けて、精神安定剤をうったようだ・・・。

それでも、変わらず暴れている和人くんが、

舌を噛まないように、猿ぐつわまでされ

見るに堪えない状態に・・・

薬が効くのを待つ間、お医者さんが櫻井さんと

病室の外廊下で話しはじめる


透明「円チャンスだ

 円「えっえっ

   こ、この状態で、何をするのよ〜

透明「良いか、良く聞いてくれ

   今までの和人くんは、墓相の影響を脳に受けていたんだ

   今は、墓相からの影響が緩和された状態となっていて、

   その上、昴が今この瞬間に、お墓の修繕を始めている

   のだと思う

   こうなると、今まで脳に送られてきた信号が、

   一気に変化を起こし、送られてくる信号が、いくら正常で

   あっても、稀に拒絶反応が出てしまうことがあるんだ

 円「・・・わかった要するに、あの子の脳波を落ち着けて、

   トランス状態から、救い出せば良いのね

透明「済まない・・・本当は私がやれれば良かったのだけど、

   今のこの手じゃ・・・

 円「なるほどね〜これは確かに、私の分野ね


そう言うと、円は暴れている和人くんの頭をガッチリと押さえ、

口づけをする

私と陣は、櫻井さんやお医者さん、看護婦さんから、

円が見えないように、上手く立ち振る舞う


円は、自分の中に溜めてある気質を、直接、和人くんの

脳に送り込み、トランス状態から、強制的に脳の状態を

正常に引き戻す


やり方は、かなり強引だが、一番最短でおこなえる処置だ


 円「ふ〜っ OK

和人「・・・・・・。」


和人くんの顔色がみるみる赤みがかって行く・・・。


突然、暴れなくなった和人くんに驚き、皆、駆け寄ってくる


医者「・・・・もう、大丈夫みたいですね

   薬がやっと効いたみたいです

櫻井「よ、良かった


お医者さん達は、念のため、和人くんの心電図を取るための

機械をつけて、病室を後にする



櫻井「はぁ〜・・・先生方、ありがとうございました

   今のは、先生方が何かしてくれたのでしょ

   

私たちは、今までの経緯を櫻井さんに説明した


透明「櫻井さんこれで、もう大丈夫だと思います

   正直、明日退院されても、問題ないですよ

櫻井「えっそ、そんなに

透明「ええ 和人くんは、病気ではありませんから

   目が覚めたら、今までの和人くんに

   戻っているはずです

和人「んんっ

 陣「

 円「くすっ

櫻井「か、和人

和人「んっ・・・ママ〜

   うう〜ん・・・・ここ・・・どこ〜

櫻井「和人あああっ・・・和人〜〜〜

透明「おし 撤収〜

 陣「うん

 円「そうね お邪魔ね


そう言うと、私たちは病室を出る・・・。


透明「お疲れありがとうな

 円「いいえどういたしまして

   でも、これでチャラね

透明「えっ

 円「決まってるじゃなぁ〜い

   この前の、奢る話

 陣「えっ

透明「仕方がないな それじゃぁ〜

   これで、チャラということで

 陣「ちょ、ちょっと

 円「はぁ〜 良かった

 陣「良くないよ〜〜〜〜っ


この後、陣くんを上手くなだめた私は、

病室で眠りにつく・・・


数日後・・・


櫻井さんと和人くんが、私の病室を訪ねてきた


櫻井「先生本当にありがとうございました

   お医者様もビックリしていましたが、

   本日、退院することになりました


和人「せんせい〜ありがと〜〜〜ございました〜

透明「クスッ和人くん元気になってよかったね

   お母さんを大切にするんだよ

和人「うん

櫻井「あ、あの・・・それで、本当に少ないとは

   想うのですが
・・・。」


櫻井さんは、封筒を渡してくる・・・


透明「クスッありがとうございます

   それじゃぁ〜、私も

   和人くんこれ、退院祝いね

和人「・・・ありがと〜う

櫻井「そ、そんな

透明「私は、一度受け取りましたから

   この封筒は、私もモノですよね

   それなら、私が大切だと想う人に使った

   ということで、良いじゃないですか


櫻井「先生・・・

透明「それと、これは本当に申し訳ないのですが、

   もし今後、和人くんが何か変なものを視ることが

   あったら
、私の所に連れてきてくれますか

櫻井「えっは、はい

透明「和人くんは、長い時間、トランス状態になって

   いましたので、能力が突出してしまう

   可能性があります


櫻井「

透明「ま、まあ、絶対ではないのですが、

   簡単に言うと、おばけが視えたりする

   ことがあるかもしれないんです

櫻井「えっ

透明「その場合、私の方でその目を封じますので、

   念の為、この御札を持たせておいてください

櫻井「わ、わかりました



円にも指摘されたが、トランス状態が長く続くと

観の目が開くことがある

これ以上、この家族が変なことに巻き込まれないように、

最後まで面倒を見なければ



透明「和人くんこの病院で、変な人が視えたりしなかった

和人「あっいっぱい、おしゃべりしてくれる

   おばちゃんが、いつも来てくれた


透明「

櫻井「


きよちゃん


和人「あっあとね〜パパとおじいちゃんが

   きてくれた〜


透明「

和人「でもね バイバイしてたの

透明「・・・それからは、会ってないのかな

和人「うん おばちゃんもパパもおじいちゃんも

   来てくれなくなっちゃった・・・

透明「そっか・・・。」


和人くんの目は、二人が閉じてくれたんだ・・・。

少し胸が熱くなる


透明「櫻井さん、もう大丈夫みたいです

   それでも、念には念をいれて、

   何かあれば、必ずご連絡ください

櫻井「は、はい

   先生・・・本当にありがとうございました・・・


二人は、手をしっかりと繋ぎ病院を後にした


人は、あの世に帰ってからも、残してきた家族を

想うもの・・・家族という名の縁は連綿と続き、

墓という繋がりで、生きてきた証を守り、育み、

支えている


私は、この優しい縁が後の世も続いてゆくように

改めて願っていた






           




さ〜てみなさん

次回は、いよいよ、お墓の正しい知識を

お話ししますので、メモのご準備を〜〜〜




 
         続く・・・。
   




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月 別☆アーカイブ