今は昔の物語・24

2017年11月13日(月) 8時00分
今は昔の物語24




透明「けほっ


呼吸を整える透明先生・・・。

呼吸が整った第一声


透明「か〜む〜な〜ぎ〜〜〜〜っ

   何で嘘つくんだよ〜〜〜〜っ

神凪「馬鹿を申すな

   我が思い出している最中に走り出したのは

   お主であろううが〜〜〜


透明「ううっ

   でも、死ぬところだったんだぞ〜〜〜

神凪「はぁ〜・・・お主は、死にたがりなのか

   生きたがりなのかはっきりせい

   無茶を平気でやる割には、生を信じ切っておる

   まったく、お主のような者を見たことがない


透明「へへへっちょっとは、興味出てきた

神凪「なっふざけたことを申すな

透明「

神凪「気づいたか

透明「う、うん・・・この階層が最後だね

神凪「いかにも・・・。」


この階層の一番奥だろうか

今まで感じたことが無いほどの霊圧を感じる・・・。

これが、この島の・・・弥勒庵の核となる龍穴

しっかりと意識を保たねば、意識が飛んでしまうような

恐ろしい感覚が流れ込んでくる・・・。

一体、この先に何が待っているのか

私は、ゆっくりと歩きだす・・・・。



神凪「おい待て

透明「えっなに

神凪「なにではないお主わかっているのか

透明「何を

神凪「この先に待っているのは、日ノ本最高の術式だぞ

   そんなボロボロの状態で、お主は何をしに行くのだ


透明「そんなの決まってるじゃん

   ここを形作っている法陣式を破壊する

神凪「

   ば、馬鹿な真似はよせお主、本当に死ぬぞ

透明「あれ〜っもしかして、心配してくれてるの〜

神凪「なっなにを馬鹿なことを

透明「くすくすっ冗談だよ

   でも、もし、ここで私が死ぬことがあっても、

   必ずここの法陣式だけは破壊してからにするよ

神凪「お主・・・。」

透明「まあ、死ぬ気なんてサラサラないけどねぇ〜

神凪「はぁ〜

透明「だって〜ここで死んじゃったら、このことを

   ブログに書けないし

   代わりに昴とか円が透明の最後として書いていた

   としたら、めちゃくちゃ怖いじゃんか〜


神凪「な、何を言って

透明「それに、こんな超〜カッコイイ活躍の場で

   帰ってこれたら、ムッチャカッチョいいし

   モテモテかもしれないじゃんか〜〜〜っ

神凪「お、おい・・・落ち着け

透明「それに、それに、まだまだ、食べに行っていない

   スイーツ店もいっぱいあるし

   こりゃ〜解決して帰るしかないでしょ〜〜〜っ

神凪「・・・・お主が言っていることが、さっぱり

   分からん

   ただ、全てが台無しになっていることだけは、

   何となくわかるぞ


透明「それに

神凪「ま、まだあるのか

透明「無事に、神凪との約束を果たさないとね

神凪「

透明「ということで最後の部屋に入りましょうか

神凪「・・・・ともしよう・・・。」

透明「くすっ



最後の部屋までは、一本道・・・。

途中でトラップなどがあると思っていたが、

多分、老朽化のせいで発動しなかったフシがある

そんなこんなで、最後の部屋の扉の前までやってくる

いよいよこの弥勒庵の心臓とご対面だ




         続く・・・。

   


昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月 別☆アーカイブ