今は昔の物語・21

2017年11月07日(火) 8時00分
今は昔の物語21



気力吸収型魔法陣

色々な媒体に力を流し込むことができる法陣式は

昔から考え出されていたものだが、ここまで

気づかず気力を吸われてしまう法陣式は

初めてだ


透明「う〜む

   こりゃ〜マズいな〜


気力は、人間が生きるために必要なエネルギー

それは当たり前のことかもしれないが、このエネルギーが

尽きてしまえば、立っていることすら出来なくなる

もちろん、霊力も能力も、この気力と言われる

エネルギーがなければ、作動させることができない


特に、霊力や能力には、それなりの代償が掛かるため、

普段の生活よりも多い量のエネルギーが消費される

通常、人が生きる為に持っているエネルギーの量が

100とすれば

食事をし、消化するのに10

仕事や家事で身体を動かす平均が30

睡眠をするだけでも10必要とされている

そして、能力の発動には、1回使用する量として、

20の気力が消費され、使い続ける時間により、

ドンドン気力は消費されてしまう
・・・。

もちろん、気力というものは、溜めるための器を大きくすれば、

通常より入る量が多くなるため、能力を自在に操るためには、

気力の器を広げる修業をするか

代用の器を手に入れるかしか、器を広げる方法はない

私も幼い頃から、この器を広げ続けてきていたのだが、

この部屋に来るまでに、半分の気力を取られていた・・・。



透明「う〜ん・・・・今まで使った気力の量を考えると、

   神凪戦を終えた時点でも、気力は25%くらいしか

   使っていなかったと思うから・・・げっ

   たかが、部屋探しをしていただけで、同じだけ

   気力を持って行かれたことになるじゃん

   こぇ〜〜〜〜っ

   これは、やっぱり、気力を回復させてから

   挑んだほうが得策か・・・。」


私は急いで、地下三階に戻るべく歩きだす・・・。



透明「はぁはぁ・・・・あれっ

   おかしいなぁ〜

   確か、ココらへんに・・・・


戻ってきた道は、そんなに難しくない道のはず・・・

先程降りてきた階段は、確かにこの場所にあった

はずなのだが



透明「う、うそ・・・・

   もしかして、幻術にハマってる


徐々に、足に力が入らなくなってきている

ことに気づく

その上、意識も少しモヤがかかっているような感覚

陥っているようだ


透明「仕方がない・・・こうなれば・・・



最悪のことを想定して、残った気力で

小さな魔法陣を床に描く・・・。



透明「保ってくれよ

   バイ・テ・ローウ・・・ゼド・・・。」



魔法陣にゆっくり気力が注がれてゆく



透明「・・・・・・・・・・・・・。

   よし何とか、ギリギリ保ったか

   危なかった〜

   先生に教えてもらっておいてよかった〜


最後の手段で描いた魔法陣は、単純に外の法陣式の

術式を遮断するだけの魔法陣
だった・・・。

しかし、こういった単純な魔法陣の方が、

何十年もかけて作った魔法陣よりも強いこともある

あと少しで、気力を全て持って行かれるところだったが、

咄嗟の閃きに救われた・・・

改めて師匠に感謝しなければ・・・。



透明「はぁ〜・・・・少し深く潜るか・・・。」



私は、失った気力を取り戻すために、瞑想をはじめる・・・。


次回、少しだけ瞑想に触れたいと思います





          続く・・・。

   


参考記事鑑定65(惑うサラリーマン)『カチ価値かっちん!・6』




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
月 別☆アーカイブ