一枚の手紙・12

2017年08月25日(金) 8時00分
一枚の手紙12



悪魔・・・一般的には、神と対極の存在とされるが、

その正体のほとんどが、神の御使い(みつかい)である

天使や神獣が神落ちした姿である
・・・。

この神落ちというのは、神との契約に従い存在するはずの者が

その契約を不履行もしくは、達成出来なかった際、

穢れを身に纏ってしまい、そのことで契約が解除され、

堕天と呼ばれる現象
が起こり、悪魔として存在してしまう

仏教で言えば、天部童子クラスに相当する存在

もちろん、堕天すれば神仏の加護は消え失せる為、

力はかなり落ちるが、それでも人間にとっては、

恐ろしい存在でもある・・・

かく言う人間も神の写し身としてこの世に存在して

いる以上、業を積み、所業が著しく天命と反すれば

堕天と同じ現象が起こり、魂が穢れ、加護を失い、

悪魔と同じような存在になることも




透明「という存在を使役しようとは

   神が許しても、俺がゆるさ〜〜〜〜〜ん

 円「何言ってんのよ〜〜〜

   頭の中で勝手に前説してんじゃないわよ〜

   それに、私は魔女よ

   悪魔の一人や二人使役して改心させること

   くらいできるんだから〜

透明「あっそっか

   い、いやそうじゃない

   この子は、人心操作系の悪魔

   やはりお前が使役することに問題があるとしか

   思え〜〜〜〜〜ん


主格「お、おい・・・な、何があった・・・


大きな声に反応し、主格が再度現れる・・・。


 円「ちっこの頭でっかち〜

   この世の中私くらい優秀な魔女に

   操作された方が、世界は平和になるはずよ〜


主格「えっえっ

透明「どこからそんな、自信が生まれるんだ〜〜〜

   どちらにせよお前の世界征服の夢は、ここで

   終わらせてやる〜〜〜

主格「せ、世界征服

 円「望む所よやってやろうじゃない



キョウダイ喧嘩勃発かと思いきや・・・


主格「ま、待て、おんしら

六羽「らめ〜〜〜〜〜〜〜っ

透明「うおっ

主格「ぐおお〜〜〜っ

 円「うるさ〜〜〜〜い〜〜〜


頭の中に、大きな声がガンガンに木霊する


六羽「喧嘩めっ

透明「む、六羽

 円「ううっ・・・頭痛い・・・

主格「な、なんなのだ・・・・くっ

揚羽「六羽センパ〜イお、おいて行かないで

   くださ〜い〜〜〜

透明「む、六羽わかったから、もう喧嘩しないから

六羽「にぱっほんと〜

 円「ほんとほんとだから

主格「

六羽「よかった〜

透明「はぁ〜

 円「あたたたたっ・・・さすがに油断したわ

   でも、どうするつもりよ

   このままじゃ、格さんが保たないし

   ダブルで神落ちとかありえないんだけど

主格「いっ・・・

 円「それに、あんた手紙で助けてって

   言われたんでしょ

透明「うっ・・・それはそうなんだけど・・・

 円「悪魔って言っても、その子それぞれ個性も

   違うし、元々は神に使えた神格もちよ

   全ての悪魔が邪な考えの元で存在している

   ワケじゃないし、私が使役している悪魔も

   改心変位の為に使役されて契約を果たしている
   
   子ばかりだから、言うほど悪い子はいないわよ

透明「それは、お前と使役している子が、たまたま

   ウマがあっているだけだろう

   神落ちして穢れを生む子は、存在自体が人間に

   悪影響を起こしてしまうのだから
、安易には

   考えられないだろう

主格「い、いったい、なんなのだ・・・

 円「だ〜か〜ら〜私が契約をもって使役して

   能力の行使を制限すれば、問題ないじゃない

透明「ううっ


でも、確かにそれしかないかもしれない・・・。

今回はたまたま、円に手紙という呪符を上手く

送れたから何とかできたけど、もしここでこの子の

ことを無視すれば、今度は他の人が呪われる可能性

でてきてしまう・・・・


 円「しっかし陣のやつ

   封印が甘いのよねぇ〜

   格さんもイッパイいっぱいで、制御しきれて

   ないし、存在自体が陰極の気を引っ張ってきて

   しまうから、お墓にたむろしている低級霊も

   集まってきて、余計格さんが疲弊して

   役に立たなくなって来てるじゃない


   その上、穴が大きくなってるんじゃないの

   外界にこれ程干渉できる状態だから、

   これじゃぁ、今回みたいに被害が増える

   一方じゃない

主格「うっ・・・。」

透明「ふぅ〜・・・・わかったよ

   どんなに考えても、今の最良はそれしかない

   だけど・・・。」

 円「

主格「

透明「朱印となる契約内容は、私が作るからな

 円「げっそ、それは、ちょっと・・・

透明「何か不都合でもあるのか

 円「い、いや・・・

透明「偉大な魔法使いの円さんは、この悪魔を改心させ

   変位させることで、無害な存在にするんだろ


   だったら、簡単に人の心に入り込むような

   契約はしない方がいいよな

 円「ううっ・・・わ、わかったわよ〜

   それでいいわよ

主格「ちょ、ちょっと・・・まて・・・。

   一体・・・何の話をしているのだ




よし、これで自由に能力を行使できないように

しておけば、問題はないだろう


主格「・・・・お〜い・・・無視するな〜



次回、朱印についてレクチャーします




       
          続く・・・。



   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ