何かようかい?・13

2014年09月04日(木) 8時00分
何かようかい13



私は、兼造さんに全てを話した

しかし、兼造さんの答えは・・・



兼造「それは、できねぇ

透明「も、もちろん、兼造さんには

   兼造さんの事情があります

   ですから、私はお願いすることも

   できません

   正直、今回のことで兼造さんが

   犠牲になる必要はないですから


私は、私なりの言葉で兼造さんの気持ちを汲みながら

兼造さんの陶芸家としての情熱に訴えかけ続けた

そんな遣り取りが2時間ほど続き・・・。


兼造「う〜ん・・・


兼造さんは、目をつむり考え込みはじめてしまった・・・。

私もその側で、窯の炎を眺めていた

窯の中には無数の妖精がおどっている

その妖精達は、土地を浄化せんと炎の気質を

窯の外に浸透させているように視えた

兼造さんがここに窯を作り、陶芸をはじめる前、

この場所は、この土地周辺に良くない影響を

与えていたのかもしれない・・・。

妖怪一人の力では、押さえきれなかったのだろう

しかし、兼造さんにも兼造さんの理由がある

私は、兼造さんの判断を待っていた・・・。



兼造「はぁ〜っやっぱり、できねぇもんは

   できねぇ


透明「そうですか・・・。」

兼造「でもな、俺の陶芸家としての人生は

   ここで終わるかもしれんがよ〜


   老後の趣味なら、窯を死なせることは

   ねぇ〜よなぁ〜


透明「け、兼造さん

兼造「その代わりあんな恐ろしいモンと

   窯の火を入れるたびに、出くわすのは

   勘弁してくれ

   それが、できるなら窯は閉鎖させねぇ〜よ

透明「わかりました多分、今もどこかで

   その言葉を聞いていると思います

   本当にありがとうございます

兼造「まったく何だって、俺の窯なのか

   わからんけどな

透明「それは、兼造さんの陶芸に対しての

   強い想いがあったからだと思いますよ

   妖怪は、その想いを感じたからこそ

   兼造さんの窯の炎を、そして兼造さんを

   好きになったんだと思います


兼造「けっ妖怪に好かれても嬉しかねぇ〜よ



とか、言いながら少し嬉しそう・・・


兼造「それと、透明

透明「はい

兼造「小僧に言っておいてくれ

   俺も、寿命までは陶芸を続けるが、

   その後のこともあるんだろうからよ

   すぐにでも、ここを何とかしろってな

   大体、あいつはいつも回りくどいんだ

   今度あったら、一発小突いてやる

透明「わかりました

   ここに来たら、小突かれることはナイショで

   言っておきます




これで今は、土地に縛られている和尚も、

昴が土地の浄化を完了させたら

自由に動くこともできるだろう


兼造さんの人柄・・・妖怪との出会い

自然の摂理と、人の想いが温かく

最高の経験ができた夏休みでした・・・






透明「さ〜て次は九州

   いってみますか〜〜〜〜





                





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月 別☆アーカイブ