秘話・4

2013年12月24日(火) 8時00分
秘話



 昴「おいおい本当にいいのかよ

   業界的にはタブーじゃないのか

透明「いいのいいのでも、これはあくまでも、

   過去のデーターから出た統計的なものなのだから

   100%ではないんだけど、一応参考になれば


 昴「はぁ〜本当に知らないからな

透明「心配してくれてありがとう

   さてと、それでは、私が調べ続けてきた

   黄昏の刻の全貌を紹介しましょう

 昴「

透明「先ずは、黄昏の刻に起こる事

   黄昏の刻で起こる厄として一番多いモノは、病気です

   もちろん大小様々なものがありますが、必ず一度は入る

   と言われるほど、確率は高く、死亡にいたるケースも

   少なくはありません


   特徴としては、急激に悪くなるようなものよりも、

   時間をかけて悪くなっていく病気にかかることの方が

   多いようで、放っておけば一生悩まされるような病気に

   拡大することもあるので、何か変調があったらすぐに

   病気に備えて病院などでしっかりと検査を受けるように

   することが大切です
 

   次に多いのは、事故怪我です

   突発的なものが多いので、避けるのが難しいものですが

   常に周りに気をつけ、外に出る時には安全を意識した

   行動が大切になってきますので、覚えておきましょう


   どちらの災いも、大小様々な事柄が含まれているので、

   全てが全て大きな事には繋がりませんし、とても些細な事

   で済んでしまうこともあります


   しかし、この2つに匹敵するくらい多い事柄が、少々やっかいな

   問題になるかもしれません

   それは、対人的な障害です

   これは、黄昏の刻が直接関与しているかは分かっていませんが、

   私がみている感じでは、直接黄昏の刻の災いで対人問題が出て

   くるもの
と、黄昏の刻で災いを受け、心が荒んでしまったことで

   対人問題が生じること
の2パターンがあるように思えます

   どちらにしても、この年にモメてしまった関係は、

   修復できないほどの問題となりやすいので、注意が必要です


   (これは、家族・親族間でも同じです

   このお話を読んだ人は、その事を心にとどめ、

   なるべく人とモメないように心しておいてください


 昴「う〜んこれは、俺たちでも入るから

   来年は注意しておかないとな〜

   妖精達にも影響があるのか

透明「うっさすがにそこまでは分からないけど、

   注意しておくに越したことは無いとおもうよ

 昴「そうか

 
透明「そして、断罪期贖罪期の違いについてもお話します

   これも前回の黄昏の刻のことなので、あくまでも参考程度に

   なってしまいますが
・・・。

   断罪期に災いが訪れた人は、必ず贖罪期にそれ以上の災いを

   受けると言われています


   そう考えると、断罪期に災いを受けなかった人は、贖罪期に災いが

   くる確率は低くなりますが、断罪期の災いよりも強い災い

   もたらされるということは、かなり強力だということでもあります

   正直、断罪期に災いを受けなかったから大丈夫

   という考えも通用するかどうかも分からないモノなので

   安心はできませんがなるべく断罪期に災いを避けることが、

   この2年を上手に乗り越える方法でもあるので、

   その旨覚えておいてください


 昴「確かに、それは先生に聞いたことがあったな〜

   でも、厄の相乗作用って・・・

透明「さて、次に黄昏の刻の災いには、どうしたら入ってしまうのか

   説明しようと思います

   もともと、黄昏の刻は、個人に狙いをつけて襲ってくる

   ものではありません


   黄昏の刻は、徳を多く積んでいても

   業を多く積んでしまっていても入りますし

   良い人も悪い人も関係なく無差別に入るものなので、

   生き方や生活の仕方などは一切関係してきません


   それだけに、表現するとすれば

   たまたまそこに居合わせたから災いに入ってしまった

   という表現が一番シックリ来る表現だと思います

   私も、黄昏の刻については色々と研究してみましたが、

   一番わかりやすく具体的な表現としてお伝えするならば

   地球全体に、ピンスポットのような災いスポットが無数に存在し、

   大なり小なり縦横無尽に動いていて、そのピンスポットに入って

   しまうことで災いを受けてしまうという表現が一番想像しやすい
 
   と思います


   ですから、家にいても外にいても、このピンスポットに入って

   しまえば、いくら家の風水がよくても、防ぐことはできません

   もちろん、方向的に吉方位に旅行にいっても、そこでピンスポット

   に入ってしまえば、災いを受けることになってしまいます

   しかも一度入ったからといって、二度と入らないという訳ではなく

   人によっては、一度ではなく年間何度となく入る場合もあるので

   注意が必要です
   
   そういう面でも、占いなどの知識も役に立たず、業界的にも

   口外されなくなった理由となっています

   残念ながら、ピンスポットの場所や前もって黄昏の刻を予想して、

   行ってはいけない場所を特定することはできず、

   正直、占い師泣かせな年です

 昴「あ〜あ・・・でも、その表現だとルパン三世がサーチライトから

   逃げてる絵を想像
しちゃうんだけど

透明「おおそんな感じ

 昴「そんな感じってそれじゃ〜、ルパンみたいに編み目を縫えば

透明「残念だけど、それはちょっと難しいかも・・・

   そのピンスポットは、小さいモノも大きいモノもあるだろうし、

   何よりも、視えないものだからね

 昴「そ、そうか・・・ところで、ひとつ気になるんだけど

   黄昏の刻には、地震や自然災害とかもかかわってくるのか

透明「う〜ん・・・わからない

 昴「えっ

透明「私が調べたところでは、そういった目立った現象は起きていない

    あくまでも黄昏の刻は、個人にかかる厄災としか認識

    できないんだけど
・・・

 昴「・・・そっか 人間に害なすことが起こることで、

   回り回って環境が破壊されたりすることもある・・・

   それが原因で・・・ってことだよな

透明「まああくまでも、想像の範囲からは抜け出ないけどね

    もちろん、そうならないように今回の記事で多くの人に

    知ってもらうことが大切だと思ったんだ


 昴「・・・伝わるといいな

透明「うんさて、続き続き

   黄昏の刻は、そのピンスポット言い換えれば災いの歪み
 
   などという恐ろしいモノに、いかに近づかず入らないか

   が本当は、一番大切になるのですがそれを避けることは

   皆無と言われています

   ですから、私達は、入らないようにすることを考えるよりも、

   入ってしまった災いをいかにして防ぐか


   という選択を迫られるワケです

   災いさえ受けなければ、厄に入ったことにはならないからね




いよいよ次回ファイナル

その災いの防ぎ方についてお話します




  
 
             続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月 別☆アーカイブ