秘話・2

2013年12月20日(金) 8時00分
秘話



透明「全世界厄

師匠「まあ、そんな感じ

透明「そ、そんな感じって

師匠「う〜ん、この現象に関しては、私でも

   わからんことだらけなんだよ

透明「せ、先生でもわからないんですか

師匠「うん多分、地球にとっては必要な要素

   なんだと思うんだけど、詳しくはわからない

   なにせ、私もまだ体験したことがないからね

透明「えっ

師匠「黄昏の刻(たそがれのとき)というのは、

   大体、60年から70年に一度起こる

   と言われているものなんだ

透明「60年から70年・・・。」

師匠「まあ、お前の今見ている資料を計算すると

   黄昏の刻は、2年間

   最初の1年目断罪期(だんざいき)とか

   断末期(だんまつき)とかって言って、次の2年目

   贖罪期(しょくざいき)とか獄鎖期(ごくさき)と言う

   らいしいんだ

透明「な、なんだか、この世の終わりのようなネーミング

   ですけど・・・

師匠「あはははっそうだね

   でも、この厄は誰でも一度は入る厄と言われている

   けど、その実、厄は大なり小なり様々だから、

   この世の終わり的なものでは全くないよ

透明「そ、そうなんですかはぁ〜良かった〜

師匠「まあ、でも安心はできないけどね

透明「

師匠「さっき言ったように、黄昏の刻って言うのは、

   誰でも一度は入ると言われている厄

   それは、大人も子供も老人も、もちろん赤ん坊ですら

   入るってことなんだ


   そして、問題なのは、徳を積んでいる人でも

   業を積んでいる人でも善人でも悪人でも入る厄

   ハッキリ言って、無差別・理不尽な厄としては

   おっかないかもしれんな〜

透明「ま、まじですか

師匠「まあ、世の中的にはあまり知られていない厄だけど

   知ったところでどうにかできるモノでもないし、

   時が黄昏れ、災いを招くなんて昔から言われて

   いるけど、厄が小さい場合なんて、机の角に

   足の小指をぶつける程度のモノ
だから、誰も

   気にしないのかもしれない

透明「でも、大きい厄の場合は

師匠「死に至ることもある

透明「

師匠「まあ、は恐ろしいものと捉えられやすいけど

   人間それで全てが終わるわけじゃない

   なんちゃって

透明「・・・・・

師匠「あれっつまんなかった

透明「笑えないですよ〜

師匠「あははははっ悪い悪い

   でも、死に至る程度ならまだしも、死に至らない

   場合の方が怖いかもね


透明「そ、それって

師匠「一生背負わなければならない怪我や病気、

   事故による障害
・・・

透明「・・・・・

師匠「どちらにせよ、厄の大きさは入ってみなければ

   わからない

   考えても手だてが無いんじゃ、仕方がない

透明「・・・・・

師匠「それとも、透明

   黄昏の刻に挑戦してみるかいニヤニヤ

透明「これって、必要厄ですか

師匠「いいや多分、地球には必要な時期だと思うけど、

   個人に対しては、まったく必要な厄ではないよ

透明「それじゃ〜、避けても問題はないんですね

師匠「うん大丈夫まったく問題ない

透明「わかりました



通常、厄というものは、この世に存在している以上

必要とされているものが多い


人は、その困難を打破し新たなスタートを切ることも

できるからだ


しかし、黄昏の刻はその範疇に無い存在

私はこの時から、黄昏の刻の研究を始めた・・・。





              続く・・・。

   




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   


ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月 別☆アーカイブ