妖精王・15

2013年10月19日(土) 8時00分
妖精王・15





透明「はぁ〜疲れた〜

   腹減った〜っ

 昴「まったく庵についたら食料あるから

   適当に食っていいぞ

透明「やった〜そう言えば、妖精達って何食べるの

 昴「そうだな〜草木の妖精は葉っぱから出る養分や気質

   水の妖精なら自然に濾過された水滴の養分や気質とか

   その属性に合わせたモノを主食とすることが

   多いかな〜

透明「なるほどね〜あっ庵が見えてきた



後80メートル辺りのところから、庵が見えてくる

私達は、徐々にその距離を詰めてゆくが、

残り50メートル辺りで、昴が足を止める・・・。



 昴「・・・・。」

透明「どうしたの

 昴「臭う

透明「えっお、俺じゃないよ

 昴「そうじゃない庵からだ

透明「・・・


一瞬、何か異様な気配を感じる


透明「これって

 昴「屍臭・・・そして、障気

透明「屍食鬼か

 昴「多分・・・お前達この子を連れて

   オンじぃのところに隠れていろ

妖精「ポム


妖精達が退散したところで・・・。


透明「どうする屍食鬼は、一匹で行動は

   しないはずだけど
・・・。」

 昴「多分、数匹いるだろうな・・・

   協力してくれるか

透明「そんなのもちろんだよ

   ただ・・・。」

 昴「これを使え

透明「これは

 昴「火蜥蜴サラマンダーの力を集めた法具

   屍食鬼は火に弱いから役に立つと思う

透明「さすが法具師用意がいいね〜

 昴「法具は使う者次第だよ

   まあ、お前なら大丈夫だろうけど

透明「おうなんだか、ロールプレイングみたいに

   なってきた

 昴「たくっリセット、セーブ一切無し

   普通に死ねるからな

透明「望むところ



私達は、慎重に庵に近づいて様子を伺う・・・。


後から聞いた話だが、屍食鬼はその纏っている

障気によって、全てのモノを腐らせるらしい

それは妖精にとっても同じ

一度触れてしまえば、妖精といえど只では

すまない
・・・


透明「・・・あれっ

 昴「・・・・・・・。」

透明「いないけど・・・。」


ガサガサ


透明「

 昴「後ろ


ヴオオオオオオオオッ


凄い鳴き声が山にこだまする

目の前にいるそれは、この世のモノとは

思えないほどの醜悪な形相をし、

顔は胴体ほどの大きさ、皮膚は垂れ下がっている

身体は太く、獣とも人間ともとれない姿は

普通の人が見ただけで気がふれるほどだ



透明「うえっなんだこの臭い

 昴「あまり吸い込むなよ

   なるべく息を浅くしろ

透明「はぁ〜そんな殺生な


屍食鬼は合計4体・・・。

いや、未だわからない

私達は、冷静に構えながら間合いを計っていた








              続く・・・。








おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ