夏の想い出・11

2013年07月29日(月) 8時00分
夏の日の想い出・11




しばらくして、呼吸の整った

竹林さんが近づいてくる・・・。

竹林さんは、私達の奇行を見て

訝しげな顔をしていた



竹林「あ、あの透明さん

   一体、何をして・・・

透明「え、え〜っと・・・

竹林「淳和何してるの

淳和「うう〜っきゃは



淳和くんは、やっときた母親と手をつなぎ

淳和くんにしかみえないお父さんの元へ

淳和くんは、お母さんとお父さんの真ん中に立ち

満面の笑みを浮かべていた


竹林「

淳和「ああ〜

竹林「淳和何をしているの

淳和「あっあっうう〜っ


淳和くんは、父親がいるであろう位置を

必死に指さしながら母親に伝えようとしている



竹林「・・・淳和お母さんよく分からない

   淳和が指さすところには何もないでしょ

透明「や、やばい竹林さ

淳和「パッ・・・パッ・・・。」

竹林「 淳和お父さんは・・・もう・・・いないの

   淳和・・・どうして・・・もう止めて・・・


淳和「ううパッ・・パッ・・・グスッ・・・

   ええ〜〜〜〜んええ〜〜〜〜ん

透明「くっ

竹林「淳和お願いだから・・・もう

   お父さんはいないのよ

淳和「ええ〜〜〜〜んええ〜〜〜〜ん



私は、急いで淳和くんの元へ

まだ、一生懸命に指をさしている淳和くんを

抱っこする




竹林「透明さん淳和の虚言にのったりしないで

   そんなの・・・そんなの悪ふざけです

透明「竹林さん一度落ち着いて

   ちゃんと、説明しますから



淳和くんを抱えた私は、竹林さんを連れ、野原から

離れたところまで移動する・・・。

そこで、今までにあったことを竹林さんに説明し

理解を求めた
・・・。

しばらくして、泣き疲れて眠ったしまった淳和くんを

敷物の上に寝かせた私は、自分の仕事のことや

今、淳和くんに起こっている現象についてあらためて

竹林さんにお話する




竹林「・・・・・。」

透明「一概には信用できないかもしれませんが

   それでも今は、私を信じてくれませんか

竹林「・・・大丈夫です透明さんのことは

   信用しています・・・ただ・・・。」

透明「ただ

竹林「ただ、私は母親として、この子のこと

   ちゃんと理解できていなかったことが

   ショックで
・・・・

透明「・・・・・。」

竹林「透明さん私は、淳和にどう接してゆけば

   いいのでしょうか


透明「ゆっくりでいいんだと思いますよ

竹林「えっ

透明「淳和くんも竹林さんも、旦那様を想う気持ち

   変わりませんから・・・

   竹林さんは、淳和くんを守るためにも、早く

   旦那様の死を受け入れて、過去にしてしまおうと

   している
・・・でも、人間てそんなに簡単に

   想いを過去に追いやることなんてできないもの

   だと想います

   だから、淳和くん同様、竹林さんもゆっくりで

   いいんですよ


   ゆっくり受け入れ、淳和くんと共に気持ちを

   整理して、二人で一歩ずつ前に進んで

   ゆければいいのだと想います


竹林「ううっ・・・ううううっ・・・・。」



竹林さんは、淳和くんを守るために自分の気持ちを

殺して無理をしていたのだろう・・・

竹林さんの心の堰はゆっくりと崩れ、沢山の涙と共に

解き放たれて行く





さあ、次は淳和くんを助ける番だ





             続く・・・。






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月 別☆アーカイブ