無知と無謀・4

2013年03月15日(金) 8時00分
無知と無謀・4





仕事場から40分

すっかり日も暮れ、夜のとばりが降りる頃

私は本宮さんの家に到着する・・・



オン・バオン・ギャ


透明「(・・・なんだ

   家の中から、変な呪文が聞こえてくるぞ)」



私は、嫌な予感を抱きながら本宮家の門を叩く



本宮「はい今あけます

   先生すみませんワザワザ来て

   いただいて・・・

透明「あの〜もしかして、例の人が来てるの

本宮「は、はい

   実は、あの後、悠木さんに連絡して

   息子のことを言ったんです

   最初は文句を言おうとしたのですが、

   今、隆太郎の中の霊と自分の呪文が

   闘っているから、そのような状態なんだ

   と・・・

   その後、しばらくしてからもっと強い方法

   霊を追い払うと家にいらして・・・。」

透明「マズイ


私は、本宮さんを押しのけ、隆太郎くんのいる

部屋へ急いだ


ガラッ


透明「ストップ

悠木「なんだ君は

本宮「せ、先生


後から追ってきた本宮さんが割って入る


本宮「悠木さんこちらがお話しした

   透明先生です

悠木「あ〜ぁあんたが例の

   ふ〜ん・・・


人を蔑んだ目で、上から下まで眺めている

嫌な気分だ

それでも、大人の対応をする・・・。


透明「はじめまして、悠木さん

   私は、占い師の透明と申します

悠木「それで

透明「えっ

悠木「それで、なんなの

   占い師ふぜいが何のようなんだ

   私は今、大切な除霊をしているんだよ

   邪魔をするんじゃない

   この子がどうなっても良いのか


名も名乗らない・・・

完全に見下されてるよ

私は、この霊能者らしき人物に興味はなかった

すぐさま隆太郎くんの状態を視る


悠木「おい聞いているのか

   本宮さんあなた、息子がどうなっても

   いいのか


本宮さんはそう言われアタフタしている


透明「(外傷はないとなると、霊体が傷ついている

   可能性がある・・・んっ
)」


私の目に飛び込んできたのは、隆太郎くんの

身体の中で蠢く、幾人もの


あり得ない光景が私の目の前で起こっている



透明「本宮さん早く何とかしないと

   手遅れになる

   何故、応急処置をしてないんですか

本宮「えっあっそ、それは、悠木さんが・・・。」

悠木「素人は黙っていろ

   さっきから、言っているだろう

   今、大事な除霊中だ

   でていけ〜〜〜〜〜っ


すごい剣幕で私たちを部屋の外へ追い出す霊能者

扉を閉め、また何やら呪文を唱え出す


透明「・・・・・・。」

本宮「せ、せんせい・・・すみません・・・

透明「本宮さん息子さんのこと、大切ですか

本宮「そんなの当たり前じゃないですか

   あの子は、妻の忘れ形見です

   私の宝物です・・・ううっ・・・・うううっ

透明「だったら、決断してください

   私にやらせるのかそれとも、悠木さんに

   任せるのか

本宮「



珍しく、鬼の形相をした透明先生に本宮さんが固まる



透明「はやくしろ

本宮「先生・・・お願いします

   隆太郎を隆太郎を助けてください

透明「承知した



能力全開

透明本気モードです




        
          
                続く・・・。








おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2013年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月 別☆アーカイブ