ネズっちです!・14

2011年11月24日(木) 1時00分
ネズっちです14




 昴「・・・すげ〜な〜

透明「う、うん



今、私達の目の前に、十四匹のネズミ

立っている・・・。



 昴「完全に囲まれてるけど・・・

透明「そうだね・・・



ネズミ達は、私達の目で視ても体長2メートル程に

化けている・・・

まあ、亡骸をあんな形で放置されていれば

怨みの分だけ大きくもなるか
・・・。



 昴「どうすんのこれ

透明「う〜んどうしようか

 昴「一気にあげちゃう

透明「おいおいそれってルール違反でしょ

   取り敢ず説得してみるよ

 昴「はぁ〜手間だな・・・。」



私はネズミ達に話しかける・・・。

(ここからは、副音声でお送りします)



透明「主は何処に

 鼠「・・・・・・

透明「言葉はわかるでしょ

 鼠「ちゅう (私だ)」



霊というモノは不思議なもので、

複数の霊が同時に同じことをする場合

必ずといっていいほど強い念を抱いたモノに

付き従い行動する

逆に言えば、強い怨みを持ったものがいなければ

霊達は別々の行動をしていたはずなのである



 鼠「ち、ちちっ (お前は誰だ)」

透明「五郎左右衛門と申します


前にも言ったことがあるが、本名を明かすと

こちらが不利になるので、ここは偽名


 鼠「・・・ちちゅう (五郎左右衛門)

   ちちちっ (何故我らを呼び出した)

   ちゅ〜う 

   (事と次第によっては只ではすまんぞ)」

透明「もちろんです

   あなた方に良いお話があります

 鼠「ちゅう (良い話)」

透明「はいあなた方のお気持ちは重々理解して

   いるのですが・・・

 鼠「ち、ち ()」

透明「残念ながら、あの世ではあなた達の所業は

   百罰の形と認識されています

 鼠「ちゅうう (ひゃくばつのけい)」

透明「はい百罰の形とは・・・。」



ネズミ達にとって嫌だろうな〜っと思うことを

並べ立てる私・・・。



 鼠「ちぃちゅう (そ、そんな)」

透明「ですがこの度、この土地の氏神様のご配慮

   罪を不問にする機会を与えられ皆様を

   霊界まで導く役目を私が仰せつかりました

 鼠「ちゅちゅうう (し、しかし、私達は)」

透明「大丈夫ですあなた方の無念は必ず

   果たさせましょう

   こちらに残る一切の業は、しっかりと

   怨みを生んだ方に返させるように

   私が責任をもって伝えて行きます


   ですから、この期を逃すことのないように

   お願い申し上げます

 鼠「・・・・



ネズミ達の体が徐々に縮まってゆく・・・。

何とか納得してくれたようだ



透明「それでは、今から私が皆さんの御魂を

   お送りいたします


ネズミ達は一列に並んでいる

ちょっと、可愛い・・・


私は続けてネズミ達をあの世に送る作業に入る



   




           続く・・・。







1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  
 





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2011年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月 別☆アーカイブ