おもいもおいも・4

2011年03月26日(土) 1時00分
おもいもおいも




透明「お待たせしました〜



男の料理完成〜っ

名付けて

そばチャーハン



八巻「と、透明 これ、何っ

透明「えっ チャーハンですよ

八巻「だ、だって何だか黒いし、そ、そば

   入ってるよ

透明「そりゃ〜そうですよ

   特製ソースに鶏ガラスープを加えて

   焼きそばのメンを刻んでご飯、野菜と卵を

   炒めて作ったものですから


八巻「・・・こ、これ、食えるの

透明「・・・食わんでいいです

八巻「あっいや 食べる食べさせて頂きます

透明「まったくほら海斗くんと一緒に作った

    料理出来たよ一緒に食べよう

海斗「うん




三人は、ひとつのテーブルでソバチャーハンを

ガッつきながら食べはじめる



八巻「 こ、これ

海斗「おいし〜い

八巻「うんマジで上手い

透明「でしょ〜 見た目は悪いけど、結構いける

   はずですよ

八巻「お前、本当に色々出来るな〜

透明「ハハハッ・・・独り身長いとこんなモンですよ

八巻「あ、あははははっ わ、わるい



食事というのは不思議なものである

さっきまでギクシャクしていた空気が

一転し、海斗くんの顔にも笑顔が見られる

ようになっていた

そうこうしている内に、加瀬さんがやって来る

八巻先輩は警察に事情を話し、海斗くんも先ほどとは

うって変わって饒舌に質問に答えていた

私も、加瀬さんを通じて色々とお話をさせて頂き

海斗くんを一度、児童保護施設の方で預かって

もらい、海斗くんの母親とのコンタクトを取って

これからのことを決めてゆく算段となった



それから一週間が経ち・・・。

加瀬さんからの連絡で海斗くんの母親が蒸発していた

ことが判明

海斗くんの身内も他にいないとの話で、今の施設で

生活することが決定したようである。


私は、その施設の住所を聞き、海斗くんの様子を見に

たびたび施設を訪れるようになっていた。

それから6年後のある日・・・。



プルルルルルップルルルルルッ


私の元に一本の電話が鳴り響く


透明「もしもし透明です

津上「あっ透明さん私です津上です


津上さんは、海斗くんの入っている施設の施設長です


透明「おお〜っ津上さんお久しぶりです

   皆さんお元気ですか

津上「・・・と、透明さん・・・実は・・・

   海斗くんが・・・



この後、私は自分の耳を疑うことになる・・・。





         続く・・・。





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ