真理の仮面・4

2010年08月27日(金) 1時00分
真理の仮面



私の目の前に突然現れた鼓くんは、

呼吸を荒立てながら、捲し立てる


 鼓「アンタが何を言おうと、

   俺がアンタのこと楓に信用させねぇ〜からな

   アンタ目障りなんだよ

透明「ありゃりゃ 随分な嫌われようだね〜

   私が話すことで、鼓くんに都合の悪いこと

   でもあるのかな

 鼓「う、うるせ〜


彼は、私の胸ぐらを掴みグイッと引き寄せる


 鼓「わかったな何も言うんじゃねぇ〜ぞ


やれやれ、しかし、こんな柔な腕でよくここまで力

が出る物だ 感心する

ふ〜っ、とにかく怪我をさせない程度に

落ち着かせないと



透明「鼓くん、ごめんね

 鼓「 い、いててててっ



私は、彼の腕を締め上げる



 鼓「は、はなせ はなせよ

透明「それじゃ〜、暴れないでくれる

 鼓「わ、わかったから はなせっ



私は、彼の腕を放し、彼と話を再開する



透明「あのさ〜何で、楓さんの部屋を

   メチャクチャにしたの

 鼓「・・・・・・



ありゃ、今度はだんまりか〜



透明「ちなみに、楓さんはいつ出てくるのかな

 鼓「


何を言っているのと、

皆さんも思うかもしれませんが

先ほどから私の目の前には、しなやかな細腕をもった、

女性しかいません

言い換えれば、楓さんの身体をもった鼓くんがいる

という方がわかりやすいかもしれませんね

だからと言って、彼女が何かに憑依されているワケでもなく

要するに、彼女達は、多重人格障害なのだと推測できます

私が先ほど視た木人図では、楓さんがいきなり自分の部屋を

荒らしまくる姿が映って視えていた為
、確証が取れないうちは

私も自分の視たものが信用出来なかったのだ

しかし、これで全てがつながる・・・。


多重人格障害

一人の身体に、二人以上の人格が存在している状態

この人格には、それぞれの記憶とそれぞれの行動理念が

存在し、決して各自の記憶には別人格は関与出来ない

私がみてきた人の中にもこの多重人格障害をもっている

方が何人かいましたが、それぞれの人格存在を

各々が知らない場合と、各々の人格を別の存在する人と

して認識している場合がある

別の存在として認識している人の場合は、主体となる

人格の目の前に別人格が存在しているかのように

見えるらしく、インナースペース(深層心理)内での

会話なども出来るらしい
・・・。



透明「(さて、どうするか)」

 鼓「・・・・・・。」








             続く・・・。





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  

 




ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月 別☆アーカイブ