呪いの壺・5

2009年02月24日(火) 1時00分
 呪いの壺・5 

さて、まずはこの壺にかかっているスペル

解読します

鷲眼(しゅうがん) 解放

鷲眼は、あくまでも私が付けた名で

師匠との修行時代 幾つかの眼を開眼させる時に、

スイッチとして名をつけ区分けするようにと

言われ付けた名です

鷲眼は、呪文などを識別する際に使用する眼で

音や振動色や波で認識出来る優れもの

大体がデスペルをするときによく使用します

区分けした眼の種類は全部で12種類

追々皆さんにも紹介して行きますね

透明「あれ・・・何か変だぞ・・・。」

鷲眼で視た壺にかかっているスペルは、思っていたもの

よりも単純で、全部で150文字程度のスペルだった

普通、古いものになると500〜2000文字程度の長い

スペル構成が平均的重要性が高いものなどは、

平気で10000文字を超えるものもある。

150文字程度だと呪文をかける際に使う時間は、

約1時間くらいしか掛らないはず・・・。

透明「う〜んそんなに大切なものじゃないのかな〜

取り敢ず、150文字程度なので音と振動を読み取り

約10分、デスペル用に相反する音の解読に5分で終了

詠唱開始

透明「ディ・ア・ルーズ・ドエ・・・・・・・。」

詠唱終了 はやっ

透明「・・・う〜ん・・・何か変だぞ・・・。」

簡単過ぎる注文に戸惑いながらも、早く終わってしまったので

泰蔵さんに電話をして、終わった事を告げる

5分程で泰蔵さん達が戻ってきた

タイ「おおっ 早かったな〜 ほれ、土産

泰蔵さんから、スタバのコーヒーをもらった

泰蔵さんがスタバですか〜 似合わね〜っ

タイ「でっ 開いたのか

透明「うん、一応・・・。」

タイ「なんだ 浮かない顔して

透明「う〜ん、それ150文字程度のスペルだったよ

タイ「あ〜ん そそんなもんだったのか

そう言うと、泰蔵さんが一瞬パルちゃんを見る

透明「・・・。」

タイ「ま、まあ 取り敢ず開くかどうか試してみようや

なんだ その慌てようは・・・あ、怪しい

泰蔵さんが壺を持ち、軽く蓋を引っ張ると

パカッ」簡単に蓋がはずれた

タイ「お、おう 開いたぞ

泰蔵さんの変な小芝居のおかげで、何となく見えてきたぞ

透明「でっ 中身は

タイ「お、おおっ あれか、空っぽじゃねぇか〜

やっぱり 

デスペルをしている時に気づいたことがひとつあった

それは、スペル解除時に骨壺の蓋がゆるんだとき

あの鼻をツンザク臭いが強くならなかった事

途中で思い出したのだが、あの臭いは死臭で、よく骨壺などにも

残っている臭いだ

普通、骨壺にが残っていれば、

もっと強い臭いがしてもおかしくないはず

いったい、何を企んでるんだ・・・

次回真相が明らかになります

 
          続く・・・。



これで多くの人が悩みを解決できるかもしれません
あなたの徳が積めますように
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
徳積みボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月 別☆アーカイブ