鑑定ファイル4−5

2008年09月05日(金) 2時36分
鑑定ファイル4・奈々さん5

「・・・チーン」出ました(もういいから・・・

透明「奈々さんいいかな

奈々「はい お願いします

透明「まず、今奈々さんが業界を引退した場合

   これも二択はあるけど、基本的に

   人並み以上裕福な生き方は出来るよ

   まあ、金銭的にもそうだし

   今までやってきた努力知名度も加味されてだけど、

   ただ、その事で返って心は苦しむ事にはなるね

   辞めてしまった後悔と、

   周りからの羨望の眼差しに苛まれる事は、たたあるかな

   それでも、やり方いかんで、幸せはつかめると思うよ

   次にこのまま業界に残る場合

   正直シンドイかな

   やり方は色々だけど、細く長くは行けると思う

   後は、今までもてはやされていた時とのギャップ

   苦しむかもしれないけど、ただひとつ

   これもやり方しだいだけど

   今よりもずっと生きている気はするかもね

   自分らしさを取り戻せるのもこちらかな

皆さんならどちらを選びますか

後悔はあるけど裕福な暮らし

苦しみはあるが自分らしく生きる事

奈々「今、選ばないといけないんですよね

透明「うん

奈々さんは、ここ近年で一番悩んでいるのだろう

部屋は涼しいのに汗が止まらないようだ

しばらくして、やっと自分にとって何が大切なのかが、

わかったらしく少し表情が和らいで見て取れる

彼女の中で決意が固まったようだ

奈々「先生私やっぱりもう少し続けて行こうと思います

   私は、歌手として自分がやっていることの実感が欲しい

   もう一度自分を取り戻したい

透明「それでいいの

奈々「はい」 

うん いい顔だ

透明「よく自分で決められたねもう大丈夫かな

奈々「・・・

透明「最初に奈々さんは、私にどうしたら良いか聞いてたでしょ

   でも今は、二択とは言え聞かなかったよね

   これが、自分自身の意志なんだよ

   自分らしく生きるという事は、

   自分の言葉に自信責任を持つ事なんだ

   簡単なようで実は難しい事なんだと思うけどね

奈々「そうですね

   本当に自分の事なのに、わかっていなかったなんて

透明「まあここでわかったならいいじゃない

   では私から、自分を取り戻す為のヒント

   やること全部言っちゃうと、また繰り返しだから少しだけ

奈々「はい

透明「まず、もっともっと!っていうを捨てなさい

   欲は、自分の置かれてる立場を見失うし、

   キリがないから

   次に、常に誰かの為に生きなさい

   今自分がこの仕事で、誰かの為に何が出来るのかを考えて、

   自分自身で決めた事を必ず人を頼らず行動して行く事

   それが出来たら自分らしさを取り戻せるし

   きっと仕事も持ち直すと思うよ

奈々「あ ありがとうございます

透明「奈々さんなら大丈夫だよ 

   きっと出来るから自分を信じてね

奈々「先生、今日は来てくれてありがとう

   また相談しに行ってもいいですか

透明「自分で選ばせる事しかしないけどね

奈々「はいそれで十分です

鑑定も終わり

少しの時間、業界の裏事情とか聞いたりして話をし、

奈々さんは、元気よく仕事に戻って行った

後は奈々さん次第

木人図を見たかぎりでも、これからの彼女は

自分らしさを持ちつつ自分の仕事の意味

悟って行く事になるでしょう

まあ、まずは一段落かな

そんなこんなで、気になる芸能人のあれこれを聞き、

ギャップに苛まれながら家路についた私は・・・。

「は〜〜〜っ

明日からテレビ見ないでおこう・・・

世の中色々だな〜っと実感しつつ、

ふて寝の透明でした。

・・・はぁ〜っ



2箇所クリックいただけると嬉しいです
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング

鑑定ファイル4−4

2008年09月03日(水) 22時08分
鑑定ファイル4・奈々さん4

11年前の事がよみがえる

透明「う〜ん、

   売れる事と引き替えに大切なものを無くすかもしれないけど、

   それでも売れたい?」

奈々「大切なものって?」

透明「・・・。それは、自分自身って言った方が良いのかな〜?」

奈々「?自分ですか?」

透明「うん、言い換えれば自分らしさかな?」

奈々「そんなのは、芸能界に入った時から、覚悟してます!」

透明「そう?それなら良いんだけど・・・。」

奈々「先生、お願いします!」

透明「そこまで覚悟があるなら、今から言う事を守って下さい。」

私は、この時、何時かこうなる事を予想していたのに、

若い彼女にその辛さを伝え切れなかった事だけは、

反省していた

さて・・・


透明「奈々さん 少しは、スッキリした

奈々「すみません 言いたい事、いっぱい言ってしまって・・・。」

奈々さんが、

涙を抑えられるようになったのを見越して声を掛けて行く。

透明「今、奈々さんの話しを聞いていた時に、

   昔のことを思い出していたんだけど

   奈々さん あなたにとって、

   歌手として売れる事ってなんだったけ

奈々「えっ それは・・・。

   私にとって・・・、私にとっては、一番の夢でした

透明「それは、過去形

奈々「・・・。正直今は、分りません・・・

透明「奈々さん、自分がここまで来た事に、実感ある

奈々「・・・

透明「人から見れば、とんでもない大成功をおさめた人で、

   多くの人の憧れの的

   誰からも、羨ましがられる人生として映っている

   そんな生き方を、貴女はしているんだよ

   その人生を、歩んで来た実感あるかな〜

奈々「私は、ここまで必死に生きてきただけで、

   実感って言われても、よく分らないかも・・・

透明「それって何でかわかる

奈々「う〜ん・・・」 首を傾げる奈々さん。

透明「それはね 自分で考えて、

   自分で何のためにその行動をしたのか

   理解してないからだよ

奈々「でも、自分なりには努力してきました

   それでもダメですか

透明「う〜ん ダメとかじゃないんだ、

   奈々さんの努力は認めてるよでもね

   その努力は言われたことに対しての努力なんだ

   奈々さんの周りの人達は、とても優秀で、

   それと同時に奈々さんを沢山愛してくれてるんだ、

   だからこそ奈々さんも、皆に言われた事を

   一生懸命努力したんだと思う

   でもね、それって楽しい事ばかりじゃなくて、

   苦しい事のほうが、多くなかったかな

奈々「・・・。」 奈々さんが頷いている

透明「本当は、奈々さんが自分の為に何かを考え自分の為に

   行動・努力出来れば迷いはなくなるんだよ

   さっきやりたいことあるって言ってたけど

   その中で、自分で決めて提案した事でやりたいことって

   幾つある

奈々「えっ・・・

   な、ない自分で提案したものは、無いです

透明「でしょ 奈々さんのやりたいことって

   自分がやりたい事ではなくて

   周りの人達のやらせたい事が

   奈々さんのやらなくちゃいけないことになっているんだよ!

   分るかな

奈々「・・・はい・・・たしかにそうですね

   自分でも、今まで気がつかなかった・・・

大分落ち込んでしまったがやっとピントがあって来たようである。

透明「後ね 私は奈々さんから自分らしさを取った覚えも

   消し去った覚えもないよ

   それを無くしたのは

   奈々さんの恐れ甘えが原因だと言う事を

   まず知っておいて

奈々「・・・

透明「私が初めて奈々さんをみた時に言ったのは、

   無くすかもしれない と言っただけで、

   完全に無くなると言った訳ではないんだよ

   奈々さんは、業界に入ってどうすれば良いのか分らない時に、

   私も含めて沢山の人の意見を聞いて行動してきたよね

   これが、まず最初の恐れ

   次に段々売れ始めて業界になれた頃

   自分のやりたい事をやって、

   折角売れて来ているのに落ち込んだらどうしよう

   と思って不安をいだいた、これが次の恐れ

   自分のやりたい事を後回しにした結果

   周りの人達の提案が上手く行き

   どんどん売れていった事で自分で考えなくても

   皆がバックアップしてくれる事になれた事が、

   甘えの部分

   それが、いつの間にか自分のやるべき事となって

   自分の意見とすり替えられて来たんだね

奈々「・・・たしかに

透明「それじゃ 私から奈々さんのこれからの人生に

   二択を迫ります

   奈々さんは、必ずどちらかをここで選んで下さい

神妙な顔をした奈々さんが真っ直ぐこちらを見ている

だいぶ良い顔になった

さてと

お膳立ては出来たので、ここからが私の本領発揮かな

木人図にアクセス

奈々さんのこれからを、歌手を辞めた場合と辞めない場合に分類して

彼女の幸せ手繰り寄せます

鑑定結果は、次回に!

         続く・・・。

   

鑑定ファイル4−3

2008年09月01日(月) 0時10分
鑑定ファイル4・奈々さん3

うお〜っ やばかった

今のは本当やばかった

部屋を出たは良いが 広すぎて何処にあるか分らんかった

透明ピーンチ

とか思いながら必死だった自分がかなり可笑しい・・・

さて、スッキリした所で

こちらもスッキリさせましょうか

ガチャ」何事も無かったように、部屋に入る私。

透明「どう 少しでも何か答えは、出たかな

奈々「先生 私は、少しおかしいんでしょうか

透明「 どうして

奈々「今、一生懸命考えて答えを出そうとしても、

   自分がどうしたいのか 何がしたいのか

   出てこないんです

透明「・・・。」

奈々「仕事の事を考えると、

   もっと売れたい注目されたいもっと稼ぎたい

   もっともっとやりたい事がいっぱいあるのに

   自分の事を考えると、何時も追われてる事が嫌で、

   もっと自由になりたい人の目から逃げ出したい

   幸せを感じたい


   って思っていて、自分が望んでいる

   どれを優先したらいいのか

   分らなくなってしまって・・・。」

透明「・・・。」

皆さん言いたい事は、山ほど あるでしょうが

ここはひとつ押さえてやって下さい

奈々「・・・いつもそうなんです

   自分の事となると決められなくて

   仕事に燃えていた 時は何でもやろうと決意して

   言われた事はすべてこなして

   それは自分で決めていたはずなのに

   他の事や今仕事に迷ってしまってからは

   どうしたらいいのか 本当に分らなくて・・。」

奈々さんが、段々エスカレートしてきた

奈々「私、やっぱりおかしいんですか

   付き合っていた人にも、私が何をしたいのか分らない

   と言われて結局離れていかれたり

   友達もどんどん離れていってしまうし・・・。

   先生

   昔、先生から言われた事 それがこれなんですか

   売れる為に引き替えにしたからこうなっているなら

   お願いですから返して下さい・・・

   先生なら出来るんでしょ お願い・・・

押さえきれなくなり奈々さんがをみせている。

透明「・・・。」

ありゃりゃ

何だか私がそうさせたみたいになってるな〜 

まあ慣れっこだから良いけど しかし私は悪魔か何かか

魂と引き替えに願いを叶えてやろう 的なノリ

さて、冒頭にもあった、奈々さんが無くしたもの

そのせいで、彼女がこうなってしまったのか

次回明らかにしたいと思います

        続く・・・

鑑定ファイル4−2

2008年08月30日(土) 0時54分
鑑定ファイル4・奈々さん2

奈々さんが口を開く

奈々「先生から見て、今の私、どう見えますか

透明「う〜ん、それは歌手としてそれとも奈々さん本人として

奈々「先生は、私と歌手としての私を

    別けて考えてくれるんですね

透明「いけなかったかな〜

奈々「いいえ、ちょっと嬉しくて・・・。」 うっすらと目が潤む

皆さんも覚えがあると思いますが

人はTPOに合わせて自分の見せ方を変える事が出来る力を

持っています

普段皆さんが、普通にやっていることだと思いますが

考えてみて下さい

毎日、それも一日中、自分の作り上げたキャラになり続ける事

ときには、気分のすぐれない時があっても

永遠そのキャラクターを演じ続ける事を

特に芸能人ともなると、それを続けていなければ、

弾かれてしまう世界です

そう言う意味では酷な世界だといつも私は感心するのだが、

最近は、自分らしいキャラで売っている人もいるみたいで、

少し時代が変わってきたのかもしれない

それでも自分を出し過ぎると叩かれる 風習は残っているから、

最近、息の長い芸能人が少なくなって来ているような気がします

奈々「どちらも、先生から見ると違うんですか

透明「うん、違うね まず奈々さん本人としては、

   芸能界を辞めたくなってない

奈々「・・・。」

透明「まあ、今迷ってるんだろうけど、歌手としての奈々さんは、

   ハッキリ言って落ち目にかかって来てるね

   それを感じるから私を呼んだんじゃない

奈々「・・・はい でもどうしてわかるんですか

透明「奈々さんの左頬に、

   奈々さんのバイオリズムが書かれてるんだよ

   その状況から読み取ってるだけ

奈々「えっ」 奈々さんが左頬を触っている

透明「それに、左顔右顔と違ってはつけないように出来ていて、

   無理をしていると右の顔が笑っていても

   左の顔は笑っていなかったり

   左の口元だけがさがっていたりするんだ

   今奈々さんは、左顔だけ不安でイッパイな顔してるよ

これは、人の嘘を見抜くのにも役立つので皆さんも見てみて下さい。

ちなみに奈々さんは、今鏡とにらめっこ中

透明「後、歌手としてだけど、芸能界といえど仕事は仕事だから、

   奈々さんの右頬に出てる仕事のバイオリズム

   を見ると徐々に落ちているのがわかるんだよ

奈々さんが右の顔も触りだした

・・・ムンクの叫びみたい・・・面白い・・・ぷっ

奈々「先生 私どうすればいいですか

透明「辞めちゃえば」 うあっ 意地悪

奈々「えっ・・・で、でも・・・

透明「ごめんねでもね〜、自分の未来自分でひけない人は、

   この世界では生きていけないんだよ

奈々「!!・・・それって・・・

透明「思い出した

奈々「はい、先生に初めて見てもらった時に言われた言葉です

透明「まずは、初心貫徹

   今の自分と昔の自分をくらべてごらん、

   その上で自分がどこを目指すのか

   決まったら先生に教えて

奈々「はい・・・

奈々さんは、下を向きながら考えはじめ、少し震えている。

今、彼女にとって大きな分岐点に差し掛かっていることは、

彼女にも理解は出来ているんだと思う

時間が掛かりそうなので、

さっきから必死に我慢していた○○○へ行ってきま〜す

では、また次回・・・。 

 うわ〜っ いそげ〜

鑑定ファイル4

2008年08月28日(木) 0時12分
11年前〜

??「先生 私どうしても、売れたいんです

透明「う〜ん売れる事と引き替えに

   大切なものを無くすかもしれないけど

   それでも売れたい

??「大切なものって

透明「・・・。それは・・・。」


鑑定ファイル4/ 奈々さん(仮名)・20代後半・歌手


透明「ふぁ〜っ・・・

今日は朝早くから出張鑑定で、

少しぼ〜っとしている ・・・ねむい

ここは、ある有名歌手のお屋敷です

11年前、まだ彼女が売れる前、何度か鑑定をしたっきり

ここ10年近くご無沙汰だったのだが

先日、突然彼女のマネージャーさんから連絡を受け、

出張鑑定をする事になり眠い目を擦りながら、

彼女の登場を待っている

何時までまたされるんですか〜

かれこれ、1時間は待っている・・・

しかし、何ともだだっ広い部屋だね〜 落ち着かない・・・

時間もあることですし、少しこの豪邸の主

奈々さん(仮名)について説明しておきます

奈々さんがまだ10代の時、プロダクションの人に連れられて

私の所に来た時は、なかなか成果が出ず悩んでいた時でした

今でも、芸能人を鑑定する事がちょくちょくありますが、

中でも彼女は

下積みもあり意志の強い子頑張り屋さんだったのを

覚えています

それから、1年して大ブレイク

鰻登りに売れまくり、今では超有名人

まあ頑張り屋の彼女なら納得の結果だろう

しかし、今更こんなしがない占い師に何の用だ

バタバタバタバタ

 誰か走ってくる しかし家が広いのも大変だな〜

ガチャ」トビラが開く

奈々「すみませ〜ん 遅くなりました

うおっ ビックリした 

ねむかったせいか、勘が鈍り

予想していたトビラ反対のトビラが開いて

ちょっとあり得ない驚きかたをしてしまった

・・・恥ずかしい・・・

奈々「大丈夫ですか

透明「・・・は、はい・・・

奈々「先生、お久しぶりです 

   すいませんでした遅くなって、収録押しちゃって

透明「いえいえ、忙しそうで何よりだね

奈々「・・・。」 何故かじ〜っと見られている

透明「・・・ どうしたの

奈々「先生、全然年取ってなくないですか

透明「えっ そんなことないよ

   よく童顔とは言われるけど・・・

奈々「何だか懐かしいな〜 昔にもどったみたい

そう言われて、私も11年前を思い出し

アレヤコレヤ話しているうちに、彼女の変化に気づいていた。

透明「ところで、奈々さん

    大分悩んでいるみたいだけど

突然核心を突かれ、奈々さんの顔が曇る

奈々「やっぱり分っちゃいます

透明「うん、何となくね 

   それに、ただ思い出話するために私は呼ばないでしょ

奈々「・・・すいません。」

透明「さて、聞きましょうか

一見、奈々さんのような華やかな世界の人は、

あまり悩みが無いように思われがちで、特に売れている芸能人は、

尚の事そう思われるらしく、なかなか人に相談出来ない現状がある。

さて、奈々さんの悩み紐解いて行きましょう

続く・・・。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2008年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月 別☆アーカイブ