知っ徳!一徳!(番外編)

2009年09月24日(木) 1時00分
 知っ徳一徳(番外編) 


皆さ〜ん

突然ですが、番外編で〜す

今回の一徳に、質問が多かった、

お奉りするご先祖様の名前

これに対して、今日は詳しく説明をしようと思います


最近は、養子縁組離婚のことで、お奉りする

ご先祖様がわからなくなる方が増えていて、

私のところにも、そのような家督の問題

抱えた人が多く相談にいらっしゃいます

確かに、今の時代は、離婚などをしても

旧姓に戻さなくてもよく、割と自由性を

重視されていますよね

それはそれで、私も良い時代だと思います

ですが、昔はそれを良しとしない風習がありました

それが、家督の問題 要するに、

名を継ぐ墓や仏壇を守るということ

実は、これはこれでにかなった風習だったのかも

しれません

どういうことかというと、名というものは、

一種の(しゅ)であることは、このブログでも

紹介したと思いますが、これは、名字にも

かかってくるもので、特に名字は

その家の先祖と縁を結ぶという呪の力が含まれています

ですから、名を継ぐということは、その家の

先祖と縁を結んでいるということになり、

昔は、先祖の墓を守らないのであれば、名を変えるというのが

普通だったのかもしれませんね

実際、養子として名を継いだ場合

その人が血縁者でなくても、その家のご先祖様は、

その人を子孫として認識し、その子孫を守るように

力添えをしてくれていますし、あの世でも、

そのシステムは変わっていません

私としては、どちらも有りなような気もするのですが

要は、自分がどの家のご先祖様を奉り、

              縁を結んで行くのか


これが、大切になってくる訳です

それと、これは覚えておいて欲しいのですが、

中には、今の家名旧姓のどちらも奉れば良いのでは

と言う人もいると思います

確かに一理あるのですが、この場合は仏壇を2つ用意

しなければなりません

少し想像してみてくださいね

ひとつの部屋に、A家とB家のご先祖様が

                     大集合共存

・・・・・・

ちょっと微妙ですよね

それに、基本となる自分の名字のご先祖様

皆さんを子孫として認識しているので、

それ以外の名字の方々は、

ご先祖様であってご先祖様でない

微妙な立場に立たされ、発言権もなく、

ちと居づらいと思いません

ですから、仏壇をわけてお奉りすれば

取り敢ずお互いに良好な訳です

もし、仏壇が無い場合は

奉る部屋をわけるか、何か仕切りのあるボックスを用意して

別々の部屋を用意してくださいね

それともうひとつ、仏壇をわけなければならない理由として

ご先祖様同士の因縁が何処かにあると

マズイ場合があります

例えば、何代か前のご先祖様がA家は源氏B家は平家など

因縁のある関係であった場合

かなりの大荒れが予想され

血の雨は降らないにせよ

どちらも子孫を守るどころではなくなってしまうので、

生きているこちらがをします

ということなので、覚えておいてね

まあ、一番良いのは

仏壇は、家名を継いだ家の仏壇を置き

それ以外の旧姓の血縁者の方々には、

お墓参りをして近況の報告をするのが、良いのかもしれません

お墓も、あの世とこの世をつなぐもの

仏壇が携帯電話とすれば、お墓は直通の電話機

どちらかというと、お墓の方が感度が良い電話

思っておいてくださいね


ちなみに、ご実家などに仏壇があり、

自分の住んでいる家にない場合

仏壇は携帯電話のようなものなので

別で作ってもOKです

もしご先祖様との距離を縮めたいのであれば

簡易的でも良いので作ってみてくださいね


う〜ん・・・。

伝え忘れないかな〜

まっ 長くなってしまったので、また何かあったら

番外編を書きますから、取り敢ず今日はここまで

それでは、みなさ〜ん

    今日も張り切って頑張りましょ〜う



            



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
質問がある方、初めてブログをご覧になる方は、まずは
こちらの取説ページを一読くださいね

そこでお願いしているマナーやルールから外れた質問には
回答を控えておりますので、何とぞご了承ください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



これで多くの人が悩みを解決できるかもしれません
あなたの徳が積めますように
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
徳積みボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします










知っ徳!一徳!

2009年09月21日(月) 15時00分
 知っ徳 一徳 


透明「仏事は、知っておくと徳となる

   な〜んて、私の師匠の受け売りなんですが

   今日は、栗田さんの鑑定にそって、

   仏壇の奉り方レクチャーしてみよう

   と思いま〜す



仏壇の奉り方


御本尊

これは、絵像木像があり、

仏壇中央に必ず無くてはなりません

あまり知られていませんが、実はこの御本尊がないと、

あの世にいるご先祖様にこちらの声が届きません

簡単に言うと携帯電話の電波塔のような

役割と思ってください (ちょっと失礼)


御位牌

御位牌は、御本尊の一段下に置くのが基本で

右側でも左側でも良いので立て掛けておいてください

(宗派によって違うこともあります)

御位牌は、ダイレクトに電話番号と思ってください

ですから、御位牌が無いと言葉を送る宛先が無い

ことになってしまいます

もし、お家に仏壇が無く、御位牌も無い場合は

ボール紙の台紙に半紙で「○○家 先祖之霊

と書いたものを御位牌代わりに使ってください

それでも十分伝わりますので


香炉

香炉は線香立てですね

皆さん知っていました

線香の数には意味があります

1本は、知人や友達など血縁者ではない人

3本は、血縁者の人

ですから、ご先祖様に手を合わせる時は、

線香を3本立ててくださいね

置き場所は御本尊の一段下の中央に置いてください

線香のは、電波そのもの

煙がたっていないときは、声が届かないので

覚えておいてくださいね


仏飯

これは、ご飯(炊いたお米)やお水です

左右どちらでもよいので、御本尊の前に置いてくださいね




鈴は、まさに通話開始ボタンなので、

必要なものです

置く場所は、香炉の右側が良いと思います


蝋燭

蝋燭は、ご先祖様の目です

一本では片眼となり皆さんを見づらいので、

蝋燭は2本火を灯してくださいね 

置場所は香炉と鈴を挟んで一対置いてください


お供え

よく見る光景なのですが、お供え物が

袋に入ったままあげられていたりします

袋に入っていると、ご先祖様はオアズケ状態

なので、お供えものは袋から出してあげておいてくださいね

後、お花を飾る際は、一対全体を挟むように置いてください


これで、大体はOK

最低限の紹介でしたが、これだけ出来れば、

ご先祖様とのつながりも強くなるので、試してみてください

仏壇は、まさにご先祖様直通の携帯電話です

小さくてもよいですし、仏壇がなくても奉るものさえあれば

つながりやすいので覚えておいてくださいね

ちなみに、お墓が点在していて

現在お墓の場所がわからない人でも、

仏壇を作っておければ、ご先祖様との対話は出来ますので

オススメです

最後に、仏壇の位置ですが

必ず部屋から見て又はに向けて置いてください

それと、神棚と同じ部屋は避けた方が良いでしょう


以上 一徳でした〜


             



透明「みなさ〜ん

   新しい試みはいかがでしたか

                  楽しかった

   次回は、一旦、元のペースに戻らせて頂いて、

   2日に1度の更新になります

   アンケートのご協力もありがとうございます

   皆さんの御意見コメントを読み返して、

   これからのブログの指針にさせてもらいますね

   アンケート受付から1週間ほど経った現在、

   もしコメントを書き直したい方投票先を変更したい方

   後からでも上書き修正できます

   引き続きアンケートでご意見受付中です

   私もその間に色々考えさせてもらいますね




   これからも、占い師の日記

   応援よろしくで〜す



これで多くの人が悩みを解決できるかもしれません
あなたの徳が積めますように
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
徳積みボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
月 別☆アーカイブ