よくあること・・・?・13

2018年05月28日(月) 8時00分
よくあること・・・13



目覚めてすぐの痛みに、さっきまで騒いでいた円だが、

徐々に落ち着きを取り戻してくる・・・。


 円「うう〜〜〜〜っ・・・何がどうなってるのよ〜

透明「そりゃ〜、肩の骨が一度外れてるし

   あちこち内出血してるだろうから、痛いだろうよ

 円「だ〜か〜ら〜 何で、私がって

   死神は、どうなったのよ

透明「帰ったよ

 円「えっ うそ

   ・・・・・あんた、とうとう

透明「人聞きの悪いこと言うな

   ちゃんと、解決して帰ってもらったんだよ

 円「いっっ・・・へ〜っ そうなんだ

透明「お前、何も覚えてないのか

 円「う〜〜〜〜ん・・・勝手に、使役されてた

   鬼と目があったことまでは、覚えてるんだけど・・・

透明「はぁ〜・・・勘弁してくれ


私は、円が記憶を無くしていた一部始終を説明した


 円「よ、よく助かったわねぇ〜

透明「今回は、話のわかる死神さんで良かったよ

 円「そう言えば、最後・・・何であんたもろとも

   私まで刺されたわけ〜


   それに、刺されて、何で平気だったのよ〜

透明「んっあ、ああ〜・・・それは〜



私は、先程まで円が倒れていた場所を指差す・・・。


 円「いや〜〜〜〜〜〜〜〜っ

   私の大事な鏡が〜〜〜〜〜〜


透明「仕方がないだろ 死神の目には、そいつが

   危険と映っちゃったんだから

   それに、鏡だけで済んだんだから、良しとしなくちゃ

 円「ええ〜〜〜〜〜ん

   やっと、手に入れたのに〜〜〜


透明「ちなみに、その鏡って、何なわけ

 円「・・・操作系魔鏡・・・。」

透明「・・・駄目じゃん

   操作系ってことは、相手に暗示をかけたり、

   マインドコントロール出来たりするヤツだろ

 円「べ、別に、人に使ったりしないわよ〜〜〜

透明「えっじゃぁ〜何に使うんだよ

 円「わ、私は・・・若返りとか、能力拡張とかに

   使ってるだけよ〜

透明「う〜〜〜〜ん・・・今、小声で聞こえなかった

   ところがあるんだけど

 円「か、関係ないでしょ〜

   この鏡のおかげで、自己暗示をかけて、

   能力の拡張や、精神的な弱点を強化したりして、

   仕事に役立てていただけよ〜


確かに、この魔鏡の能力が操作系なら、自己暗示をかけて

自分の能力を引き上げたり、ウィークポイントを強化できる
から

かなり役立つ・・・それに、自己暗示を完璧におこなえば

人間が持つ細胞活性力精神強化もできる・・・。

だけど、やっぱり、人まで操れるのは、危険だ

それに、もしかすると、さっきの円の腕力も、

この鏡が原因だったのかもしれない


透明「う〜ん

 円「な、何よ〜

透明「それじゃぁ〜さぁ〜

   この鏡の構成、昴に渡して、代用品

   作ってもらえば良いんじゃないか

 円「えっ

透明「自分の為に使うんだろ

   だったら、操作系が外に向かないように

   作ればいいだけじゃん


 円「そ、それは・・・

透明「この鏡・・・自分にだけ、使うんだよなぁ〜


ちょっと、怖い顔で確認・・・


 円「あ、当たり前じゃぁな〜い

透明「だったら、俺が相談してやるよ

   (新法具にも役立ちそうだし)」

 円「・・・わ、わかったわよ それでイイわよ

透明「しかし・・・二人共、ボロボロとは

 円「はぁ〜 本当に・・・。」


円が何を考えているかわからないが、私は自分の

不甲斐なさに打ちひしがれていた
・・・。


 円「さてと・・・まずは、この傷を治さなきゃね

   透明ありがとうね

   報酬の件は、また連絡するわ

透明「はいよそれじゃぁな


と、円を見ずに手を上げる・・・。


 円「にやっ

透明「ガシッちょっと待て

 円「げっ

透明「今、良からぬことを考えたろう

 円「そ、そ、そ、そんなことないわよ〜

透明「いいや お前、今、シメシメ的な顔してたぞ

   流石に今回は、バックレは許さん

 円「わ、わかってるわよ〜

   ちゃんと、払うわよ〜〜〜



ここから、30分程押し問答・・・

結局、円に押し切られ、報酬は後日に・・・

本当に払われるのか微妙な気がするがまっ

これもよくあること・・・か


とかくこの世は、よくあることで出来ている

死神が突然、命を奪うこともその流れの1つに

すぎないのかかもしれない


そして、それを誰かが救うことも・・・。


私は天井を見ながら考える

私の人生において、よくあること

色々な事件に巻き込まれるのも、よくあること・・・。

新たな難問に悩まされるのも、新たな出会いに戸惑うのも、

頭をフル回転することも、身体を張ることも、

いつも損をすることも
・・・全て、よくあること

もちろん、悪いことばかりじゃない。

感謝されること、沢山の人と縁を繋ぐこと、

お客さんと一緒に苦労を共にし、乗り越えてゆくこと
・・・。


でも、この繰り返しが自分を生かしていることも

知っている・・・沢山学び、沢山経験し、辛いことも

楽しいことも、客観的に人生を見れば、よくあることで

片付けられてしまうのかもしれない



それでも、この繰り返しは、自分にしかできない繰り返し

そして、皆さんの繰り返しは、皆さんにしかできない

大きな学びとしての繰り返しなのだと思う



繰り返せば、その都度、今までの経験や知恵が生きていき

新たな答えを持ってその先のよくあることへ駒を進ませられる

きっと、人生はそうやって、少しずつ前へ前へと進んで

ゆくものなのだと思う


今を彩るよくある事柄は、きっと明日に繋がる糧となる

くだらない面倒くさいやりたくないはホオっておいて、

しかたがないやってやるか 次こそは乗り越えてやると、

よくあることを、楽しみながら繰り返して行こう

きっと、その先に、新たな答えと

新しい世界が広がっていると思うから





          




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・12

2018年05月26日(土) 8時00分
よくあること・・・12



どれほどの時間が経ったのだろう

意識が徐々に戻ってくる・・・。


透明「・・・私は・・・死んだのか

死神「・・・ふっ

透明「のわ〜っ あ、あれっな、何で

   槍が えっ あれっ生きてる


何が何だか分からない

さっき、確かに私の胸は死神の槍で貫かれたはず


透明「あっ ま、円


ワケが分からないまま、円の安否を確認する


透明「・・・い、生きてる・・・えっどういう・・・


私の視野の隅に何かが映り込む・・・。


透明「あれっ これって・・・割れている・・・。」



そこにあったのは、さっき、円が持っていた鏡だった


透明「・・・・ま、まさか この鏡を狙って

   なんて、器用な・・・


死神の神器については良く解らないが、きっと、神器は

死神の破壊したいと思っているモノだけに反応する
ように

できているのかもしれない・・・。



死神「・・・・魔鏡は・・・回収する・・・。

   それは、この世にあってはならない・・・。

   神仏の加護を得ていない・・・解るな



そうか・・・この鏡は、単純に自然の理を無視している

術式が組み込まれている
・・・神仏の許可の無いものは、

危険とみなされるというワケか・・・まあ、死神さんの

目に留まってしまったのだから仕方がないだろう・・・。


透明「はい心得ております

   勘違いとはいえ、邪魔立てしてしまい、

   申し訳ありませんでした


死神「・・・ふむ・・・お前・・・。」

透明「

死神「・・・・死神・・・なるか

透明「


えっ今度は、スカウトされたよ


透明「め、滅相もありません 私はまだまだ修業の身、

   もう少し、精進して行きたいと思っております

死神「・・・・そうか・・・息災でな・・・。」

透明「は、はい



はははっ死神に息災って言われちゃったよ


死神は、少し微笑んだように視えたが、すぐに

いつもの怖い顔に戻り、風のように消えていった


透明「はぁ〜〜〜〜〜〜〜っ

   今回は、マジで終わったかと思った

   くくくくくっ・・・あははははっ

   参った参った

   本気でビビった〜〜〜〜

   しかし、死神も笑うんだなぁ〜

   少し見方が変わりそうだよ

   さてと・・・。」


私は、後ろでいつまでも寝転んでいる円を起こす


透明「おいお〜い

 円「う・・うう・・・んっ

   あれ わた・・タタタタタタタタタ〜〜〜


お前は、ケンシロウか


 円「い〜〜〜〜〜た〜〜〜〜〜〜いいいいぃぃぃぃ



どうやら、元気そうだ



次回、ファイナル

透明は報酬をもらえるのか




         続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・11

2018年05月24日(木) 8時00分
よくあること・・・11



死神は、障気を隠してくれているものの、

その存在感だけで、こちらは魂が凍りつきそうだ



透明「(あ、あの〜 あ、ありがとうございました

    助かりました・・・
)」

死神「・・・・・・お前・・・。」


えっ直接話してきたぞ


透明「な、何でしょう

死神「・・・・その・・・能力・・・。」

透明「えっあっこ、これは・・・

死神「・・・・・・。」


や、やばい

今度はこちらが危険因子とみなされたのか


死神「・・・・危険・・・・いや・・・。」


うわ〜っ 値踏みされてるよ〜


透明「


いきなり、死神が槍を構える

狙いは・・・私じゃない

槍の矛先は、確実に倒れている円に向かっている

私は、咄嗟に槍の前に立ちはだかる



死神「・・・・どけ・・・・。」

透明「嫌です

死神「・・・・・。」

透明「・・・・・。」



死神と私の睨み合いが続く



死神「・・・・もう・・一度言う・・・。」

透明「何度言われても、どきません

死神「・・・・どけ

透明「くっ



とんでもない言霊だ

心が折れそうだ・・・・



死神「・・・・何故だ

透明「コイツは、血を分けてはいませんが、

   同じ苦労を共にしてきた兄妹なんです

   こんな能力を持ってしまったが故に、

   普通の生活もできず親を亡くし

   最愛の人を亡くし、それでも、世を怨まず

   強く生きてゆこうと、もがき続けて・・・

   一生懸命生きているんです

   もう、これ以上・・・コイツから、奪わないで

   やってください
・・・お願いします・・・

死神「・・・・・。」



涙が止まらない・・・運命に翻弄され、奪われ続けた

円から、今度は魂まで奪うなんて、許せるはずがない


私は、改めて死神を睨みつける


死神「ふぅ・・・・・。」


死神の手の力が緩んだように視える・・・。


ドスッ


透明「えっ



一瞬の出来事だった・・・私の気が緩んだ瞬間

私の胸に槍が突き刺さり、その矛先は、後ろの円にも

届いていた
・・・。



透明「・・・串刺し・・・かよ・・・。」



意識が遠のいて行く・・・。





        続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

よくあること・・・?・10

2018年05月22日(火) 8時00分
よくあること・・・10



よろめきながら、後方へ下がる透明・・・。

痛みを抑えながら、自分の状況を即座に把握する



透明「(コイツ・・・ 円の記憶から魔法を・・・。

   その上、肩を外して直接攻撃してくるなんて、

   目が完全にふさがっている

   幸い、生きている方の目は無事だが、

   痛みがひどい・・・。

   まあ、痛みは我慢すれば良いことだが、

   バランスが悪くなったか

   でも、相手もまだ完全に円の身体を制御できて

   いないのはわかったぞ

   もし、円の本気魔法だったら、頭ごといってた

   だろうからな・・・ということは
)」


私は、傷から意識を外し、即座に印を組む


透明「オン・・・ダ・・・バエ・・ソワカ

 円「ガッ


鬼円の動きが止まる

呪縛の法が効いたみたいだ・・・。


透明「まったく、手間をかけさせやがって


呪縛が効いている内に、急ぎ鬼円の背に両手いっぱいの

気を叩き込む



鬼円「がぁ〜〜〜〜〜〜っ


円の身体から、とてつもない大きさの鬼らしきものが


透明「(や、やばい こいつ、外に出した方が

   手強い相手なんじゃ
)」


そう思った瞬間

眼の前に突風が吹き荒れる


透明「あっ


本当にあっと言う間の出来事だった

槍を構えた死神が、鬼めがけて槍を一閃

鬼は、槍に吸い込まれるように霧散した



透明「い、一撃かよ 私があれほど苦労したのに

   まったく、敵わんなぁ〜

   あっ ま、円は


私は、円が倒れているところへ駆け寄る


透明「・・・・はぁ〜 何とか無事みたいだ


ホッと胸を撫で下ろす


これで、一件落着かな

・・・・と、思いたいのだが・・・

先程から、槍を持って仁王立ちしている死神

こちらを凝視している・・・


何か、嫌な予感がするのですが




      
        続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・9

2018年05月20日(日) 8時00分
よくあること・・・



しばらく、必死の攻防がおこなわれる



 円「ううぅっ・・・。」

透明「円しっかりしろ

 円「ううっ・・・・。」

透明「(よし少しだが、落ち着いてきた)」

 円「・・・・ニヤッ

透明「



私は、とっさに後ろに飛び、壁に激突する


透明「くっ 駄目か・・・。」


円の気は、完全に違うものに豹変していた



透明「ここじゃぁ〜、分が悪い


すぐ後ろは、広い待合室

普段は拳法を教えていたりもするスペースだから、

少し暴れても支障はないだろう


私は、すぐ後ろにある扉を開けて、待合室へ

それにつられて、鬼円も扉の外へ


透明「早くケリをつけないと、死神が動いてしまう


鬼円VS透明の闘いが始まる



透明「(円と組手とか、凄く久しぶりだけど

    腕力が異常に上がっている分、注意しないと

    それに、このままだと、円の腕が壊れてしまうかも

    しれないから、かなり気をつけないといけない
)」


人間の筋肉は普段、30%くらいしか使われていない

信じられないかもしれないが、か細い女性の腕ですら、

1トンの物を吊るせる力がある

そのため、工事現場で使われているワイヤーなどは、

この筋肉構造を真似て作っていると言われている

(火事場の馬鹿力が出るのは、この為だったりします。)


しかし、気を全開で入れた筋肉は、100%の力を

発揮できるが、ワイヤー(鉄)とは違い

衝撃が返ってくれば、簡単に崩れてしまう



透明「仕方がない



私は闘いのスタイルを変える


透明「(よし)」


鬼円から繰り出された拳を逆手に取り、組打ちで対抗

すごい勢いで、床に倒れ込む

すかさず、倒れた鬼円を掌握動けないようにする



透明「どうだとっとと、出てこい


 円「ル・・・カ・・・ドゥ・・・

透明「(コイツまさか、魔法を)」


鬼円の反対の手が、不自然に私の顔面を捉える


ボンッ


凄まじい衝撃が、私の頭を吹き飛ばす


透明「し・・・ま・・・っ・・・た・・・。」






          続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

よくあること・・・?・8

2018年05月18日(金) 8時00分
よくあること・・・



やばいやばいやばいやばい

死神が神器を構えている


透明「うっ、かよ


死神といえば鎌と思われがちだが、

実は死神の神器には様々な武器が存在する

そして、分かってはいたことだが、死神が神器を

振るえば、こんな結界、いともたやすく破壊する

ことぐらいできる
ただ、彼らも鬼ではない

私が結界を張った時点で、私が何とかできるか

様子を見ていてくれたのだと理解していた・・・。


私は、死神に問いかける


透明「(私がなんとかしますもうしばらく

   お待ちください お願いします
)」

死神「(・・・・・)」


死神は、訝しい顔をしていたが、持っていた槍を

しまい込む


透明「ホッ (ありがとうございます)」


取り敢えず、話が通じる死神さんでよかった

これで、死神さんのことは考えずにいられる

私は、円に集中する



 円「ううううう・・・・がああああっ

透明「それにしても、なんて霊圧だよ

   これが本気の円なのか


円も一応、師匠の元で修業を受けてきたキョウダイ

もし、体内の者に能力も利用されてしまったら・・・ゾクッ

嫌な予感しかしない



透明「 気をしっかりと持て


私は、円を羽交い締めにする


ブチブチッ


透明「


ガシャ〜ン


とてつもない力で、壁に飛ばされる透明

な、何て力だよ

その上、私を跳ね飛ばした円の毛細血管が

何本も切れてしまっている
・・・。



透明「あたたっ力技だと逆に円がヤバイか



私は、即座に印を結び、円の中もモノを抑え込む

ように試みる


透明「(頼む中の円さえ、意識が戻れば)」



次回、円は助かるのか




          続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします





よくあること・・・?・7

2018年05月16日(水) 8時00分
よくあること・・・



またまた、しばらくの沈黙・・・



しかし、まさか、円ほどの術者が使役したことに

気づかないなんて・・・本当に過信し過ぎだ

次は、円も修行に連れて行かないといけないな


 円「・・・・・。」


円は必死で使役した者の中から、新たな使役者

探している・・・。

一体、どれだけの使い魔を使役しているんだか


話は変わるが、これもよくあること

死神の仕事は主に、生者の魂を狩ること

そこには、彼らなりのルールが存在しているようで、

善者も悪者も関係なく、彼ら個人個人の采配で

狩る相手を決めることが出来るらしい・・・

これは、彼らが人口調整を担っていることが

原因なのだが・・・。

しかし、そんな彼らの仕事には、もっと大切な

仕事も存在する
・・・それは、迷える魂を

地獄門まで送ること
・・・そして、この世を乱す

因子となり得る魂を狩ること


つまり、人に取り憑いた邪霊や鬼、悪魔の類も

例外なく、人の世に仇なすと判断すれば、即狩りにくる

というものだ

ただ、ここでも問題があるそれは、取り憑かれた人から

霊や鬼、悪魔が簡単に引き剥がせない場合
は、

その人間ごと狩ってしまうという、なんとも恐ろしい

力技を使ったり、引き剥がす際に、生きている人間の

魂も傷つけてしまう
こともいとわない死神が多いという事実

どちらにせよ、なんとも雑な仕事がまかり通る

免罪符を持っているとしか言いようがないが

人のやりたがらない仕事を請け負っている意味では、

ありがたがるべきなのかどうなのか

迷うところでもある



 円「透明・・・

透明「んっどうだいたか

 円「う、うん・・・いたにはいたんだけど・・・

透明「

 円「や、やばいかも・・・

透明「へっ

 円「ううううううっ・・・・・

透明「ま、まさか



円の気質が変わってゆく

とてつもない霊気が立ち昇ってゆく


透明「おいおいこれってもしかして・・・


憑依

まさか、使役がちゃんとできていなかったのか


死神「ピクッ


や、やばい死神まで反応し始めた

絶体絶命じゃないか〜〜〜〜

このままじゃ、円ごと狩られるぞ





参考記事ワンだ!振るDays・4

参考記事房総・暴走・また坊僧・・・。・18

参考記事黄昏の刻後の過ごし方・2


 
          続く・・・。



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・6

2018年05月14日(月) 8時00分
よくあること・・・



しばらくの沈黙・・・



透明「・・・ま、まさか

 円「な、何か判ったの

透明「お前、一昨日の仕事の時、鬼を帰したって

   言ってたよなぁ〜

 円「そ、そうよ

透明「まさか、その鬼を使役するようなこと

   してないよなぁ〜

 円「えっ そ、そんなこと、

   するわけ無いじゃなぁ〜い



コイツも大概、嘘はつけないなぁ〜


透明「したんだな

 円「し、してないわよ〜

   しようとしたけど、デキなかったんだから、

   したことにはならないでしょ〜

透明「使役しようとは、したんじゃないか

 円「うっ


使役を断った・・・もしくは、使役できるキャパが

無かったということか・・・となると・・・。


透明「お前が祓った鬼は、確実に鬼界に帰したんだな

 円「私の腕を疑う気

   ちゃんと、帰したわよ〜

透明「どうやって

 円「さっきも、言ったでしょ

   鬼界の門を開いて、叩き込んだわよ〜

透明「どっちの門だ

 円「えっ

透明「開いたのは、どっちだ

 円「えっ どっちって・・・どっちもよ

   それじゃないと、流れができないじゃない


完全な、生兵法だなぁ〜


透明「鬼門も裏鬼門も、同時に開いたんだな

 円「そ、そうだけど

透明「はぁ〜・・・鬼を鬼界に帰すだけなら、

   裏鬼門を開くだけで良いんだよ

 円「えっそうなの

透明「でっそのとき、使役の呪法は解いていたのか

 円「う〜ん・・・鬼界に帰される前に、気が変わるかと

   思って解いてなかったかも・・・あっ

透明「気がついたか

   お前は、その鬼を鬼界へ帰すと同時に、

   他の鬼を鬼門から呼び込んでいる可能性が

   あるんだよ


 円「で、でも、そんなこと、気が付かないはずは

透明「お前、その鬼のことで意識集中してただろ

 円「うっ・・・

透明「よくあることだよ

   自分の力に過信した術者が、ポカしたことに

   気が付かない・・・まったく

   典型的なポカミスだぞ

 円「ううっ・・・言い訳ができない・・・

透明「とにかく、お前の使役した者の中に、

   新しい鬼がいないか、直ぐに探れ

 円「う、うん


まったく



次回、円のミスがとんでもないことに・・・





         続く・・・。



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・5

2018年05月12日(土) 8時00分
よくあること・・・



 円「そんなの、私にもわからないよ〜

透明「う〜む・・・相変わらず彼らは、

   何を考えているのか、わからんなぁ〜

 円「っで、どうする

   いっその事、殺っちゃう

透明「アホ何物騒なこと言ってんだ

   それに、お前が敵う相手じゃないだろう

 円「そりゃそうよ

透明「はぁ

 円「殺るのは、あんた

透明「冗談じゃない 何で私が、お前のために

   {神殺し}の汚名を着なきゃならんのだ〜

 円「カタイこと言わないでよ〜

   キョウダイじゃん

透明「なにサラッと、恐ろしいこと笑顔で言ってんだよ

   死神といえど神だぞ殺るとか撃退するとか、

   道徳的にも有りえんわ〜

   こんなことなら、法具持って来ればよかったよ

   法具みたいに、神仏公認の物ならいざ知らず、

   何もない状態では、罪を問われかねんだろう

 円「ほほ〜っ それって言い換えれば、

   自分なら出来るってことだよねぇ〜

   それに、今撃退って言ったけど、撃退方法も

   知ってるってことだよねぇ〜

透明「うっ


しまった 口車に乗らされている



透明「そ、そんな方法、し、知るわけないじゃないか〜


斜め上を見ながら、ごまかそうとする透明・・・


 円「あんた・・・本当に嘘つけないよね

透明「と、とにかく、そんな方法知っていても

   やらないし、できないからな

 円「あっ開き直った

   じゃぁ、どうするのよ〜〜〜

   私を見殺しにする気〜〜〜

透明「わ、わかってるよ〜

   とにかく、まずは、お前が何で死神に

   狙われているのか

   直接聞いてみるしかないだろ


シャーッ


私は、鑑定室のカーテンを勢いよく開く



 円「ひっ


そこには、空中に漂っている死神が・・・


透明「はぁ〜 この人達、飛べるんだよねぇ〜

   舞空術かよ 羨ましいぞ

 円「な、な、な、なに、羨ましがってるのよ〜

透明「大丈夫だよ 結界張ってるから

   障気も入ってこないし、ここなら話を

   聞けるだろ

 円「ううっ・・・怖いよ〜


珍しく怯えてる・・・・。


透明「さてと、ここは念話かな


私は、死神に問いかける


透明「(失礼致します私、透明と申します

   単刀直入にお聞きしたいのですが

   何故、この者の魂を狙っておられるのでしょうか

   この者、確かに摂理に疎い者ではありますが、

   根は悪人ではありません善行も積んでおります

   お聞かせ願えませんでしょうか
)」

死神「(・・・よこせその・・・魂・・・)」

透明「 (再度、お聞きします)」

死神「(くどい・・・直ちに、寄こすのだ)」

 円「(ムキ〜〜〜〜ッ何で、命令口調なのよ〜)」


おいおい、人の念話に入ってくるなよ


 円「(理由もなく、私の魂を取ろうなんて、ふざけるんじゃ

   ないわよ〜理由くらい言いなさいよ〜
)」

死神「 (お前のような・・・魂は・・・いらん)」

透明&円「(へっ)」

死神「(とにかく・・・よこすのだ)」

透明「(しょ、少々、お待ちを・・・)」


ど、どういう意味だ


透明「・・・・・。」

 円「ちょ、ちょっと、どういう意味

透明「少し、黙って


私は、頭の中で全ての情報を整理する・・・。






        続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・4

2018年05月10日(木) 8時00分
よくあること・・・



黒い着物・・・その着物の中からは

障気が溢れている

幸い、距離もあり風の流れもこちらに

向いていないが、あの障気に当たれば、

私とて、危険だ



透明「円防御は

 円「もちろんしてるわよ

   ただ一日中は、流石にね〜


一日中、気力を垂れ流しは流石にもたないか


死神「・・・よこ・・・せ・・・

透明「

 円「・・・しゃ、しゃべった

透明「そりゃ〜喋るだろうけどなんて言霊だよ

   一瞬、魂抜かれるかと思った


死神の言葉は幽界(かくりょ)の言霊

現世の人間が使う言霊とは比較にならないくらいの

重さと威力がある


透明「相手が相手だけに、揚羽も六羽も出せない

   仕方がない円、事務所に入れ

 円「えっ

透明「いいから、早く


円は急いで事務所の扉をくぐる

それと同時に、死神も動き出す


円が事務所に入ったのを確認してから、

私も死神の間合いに入らないように扉をくぐり

直ぐに結界を張る


透明「ふ〜っ・・・何とか大丈夫かな

   部屋にまで入られたら、部屋が障気だらけに

   されちゃうから、勘弁だよ

 円「・・・・

透明「・・・・まだ、扉の前にいるね

   とにかく、時間稼ぎはできてるから、

   まずは、お前に色々と聞かせてもらわないと

 円「う、うん


私は、円が落ち着くように、お茶を入れ

鑑定室で詳しい話を聞くことにする・・・。


透明「死神が現れたのって、おとといって言ってたけど、

   その時、何をしていたんだ

 円「えっ普通に仕事してたわよ

透明「どんな

 円「え〜っと確か、掛け軸に取り憑いてる

   鬼を鬼界に帰すっていう仕事
だったと思う

透明「その仕事自体は、終わったのか

 円「うんまあ、時間掛かったけど、ちゃんと

   帰したよ

透明「その時、どんな方法を使ったのか覚えているか

 円「なによ〜私がヘマしたと思ってるの

透明「いや、そうじゃ無いんだがもし術式がおかしかったり

   変則的だと、摂理に違反している場合もあるから

 円「う〜ん


私は、一昨日からの仕事や生活全てを詳しく聞き出す・・・。


透明「う〜ん・・・特におかしなことは無いか・・・

   そうなると、死神はランダムに選んだということに

   なるけど
・・・。」

 円「それって、おかしいよね

   普通、死神ってランダムに相手を選んだとしても、

   自分が視える相手は狙い続けることないのに・・・。」


実は、死神は非常に合理的主義な集団で、

自分たちが視えてしまう者に対しては、

防御されてしうまう恐れがあるため、時間の効率を

考えて、ターゲットを別に移すことが大半なのだ



透明「確かに・・・それじゃぁ〜、何で・・・



次回、死神の意図が見えてきます




        続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします




よくあること・・・?・3

2018年05月08日(火) 8時00分
よくあること・・・


何故か一人でクタクタな円を見送り、

私は、残りの鑑定を終わらせ事務所で

待っていた・・・


透明「う〜ん・・・お腹空いたなぁ〜

   このまま帰ったら、一生怨まれそうだし

   仕方がない、もう少し待つか


バタバタバタバタ


透明「おっ来たかな


ピタッ


透明「


ソ〜〜〜〜ッ


扉のベルが鳴らない程、ゆっくりと扉が開く・・・


 円「今度は何で、鍵かけてないのよ〜〜〜!」

透明「はぁ〜お前は一体、何を望んでるんだよ

 円「ちっ次は引っかからない所を見せて、

   高笑いしてやろうと思ったのに

   まあ、いいわ


意味がわからん


透明「

 円「気づいた

透明「気づくも何も、その後ろにいるのって

 円「一昨日から、ずっとなの・・・

透明「な、何でさっきは居なかったじゃん

 円「私にも、わかんないわよ〜

   常に側にいるわけじゃないのだけど、

   日が落ちてしばらくすると必ずくるのよ

透明「お前・・・何かタブーでも侵したのか

 円「タブー・・・ん〜っ・・・まあ、何がタブーに

   なるかは、わかんないけど
、色々してるから、

   よくわかんないなぁ〜

透明「おいおい

 円「まあ、アンタなら、何とか出来るんじゃないかと

   思ってね

   もし、透明でも駄目なら諦めるけどさ

透明「諦めるって・・・


流石の円でも、覚悟を決めている・・・。


透明「まったくらしくない言葉を言うんじゃない

   調子狂うだろ

 円「あははっだね


私は、円が連れてきた者に声をかける・・・。


透明「何をしにきたんですか

   ・・・・死神さん

死神「・・・・・。」





          続く・・・。

   

   
昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



   

よくあること・・・?・2

2018年05月06日(日) 8時00分
よくあること・・・




 円「何で鍵締めてるのよ〜

   キュートな円ちゃんの顔に傷でも

   できたら、どうしてくれるのよ〜〜

透明「休憩時間に鍵掛けようが、どうしようが、

   私の勝手だろう

   それよりお前、今事務所の扉、破壊しようと

   してただろう〜


 円「当たり前でしょ〜

   私の行く手を阻むモノは、全て破壊よ〜

透明「なんだその身勝手の極意は〜〜〜〜

   お前は、悟○か○空なのか


(知らない方・・・ごめんなさい・・・)


 円「なにワケのわからないこと言ってるのよ〜

透明「大体、お前・・は・・・プッ

 円「えっな、なに何いきなり笑ってるのよ

透明「い、いや・・・くくくっ

 円「えっまさか


円は、急いでカバンから鏡を取り出す・・・


 円「ああ〜〜〜〜っ


円の額が、見事に赤く染まっている・・・

何だか、お猿さんのお尻みたいな形だ


 円「どうしてくれるのよ〜〜〜〜

透明「自業自得だ

   それにしても、なんて鏡を・・・。」


円がカバンから出した鏡は、周りの装飾が

正に魔女的
というか何というか・・・。


 円「鏡がどうしたのよ

透明「い、いや、その鏡・・・魔力が・・・。」

 円「当たり前じゃない私の鏡なんだから、

   魔女仕様に決まってるでしょ

透明「魔女仕様って・・・ところでこの鏡って

 円「教えない

透明「えっ

 円「謝らないと教えない

透明「ごめんなさい

 円「な、なに、素直に謝ってんのよ〜

透明「だって、謝れば教えてくれるんでしょ

 円「くぅ〜〜〜〜そうだけど、なんか

   ムカつく〜〜〜〜

透明「なんだよ 面倒くさい奴だなぁ〜

   まあ、いいや

   ちょっと、こうしてて

 円「


私は、円に聖徳太子の錫杖のように鏡を持たせる


パシャッ


 円「な、な、な、なに写メ撮ってるのよ〜

透明「へっ聞くの面倒だから、後で自分で調べようと

   思って(ついでに、円の猿額も撮っておいたから、

   キョウダイ達に送っておこ〜っと
)」

 円「ムキ〜〜〜ッ

透明「あっ額と連動して、猿化した



この後も、すったもんだするが、皆さんにこれ以上

お見苦しいところを見せるのも忍びないので

端折ります



透明「でっ今日は、何しに来たんだ

 円「ハァハァ・・・ハァハァ

   何であんた、ケロッとしてるのよ・・・ハァハァ

透明「えっ鍛え方が違うから

 円「はぁ〜〜〜〜もういい・・・疲れた・・・。」

透明「それじゃぁ〜ねぇ〜

 円「ちが〜〜〜う

   ナニ普通に帰そうとしてるのよ〜

   今日は、アンタに仕事頼みにきたのよ

透明「仕事

 円「そうよ 私じゃ、手に負えないから

透明「・・・・・

 円「わ、わかってるわよ〜 ちゃんと報酬払うから

透明「まいど〜

   でっ仕事って

 円「今日、鑑定何時まで

透明「えっと・・・今が18時だから、

   後、2時間くらいかなぁ

 円「・・・何とか間に合うか

   それじゃぁ〜、その時に連れてくる

透明「連れてくる



円が手に負えないってことは・・・・アレか





        続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


よくあること・・・?・1

2018年05月04日(金) 8時00分
よくあること・・・



透明「んっ


ドタドタドタドタ


透明「(・・・嫌な予感・・・。)」


カチャッ


ドタドタドタドタガチャッ

 ドンバタ〜ン


アウッ


擬音ばかりじゃわからん


※説明

鑑定の休憩時間、私はすごい勢いで

私の事務所に近づいてくる何かをキャッチ

念の為、内鍵をそっとかけ、様子を見る・・・

案の定、勢い任せで扉を開けようとした

何かは、扉が開くものと思い込み、開いていない

扉へ激突


少しコケた様子である



「・・・・・。」




透明「(あれっ大人しくなったぞ諦めたのか

    ・・・・・んっ)」

ルーベ・・・ダイ・・・カランティ・・・。」

透明「( や、やばいやばい)」


ガチャッバン


私は、急いで扉の鍵を開け、扉をひらく・・・が

その勢いで、まともや扉に激突する物体・・・


きゅ〜〜〜〜〜うぅぅぅぅ〜〜〜

透明「・・・・コントか

   ってなに人の事務所壊そうとしてるんだよ〜

い、いた〜〜〜いぃぃぃぃ〜〜〜

   なにすんのよ〜〜〜〜〜


透明「それはこちらのセリフだ〜

   何しにきたんだよ 




鑑定ファイル114


アホな魔法使い   


スタートです



         続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ