誰がために鳥は鳴く?・17

2016年02月17日(水) 8時00分
誰がために鳥は鳴く17


          

しばらくして・・・・

泣き疲れた桐子ちゃんは、笑顔のまま

眠りについた




恵那「クスッ・・・お休み


そう言いながら、桐子ちゃんに布団をかける

恵那先生・・・。



恵那「はぁ〜・・・そこの扉の裏にいる忍者先生

透明「ギクッ

恵那「ありがとう・・・。」

透明「クスッ

恵那「ふ〜っ何だか、小さい頃のこと思い出しちゃった

   私も、先生に泣かされたっけ

透明「おいおい人聞き悪い言い方するな

恵那「あははっでも、本当のことだもん

透明「

恵那「先生いつか、私も先生みたいになれるかな

透明「クスッ大丈夫

   恵那ちゃんは、先生よりも、もっと良い先生に

   なれるよそれは、私が保証する

   恵那ちゃんが体験し、感じてきたことは、

   ちゃんと君の心に刻まれている


   悩む時も、苦しい時もあるかもしれないけど、

   必ず乗り越えてゆけると私は信じているよ

恵那「あははっ先生にそう言われると、嬉しいけど

   プレッシャーかも

透明「まあ、そう言わずに

   頑張れ恵那先生

恵那「うん頑張る



この後、私は加瀬さんに今までの経緯を説明し

後の事を恵那ちゃんに任せて、家路に着く・・・



さてさて、後日談だが・・・


プルルルルルッガチャ


透明「はい透明で〜す

恵那「先生今、桐子ちゃんとお買い物に

   来てる
んだけど、今度、桐子ちゃんと

   ハンバーグ作るから、食べに来てよ


電話の向こうで、可愛い笑い声が聞こえている



透明「へぇ〜っいいね〜

恵那「それとね

   桐子ちゃんに将来の夢を聞いたんだけど、

   それが何と

透明「・・・・



桐子ちゃんの夢・・・それは


沢山の人を笑顔にできるエンターティナー




恵那菌が増幅した〜〜〜っ

まだまだ、楽ができない予感の透明先生

なのでした・・・







             




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


 
        




    

   

   
   
   

誰がために鳥は鳴く?・16

2016年02月15日(月) 8時00分
誰がために鳥は鳴く16




桐子ちゃんの気持ちを汲み取ること

感情を引き出すこと

かなり良いところまで行ったのだが


恵那「キリちゃん・・・ごめんね

   わかったようなこと言っちゃって・・・

   でも、キリちゃんは

透明「ただいま〜

恵那「

桐子「

透明「ごめんね〜ぇ〜遅くなっちゃって

   今、何しているの

恵那「え、え〜っとおままごと

桐子「・・・・・。」

透明「そっかおままごとかぁ〜

   それじゃ〜、キリちゃんの自動モードを

   終わらせて、続きをしようかな




取りあえず、仕切り直し

私は、キリちゃんの背中を押し、自動モードを

解除する・・・



透明「お母さ〜ん今日の御飯はなあに

恵那「えっ、あっハ、ハンバーグよ

透明「やった〜っキリの大好物

恵那「そ、それじゃぁ〜、一緒に作ろうか

透明「うん


とにかく、先ずは空気感を変えよう

私と恵那ちゃんは、楽しそうにおままごとを続ける・・・。

少しづつではあるが、キリちゃんも和んでいるように

感じた



透明「(そろそろかな)

   そういえば、お母さん

恵那「なにキリちゃん

透明「この前は、ごめんなさい

恵那「えっ

透明「キリ・・・お母さんのお仕事の邪魔しちゃって

桐子「

恵那「えっ・・・え〜っと・・・

透明「でも、キリはあいたたたたっ

恵那「

桐子「

透明「ごめんまた、お腹がまた、自動モードにして

   おくから、続けておいて


と、言いながらお腹を抱えて部屋を飛び出す

三文芝居の透明先生・・・



透明「(さて第二ラウンドだよ)」



恵那「・・・・・。」

桐子「・・・・・。」

恵那「(ハッいけない続けなきゃ)

   キ、キリちゃん・・・どうしてお母さんの

   お仕事の邪魔をしちゃったの

桐子「あっ・・・・・・



桐子ちゃんには、記憶があるはず

お母さんが仕事の邪魔をするなと怒っていた

ことを・・・。



桐子「・・・ご、ごめんなさい・・・・。

   で、でもキリ・・・・・・・・

   お母さんに笑って欲しかったんだもん

恵那「




突然の大きな声に、恵那ちゃんが驚いている

チャンスだよ恵那ちゃん



恵那「・・・そっかそうだったんだ

   キリちゃんは、お母さんに笑って欲しかったんだ

   ごめんね、キリちゃん・・・お母さん気が付かなくて・・・

桐子「・・・ご・・・ごめんなさい・・・

恵那「いいのよキリちゃんが、想ったことがわかって

   お母さん、嬉しいから

桐子「えっ

恵那「キリちゃんは、お母さんの喜ぶことが

   したかったんだね

   なのに、お母さん気づけなかった・・・

   本当にごめんね

桐子「そ、そんなこと・・・。」



うんちゃんと桐子ちゃんとシンクロしている

桐子ちゃんが欲しかった言葉をちゃんと選べているね


それからの恵那ちゃんは凄かった

おままごとをしながら、桐子ちゃんがしたかったこと、

感じたかったことを的確にさせてあげていっていた・・・



恵那「クスクスハンバーグの完成〜っ

桐子「かんせ〜い

恵那「それじゃぁ〜、キリちゃん

   一緒に食べようか

桐子「うん


目の前にあるおもちゃのハンバーグに向かって

手を合わせ、大きな声でいただきますをする二人



恵那「もぐもぐ

桐子「もぐもぐ

恵那「美味しい

桐子「おいし〜っ

恵那「キリちゃん明日は何が食べたい

桐子「明日は・・・・ぐすっ・・・ぐすっ



突然桐子ちゃんの目から大粒の涙が溢れる



桐子「えっ・・・ぐすっ

   あれっ・・・・ぐすっ




戸惑う桐子ちゃん・・・。

顔は笑っているのに、涙が止まらない

桐子ちゃんにとっては、何が起こっているのか

分からないのだろう・・・。


次の瞬間

恵那ちゃんが桐子ちゃんを優しく抱きしめる・・・。


恵那「偉かったねキリちゃん

桐子「

恵那「キリちゃんは、ず〜っとこうしてお母さんと

   遊びたかったんだよね

   お母さんが忙しいし、機嫌が悪いから、

   我慢していたんだよね

   でも、もういいのよこれからは、毎日

   おままごとしようね


   美味しいごはんも食べて、沢山遊ぼうね

桐子「ううっ・・・え〜〜〜〜〜〜ん〜〜〜〜〜〜

   ええ〜〜〜〜〜〜んごめんなさ〜〜〜〜い

   ええ〜〜〜〜〜〜んおかあさ〜〜〜〜〜ん

   ごめんなさ〜〜〜〜〜いえ〜〜〜〜〜〜ん


恵那「キリちゃん・・・ぐすっ・・・おかえり・・・

桐子「ええ〜〜〜〜〜〜んえ〜〜〜〜〜〜〜ん



重たいおもちゃ箱の蓋は開かれ、大粒の涙と共に

浄化されてゆく・・・



透明「(よくやったね恵那ちゃん)」



恵那ちゃんは、子供の頃に自分が経験したことを

ちゃんと桐子ちゃんに伝えられたようだ・・・



全ての子供がそうではないかもしれない


それでも、子供はお母さんを嫌いにはなれない

お母さんが自分を疎むのは、自分が足りないから

自分が悪いからと考えてしまう

桐子ちゃんにとって、それは自分を戒め、己を殺す

ことにつながってしまっていたのだろう・・・

自分を許すこと・・・許されること・・・

桐子ちゃんは、初めて自分のために泣くことができた

その涙は、必ず頑なな心を溶かし、強さへと変わるだろう



星が瞬く夜に、全ての悲しみを吐き出すように

小鳥の鳴き声が響いていた・・・。






                 続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします











誰がために鳥は鳴く?・15

2016年02月13日(土) 8時00分
誰がために鳥は鳴く15



私は、もうしばらく恵那ちゃんに

任せることにした・・・



透明「(とりあえず、恵那ちゃんの心の声も

   聞き取りながら様子をみるか・・・
。)」




恵那「キリちゃん・・・

桐子「・・・・・。」

恵那「(どうしたらいいんだろう・・・

    こんなとき、先生だったら・・・
。)」

桐子「・・・・・。」



桐子ちゃんの顔が、人形に戻ってゆく・・・。


恵那「(やさしく、やさしく・・・桐子ちゃんの

   心を汲み取るように・・・
。)

   キリちゃんどうして自分の声が

   嫌いなの

桐子「・・・・・。」


恵那ちゃんは、桐子ちゃんに優しい笑顔で問いかける・・・


恵那「大丈夫だよゆっくりでいいから、

   教えてくれる

桐子「・・・・・キリ・・・・・。

   キリの声・・・お母さん、嫌いだから・・・。」

恵那「・・・どうしてそう思ったの

桐子「・・・キリが話すと・・・お母さん、怒るの・・・。

   お母さん・・・キリの声・・・
。」

恵那「そっか・・・。」


なるほど・・・桐子ちゃんは、自分が人形になる理由を

そこにも結び付けていたのか・・・。


恵那「きっと、お母さん疲れていたんだね

桐子「えっ

恵那「だって、キリちゃんの声は本当に天使みたいに

   可愛いんだもの


桐子「・・・・・。」

恵那「それにね

桐子「

恵那「キリちゃんのお母さんは、ちゃんとキリちゃんの

   声を聞いてくれていたんだなぁ〜って思ったんだ


桐子「・・・

恵那「あっごめんね少し難しかったかな

   でも、キリちゃんのお母さんは、ちゃんとキリちゃんの

   声を聞いて怒っていたんでしょ

桐子「・・・うん・・・。」

恵那「それって、キリちゃんの言葉をちゃんと聞いて

   くれていたからなんだと思うんだ

桐子「でも・・・。」

恵那「(もう少しのはず・・・言葉は難しいけど

   先生のように・・・
。)

   言葉って、相手がどんなことを思っても、

   伝えなきゃ伝わらないんだ

   それを受け止めてくれる人がいるというのは、

   幸せなことだと思うよ

   あははっリキャちゃんは、少しキリちゃんが羨ましいかな

桐子「・・・うらやましい

恵那「うんリキャちゃんには、お父さんもお母さんも

   いないから、伝えたいこと伝えられなかったんだ

桐子「

恵那「キリちゃんは、お母さんが怒ったとき、

   どんなことを思っていた

   リキャちゃんには、お母さんがいなかったから、

   教えて欲しいんだ

桐子「・・・悲しかった・・・。」

恵那「(う〜ん・・・難しい・・・どうすれば・・・)

   そうだったんだ・・・でも、リキャちゃんには

   その想いは伝わったよ

桐子「

恵那「キリちゃんが悲しかったこと・・・。

   今のキリちゃんが、感じていることがキリちゃんの

   声で、よ〜くわかった

桐子「・・・・・・。」



あっちょっとまずいかな

桐子ちゃんが考えるのをやめようとしている・・・。



恵那「(これじゃない何とかしなくちゃ)」






             続く・・・。

   

   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


   

誰がために鳥は鳴く?・14

2016年02月11日(木) 8時00分
誰がために鳥は鳴く14



私は、扉の裏で聞き耳を立てることにする



恵那「え、え〜っと・・・


恵那ちゃん頑張れ

君が今まで通ってきた道は、必ず役に立つ

はずだから

君が桐子ちゃんを救うんだ



恵那「よし・・・キリちゃ〜ん

   それじゃぁ〜、ボール遊びをしましょうね

桐子「・・・・・・・・・。」

恵那「



いいぞ少しだけ声がでた



恵那「まずは、お母さんがボールを転がすから、

   キリちゃんが取るんですよ〜

桐子「・・・・・・・・・。」

恵那「は〜いいくよ〜っ


ボールがゆっくりと桐子ちゃんの方へ・・・


桐子「・・・・


桐子ちゃんがゆっくりと、ボールをとる


恵那「や、やった〜凄いよキリちゃん


恵那ちゃんの声が本当に嬉しそうだ


恵那「次は、そのボールをお母さんに返してみて

桐子「・・・・・うん。」


桐子ちゃんが、ゆっくりとボールを転がす


恵那「キリちゃんすご〜い


そういうと、桐子ちゃんを抱きしめて喜ぶ恵那ちゃん

恵那ちゃんからすると、この一か月の苦労が吹っ飛ぶほどの

喜びなのだろう


恵那「・・・ねえ、キリちゃん

   次は、何して遊ぼうか

桐子「・・・・・・・おままごと・・・。」

恵那「おままごとかぁ〜それじゃ〜、一緒に

   御飯を作ろう

桐子「・・・・・・。」



桐子ちゃんも久しぶりに自分の声を聞いたのだろう

少し戸惑っているようにも聞こえる・・・


二人は、おままごとを始め、おもちゃの野菜を切ったり、

それを鍋に入れたりして、楽しんでいた

少しづつだが、桐子ちゃんの声もスムーズに出てきた

ように感じる
・・・。


恵那「ねえ、キリちゃん

桐子「・・・なに・・・おかあさん・・・。」

恵那「キリちゃんの声は、小鳥のように可愛いね

桐子「

恵那「お母さん、キリちゃんの声、とっても好きだなぁ〜

桐子「キリ・・・嫌い・・・。」

恵那「えっ



桐子ちゃんが纏っている空気が、変わったように感じる

そろそろ、戻るべきか

いや、恵那ちゃんの力を信じるべきか




次回、恵那先生踏ん張りどころです






                続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・13

2016年02月09日(火) 8時00分
誰がために鳥は鳴く13



透明「それじゃ〜、リキャちゃんが

   お母さんね


恵那「う、うん

透明「キリは、赤ちゃんになるから

恵那「あ、赤ちゃん・・・


おーい変態を見るような目で見ないでくれ〜

別に、私が赤ちゃんになるって言って無いだろう〜



透明「と、とにかく、キリは赤ちゃんだから、

   ここに寝てるね

恵那「う、うん・・・・。」


私は、真剣な顔で恵那ちゃんに合図を送る


恵那「・・・・キリちゃ〜ん

   御飯ですよ〜


ε-(´∀`*)ホッ 何とか伝わったみたいだ


桐子「・・・・・・。」

恵那「それじゃ〜、お座りしましょうね


そういうと、桐子ちゃんを起こして、口元に

おもちゃのスプーンを持って行く・・・



透明「美味しい美味しい

恵那「美味しいですか〜

   キリは、可愛いね〜

桐子「・・・・・。」



桐子ちゃん、少し照れているように見える

良い感じだ


私と恵那ちゃんは、桐子ちゃんが楽しめるように

お人形さん遊びを続ける・・・。



透明「(そろそろかな)

   ・・・・・あいたたたたっ

恵那「

桐子「

恵那「ど、どうしたの

透明「ご、ごめんねちょっとお腹が急に痛くなっちゃって

   お人形遊びはここまでね

   ちょっと、トイレに行ってくるね

恵那「えっ

桐子「


桐子ちゃんの顔が歪む

桐子ちゃん自身は、お人形遊びが続けたいみたいだ


透明「あっでも、私がトイレに行っていても、

   お人形さん遊びの、続きができるかも

桐子「

恵那「ど、どういうこと

透明「実は、キリちゃんはちゃんと自分で

   お喋りや動くことができる、最新式のお人形さんなんだ


恵那「えっ


かなり強引だけどね



桐子「

透明「それじゃ〜、自動モードに切り替えておくから、

   お人形遊びの続きをして待っていて


私は、桐子ちゃんの背中に指をあてがい、ポチッと

言いながら背中を押す

言葉が出やすいように魔法をかけて・・・。



透明「それじゃ〜行ってくる


そういうと、一目散に部屋を出る私・・・

扉を少し開けたまま、その扉の裏に隠れる


さて、恵那先生

君の力の見せ所だよ







          続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



誰がために鳥は鳴く?・12

2016年02月07日(日) 8時00分
誰がために鳥は鳴く12



人は、時として己の心を閉ざしてまでも

環境に慣れるため、何かを演じて生きて

ゆかなければならない時もある
・・・。

しかし、桐子ちゃんの場合は、もっと切実な

幼い願いからくる記憶への刷り込み
・・・。

ただ、お母さんに笑ってほしいという

小さな願い


自らが演じてきたお人形という役は、何時しか

自分が本当のお人形になることで、痛みも苦痛も

寂しさも悲しみも忘れられる隠れ家になってしまって

いたのかもしれない・・・。

だが、それは同時に、喜びや、楽しみ、幸せすらも

届かない、暗いおもちゃ箱の中にいるような

ものなのだと私は感じていた


この子は、未だ6歳こんなことがあって良い年齢では

ないんだ


私は、桐子ちゃんのいるおもちゃ箱の蓋をあけようと

試みることにした



恵那「・・・先生・・・。」

透明「桐子ちゃん・・・よしお人形遊びをしよう

桐子「

恵那「えっ

透明「恵那先生お人形さんを持ってきてよ

恵那「えっ


きっと、事情の分からない恵那ちゃんからすると、

私の頭がイカレタのではないかと思っているんだろうな〜ぁ

それも、40代のオッサンがお人形遊び・・・。

ちょっと、想像に堪えないけど・・・頑張りますか



恵那「い、一応、持ってきたけど・・・

透明「それじゃ〜恵那先生は、その子を使って

   私は、この子を使うから


と、桐子ちゃんの肩に手を置く


恵那「えっちょ、ちょっと

桐子「

透明「まあまあ、とにかく、始めようよ

恵那「あっ、う、うん・・・


恵那ちゃんは、人形を取り出し、片手で操作する


恵那「ね、ねえ、一緒に遊ぼうよ


顔真っ赤だぞ

でも・・・次は私の番か

こりゃ〜、苦行だな〜っ



透明「うん遊ぼう遊ぼう私、キリ

   よろしくね

桐子「・・・・・・



声色を変えて、桐子ちゃんの腕を持ち、高らかに

あげて見せる


恵那「・・・・・・


お〜い恵那さ〜ん

白目向きそうな顔しないでくれ〜っ


透明「あ、あなたのお名前は

恵那「えっあっわ、私、リキャちゃん


こ、こいつ噛んだぞ


透明「そ、そうなんだリキャちゃん

   よろしくね

恵那「くっ・・・よろしくね



恵那ちゃん悔しいのと可笑しいので、声が

震えてるんですけど
・・・


透明「リキャちゃん大丈夫

恵那「だ、だ、だいじょ・・・うぶっ


笑うな〜〜〜っ


透明「それじゃ〜ぁ何して遊ぶ

恵那「くっ・・・・


も〜うしっかりしてくれ〜っ


恵那「そ、それじゃ〜お母さんごっこしよう


おっ主旨はわかっていないけど、良いチョイスだ




40代オッサンのお人形遊びが始まる・・・





         続く・・・




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・11

2016年02月05日(金) 8時00分
誰がために鳥は鳴く11



一年前・・・桐子ちゃん5歳・・・。

お母さんの虐待は、徐々にエスカレートしてゆく

そんな中でも、桐子ちゃんはお母さんを気遣い、

笑顔を絶やさず、良い子でいようと一生懸命

お家のお手伝いをしていた
・・・。

しかし、状況はドンドン悪化してゆく・・・。

何をしても認めてもらえず、どんなに頑張っても

愛情をもらえない日々

そんな中、お婆様と桐子ちゃんの話が現状を

作り出してしまう要因に・・・。




お婆様「キリちゃん・・・ごめんね・・・。

    お婆ちゃんが動けないから、お母さんを

    大変にさせちゃって・・・。

    お婆ちゃんがいなければ、お母さんも

    キリちゃんに優しくなれるのに・・・
。」

桐子「ううん平気だよ

   でも、お婆ちゃん大丈夫

   昨日、お母さんにお腹、蹴っ飛ばされてたでしょ

お婆様「大丈夫だよキリちゃんは優しいね・・・。」

桐子「・・・お婆ちゃん・・・お母さん、どうすれば

   キリに笑ってくれるかな

お婆様「キリちゃん・・・ぐすっ・・・。

    そうだね・・・お母さん、お仕事やお婆ちゃんの

    ことで、疲れているのだと思うから、

    そっとしておいてあげた方が良いのかもね

桐子「う〜ん・・・お母さんとお話したりしない方が

   いいの

お婆様「そうだねお母さん、自分の事で精一杯なんだと

    思うから、色々と言われると、腹が立つのかも

    しれないね
・・・。」

桐子「そっか・・・それじゃ〜ぁ、キリはお人形さんみたいに

   してれば、いいのかな


お婆様「クスクス・・・本当に可愛いお人形さんだね

    きっと、お母さんもキリちゃんみたいに可愛い

    お人形さんなら、機嫌が良いときには、

    一緒にお人形遊びをしたくなるかもしれないね


桐子「そっか〜



この時、お婆様は、桐子ちゃんが暴力を振るわれないように

桐子ちゃんをお母さんからと遠ざけたかったのだろう・・・


しかし、それからというもの、桐子ちゃんは自分がお人形さん

になったように、振る舞ってゆく

だが、それが母親には理解されることは無く、返って存在感を

なくすことにつながってしまうとは、お婆様も考えてもみなかった
・・・。

この後、お母さんからの暴力は減っていったのだが、食事の用意や

桐子ちゃんへの身辺事は、忘れ去られたかのように減少し、

お母さんは育児放棄への道を進んでしまう

それでも、桐子ちゃんは、自分が可愛いお人形ではないから、

お人形になり切れていないから、お母さんが遊んでくれないと

錯覚し、お人形になりきる為に心を閉ざしてしまっていった
・・・。

そんな様子をみて、お婆様も今回の行動を起こし、

桐子ちゃんを助けようとしたのだと思う・・・。



色々な想いが交錯し、良かれと思ったことが

今の現状を引き起こしてしまった・・・

桐子ちゃんの気持ちを考えると、心が引き裂かれそうだ


私は、桐子ちゃんの笑顔を取り戻すために、

全力を尽くそうと心に誓っていた






          

             続く・・・

   


昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・10

2016年02月03日(水) 8時00分
誰がために鳥は鳴く10




木人図へアクセスした私は、桐子ちゃんの過去と

向き合う




透明「・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・。」



3年前・・・・・・今では考えられないくらい

活発で笑顔のたえない桐子ちゃんがそこにはいた

お母さんも優しく、お父さんのいない分を補うかのように

愛情を沢山かけている姿が印象的だった

しかし、その一年後・・・お婆様との同居が始まり

お母さんの精神は、徐々に追い詰められてゆく・・・。

そして・・・・凄惨な毎日が始まる

大好きなお母さんに一生懸命、笑顔を振りまく

幼い少女は、徐々に言葉と感情をなくしていった
・・・。




透明「(視るに堪えない・・・でも・・・)」



桐子ちゃんが心の中で発した言葉が気になる・・・。

それは、桐子ちゃん本人が結論として出した

言葉とは思えなかったからだ


私は、より深く木人図を視返す・・・。




透明「・・・・・・・・。

   (そうか・・・そうだったんだ・・・)」


今の桐子ちゃんの状況を引き起こした原因・・・。

全てを理解した私は、そっと桐子ちゃんを抱きしめる



桐子「・・・・・。」

恵那「先生・・・

透明「桐子ちゃん・・・もういいんだよ

桐子「・・・・・・・。」

透明「自分は、お人形さんなんだと思わなくてもいいんだ

恵那「



桐子ちゃんが心の中で発した言葉・・・。


桐子「(だめ・・・・キリは・・・お人形さんなの)」



幼い少女が心に誓った、その言葉の意味が

私の心に重くのしかかっていた・・・







           続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



誰がために鳥は鳴く?・9

2016年02月01日(月) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



私は、桐子ちゃんの思考を受け取るために、

神経を研ぎ澄ます・・・



桐子「(・・・・・・・・。)」

透明「

桐子「(・・・・・・・・。)」

透明「(ダメ)」

桐子「(・・・考えちゃ・・・ダメ・・・。)」

透明「(どういうことだ)」



桐子ちゃんは、顔色一つ変えずに心の中で

葛藤している
・・・。

しかし、何故これほどまでに


透明「少し、時間がかかってもいいんだよ
  
   ゆっくり、自分の幸せを考えてみて

桐子「・・・・



少しだが、顔が歪む・・・。



桐子「(だめ・・・・キリは・・・)」

透明「


桐子ちゃんの心の叫びを最後まで聞いた私は、

驚愕する



まさか、そんな・・・

桐子ちゃんは、私が思っていた以上に心を閉ざして

いたのかもしれない・・・。

彼女の頭の中にある唯一の言葉が、どれほど重たいもの

なのかを知ってしまった私は、涙が止まらなくなっていた・・・



恵那「せ、先生

透明「ぐすっご、ごめん・・・。」

恵那「だ、大丈夫

透明「う、うん大丈夫少し桐子ちゃんと

   同調し過ぎちゃった

恵那「そっか・・・。」

透明「桐子ちゃん・・・ごめんね

   勝手に話を続けてしまって・・・。」

桐子「・・・・・。」

透明「勝手ついでに、申し訳ないのだけど、

   少しだけ、君の過去を見せてもらうね

桐子「!!」


桐子ちゃんは、少しだけ困惑しているように見える

しかし、ここでハッキリとしておかなければ、

この子は、立ち直る切っ掛けを失ってしまう


私は、桐子ちゃんの木人図へアクセスを開始する




次回、桐子ちゃんの驚愕の過去が・・・。





        
          続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

誰がために鳥は鳴く?・8

2016年01月30日(土) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



透明「桐子ちゃん遅くにごめんね

   眠くない

桐子「・・・・・。」

透明「もし、眠くなったら寝ちゃっていいから、

   少しだけ、お話させてね

桐子「・・・・・。」

透明「桐子ちゃんは、この園に来てまだ一か月

   しか経ってないけど、何か嫌な事とか

   慣れないことがあったら、ここにいる

   恵那先生に相談してね


恵那「恵那先生・・・



お〜い一人で喜ぶな〜


桐子「・・・・・・。」


私は、桐子ちゃんの表情呼吸動きを細部まで

観察しながら話を続ける・・・。



透明「桐子ちゃんは、どんな遊びが好きかな

   体を動かすのがいい

   それとも、お絵かきとかかな

   やっぱり、女の子だから、お人形

桐子「ピクッ・・・・。」


やっぱり、お人形に反応した

私は、言葉を続ける・・・。


透明「遊びがいいかな

   もし、足りないものがあれば、恵那先生か

   加瀬先生に言ってくれれば、用意するから

   遠慮なく言ってね


桐子「・・・・・・。」

恵那「・・・・・・


恵那さ〜ん・・・先生と呼ばれるたびにニコニコするの

やめませんか


やはり、お人形に反応はしたけど、後は変わらないか

ということは、お人形が欲しいとか、お人形で遊びたいとか、

子供としての欲求と直結しない可能性がある・・・。

さて・・・。


透明「そういえば、まだちゃんと自己紹介してなかったね

   私は、透明と言います

   この園には、たまにお手伝いにくるのだけど、

   本当の仕事は、占い師という仕事をしているんだ

   桐子ちゃんは、占いって知ってる

桐子「・・・・・。」



んっ


透明「占い師っていうのは、人が幸せになるための

   お手伝いをする仕事なんだよ

   沢山の人とお話して、その人の少し先を一緒に考えたり、

   過去をみて、色々なことのつながりを考えたり

   する仕事なんだ

恵那「ちょ、先生桐子ちゃんには、まだ難しいんじゃ


私は、恵那ちゃんの言葉を静止し、紡ぎ続ける・・・。


透明「だから、桐子ちゃんの未来を幸せにしてあげる

   お手伝いもできると思う

   もし、桐子ちゃんが幸せになりたい時には、

   いつでも相談してね



私はあえて、解釈の難しい言葉を並べてみる・・・。

この子は、常にお婆様と一緒にいたはず

それならば、きっと難しい言葉にも免疫があって、

頭の中で考えを巡らすはずだ


桐子「・・・・・・・


うん読み通り

色々なことを考え出したぞ・・・。

さてと、少し桐子ちゃんの考えを読んでみようかな





次回、桐子ちゃんの思考が意外な方向へ・・・。





    
          続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・7

2016年01月28日(木) 8時00分
誰がために鳥は鳴く




亮くんの部屋から、桐子ちゃんの部屋へ

向かう途中・・・

桐子ちゃんの部屋の前で、座り込んでいる

物体を発見する
・・・。



透明「恵那ちゃん

恵那「ううっ


自己嫌悪モードに突入している・・・



透明「どうした

恵那「私、ダメだね・・・

透明「悪いけど、大きな子供をお守りするほど

   私は暇じゃないよ

恵那「わかってるわよ意地悪

透明「くすっ恵那ちゃんも先生らしくなって

   きたじゃないか

恵那「う〜っ嬉しくない

透明「まあ、恵那ちゃんの気持ちもわかるけどね

恵那「いいわよ気を使わなくても

透明「あはははははっ

恵那「む〜っ

透明「ごめんごめんでも、言葉って大切だよね

   相手の気持ちをはかったり相手の感情に

   影響を与えたり
・・・でもね、そんな大切な

   言葉を捨ててしまった桐子ちゃんは、

   きっと、言葉にできない声を発していると

   思うんだ


恵那「言葉にできない声

透明「うん人間は、言葉を発することができなくても、

   沢山のことを感じ考えている

   それは、生きている以上、やめることはできない

   ものなんだよ

   きっと、桐子ちゃんの心の中では、沢山の言葉が

   紡がれていると思うんだ

恵那「そんなこと言ったって・・・私は先生みたいに

   感じたりできないもん・・・。」

透明「それでいいんだよ

恵那「えっ

透明「感じることができない悔しさは、感じようと

   しているからこそ出る感情だよ


   いつかきっと、恵那ちゃんも感じることが

   できる日がくる

   だから、今はその感情を大切にして自分のできる

   最大限をすればいいと私は思うよ

恵那「・・・・・はぁ〜〜〜〜〜っ

   結局、お守りされちゃった〜〜〜っ

   不甲斐ない〜〜〜〜っ

透明「はははっその元気があれば大丈夫

   さて、どうする

   私と一緒に、桐子ちゃんの部屋に入る

恵那「当然私にだってできることがあるはず

   だもの


透明「クスッその意気その意気


私は、恵那ちゃんを引き連れ、桐子ちゃんの部屋へ・・・。


透明「桐子ちゃ〜ん入るよ〜っ

桐子「・・・・・・。」

恵那「・・・・・・


桐子ちゃんは、部屋の隅で体育座りをして一点を見つめている



さて、どこから行こうか・・・。







           続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・6

2016年01月26日(火) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



透明「あのさ〜亮は、桐子ちゃんと

   話したことある



この子は、朝霧 亮くん

園の中でも活発な男の子だ


 亮「う〜ん・・・話しかけても

   答えないから・・・・

透明「そうか・・・

 亮「でも、一度だけ・・・。」

透明「一度だけ

 亮「も、もれる・・・。」

透明「もれる

 亮「おしっこ、もれちゃうよ〜〜〜っ

透明「あっごめんごめん

   急いで行っておいで

 亮「うん


園児は変な走り方でトイレへ・・・



亮は、みんなのお兄ちゃんでいたいタイプの子だから、

何か知っているのかもしれない

私は亮がトイレから出てくるのを待った



 亮「はぁ〜っ危なかった〜

透明「

 亮「わっビックリした〜っ

透明「ごめんごめんさっきの続き聞かせてくれるかな

 亮「さっきの、続き

透明「一度だけって言ってたでしょ

 亮「あっそっかえ〜っと・・・。」

透明「

 亮「勘違いかもしれないけど・・・。

   一度だけ、笑ってるところ見たことあるんだ

透明「えっ

 亮「でも、すぐ戻っちゃったから、見間違いかも

   しれないけど・・・

透明「そ、その時って、何していたの

 亮「女の子たちが、お人形遊びしてた

透明「桐子ちゃんも

 亮「ううん桐子は、遠くから見てただけ

透明「仲間には入らなかったの

 亮「う〜ん・・・いくら誘っても、何も言わないし

   動かないから
・・・。」

透明「そっか・・・亮ありがとうな

 亮「うん

透明「明日、学校だろちゃんと寝るんだよ

 亮「え〜っ透明兄ちゃんは、帰っちゃうの

透明「私も、明日は仕事だからね

 亮「チェッ遊びたかったなぁ〜

透明「また、ゆっくりくるから

 亮「う〜ん・・・わかった約束ね

透明「ああ


私は、亮くんと指切りをして、亮くんが部屋に

入るのを見てから、桐子ちゃんのところへ


人形遊びか・・・。


亮くんの言っていた言葉が何か大きなヒントに

なっているように感じた




次回おもりです・・・





 

               続く・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・5

2016年01月24日(日) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



透明「あっ

加瀬「

透明「一つ聞いていいですか

加瀬「どうしたの

透明「桐子ちゃんがこの園に来た理由はわかりましたが、

   残されたお婆様は、どうなったのでしょう

加瀬「そ、それが・・・亡くなられたようで・・・

透明「・・・それって

加瀬「ううんそうじゃないの決して事件性とかは

   無くて
、お婆様の持病が原因で亡くなったみたいなの

透明「そ、そうですか

加瀬「でも、お婆様はご自分が旅立つことをわかっていた

   みたいで・・・。」

透明「えっ

加瀬「亡くなる一か月前に、ご自分で警察や関連協会に電話で

   相談していたらしくて
・・・。

   その後、お母さまも、育児放棄を認めた為に、桐子ちゃんは

   施設預かりになったの・・・。」

透明「・・・・・なんだか、切ないですね・・・

加瀬「そうね・・・でも、お婆様は最後の力を振り絞ってでも

   お孫さんを守りたかったのでしょうね・・・

透明「・・・とにかくもう一度、桐子ちゃんと話してみます

加瀬「いつもごめんねよろしくお願いします



私はもう一度、桐子ちゃんの部屋の前へ向かう・・・。

私に何ができるのか

自問自答をしながら、階段を上ってゆく



園児「ああ〜〜〜〜〜っ

透明「ビクッ

園児「透明兄ちゃん

透明「し、し〜〜〜っ静かに

園児「

透明「ど、どうしたの

園児「トイレ〜

透明「そ、そっか

園児「透明兄ちゃんは、何してるの

透明「あっ、う、うん桐子ちゃんとお話しようかと

   思ってね

園児「・・・・・そう・・・なんだ・・・。」


あれっ急にテンションが・・・

もしかして・・・。




次回、園児に聞き込み調査です




    

          続く・・・。


   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・4

2016年01月22日(金) 8時00分
誰がために鳥は鳴く




透明「桐子ちゃんの過去

加瀬「そうなの・・・あの子の家庭は、

   少し特殊だったみたいで・・・。」

透明「・・・・・。」

加瀬「ここに来た理由は・・・。」

透明「・・・虐待ですか

加瀬「う、うんそれもあるのだけど・・・

透明「・・・まさか、ネグレクト

加瀬「そうなの・・・でも、それだけじゃないのよ

透明「えっま、まだ、あるんですか

加瀬「う、うん・・・桐子ちゃんには、お婆様が

   いたのだけど、そのお婆様も・・・

透明「こ、子供と親、両方に

加瀬「そうらしいの・・・もともと桐子ちゃんには、

   生まれた時からお父様がいないらしくて、

   お母さまが、お年を召したお婆様と桐子ちゃんの

   面倒をみていたようなのだけど・・・

透明「でも、お婆様がいたのであれば、食事とかは

   ちゃんと
・・・。」

加瀬「う〜ん・・・それが、お婆様はかなりお身体が不自由だった

   みたいで、そこまでの事がちゃんとできたかどうか・・・

透明「う〜ん・・・そうなると、桐子ちゃんが大人に心を閉ざして

   しまった理由もわかります・・・

加瀬「透明さん・・・何とかできないかしら

透明「・・・・・わかりましたとにかくもう一度

   桐子ちゃんと話してみます




う〜む・・・ネグレクト・・・育児放棄に虐待

確かに、介護と育児を両立させながら働くのは、

かなり難しかっただろう・・・でも・・・







          続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



誰がために鳥は鳴く?・3

2016年01月20日(水) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



園の二階、左右に分かれた部屋の一番手前

園に入って来たばかりで慣れていない子が

生活する部屋に桐子ちゃんはいるようだ



透明「ここだな

恵那「どうして桐子ちゃん

透明「うわっびっくりした


ドアノブに手をかけた時、中から恵那の大きな声が

聞こえてくる・・・。


透明「入るぞ〜っガチャッ


恵那ちゃんが凄い形相でこちらを睨む


透明「ギョッ

恵那「先生遅いよフンッ


ドスドスと足音高らかに部屋を出てゆく恵那ちゃん・・・

おっかねぇ〜〜〜っ



私は、部屋に残された子供を見つけ、両手を開き首を傾げて

見せた


透明「おねぇちゃん、怖かったね〜

   でも、あのおねぇ〜ちゃんも、桐子ちゃんのこと

   心配し過ぎてあんな言葉になっちゃったんだと

   思うから、許してあげてね


桐子「・・・・・・。」

透明「・・・・・・。」


あれっ無反応

さっきから、一点しか見てない・・・。

私は、桐子ちゃんの見ているところを確認する・・・。

・・・・・・・・だよねぇ〜

他に、変わったとことは・・・・ないよねぇ〜

はて



透明「あっそうそう自己紹介がまだだったね

   私は、透明と言います

   この園では、たまに来る変な人だけど、

   覚えておいてね


桐子「・・・・・。」

透明「・・・・・


え〜っと・・・まだ、壁見てるけど・・・


加瀬「桐子ちゃん、ちょっとごめんね

   透明さん、良いかしら

透明「あっはい桐子ちゃん、また後でね



私は、加瀬さんに呼ばれ部屋の外へ・・・。



加瀬「透明さん、何か感じた

透明「う〜ん・・・園に入園したての子って、

   言葉を話さないことは多々ありますけど、

   あの子の場合、ちょっと違うような気が・・・。」

加瀬「やっぱり・・・。」

透明「桐子ちゃんは、入園してからずっとあんな感じ

   なんですか

加瀬「そうなの・・・食事は持って行けば食べてくれる

   のだけど、それ以外は全てダメで、もうすぐ

   一か月になるのに、あの子の声を聞いた人が

   いないのよ
・・・。」

透明「そ、そうなんですか

   もしかして、耳が聞こえないとか

加瀬「私も、心配でお医者さんに診てもらったのだけど、

   特に異常は無いみたいなの

透明「そうですか・・・ということは、心の問題か・・・。」

加瀬「そのことで、透明さんに少し話しておこうと

   思って・・・。」

透明「

加瀬「あの子の過去のこと・・・。」




次回、桐子ちゃんの過去が明らかに・・・。






             続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?・2

2016年01月18日(月) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



仕事が終わり、車を飛ばして良清園へ

時間は夜19時・・・

さすがに遅くなったから、園のちびっ子は

寝ちゃったかな・・・

そんなことを考えながら、園のチャイムを鳴らす


ピィ〜ンポ〜ン


加瀬「はいは〜い透明さん

   明けましておめでとうございます

   今日は無理をいってしまいごめんなさいね

透明「えっ恵那の言っていたことって、加瀬さんからの

   伝言だったんですか


加瀬「そうなのごめんなさいね



・・・いや、あの言い方はあくまでも恵那の独断

でも、加瀬さんが私に頼るなんてどうしたんだろう



透明「ところで、恵那は

加瀬「そういえば・・・さっきまでそこにいて、

   透明さんが来るのをイライラしながら

   待ってたみたいなのだけど


透明「げっ

加瀬「多分、桐子ちゃんのところじゃないかしら

透明「桐子(きりこ)ちゃん・・・知らない名前ですね

加瀬「あっそうそう、先月入園した子なの恵那ちゃんから

   聞いてない


透明「・・・き、聞いてないです・・・

加瀬「まったく透明さんには、ちゃんと伝えるように

   言っていたのに・・・。」

透明「もしかして、その桐子ちゃんのことで何か

加瀬「そうなの・・・もしよければ会ってみてくれるかな

透明「わかりました



何だろう・・・加瀬さんの言葉もたどたどしい気が・・・。





次回、桐子ちゃんとご対面で〜す







           続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


誰がために鳥は鳴く?

2016年01月16日(土) 8時00分
誰がために鳥は鳴く



透明「みなさ〜んおはぐえっ

恵那「みなさ〜〜〜ん明けましておめでとう

   ございま〜〜〜〜す


透明「お、おいこら

恵那「今年の初めは恵那ちゃんに始まり、

   終わりも恵那ちゃんで決定〜〜〜


透明「こ、こら何でお前が

恵那「だって、先生のブログに一回書き込んで

   みたかったんだもん

透明「い、いや、理由になってないから

恵那「そ、それよりも大変なの


今更ですか

恵那が割り込んできた時点で、大変な状況

のような気が・・・

とほほっ・・・今年も年始からバタバタですか・・・


透明「っで今日は、どんな人連れてきたの

   日本人外国人ま、まさか異星人

恵那「何言ってるのよいくら私でも、異星人には

   縁がないわよ〜

   あったら嬉しいんだけど・・・。」


嬉しいのかい


恵那「って、それどころじゃなかった

   すぐに、園にきて

透明「園て・・・良清園

恵那「それ以外にどこがあるのよ〜

透明「ちょ、ちょっと待ってくれ

   今日ですか

恵那「今日

透明「う〜ん・・・それじゃ〜、鑑定終わったら

   寄るから、それでいい

恵那「え〜っ

透明「え〜っじゃない

   大人には大人の事情があるの


そんなわけで、今年最初は恵那ちゃんから・・・。

(本当に、今年最後も恵那だったらどうしよう・・・)


とにかく、恵那ちゃんがここまで取り乱すとなると

気になるな・・・




次回、良清園へ・・・







           続く・・・。

   



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2016年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
月 別☆アーカイブ