ほじほじ・・・。・14

2014年11月09日(日) 8時00分
ほじほじ・・・。14





何とか、暴走した霊子を押さえ、媒体となる

魔法具を破壊した私達は、取り敢えず安堵していた

しかし、若干一名を除いてはだが・・・



透明「・・・・・。」

美莉「・・・透明



私は、放心状態のユマちゃんの隣へ・・・。


透明「ユマちゃん、ごめんね

   せっかく、お師匠様から頂いた魔法具

   壊してしまって・・・

ユマ「・・・・ぐすっ・・・私・・・もう・・・

   師匠の元へは・・・帰れない・・・・・・

   何をやっても・・・ぐすっ・・・中途半端だし

   ・・・・私は・・・師匠に合わせる顔が・・・


透明「それは違うんじゃないかな

ユマ「

透明「君のお師匠様は、君を凄く心配しているんじゃ

   ないのかな

   魔法具を壊しておいて何だけど

   お師匠様は魔法具よりもユマちゃんのことを

   大切に想ってくれている

   そうでなければ、ワザワザ面倒くさがりの美莉

   日本まで君を迎えには来ないよ

美莉「コラコラ一言余計よ

   ・・・・ユマ大丈夫

ユマ「コクン

美莉「私も、透明の言うことは正しいと思うよ

   あなたの師匠は、私に必死にお願いしてきたのよ

ユマ「

美莉「どうか、ユマを無事に私の元へ連れて帰ってきて
 
   くれってね


ユマ「

美莉「とにかく、無事でよかったよ

ユマ「美莉さ・・・ん・・・


ユマちゃんは、美莉に抱きつきながら大声で泣いていた・・・。

魔法というモノの凄さ、怖さ、そして偉大さ

今回、彼女にとって、自分の進むべき道の色々な面を

かいま見ることになった旅だったのかもしれない

しかし、それは彼女にとって大きな学びと強い意志に

つながったような気がしていた・・・


しばらくして・・・


 昴「おじゃま〜げっ美莉

 円「昴どったの

美莉「げっじゃないわよでも、本当にどうしたの

透明「俺が呼んだんだよ

円&美莉「

透明「昴この魔法具なんだけどどうかな

 昴「へ〜っなかなか面白い魔法具だねぇ〜

   どれどれ・・・・・・・コレが・・・・・・・

   ・・・こうなって・・・・・・ふんふん・・・

   ・・うん・・・・これなら、何とかなりそうだぞ

透明「本当助かるよ

 円「もしかして、この魔法具を昴に直してもらうの

美莉「本当にユマちゃん魔法具直るって

ユマ「ほ、本当ですか

 昴「な、何だよ皆してって、この子誰


私は、今までの経緯を昴に説明した・・・。


 昴「なるほどな〜でも、本当に良いのか

   この魔法具を使って魔法使いになるって言うことは、

   その土地に縛られると言うことだぞ

ユマ「・・・・はい私には目標がありますから

 昴「目標

ユマ「はい最初はその土地で、しっかりとした

   魔法使いになります
   
   その後は、私も円様みたいに・・・


昴くん・・・かなり訝しい顔してますけど・・・


この後、ユマちゃんと美莉は、魔法具を昴に託して

ヨーロッパへ帰っていった・・・



それからしばらくして・・・。



 昴「透明この前の魔法具、直ったぞ〜

透明「おおありがと〜う助かったよ

   何だか、皆を守る為とは言え壊しちゃったこと

   気になってたから


 昴「まあ、これは俺が送っておくけど、お前にはコレな

透明「んっ何コレ・・・・・・。」

 昴「それじゃ〜、今週中に頼んだぞ



昴は、紙だけ置いて帰って行った・・・。



透明「・・・・・・だぁ〜〜〜〜〜〜っ

   美〜〜〜〜〜莉〜〜〜〜〜っ

   請求しないっていってたのに〜〜〜〜〜〜っ




(美莉「クスクス・・・私はね」)

   

透明「やられた〜〜〜〜〜〜っ

   それに、昴のヤツ

   ○がひとつ多いだろ〜〜〜〜〜っ



秋の空・紙が飛ぶ飛ぶ・財布かな・・・(お粗末)




透明「魔女なんて〜〜〜っ大嫌いだ〜〜〜〜〜〜っ



 
  
  
    

                 






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

     





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・13

2014年11月07日(金) 8時00分
ほじほじ・・・。13


透明「な、なんだコレ〜〜〜〜っ


円の家に着いた私達は、目の前に立ちのぼる

異様な気配に圧倒される



美莉「透明入るよ

透明「お、おう


私達は急いで、円の部屋へ



透明「ガチャッおっ鍵が開いてるぞ

美莉「バタン

透明「


目の前には、驚くべき光景が

両手を伸ばし、何かを封じようとしている円と

その後ろで震えている魔女の卵が2人


円の身体には、いたるところに無数の傷

鮮血を帯びながら必死の形相で何かを睨んでいる

私は、円の直ぐ隣まで駆け寄る



透明「ま、円大丈夫か

 円「透明遅い〜〜〜

   っていうか、何で美莉までいるのよ

透明「そんな説明をしている場合じゃないだろ

   どうなってるんだよコレ

 円「私としたことが、しくじったよ

   あの子の魔法具が、あんなモノだったなんて

   アンタが帰った後、3人で飲み明かしてて

   雑魚寝して起きたら、あの子の魔法具が暴走

   仕始めたっていうワケ


透明「お前、まさか、今朝からずっとこのまま

 円「そうよ〜〜〜〜っだって、後ろの子達守るだけで

   精一杯だったんだも〜んそろそろ限界〜〜〜

透明「何で、直ぐに連絡よこさなかったんだよ

 円「そんな状況じゃなかったのよ〜〜〜〜っ

   見てわかんないの〜〜〜〜っ

美莉「はいはいまったくあんた達は顔つき合わせると

   いつもそうなんだから

 円「美莉〜〜〜〜っ

美莉「でも、この状況かなり、まずいわね

透明「確かに・・・。」

美莉「霊子と言えど、ここまで力を上げちゃうと

   悪魔が産まれる可能性がある

 円「冷静に判断してないで、早く何とかしてよ〜

美莉「う〜ん・・・いくら私の能力でも、アレは無理

   能力が届かないみたい

 円「どうするのよ〜〜〜っ

美莉「逃げる

 円「OK3秒後に後ろにダッシュね

透明「まてまてまてまてお前達、

   他の地域住民の皆さんに迷惑だろ〜〜〜っ

美莉「それじゃ〜透明が何とかしてくれるの

 円「とうめ〜〜〜〜い

透明「お前達の方が悪魔じゃ〜〜〜っ

   まったく美莉あの魔法具、模造品なんだよな

美莉「そうだよ

透明「歴史的価値とか無いよな

美莉「うん

透明「後で、弁償とか言わないよな

美莉「言わない言わない(私はね)」

透明「あ〜〜〜〜〜っもう〜〜〜っ

   ぶっ壊す


私は、暴走する魔法具に傷つきながら

ズンズン近づいて行く


パン


柏手一発


透明「ウンジャクソウドウ我、古の盟を破する者なり

   バッコ・ドウバン・・・・・・・・・ウンタラタ



パンパン


柏手二発


霊子から立ち上る異様な気配が拡散して行く



透明「我、金剛の力をもって、これを消滅せんふん


バキッ


鍵型魔法具を拾い、両手で真っ二つに



透明「はぁ〜〜〜〜っ・・・終わったぞ

美莉「お見事 さすが、私達キョウダイのリーダー

透明「そんなの、お前達が勝手に決めただけだろうが

 円「つ、つかれた〜〜〜〜っ

千鶴「にぃ様せんせ〜〜〜〜〜い

ユマ「





次回、ファイナル

一連のトラブルも解決へ・・・






 
               続く・・・。




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


透明「みなさ〜んここでちょこっと

    お知らせで〜す

    私のお薦めするお店が、ひとつ増えました〜

   
    なかなか面白く効果的なモノなので、

    是非、一度覗いて試してみてくださいね



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください


http://guardian-jewelry.com/





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・12

2014年11月05日(水) 8時00分
ほじほじ・・・。12


円の家までの車中・・・


透明「美莉は、その魔法具のことで

   ワザワザ日本まで戻ってきたの

美莉「そうよあの子の師匠に頼まれてね

透明「でも、それなら師匠さんが来た方が

   早いんじゃないの


美莉「う〜ん・・・そうもいかないのよねぇ〜

透明「どういう事

美莉「もともと魔法使いっていうのは、その土地から

   なかなか離れられないものなのよ


透明「えっそうなの

美莉「魔法使いは、その土地の霊性とリンクして

   その力を構成する術式を考え試行することが

   常識なの

透明「でも、円は

美莉「アレは、別もの円は土地の霊性とリンクする

   という平和的な方法ではなくて、使役

   つまり力ずくで従える方法をとっているから、

   土地から離れたからといって、能力が使えなく

   なることはないのよ

透明「・・・・・ま、円らしいと言えばそれまでだけど

   通常は、その土地とのリンクを切るワケには

   いかないということか・・・。」

美莉「実際、ユマちゃんの師匠さんは、師匠さんの

   リンクしている土地で安全を確保しつつ

   鍵型魔法具を解放して、その土地とのリンクを

   ユマちゃんにさせるつもりだったみたいなの


透明「そ、そうなんだ

   でも、ユマちゃん、魔導書から出てきた霊子と

   契約しちゃったみたいだけど、大丈夫なの

美莉「さすがに、それは私でもわからない

   まったく円がついていながら

   何やってるのかしら


透明「す、すまん

美莉「まあ、透明は魔法に疎いから仕方ないよ

   魔法具の件も、ユマちゃんが勝手に持ち出した

   ものだし、私も、透明を利用しちゃったしね

透明「あっそ、そういえば

美莉「あははははっごめんね

透明「お前、能力強くなったんじゃないのか

   いくら油断していたとは言え、俺たち

   キョウダイにも能力が発動するなんて

美莉「違うのよこれよこれ

透明「何コレ

美莉「魔法具・トライデント サーペント

透明「・・・これって、まさか

美莉「昴の法具よ日本を離れるときに、

   私用の魔法具を作ってもらったの

   トライデント サーペントは、単純な私の能力

   3つのルートに分けることで、状況によって

   使い分けができるようにする法具なの

   まあ、詳しいことは昴にでも聞いてみて

透明「よ、よくわからんけどこの法具があれば、

   美莉は私達に能力を行使することができると

   いうことはわかったよ


美莉「まあ、条件が揃わないと無理だけどね

透明「以後、気をつけるよ

美莉「透明あれ視て

透明「



前方にとてつもなく禍々しい気が立ち上っている

確実に、円の家の方角だ

私達は、さらに車を飛ばす





          続く・・・。
   

     


昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・11

2014年11月03日(月) 8時00分
ほじほじ・・・。11



透明「はぁ〜・・・昨日は散々な目に

   あったな〜

   まあ、昨日は昨日今日も元気一杯

   頑張ってまいりましょ〜う


昨日の事は忘れて、今日も張り切る透明先生

順調に仕事をこなし、最後のお客さんが帰って行った・・・。



透明「はぁ〜〜〜〜〜っ今日も働いた〜〜〜っ

   さ〜てと、今日は何を食べて帰ろうかな〜


最近自炊もせずに、不健康極まりなし



カランカラン


透明「


い、今、確かに扉が開いた音が・・・幻聴じゃないよな〜

嫌な予感が・・・


私は、恐る恐る鑑定室の扉を開ける



透明「・・・・・・・・・・あれっ誰もいない

   はぁ〜びっくりし・・・・・・


ま、まずい・・・今、開けた扉の裏に何かいた・・・

前にもこんなことあったけど、今回はちょっと違うかも

正直、ここまでのプレッシャーは初めてだ

扉の裏を確認したくても、振り向くことができない



透明「・・・・・・・。」


気配と今の自分の現状を冷静に分析する透明先生・・・。

導き出される答えは・・・ひとつしかないか



透明「美莉お前いつ帰ってきたんだ


後ろを振り向くことなく、可能性としての問いかけをする



美莉「くすくすばれちゃった


身体がスッと軽くなる



透明「はぁ〜お前なぁ〜〜〜〜っ


美莉「ごめんごめん透明が鈍っていないか

   ちょっと、試しちゃった

透明「まったく

美莉「改めてただいま〜透明

透明「ああお帰りって言っても、すぐに戻るんだろ

美莉「うんユマちゃんのこと、ありがとうね

透明「まったく御陰でこっちは、多大な出費と労働を

   させられたぞ

美莉「あははははっや、やっぱり

透明「お前、計算済みだったろう

美莉「えへへっところで、そのユマちゃんは

透明「えっ昨日来て、円のところに置いて来ちゃったけど

   今日辺り、帰ったんじゃないのかな

美莉「・・・・・まずいわねぇ〜

透明「はぁ

美莉「ねぇユマちゃん、鍵型の魔法具もっていなかった

透明「ああ持ってたよ確か師匠さんにもらったって

   言ってたけど

美莉「確かに、あの子の師匠があの子にあげた

   モノなんだけど・・・

透明「・・・何だか、嫌な予感がするんだけど

   それが、どうかしたのか

美莉「あの、魔法具は少し特殊なものなの

   彼女がイッパシの魔女になったら、魔法具の解放

   して調整するはずだったものらしいのだけど・・・。

   師匠さんは、日本に行くときはおいて行けって

   言っておいたらしいの

透明「・・・・もし

美莉「

透明「も、もしその魔法具に主体となる使い魔を

   使役したとしたら、ど、どうなるのかな

美莉「そ、それはダメよ

   あの、魔法具はソロモンの鍵の模造品

   本物じゃなくても、中に入った使い魔は、

   単独でも、とてつもない力を得ることが

   できるようになっちゃうもの

透明「・・・・・・

美莉「ま、まさか


私は、急いで円に連絡をする


透明「・・・・・・プルルルルルル

   プルルルルルルル

   プルルルルルルル・・・・


   だ、ダメだ出ない

   プルルルルルルル

   プルルルルルルル

   プルルル
ガチャッ

   ま、円か

千鶴「に、にぃ様せんせ〜〜〜〜〜い

透明「ち、千鶴ちゃん

千鶴「に、にぃ様せんせいた、助けて

   ガチャップ〜ップ〜ッ

透明「ま、まずいやっぱり、何かあったみたいだ

美莉「透明円の家まで連れて行って

透明「わ、わかった



私達は、急いで円の家まで車を飛ばす・・・







                続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・10

2014年11月01日(土) 8時00分
ほじほじ・・・。10



 円「ユマちゃん召喚魔法って知ってる

ユマ「は、はいでも、実際には使ったことは

   無いです・・・

 円「うんうん知っているなら、大丈夫ね

透明「(知っているだけじゃ、ダメだろ〜〜〜っ

    って、何だか嫌な予感が
・・・)」

 円「ユマちゃんあの部屋に、小さいけど結構使える

   幽体がいるから、使役してみない

ユマ「えっ

 円「せっかく日本に来たんだから、お土産くらい

   持って帰りなよ

ユマ「わ、私にできるでしょうか

 円「大丈夫自信もってあんたなら、できるよ

   順番は、相手を捕捉して縛り付けて、魔力を注ぎ込む

   それと、魔法具と使い魔を連結させて、魔法具の中に

   使役する


   まあ、初めてだから補佐はつけるから安心して


・・・・もしかして、その補佐って


 円「透明出番よ

透明「出番よじゃな〜〜〜〜〜〜い

   何で、俺なの大体、そういうのって、

   魔法使いの領分でしょうが〜〜〜〜っ

 円「・・・・面白いから

透明「疑問系でサラッと言うな〜〜〜〜っ

 円「それに、ユマちゃんはアンタのお客さんでしょ

透明「うっ

 円「優しい、透明先生は最後まで面倒みるんじゃないの

透明「くっ

ユマ「と、透明・・・先生・・・お、お願いします

   私、魔法具をちゃんと使えるようになれれば

   きっと

透明「うっ・・・・・わ、わかったよ〜

   わかりましたよ〜やれば良いんでしょ

   やれば〜〜〜〜っ

千鶴「わ〜い面白そ〜う



外野は黙ってろ〜〜〜〜〜っ


そんな訳で・・・なし崩しに引き受けることになったが

私は魔法使いじゃないから、真面目によくわかんないんだけど



 円「それじゃ〜封印解くからしっかりね

ユマ「は、はい

透明「ちょ、ちょっとまてまだ、何も


バンッ


突然、奥の扉が開く


ユマ「き、来た

透明「は、早い


部屋の中では、光の帯のようなものが凄い早さで

飛び交っている


透明「ちょ、ちょっと待て

   何が何だかわからないぞ

ユマ「と、透明光の先端に何かいる

透明「


確かに、何かいる

光の帯の正体は、虫の様な何か

私は、冷静にそのものを追う


透明「・・・・妖精でも悪魔でもない・・・。

   霊子(れいし)の集合体ってところか・・・。」


光を追う目の端に何かがうつる


透明「お前ら、何でそんな優雅にお茶してるんだよ〜

 円「へっ悪い

千鶴「にぃ様せんせ〜い頑張って〜っ


く〜っ腹立つ〜〜〜っ

と、その時


透明「あた〜〜〜〜っ


突然、光の塊が私の額に直撃


透明「く〜〜〜〜っこ、こいつ

   いっちょまえに攻撃してくるのか〜


光は、何度も何度も、私だけを攻撃

な、なんで私だけ



透明「も〜〜〜〜っ腹立った〜〜〜〜〜っ


私は印を結ぶ


透明「オン


場の空気が変わる


透明「雷帝インドラ・タタガータ揺るぎなき縛する抱擁

   マユキライテイ・・・・



一瞬にして、光の塊が床に落ちる・・・


ユマ「す、凄い

   い、一体、何をしたの

透明「い、いいから、早く使役しちゃいなさい

ユマ「は、はい


ユマさんは、先ほどの鍵状魔法具を霊子に向ける・・・


ユマ「・・・わ、私の、使い魔になってくれる


何とも弱気なお願いの仕方

さっきまでの強気な魔女さんの姿は見受けられない・・・。


霊子「・・・・・・。」


霊子は、ユマさんの対応が気に入ったのか

鍵型の魔法具に吸い込まれてゆく・・・


 円「やったじゃないユマちゃんおめでとう

千鶴「わぁ〜パチパチパチパチ

透明「・・・(め、めでたくない)」


ボロボロで疲弊した占い師が一人・・・


透明「(まあ、これでお役ご免かな・・・。

    はぁ〜疲れた
)」


この後、どうなったかは知らないが、私は

魔女の集会から抜け出し、家路につく
・・・

そして、次の日・・・。





              続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

   


ほじほじ・・・。・9

2014年10月30日(木) 8時00分
ほじほじ・・・。




透明「・・・・・・それじゃ〜俺、帰るから


これ以上、難を背負いたくない私は円とユマさんを

車から降ろし、帰ろうとする・・・が・・・



透明「何で、こうなるんだよ〜〜〜〜っ


何故か、強制的に円の自宅へ拉致される・・・


千鶴「円せんせ〜いお帰りなさ〜い

透明「

千鶴「あれっにぃ様せんせ〜いどうしたんですか

透明「(うわ〜っ魔女が増殖した〜)」



絶体絶命を予感する透明先生・・・


 円「千鶴紹介するね

   こちら、ユマちゃんヨーロッパから来た

   魔法使いの卵ちゃんだよ

ユマ「は、はじめました



何を

・・・・また、噛んだよねぇ〜

この子は緊張すると噛む癖でもあるのか


まあ、この後、場の空気が和んだことは事実なのだが・・・。


円は千鶴ちゃんに今までの経緯を話す

千鶴ちゃんは、自分と同じ立場のユマさんに共感したのか

非常に嬉しそうだった


透明「ところで、千鶴ちゃん

   結構、遅い時間だけど、ここで何してたの

千鶴「えっへん私、最近小さい仕事を受けているんです

透明「えっマジで

千鶴「てへへっでも、まだ小間使い的な仕事ですけどね

透明「いやいやそれでも立派なことだよ

千鶴「わ〜い褒められちゃった〜

透明「それじゃ〜、今までここで仕事してたの

千鶴「はい

 円「そう言えば、仕事は終わったの

千鶴「そ、それが〜・・・

透明「

千鶴「ちょっと、失敗しちゃって

 円「失敗

千鶴「え〜っと自分では対処が難しかったので、

   部屋を封印して閉じこめてあります

 円「そうなんだ〜

透明「いやいやいやいや何だその軽いノリは〜

   閉じこめるってどういうこと

千鶴「え〜っと魔導書の整理と書き写しをしてたんですが、

   魔導書を書き写す際に、自然と呪文を口に出して

   いたみたいで
・・・。

   召喚しちゃいましたテヘッ

透明「・・・(テヘッじゃな〜〜〜い)」

 円「だったら、使い魔にしちゃえばいいじゃない

千鶴「う〜ん・・・実は、もう持ってる使い魔で・・・

   召喚したのは良いのですが、帰し方がいまいち

   わからなくて


 円「あははははっそうなんだ〜

千鶴「はい

透明「あははははっじゃないだろうどうするんだよ

 円「はぁ〜面倒だから、透明が帰しておいて

透明「お、お前いい加減に

 円「あっちょっと待った

透明「

 円「良いこと考えた〜

透明「


円は、話に圧倒されているユマさんの近くへ・・・。


 円「ユマちゃん魔法具持ってる

ユマ「は、はい


ユマさんは、さっき私に向けた小さい杖みたいなモノを

円に見せる・・・。


 円「へぇ〜鍵型の魔法具か〜

   珍しいねぇ〜

ユマ「私の師匠が、私の誕生日にくれたんです

   でも、まだ上手く使えなくて・・・

 円「そりゃ〜そうよだって、この魔法具には

   主格が入ってないもの

ユマ「主格

 円「そう力の源となるモノつまり、魔法具の

   性格や意思となる使い魔がいないってこと


   本当にタイミングがいいね〜

透明「円ま、まさか




次回!ユマさんに円からの試練が





              続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・8

2014年10月28日(火) 8時00分
ほじほじ・・・。



正論でコテンパンのユマさんは、

うつむいたまま、何も言えないみたいだ・・・


まったく円のヤツ

こっちがフォローすることを見越して

言いたいこと言いやがって



私は、ユマさんの側へ


透明「ユマさん大丈夫

   円の言うことは、きつく聞こえたかも

   しれないけどユマさんが本気で努力すれば

   きっと、立派な魔女になれると


ユマ「円様〜〜〜〜〜〜っ

透明「

ユマ「感動しました私のようなくだらない人間に

   こんなにも言葉をかけていただけるなんて

   私、円様のような魔女になりたいです

   いいえなってみせます


だぁ〜〜〜〜〜っこれだから、魔女って人種は〜

心配して損した〜〜〜〜〜っ

またもや、耳をほじほじ・・・ユマさんの言葉を

飲み込めない透明先生・・・



 円「わかればよろしい

   透〜明〜あんた、わかってるでしょうねぇ〜

透明「はい

 円「はいじゃないわよ

   あんた、私をだまし討ちしたんだからね

   それなりの報いは覚悟してるんでしょうねぇ〜

透明「あっ・・・・・そ、そうだ

   私、これから用があったんだ〜

   いや〜っ残念だな〜それじゃ〜円

   その話は、またの機会にじゃ〜

 円「まて〜〜〜〜〜っ

透明「ぐえっ


パーカーの襟を引っ張られ、アニメ描写の見本の様な

見事なくの字に折れ曲がる透明先生・・・


 円「透明〜お腹空いた

透明「へっ

 円「私の仕事料は、高いわよ〜っ

透明「ひぃ〜〜〜〜っ



美莉が直接、円に頼むのを拒んだ理由が見え隠れする・・・

私は、逃げられないように首根っこを押さえられたまま

一路、見た目結構ハイグレードなお店へ・・・



 円「さ〜っ食べるわよ〜ユマちゃんも遠慮しないで

   好きなモノ頼んでいいからね

ユマ「はいありがとうございます

   円様と食卓を共にできるなんて、夢みたいです


夢であってくれ〜っと心の中で願う透明先生・・・。


透明「っていうか何で意気投合してんだよ〜〜〜っ

 円「あんたバカぁ〜

   別に最初から仲違いなんてしてないじゃない

   ねぇ〜ユマちゃん

ユマ「はい円様〜っ

透明「・・・・・・本当に、魔女ってヤツは



この後、財布の中身がレシートだけになった私は

何故か、円の自宅兼仕事場へ二人を送るはめに・・・



次回3人目の魔女登場




 
              続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・7

2014年10月26日(日) 8時00分
ほじほじ・・・。



ユマさんが泣きやむまでの間、円は仕事の

後処理をしていた
・・・。


ユマ「ぐすっ・・・・

透明「(少し、落ち着いたかな)

   ねえ、ユマさん

   さっき、円に弟子にしてくれって言ったでしょ

   あれって、本気で言ったの

   もしかして、その為にワザワザヨーロッパから

   日本に来たのかな

ユマ「・・・・ううん・・・違うの・・・

   私・・・そう言うつもりじゃなかったの・・・。」

 円「それじゃ〜、どういうつもりだったの

ユマ「


仕事の後始末を終えた円が話に入ってくる


ユマ「・・・・・私・・・円様の魔法を視て・・・。」

 円「まあねぇ〜憧れるのは仕方ないわよねぇ〜

   超絶美少女魔法使いの円様の仕事を身近で

   視ちゃったんだから〜

透明「(・・・美少女って・・・

    でも、珍しいな〜自分が気に入らない時は

    どんな相手でも、容赦なく叩きのめすのが

    円のスタイルなのに・・・もしかして、

    気を使ってるのか
)」

ユマ「本当に、ごめんなさい

   円様のお姿を視たら・・・気持ちが高ぶって

   しまって・・・つい・・・

透明「(・・・・・あの〜その前にさっきの円の言葉には

   何の違和感も抱かなかったのでしょうか

   ・・・・・恐るべし魔法使いという人種
)」

 円「・・・・美莉には聞いてたけど

   それで、あなたは何をしにこんな国に来たわけ

透明「(こんな国って・・・)」

ユマ「・・・私、自分に自信が無くて・・・。

   日本人の血を引いているから、魔法が上手く

   使えないし
・・・

 円「・・・・・。」

ユマ「・・・悩んでいるとき、美莉さんに円様のこと

   聞いて・・・もし、円様と会うことができれば、

   私も少しは自信が

 円「ふざけるな

透明「

ユマ「

 円「はぁ〜いい迷惑よ

   私を自分の自信を取り戻すための材料にしないでくれる

透明「(うわっキツっ)」

ユマ「・・・・・・

 円「アンタが、どう想おうが知ったことじゃないけど、

   結局、自分の言い訳を探すためだけに、こんなへんぴな国

   来たわけ

   正直、呆れてモノが言えないわ

透明「(・・・・・辺鄙とか言うな〜〜〜〜

    それに、十分言いたいことを言っておりますが〜)」

ユマ「ぐすん・・・

 円「はぁ〜・・・まったく

   アンタは、自分が上手くいかないことの言い訳を

   作っているだけなんじゃないの


   日本人の血だから才能がないから自信がないから

   どれも自分を納得させるだけの言い訳

   自分が上手くいかないなんて言うのはねぇ〜

   結局、自分自身の問題なの

   言い訳をつけて良いのは、それなりの努力をした人だけ

   悩めるという時間がある

   言い訳を紡ぐ時間がある

   考えを纏めるために、こんな所まで来る時間がある

   それは、余裕のある人間にしかできないんじゃないかな

   アンタは、それだけでも十分幸せなんだよ

   何でもかんでも、人やモノのせいにできる

   そんなのは、甘えでしかないし、時間の無駄じゃない

   少なくとも、私はそんな甘い世界で生きてはいない

   そんな時間があるなら、少しでも今の自分を変える努力

   をして、スペルのひとつでも覚えた方が、よっぽど

   上手くなるわよ

   アンタの本気は、そんなものなの

   人間なんて、本気を出せば、いくらでも夢に

   近づくことぐらいできる

   そんな卑屈な自分を可愛がるくらいなら、魔法使いになる

   夢なんて捨てちゃいなよ

   その方が楽だし、自分を変えなくて済むんじゃないの

   自分を変えることから逃げて、言い訳を作るなら

   何も望む必要もないし、そのままで十分幸せじゃん

   少なくとも、私達は生きるために必死で、

   言い訳を考える時間もないし、暇もない


   そうよね透明

透明「(そこで振るか〜)」


私は、困った顔をしながら首を縦に振る・・・


 円「まあ、そういうことわかったら、とっととヨーロッパに

   帰りなさい


透明「(・・・円のヤツ相変わらずキツイな〜

   
    正論過ぎて、ユマさんも何も言えないだろうに・・・

 
    でも・・・やっぱり円のヤツ、ユマさんをここで

    育てている気がするんだけど
)」



・・・・・あっ

結局、今回は一言しか喋ってない






               続く・・・。







昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・6

2014年10月24日(金) 8時00分
ほじほじ・・・。



渋谷の外れ・・・。


透明「え〜っと・・・確か、ここらへん・・・

    あっいたいた

ユマ「あ、あの方が、円様

    貴方凄いじゃない何でわかったの

透明「もちろん占い師ですから


何故か、誇らしげな透明先生

しかし、円のヤツ、こちらに気がつかないくらい

珍しく真剣だな〜


円は、空き地の中央に立ち呪文を詠唱している



 円「デルゼ・バーゼ・・・ルクルス


辺りの空気は一転肌寒いくらいの温度の変化を

感じる


ユマ「す、凄い

透明「・・・そうかな〜

ユマ「えっ


円にしては、術が甘くないか

辺り空気は変わったが、それほどの浄化作用

感じない・・・。

と、その時

土地の真ん中から何かが飛び出す



 円「来た来た〜縛るよ〜ん


円の動きが活発になる

土地から飛び出した妖魔のようなモノは、

一瞬にして術に縛られ、もがき苦しんでいる


 円「くすくす早く楽になりたければ、

   私のモノになっちゃいなさ〜い


そう言うと、円の指輪に吸い込まれる妖魔

円は、ここに巣くった妖魔を自分の使い魔

しようとワザと術式を弱めておびき出していたようだ


 円「・・・誰っ

透明「やっと気がついた

 円「と、透明・・・と、いうことは・・・

ユマ「ま、ま、まどぅか様

円&透明「・・・・・・。」


噛んだよね・・・


 円「ぷっあははははははははっ

透明「ま、円そんなに、ぷっ笑っちゃ


ユマさん、顔真っ赤っか


ユマ「円様私をで、弟子にしてくださいいいい

透明「

 円「



私も、円も耳をほじほじ

再度、聞き直す・・・。


透明「で、弟子って言った

ユマ「はい

 円「・・・・・パ〜ス

ユマ「

透明「は、早っま、円少しぐらい話を

 円「何言っているのこの子、既に師匠が

   いるでしょ

   アンタ、私達の師匠を簡単に裏切れる

透明「

 円「この子は、そう言うことを平気で言ってるんだよ

透明「・・・・・・。」

ユマ「あっ・・・・ご、ごめんなさい・・・。

   でも・・・私・・・ぐすっ・・・



あ〜あっ泣いちゃった・・・

でも、確かに今の言葉は良くないかな


私達は、ユマさんが泣きやむのを待っていた・・・。





             続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・5

2014年10月22日(水) 8時00分
ほじほじ・・・。



透明「・・・・・・ユマさん

ユマ「

透明「これから、私、本気を出しますので

   よろしくお願いします

ユマ「は、はあ


木人図アクセス

円の木人図に侵入し、円の動きを探ります



透明「・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・20時に渋谷で仕事か

ユマ「

透明「ユマさん今日は、時間ありますか

ユマ「え、ええあるわよ

透明「それでは、今日の19時にここに戻って

   来てくれますか

   アナタが会いたがっている人物に

   会わせて差し上げましょう


ユマ「ほ、本当にわ、わかったわ

   19時にここね

透明「はい・・・・ふふふふふっ


(何だか、悪魔的な笑いなんですけど・・・)


この後、鑑定を一通り終えた私は、ユマさんと

待ち合わせをし、一路、魔法使いの仕事現場へ



渋谷へ向かう途中・・・。


透明「ユマさんは、何故、円に会いたいんですか

ユマ「えっそ、それは・・・

透明「

ユマ「・・・絶対に、円様には言わないでくれる

透明「えっは、はい・・・

ユマ「私は、師匠の元で3年以上修行をしているの・・・。

    でも・・・

透明「・・・・・。」

ユマ「はぁ〜まあ、簡単に言えば落ちこぼれなのよ私は

   周りからは、私が日本人の血をもっているから

   ダメなんだって・・・。」

透明「なるほど・・・。」

ユマ「でも美莉さんに聞いたの

    生粋の日本人で、世界でも屈指の魔法使いがいるって

    だから私は・・・。」

透明「(・・・美莉のヤツ、余計なことを

    美莉はこの子を元気づける為に言ったのかもしれないが、

    確かに、日本人の血は魔法との相性があまり良くない

    魔法は通常の呪術と反比例する力を媒体とするから、

    日本人が得意な、呪術系術者は育ちやすくても、

    魔法使いは育ちにくい
・・・。)」


円がこの話を美莉から聞いていて知っていたとしたら、

避けたくなる気持ちもわからでもないか・・・。


でも

円の困る顔を拝めるなら、行っちゃうモンねぇ〜



次回円の仕事現場に潜入




             続く・・・。







昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・4

2014年10月20日(月) 8時00分
ほじほじ・・・。



ユマ「ねえ貴方

透明「はい

ユマ「貴方、美莉さんの知り合いなんでしょ

透明「そ、そうですけろ


あっやべっ噛んじゃった


ユマ「ぷっけろけろだって

   あははははははははっ


よ、喜んでくれて、光栄です


透明「と、ところで、ユマさんは美莉と

    どういったご関係なんですか

ユマ「私の師匠と美莉さんが友達なのよ

透明「師匠

ユマ「そう私の魔法の先生

透明「


私は、耳をほじほじしながら聞き返す


透明「ま、魔法ですか

ユマ「そうよ


驚いた出で立ちから、単なるコスプレーヤー

とばかり思っていたけど、この子本当に魔法使いの卵なんだ

確かに、ヨーロッパは魔法の本場だけど・・・。

ただのオタクとばかり


透明「で、でも、ユマさん日本人ですよね

ユマ「違うわよ

   産まれも育ちも国籍もあっちよ

   たまたま、父も母も日本人なだけ

透明「も、もしかしてなんですけど・・・

   ユマさんの探している人って、

   魔法使いとか・・・

ユマ「そうよ貴方、何か知っているの


や、やばい

何だか、とんでも無いことになってきた

まさか、この子が探しているのって・・・

さっき、ユマさんが言っていた言葉を思い返してみる



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


ユマ「その方は、崇高な使命を持ち、この世を

    浄化する為、日々この国を奔走されている方

    世界を救うべく存在するただ唯一の絶対的な光なの
  
    貴方に、わかるかしら



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


・・・完全に円のプロフィール的な文言だ

世界征服という夢を体の良い言葉で言うと、

こうなるのね・・・



ユマ「答えなさい日本屈指の魔法使い

   円様の居場所を



ユマさんは、何だかわからないけど、変な杖の小さい版

みたいなのを、こちらに向けている・・・。


透明「(・・・どうして、魔法使いという輩は、

    こんなのばっかりなんだ
・・・)」



私は、徐ろに携帯電話を取り出す・・・


ぴっ・・・・ぷるるるるぷるるるるガチャ


 円「はいは〜いアナタのアイドル

    円ちゃんだよ〜〜〜っ



一瞬、切ろうとボタンに手をかけたが、思いとどまる


透明「おい円くん

   お前にお客さんがきてるぞ

 円「はい

透明「ヨーロッパから、ワザワザお前に会いに

   きたらしいんだけど、回収にきてくれるか

 円「・・・・あんたのその口調からすると、

   いかにも、面倒な予感しかしないんですけど


ちっ変な感が働きやがって


透明「そ、そんなこと無いぞ

   お前を崇拝しているみたいだぞ

   それに、その子、美莉から


プツンプーップーッ


透明「・・・・・アイツ



円の態度からして、何か知っているな





次回、円を引っ張りだします





            続く・・・。







昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・3

2014年10月18日(土) 8時00分
ほじほじ・・・。


何だか、いつもと違う空気

鑑定室に流れている・・・



透明「え〜っとユマさんは、

    何をされている方なんですか


あっやばい

思わず口に出ちゃったよ

キャラ的に、確実に返ってくる言葉

わかっていたはずなのに・・・


ユマ「貴方そんなこともわからないで

    占い師をしているのかしら

    その程度なら、看板外した方がよくってよ


やっぱり・・・

看板出してないんだけどと心の中で

思っては見たもののさて、この不思議な物体

どう扱って良いのか、未だに迷う透明先生・・・


ユマ「もういいわところで、貴方

    先ほど、何を視るか聞いていたけど、

    私が今日ここに来たのは、ある人物を

    探すためにワザワザ遠方から来たのよ


透明「(・・・人捜し)」

ユマ「その方は、崇高な使命を持ち、この世を

    浄化する為、日々この国を奔走されている方

    世界を救うべく存在するただ唯一の絶対的な光なの

  
    貴方に、わかるかしら

透明「(・・・おいおいその質の低いナゾナゾは

     何なのですか
)

     さ、さ〜ぁそれは、どなたでしょうか

ユマ「ふん


あ〜あっ、また馬鹿にされちゃったよ

でも、この子の言っている人って誰だろう

興味はあるけど、聞いたら一生後悔しそうな

気もする・・・


ユマ「まったくここが、とんでも無く当たる

    占い師がいると紹介されてきたのだけど、

    間違いだったみたいね

    それに、貴方占い師ならもっと

    それらしい格好をしたらどうなの


・・・パーカージーンズの占い師で〜す

って格好から入れってか

非道い言われようだな〜

そう言えば、この子、誰からの紹介だったっけ

予約表の紹介欄をおもむろに見る私・・・



透明「

    (こ、この子、美莉からの紹介者)」



美莉は、私達キョウダイの一人

彼女は、特殊すぎる能力があるため、

今は、日本にはいない・・・。


透明「(確か、美莉のヤツ、今、ヨーロッパに

    いるはずだよな〜

    ということは、この子もヨーロッパから

    ワザワザ来たってこと

    ちょ、ちょっと待てよ

    確かに、美莉から先月連絡が来たけど、

    鑑定の予約なんて、頼まれてなかったぞ


    ・・・・・まさか、あいつ

    能力使って、私をハメタな〜〜〜っ)」


もともと、美莉の能力は私達キョウダイには

通用しなかったはずなのに・・・

油断していたとはいえ、私に能力を使うなんて

あいつ、能力あげたってことか

そんなことを考えながらも、透明先生、ご立腹

しかし、そうなると益々、この子と関わると

問題が拡大しそうな気が・・・


ユマ「はぁ〜・・・また、ハズレか〜

   いつになったら、会えるのかしら




次回

ユマさんの正体が明らかに・・・。




  
           続く・・・。




   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。・2

2014年10月16日(木) 8時00分
ほじほじ・・・。




透明「・・・・・


一瞬、扉を閉めようとする私・・・

私の目の前にいたのは、黒いマントに

黒い三角帽子を深くかぶった女性
・・・


透明「・・・・・・・。

   (魔女・・・ですか

    っと言うことは、円ですか
)」

「・・・・・・・・

透明「(あれっ違う・・・円じゃない

   もしかして、千鶴ちゃん

   ・・・・・・でもない・・・
。)」

「ふ〜ん・・・私を見ても動じないなんて

   なかなかヤルじゃない

透明「(いいえ・・・十分、動揺していますが

   ・・・・って、あなた誰
)」

そろそろ、中に通してもらえるかしら

透明「あっすみませんどうぞどうぞ


私は、何だか正体の掴めない女性を、鑑定室に

案内する・・・



透明「え〜っと、初めましてですよね

   私、透明と言いますよろしくお願いしますね

   確か、お名前が・・・佐木宮 俊子さんでしたよね

ユマ「いいえ私の本当の名前は、デンベルグ・ユマレス

透明「デ、デンべ・・・

ユマ「ユマと呼んで頂戴

透明「は、はあ・・・と、ところでユマさん

   今日は、何を視ましょうか

ユマ「そうねぇ〜それなら、私のインナースペースに

   どれほどの高次元エネルギーが蓄積されているか

   視てもらおうかしら


透明「こ、高次元エネルギーですか

ユマ「そうよ視られないのかしら



う〜〜〜〜っ

なんだか、厄介なのにつかまったみたいだぞ

この子、一見するとまだ若いけど、コスプレーヤーか

何かなのか







           続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

ほじほじ・・・。

2014年10月14日(火) 8時00分
ほじほじ・・・。




透明「ふぁ〜〜〜〜〜〜っ

   ・・・・ねむい・・・・


みなさ〜んおはようございま〜す

最近、徹夜仕事が続き、常に眠い透明です


透明「・・・・・・・・・・・。

   ・・・・・はっこんな時間

   急がなきゃ

   バタバタ・・・ガツン

   あうっ



鑑定86


騒がしい魔女  



透明「ハァハァハァハァ・・・何とか間に合った


急いで鑑定室に入り、鑑定の準備をする透明


透明「確か、今日だったよな〜


予定表をのぞき込み、予約の確認をする・・・。

今日は、確か初めてのお客さんが来る予定だったはず



カランカラン


透明「おっとギリギリセーフ

   丁度、いらっしゃったぞ

   (出だしから、先生遅刻じゃしゃれにならないもんな〜)」


鑑定室のドアを開けて、お客さんを出迎える


透明「こんにちは〜いらっ・・・しゃ・・・。」


透明の時間がフリーズ・・・


透明先生の目の前にいた人物とは






              続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月 別☆アーカイブ