下は大火事 上は大水 な〜んだ?・7

2013年06月07日(金) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ・7





透明「秩父霊場四番札所・・・

    着いた〜〜〜〜っ


透明先生、目的地に到着

ボロボロになりながら気脈の最終地点へ


透明「はぁ〜到着いたしました

   後は、ここの龍脈を正して

   水気を正常化いたしますね



お寺の前に座す美しい慈母観音像

私は彼女に話しかけ、お寺にある龍穴に

手をそえる



透明「・・・万物を司る宿曜二十七・・・・

   放させ包せ・・・胃宿(いしゅく)・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・


   さ〜てはじめようか



この長い道のり、気脈の出所から連綿と歩いた

道すがら天と地をつなぐ宿曜をもした楔をたぐり

龍脈に起きた不幸を打開する




透明「我、万物を司る大いなる仏尊の加護をえて

    結いとなる脈を触れる者なり

    宿曜二十七の楔を還し昴宿・翼宿・斗宿を

    弦とし、宿を五分と小する、これ正に縮小なり


    火は風に交いし水をたたえ敬うものなり

    オンサ・レンサ・バクサ・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
。」



詠唱から、30分・・・



透明「これにて詞舞とすキャロミ

    パンパンパン

    ・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・よし終了〜〜〜っ

    ひえ〜っつ、疲れた〜〜〜〜っ



今日のお使い終了

今回、慈母観音様から夢見で啓示を受けたのは、

今、全世界で起きている異変によるものが大きい

ようです


通常気脈というものは、五元素からなることは

パワースポットでもお話したと思います

その中でも、気脈というものは二層に分かれていて

上層と下層で気脈の種類が違います


通常は上層が水の気を司る気脈だとすれば、

下層は、それと相性の良い空や風の脈が入っている

ものが大半で、ここに上層と同じ水の気脈が入って

くると、水気の強いパワースポットとなりえる

ワケなのですが
・・・

最近の地震や地殻変動により、通常ではあっては

ならない現象が各地で確認っされています

それは、上層の気脈に対し相反する気脈が下層に

流れ込んできてしまう現象


今回は、上層が水気下層が火気という状態と

なっていて、このまま気脈を放っておけば、

その土地に何が起こるかわからないのが現実です


そこで、気脈の尾っぽを辿り、楔を配し長い距離で

気脈ごと縮小・拡大・ルート変更しなければならない

ということが起こるわけです

(仏様のご助力がなければ、到底できませんが・・・)

私のように仏様から直接依頼を受けることは希ですが

今、その流れを正そうとしている動きがあるので、

(あまり詳しくかけないので、質問は勘弁ね)

皆さんが怖がる必要は無いですからね


さてさて、長くなってしまいましたが、この珍道中も

終わりをむかえ・・・




透明「慈母様終了いたしました

   よっこらしょっ

   あっおにぎり〜っ


私は、お婆さんに頂いた残りのおにぎりを1つ

観音様にお供えしもう一つを口に頬張った

優しさのつまったおにぎりに癒されながら

昔のことを思い出す
・・・。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜



学生時代の私は、力が安定せず色々なことに頭を

めぐらせていた・・・。

そんなとき、師匠の薦めもあって秩父の札所を巡り

力とは何か神様や仏様と世界のかかわり

人とは一体何なのかなど、生意気にも哲学者気取りで

札所を訪れていた

そんなとき、この四番札所で慈母観音様に出会うことになる

私は、この観音様のお顔を拝見したとき、

何故だか心が救われて行くことに気づき

観音様と約束をする・・・。



透明「観音様私はこの力を憂うことを止めにします

   そのかわり、どうかこの力が沢山の人を救える

   力になるように、見守っていてください

   そのかわり、観音様が困ることがあったら

   自分は全力でお手伝いしますからね



若い願いと約束・・・。



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜



透明「慈母様約束果たせましたかね

   なかなか、来られませんでしたが、今回慈母様に

   お目通りできたこと、凄く嬉しいです

   また来ますね


優しい面持ちの慈母観音像に再会の約束をし、

私は東京へ帰るためバス停へ
・・・・。



透明「・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・

   ・・・・・・・あ、あれっ

   もうこの時間、バスが無い

   と、言うことは・・・・・・・



またまた、交通機関まで長い道のりを彷徨う

透明先生なのでした
・・・・










                 






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



下は大火事 上は大水 な〜んだ?・6

2013年06月05日(水) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ・6





透明「・・・万物を司る宿曜二十七・・・・

   放させ包せ・・・室宿(しつしゅく)・・・


   はぁ〜後、もう少し




時間は、16:40

歩きに歩いた道のりも、後10キロに満たない

ところまできました〜

しかし、疲れた〜


透明「あれなんだ


前方、100メートルに人だかり

少し気になる・・・でも


透明歩けばトラブルに巻き込まれる


最近の自分の格言を自分に言い聞かせながら

その人だかりを避けて通り過ぎる・・・




誰か、助けてください

   救急車を呼んで〜〜〜っ

透明「


人混みから聞こえてくる声に条件反射

してしまった私は、いつの間にか人混みを

かき分けて入っていた

私って・・・



透明「どうしました

母親「息子が、息子が落ちて


息子が落ちた

でも、ここには家もビルも無い・・・。

しかし、お母さんに抱えられた子供は

意識を失っているようだ


透明「お母さん落ち着いて

   何があったんですか

母親「息子が、自転車から突然落ちて

   頭を打ったみたいで

   意識が無いんです

透明「すみません誰か救急車は


ザワザワ・・・。」「誰か呼んでなかったか

さっき、誰か呼んでたような気が・・・。」


マズイ皆、お母さんの叫び声に圧倒されて

集団パニック状態だ



透明「すみません、そこの男性の方

   もう一度、救急車を呼んでくれませんか


は、はい


透明「お母さん息子さんの頭見せてもらって

   いいですか

母親「は、はい



私は、息子の頭をあまり揺らさないように

軽く撫でる・・・



透明「(外傷は無い・・・鬱血もしてないようだ

   後は・・・・・
。)」


能力解放

子供の脳波を探る・・・。



透明「・・・・・なるほど



どうやら軽い脳しんとうのようだ

私はすかさず子供の後ろへ回り込む・・・。



透明「(頸椎と背骨の位置を合わせて

    肋骨を広げるように・・・
。)

   ・・・ほっ

子供「げほげほっ・・・きょとん

母親「

透明「こんにちは、ボクお名前は

子供「・・・ゆうた

透明「いくつかな

子供「5歳

母親「雄太


お母さんは、必死に息子を抱きしめる


透明「お母さん

   まだ、あまり揺らしちゃダメですよ

   多分、軽い脳しんとうだと思いますが、

   一応、救急車に乗って病院で見てもらって

   ください

母親「ありがとうございますありがとうございます

透明「それと雄太くんを座らせた状態で、少し起こして

   おいてくださいね

母親「は、はい



人にお礼を言われるのがちょっと苦手な私は

私は、お母さんが雄太くんを座らせている間に

人混みをそっと抜け、少し早足で歩き出した
・・・。



遠くから救急車の音が聞こえてくる


安心した私は、時間を巻き戻すように

先を急いだ・・・





師匠から教わったことが意外なところで

役に立つ


医学整体人体波形・・・。

拳法を教わって得た知識は、人体構成に

非常に役に立つ


師匠がよく言っていたことを思い出す


経験は、かけがえのない財産

 どんなことでも、学び得ることは

 時として、色々なものに役に立つものだよ



私は、青い空の下

師匠の言葉を噛みしめていた




目的地まで、後、8キロ


透明「今回は、全然進めなかった〜〜〜っ




 
                続く・・・。






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

下は大火事 上は大水 な〜んだ?・5

2013年06月03日(月) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ・5





透明「・・・この先危険ね〜

   確かに


先ほどの一件以来、何事もなく軽快に

歩みを進めていた私は、霊達のアドバイスを

忘れ、意気揚々と歩いていた


しかし、下りの最終地点、思いもよらない

光景
が行く手を遮る

山の中、国道からかなり離れた場所に少し広い

誰にも手を入れられた形跡がない場所に

巨大なモノが横たわっていた
・・・。


透明「・・・・これって、生き物

「・・・・・・。」

透明「動かないけど

   ・・・・・う〜ん、通り抜けるの

   危険かな


ちょっと、立ち往生

巨大なそのものは、ゆうに10メートル

以上はある


毛も長く、こちらからは顔も視えない

私は、声を掛けるべきか掛けないべきか

悩みながらその巨体を眺めていた・・・。



透明「・・・・・・

「・・・・・・。」

透明「・・・・・・

・・・名は

透明「ビクッと、透明です


し、しまったあまりの声の大きさに

気をのまれて名前言っちゃったよ



透明「あ、あの〜もしかして・・・

山主「わしは、この山の主格だね


だね


透明「それは失礼を・・・私は、透明と申す

   修験者です

   山主様におかれましては、ご機嫌麗しく

山主「う〜む〜・・・なにゆえここにきだね


だ、だね


透明「はい、先日より夢見にてお告げを頂き

   気脈を辿りここへ導かれた所存にございます

山主「ふ〜む〜・・・山鳴りがするだね・・・。」

透明「

山主「最近、山鳴りが止まらぬだね・・・そのためか

透明「はかりかねますが・・・多分・・・。」

山主「・・・ゆるそう



そういうと、山主はス〜ッと姿を消した



透明「は〜ぁ〜びっくりした

   山主とは会ったことはあるけど、色々な方が

   いるんだな〜

   ・・・・・・・・・・・だね・・・・(ちょっと気に入っちゃった)

   ま、まあでも、これで聖域となっている場所にも

   入る許可が出たし、心おきなく通れる




日本には、山々各所に山主が存在する

その正体は、土地の有力な神々の使いとされ、

色々な姿形をしている・・・。

さすがに、ここまで大きな山主に出会うことは

はじめてだったが、山主はもともと温厚で、

山や自然を穢す者以外には何もしない
・・・。

妖精とも霊とも違う不思議な存在

しかし、山主がいてくれるということは、

日本にはまだまだ、穢れを知らぬ土地があると

いうことだ

また、何かの機会に山主のことはお話しようと

思いますが、神に護られた日本という国

ならではの出会いに少し胸がトキメク透明でした




目的地まで、後、18キロ





 
         続く・・・。









おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

下は大火事 上は大水 な〜んだ?・4

2013年06月01日(土) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ・4




時間は、14:30分


透明「・・・万物を司る宿曜二十七・・・・

   放させ包せ・・・底宿(ていしゅく)・・・


   ふ〜っ13個目、後半分


ご飯を食べ、復活した私は足取りも軽く

目的地へと歩いていた

途中長い上り坂が体力を奪うが、

何とか峠を越えて下りに差し掛かる



透明「はぁ〜ここからは下り坂だ〜

   取り敢えず一息つこう・・・。」


私は、近くにある岩に腰を下ろし、先ほど

購入したお茶をゴクゴクと飲み干す


み・・・・・ず・・・・。」


透明「


み・・・ず・・・・・。」



いや〜な予感・・・


透明「ゾクッ


一瞬にして辺りが暗くなる

太陽が分厚い雲に飲み込まれ、まさに出るには

うってつけの条件が揃っていた



み・・・ず・・・・。」

み・・・・・ず・・・。」

うう・・・・・っ・・・・。」


透明「(・・・1、2、3、4、5人か)」



突然、背中がズッシリと重くなる

私は、なるべく相手にしないようにするため

無視を決め込むのだが・・・。


霊A「いっしょに・・・・。」

霊B「・・・・こっちに・・・こい・・・。」

霊C「・・・みず・・・みずをくれ〜・・・。」

霊D「・・・・・・うううっ・・・・・。」

霊E「いたい・・・いたいぃぃぃっ・・・・。」


透明「・・・・・・・。」



う〜ん・・・さっきから無視し続けてるのに

目の前に顔をだしたり、身体を揺さぶろうと

したり、気づかれるように必死


私は、このテのことはしょっちゅうなので

慣れているが、この子達はかなりシツコイ

本来は寄ってくる子を全て相手してしまうと、こちらが

おかしくなってしまう
ので、極力相手はしないのだが・・・。



霊A「・・・おいこいつキヅカナイぞ

霊B「・・・ねてんのか

霊C「・・・みず・・・くれないかな

霊D「なんで・・・キヅカナイの

霊E「どんかんなんじゃない・・・いたたっ・・・。」

透明「・・・・・イラッ・・・ブツブツ・・・。」

霊B「・・・なんでカラダにはいれないんだ

霊E「いたたっ・・・すきまがナイね

霊A「なんか・・・ハラたつ

霊D「・・・ブツブツいってるけど・・・。」

霊C「あたま・・・おかしいんじゃないの


透明「ブチッ

   喝〜〜〜〜〜っ


全霊「ヒッ


透明「さっきから黙って聞いてれば

   言いたいこと言いまくって

   そこへ直れ〜〜〜っ

全霊「は、はい

霊A「で、でも、からだうごかない・・・

霊D「なんでなんで


透明「ワザとそうしたの

   視たところ全員若いけど、なんでこんな

   山の中にいるの

霊B「えっ・・・おれはバイクで・・・。」

霊E「おれは、トウゲをせめてて・・・。」

透明「なるほど皆、走り屋ってことね

   事故って亡くなって、土地に縛られたってことか

   それで

霊D「そ、それで

透明「仲間でも増やそうとしてるわけ

霊C「いやいやいやいやそういうわけでは・・・

透明「じゃあ、どういうわけ

霊A「だれかに・・・キヅイてもらいたくて・・・

透明「そっかそれじゃ〜、罪を犯してはいないんだね

霊B「ツミ

透明「君たちのせいで、誰かが亡くなったりしたことは

   ないんだよね

霊D「とんでもないそんなことしませんよ

透明「わかった信じるよ

霊A「えっしんじてくれるの

透明「うんだって、してないんでしょ

霊C「・・・してないけど・・・。」

霊E「いたたっ・・・いたずらは

   いたずらはしたけど・・・・
。」

透明「どんな

霊B「カラダにはいって、おどかしたり・・・。」

透明「う〜ん、あまり良くないことだけど

   その程度なら許される範囲かな

霊E「ゆるされる

透明「そう今から、君たちをちゃんと成仏させて

   あげるのに、罪が大きいと送れないことも

   あるからね

霊D「そ、そんなことできるの

透明「君たちが望むなら

全霊「・・・・・・・・。」

透明「どうする

全霊「オネガイシマス

透明「OKそれじゃ〜、ここに手をついて


私は、先ほど座っていた岩を媒体に、持っていた

水を周囲に振りかけ、先ほどお婆さんから

頂いたおにぎりをひとつ供えて印を結ぶ



透明「オンアボキャベイロシャノウ・・・・。」


媒体となった岩は、簡易的な墓石となり

霊道をつなぐ・・・その道を通り5人の霊は

導かれるように歩み出した


霊A「ありがとう・・・

霊B「・・・でも、きをつけて・・・

霊D「このさき、きけんだよ

霊E「うかいしたほうがいいよ・・・

霊C「おにいさんほんとうにありがとう


5人の若い霊は、私に手を合わせ礼を尽くして

あの世へ旅立った



透明「う、う〜〜〜〜ん・・・この先、危険って

   そう言われても、迂回できないし・・・



私は、霊達の最後の言葉が気になりつつ

一路、秩父へ足を進めた




目的にまで、後、26キロ






          続く・・・。








おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

下は大火事 上は大水 な〜んだ?・3

2013年05月30日(木) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ・3





大宮駅を出て4時間半何かを探しながら

進む透明は、道なき道を進むこともしばしばあり、

徐々に歩くスピードも遅くなる


時刻は、11時30分



透明「ああ〜〜〜っまた、こっちに迂回するの〜

   一体いつになったら目的に着くんだ〜

   しかし・・・グゥ〜ッ・・・お腹空いた〜


朝から何も食べていない私は、腹ぺこで力が入らない



透明「くんくん・・・おっ


犬か


透明「おお〜〜っラッキ〜ッ

   定食屋さん発見ピュ〜〜〜ン


さっきのダラダラ歩いていたのは一体・・・



透明「こんにちは〜


山道に差し掛かる手前に、昔ながらの暖簾を掛けた

小さな定食屋さんがあった

私は、早速席へつく


お婆さん「ごほごほっいらっしゃい何にするかい

透明「それじゃ〜、焼き魚定食納豆つけてください

お婆さん「はいはい


お婆さんはゆっくりと厨房へ入り、奥の板前さんに

注文を伝える・・・。


それから10分・・・


お婆さん「ごほっお待たせしたね焼き肉定食キンピラ

透明「えっ・・・は、はいいただきます


何事も平常心

せっかく作っていただいたんだありがたく頂こう


お婆さん「ところで、お客さん

     ここら辺じゃ見ないお人だね〜

     旅行か何かかい

透明「はい少し、用事があって、このまま国道299号を

   秩父まで行きます

お婆さん「車かい

透明「いいえ歩いてです

お婆さん「歩いてかいこほこほっそりゃ〜大変だ〜

     百観音巡りかい

透明「そういうワケではないのですが

お婆さん「そうかい、そうかい今時珍しいね〜

     昔は、よく歩いてまわる人もいたけど、

     最近ではメッキリ少なくなったからね〜

透明「あははっ・・・

お婆さん「そうだちょっと待ってなさい



そういうと、厨房の奥へ入るお婆さん・・・。

しばらくして



透明「ごちそうさまでしたいや〜っ食った食った

お婆さん「あんた、これ持って行きなさい

透明「えっ

お婆さん「長い旅には欠かせないだろ

      ごほっ少ないけど、もって行きなさい


なんだか、ほわっと気持ちが温かくなる


透明「ありがとうございます遠慮なくいただきます


ニコニコしたお婆さんは、持ちやすいように

おにぎりを包んでくれた


お婆さん「気をつけて行ってらっしゃい

透明「ありがとうございます

   いってきま〜す


そう言うと、私はお店を出る瞬間、鴨居を握りしめる


透明「(オンバサラ・・・・・・アビラウンケン)」


実は、このお店に入った時に気づいていたのだが、

店の奥にかなりの邪気が溜まってる

何が原因かはわからないが、多分、そのせいで

お婆さんの体調も良くないように感じていた

私は、おにぎりのお礼にお店に呪をほどこし

邪気を祓い店を後にした・・・



透明「は〜〜〜っ生き返った〜

   さ〜て、頑張りましょうか〜



目的地まで後、38キロ





            続く・・・。







おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

下は大火事 上は大水 な〜んだ?・2

2013年05月28日(火) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ・2





大宮駅から歩いて2時間

ただ今9時30分



透明「・・・・・はぁ〜

   何で休みの日にこんなことしてる

   んだろう



少し急ぎ足で旅路を進ませる・・・。



透明「んっ


ふと何かを感じ、前を視る


犬「ワンワン

透明「ウヲッびっくりした〜

   どうしたのこんなところで


周りは人っ子一人いない・・・。



透明「・・・ポンそうだ

   ワンちゃん名前は

イチ「ボク、イチ

透明「それじゃ〜イチ

   もし良ければ、旅のお供をしてくれない

   さすがに、これから60キロの道を

   探しながら歩くのもヒマだからさ

イチ「・・・どこいくの

透明「秩父ってところだよ

イチ「ちち・・ぶ・・

透明「まあ、細かいことは置いておいて

   もし、ついてきてくれらたら、ちゃんと

   迷わないように送ってあげるよ

イチ「うんちちぶイク



どうやら、この道のどこかで亡くなった子みたいだ

私は、ちょうど旅路をもてあましていたので、

イチを話相手に一路、秩父へ





バサバサ


透明「

イチ「・・・ワン

透明「へっ


いきなり頭が重くなる・・・



透明「ちょ、ちょっと頭に乗らないで



よ〜く視ると、1羽のカラスが私の頭の上で

とまっているもちろん、この子も霊のようだ



透明「あの〜っ

カラス「なんだニンゲン

透明「(この子は、飼われていないだろうから

   名前はなさそうだな・・・)

   いくら霊体でも、こっちは感覚視で

   重さを感じるんだけど


カラス「ちぇっうるさいニンゲンだな

透明「せ、せめて、肩にしてくれない

カラス「わかったよ


そういうと、カラスは私の左肩へ・・・。


カラス「ところで、ニンゲン

    どこにイク

透明「秩父だよ

カラス「・・・どこだソレ

透明「まあ、人間が勝手につけた地名だからね

カラス「おもしろそうだオレもイク

透明「・・・・・・



え〜っと、次はサルですか 

犬と鳥と人間の一行は色々な話をしながら

進んで行く・・・



透明「あった

イチ「

カラス「

透明「ちょっと待っててね


私は、道ばたにおかれた石に駆け寄り呪を施


透明「・・・万物を司る宿曜二十七・・・・

   放させ包せ・・・井宿(せいしゅく)・・・


   ふ〜っ5つ目OK

   ごめんねお待たせ〜っ

イチ「・・・・・

カラス「・・・・・

透明「・・・どうしたの

イチ「イチ・・・イケナイ・・・。」

カラス「どうやら、ここまでみたいだな

透明「・・・・あっそっか

   ここで神の宮の域が切れるんだ


実は、霊にも行ける範囲がある

それは、亡くなった場所に未だ身体が残って

いる場合だ


身体自体は生きている場合や亡骸が処理されて

いる場合は行ける範囲に指定はないのだが、

この場合、亡くなった場所をおさめる神域から

出ることはできない
・・・。




イチ「ごめんね・・・

カラス「ニンゲンげんきでな

透明「うんありがとうそれじゃ〜、二人とも

   お礼に良いところへ送ってあげる


私は、二人の霊を鎮め霊界へと導く・・・
   


透明「・・・・・あ〜あ、また独りぼっちか

   仕方がないとにかく終わらせなくちゃ



旅路に別れはつきもの

ちょっと、切なくなる透明なのでした・・・


目的地まで後、55キロ





              続く・・・。








おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

下は大火事 上は大水 な〜んだ?

2013年05月26日(日) 8時00分
下は大火事上は大水な〜んだ



透明「う〜ん・・・・・ううっ・・・

   ・・・・・・・・・ガバッ

   はあはあはあはあっ・・・


おはようございま〜す透明です

最近、うなされてばかり

それも全て同じ夢で起こされる



透明「も〜〜〜〜っ

   全然疲れ取れないよ〜〜〜〜っ

   わかったよ〜わかりました

   いけば良いんでしょ行けば


朝から大荒れの模様・・・

そんなわけで

本日、オフの日

朝、5時に夢で起こされ支度開始

急いで電車に乗り一路、埼玉県大宮駅へ


おおみや〜〜おおみや〜〜〜

 お忘れ物をなさいませんように・・・。」



透明「ふあ〜〜〜っさてと、探さなくちゃ

   しかし、懐かしいな〜よく学生の時は

   来たけど、もう15年くらい来てないな〜


昔を懐かしみながら一路、目的の場所へ・・・


透明「・・・確か、ここら辺からだったような

   ・・・あった

   よししゅっぱ〜〜〜〜つ


目的の場所が見つかり、意気揚々と歩き出す

透明先生


透明「おおっ氷川神社少しお参りして・・・。

   っと、ダメダメ先を急がなくちゃ



透明先生、ぶらり旅

一体、旅の目的は

さてさて、どんな珍道中になることやら・・・。







                 続く・・・。




   






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月 別☆アーカイブ