種と水・8

2012年09月30日(日) 8時00分
・8




 灘「先生最後に教えてください

   ・・・お父さんは・・・私のこと

   認めてくれていますか

   私がお店を継ぐことに・・・

   納得してくれますか

   ・・・応援してくれていますか


灘さんらしい素直な質問だね


透明「ハッキリ言うね

   お父さんは灘さんの頑張りを

   認めているし、お店を継ぐことも

   納得してくれているよ

   もちろん、応援もしてくれている

   灘さんが想うよりも、ずっと深い

   愛情で君を視ていてくれている

   後は、君がその想いにどう答えるか

   それだけだと思うよ

 灘「ぐすっ・・・ありがとう・・・

   ・・・ありがとうございます・・・


泣き崩れる灘さんを見て想う・・・。

この涙は、必ず虚を浄化し、成功につながる

想いに変わって行くと



灘さんの質問に答えた私は、心の中で問いかける



透明「(この答えで良いですよね)」

父親「はははっ、ばれていましたか〜

透明「(くすっあなたを呼ぼうか迷っていたときから)」

父親「父親というのは、不器用なものです

   娘に重荷を乗せてしまったようで・・・。

   それでも料理人として迎えた試練に

   手を貸すこともできず、助けてやれなくて


透明「(それで良いのではないでしょうか

   助けるというのは、手を貸すことだけじゃ

   ないと想いますよ

   どんな道でも、才能を開花するためには

   試練となる、乗り越えなければならない

   ことは出てきます

   種があるから水をやる

   人生はそうやって循環してゆくものです

   その水が甘い水でも苦い水でも種は栄養とし

   生きるためにそれを取り入れて行く

   その経験が芽を出し、綺麗な華を咲かせる

   大切なものだと私は想います

   逆を返せば、娘さんはしっかりと種を蒔き

   根を張ったという証拠ですよ

   種を蒔き根を張れば、必ず水は与えられる

   人生は必ず答えてくれるものです

   世の中には、種すら蒔くことを忘れて

   しまっている人もいますから

   娘さんは立派だと思いますよ

   その水が苦ければ、もっともっと根を伸ばし

   より良い水を得られるようにすれば良い

   苦い水も甘く美味しい水にする努力をすれば

   いいんです

   娘さんにとって必要な水は与えられている

   今は、娘さんの力を信じて見守ってあげて

   ください
)」

父親「・・・ありがとうございます

   まったくその通りですね・・・。

   これからも、どうか娘のこと宜しく

   お願いします


透明「(はい任せてください

   それからお父さんは、時期的にも

   霊界での仕事が忙しい時期じゃないですか

   お父さんはお父さんで、ちゃんと仕事を

   こなしてくださいね

   あまりサボっていると、そちらの方が

   心配になってしまいますから
)」

父親「たははははっ

   肝に銘じますよ

   これで、安心して帰ることができます

   本当にありがとうございました




灘さんのお父さんは、深くお辞儀をし

灘さんを後ろから抱きしめるように包み込み

愛しい娘に別れを告げた
・・・。



 灘「

透明「

 灘「お・・・とうさん

透明「

 灘「今、お父さんが

   ・・・す、すみません

   何でもありません


こいつは驚いた

普通は感じることができない程の

ごく微力な感触を察知するなんて・・・。

それだけ、お互いの想いが強いということ

なのかもしれないな・・・。



灘さんは、お父さんの感触を得て

何かを決意した顔つきになる


 灘「先生私、どんなお客さんにも

   納得してもらえる料理を作れるように

   なります いえなってみせます

   そして、必ず2年後に、お店を復活

   させてみせます

   虚が出ることもあるかもしれませんが、

   それを乗り越えて必ず夢を叶えてみせます


灘さんは、私を通してお父さんに宣言している

のだろう

彼女の目にはもう、一点の曇りもない青い空が

広がっていた


種は水を得て芽をだし希望という名の太陽を

浴びて大きく成長しようとしている


どんな華を咲かせ、どんな実をつけるのか

子供のようにワクワクする透明なのでした






              





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水・7

2012年09月28日(金) 8時00分
・7




透明「虚(ウロ)というのは、念のカスみたいなモノ

   というのはさっき話したよね

 灘「はい

透明「どんな人でもこの虚は存在していて

   自分の自信と目標をもって虚と

   闘っているんだ


   もともと虚は、成功をもたらす念を

   試す存在
として、虚を駆逐するだけの

   信念が試されるいわば試練のようなもの

   ちなみに灘さん

   例えば、成功者と言われる人の念が10

   とした場合

   そこから出る虚はどれくらいあると

   思う


 灘「えっそ、そうですね〜・・・

   0とか1とか

透明「なるほど確かに成功する人って

   何事もすんなり行っているように

   見えるよね

   でもね、成功者と言われる人でも

   念が10なら虚は3

   これが成功の資質といわれているんだ

 灘「そんなにあるんですか

透明「そうだね確かに3という数字は少なくはない

   成功するであろう資質を備えた人でも3

   通常の念であれば10に対して5は虚がでる

   体験した灘さんだから、単純に数字じゃない

   良い答えだと思うよ

   それじゃ〜これを、時間で考えてみようか

 灘「時間ですか

透明「うんAさんがひとつの目標をもって

   行動しているとするよね

   そのAさんは、成功の資質をもって

   目標をクリアするために10ヶ月の時間を

   費やす予定で頑張っている

   しかし、その目標をクリアするために色々と

   悩み不安を募らせ虚と闘いながら頑張るけど

   虚が3発生している段階で、物事は3ヶ月

   遅れると考えた方が良いものなんだ


   これは単純計算だけど、これにもっと虚を

   溜めてしまえば、もっと遅れたり邪魔が

   入ったりして気持ちが保たずに計画ごと

   白紙に戻るなんてこともある

   灘さんの場合、夢が自分自身のことだから

   灘さんの気持ちを揺り動かすような出来事が

   邪魔をしたりするんだ

 灘「それじゃ〜、あの夢は・・・。」

透明「もちろん、お父さんじゃ無い

   あれも虚によるもの

   まあ、虚が夢に影響したものを

   昔から夢魔(むま)とも言うんだけどね


 灘「・・・・・私・・・お父さんに

   失礼なことしちゃった・・・・

   自分の不安をお父さんのせいに・・・

透明「ストップ

   それは、さっきまでの灘さん

   今の灘さんは、違うはずだよね

 灘「・・・先生・・・ありがとう・・・



人が人として自分自身を見立て、

自信と不安の中から何かを得て行く
・・・。

人生のバランスはそんな単純かつ複雑な

計算で成り立っているのかもしれない





次回、ファイナル

灘さんが決意します





         続く・・・。






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水・6

2012年09月26日(水) 8時00分
・6




透明「あれは、(ウロ)と呼ばれるものだよ

 灘「うろ

透明「人間は、頑張ろうとしたときに

   それと同等の不安がつきまとう

   ものなんだ


   特に、生真面目な人はこの不安が

   大きいよね

 灘「

透明「この虚と呼ばれるモノは、

   そんな無垢なる願いからくる念の残りカス

   みたいなものなんだ

   通常成功する人は、この願いという念が

   強くて、虚を凌駕するだけの自信と行動を

   兼ね備えているから虚と念の相殺では

   負けたりしない


   しかし、中には願いそのものを疑い

   念となる想いよりも虚となる不安定な

   気持ちが勝ってしまう人もいるんだ

 灘「私は・・・。」

透明「灘さん自分を信じられない

 灘「・・・・・私は・・・弱いですね

   いつも何処かで、怖がっていて・・・

   口では言っていても、本当にできるのか

   いつも不安で・・・

透明「くすっそれでいいんだよ

 灘「えっ

透明「頭っから不安の無い人なんていないよ

   もしいたとしたら、それは無謀なだけ

   どんな成功者も初めはおっかなびっくりで
   
   始めているものなんだ

   それを、埋めるために人は努力し知識や

   技術を習得して、その不安を埋めてゆく


   ものだよね

   それでも、自信が出てこないのは、

   才能に限界を感じるかもしくは自分を

   信用していないか
のどちらかだと想う

   灘さんの努力は、私もしっかりと見てきたよ

   私からすれば、もうそろそろ自信を持っても

   よい頃なんじゃないかな

 灘「・・・先生・・・。」

透明「それとこれだけは覚えておいて欲しいんだ

   灘さんを応援している人がいる

   私も含め、職場の仲間やお母さん、

   もちろん亡くなったお父さんだって応援している

   もし、灘さんが自分を疑うなら、

   応援している私達を疑うことと同じになるんだよ

 灘「

透明「プレッシャーをかけるつもりはないけど、

   君の才能を信じて応援している私達は、

   少なくとも君を信じている

   君は、私達が信用できないかな

 灘「そ、そんなことありません

   もちろん、信じています

   だから・・・・・。」

透明「だから、自分のことも信じてみない

 灘「・・・・・・・・・私は馬鹿ですね

   ・・・・・こんなに応援してくれている人が

   いるのに・・・・・先生

   私、もう一度頑張ってみます

透明「うんその言葉は心からのものだね

   安心したよ

 灘「あの〜っ・・・

透明「んっ

 灘「もう少し、虚のこと・・・。」

透明「そうだね良い機会だから、もう少し

   話そうか



虚という存在・・・。

もう少し詳しくお話します





         続く・・・。


   




おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水・5

2012年09月24日(月) 8時00分
・5




透明「灘さん

 灘「は、はい

透明「つかぬ事お聞きするんだけど・・・。

   今のお店に入って何か困ったこと

   とか無い


 灘「えっあっはい

   ・・・あると言えば、あります

透明「どんなこと

 灘「最近、料理の腕が落ちた気がして・・・。

   味覚がちゃんとしてないというか、

   スランプというか・・・。」

透明「なるほど

   少し気になることがあるから、

   灘さんのこと少し視せてもらっても

   良いかな


 灘「えっはい



私は、灘さんの木人図アクセスする

彼女の近況、スランプ、想い・・・。

全ての情報を捉えてひとつの可能性を

導き出します





透明「・・・・・なるほど

   そういうことか・・・・。」

 灘「・・・何かわかりましたか

透明「うん灘さんが視たものの正体がね

 灘「えっ



灘さんごめんね

ちょっと、耐えてね


透明「ちょっと聞きたいんだけど、

   最近、お客さんに嫌なことされなかった

 灘「あっは、はい

   料理に対して凄く厳しい意見を頂きました

透明「その後も、そのお客さんに色々言われてるよね

   だから頑張り屋さんの灘さんは、

   色々試行錯誤して努力している

 灘「は、はい

透明「でも、満足のゆく味にならなくて悩んでいる

 灘「・・・はい・・・

透明「自分は、料理人に向いてないんじゃないか

   このままでは、誰にも認めてもらえない

   料理しか作れないんじゃないのか


 灘「・・・・・・

透明「自分では、お父さんの味を越えることは

   できないんじゃないのか


   お店を復活させるなんてできないんじゃ

   ないのか


 灘「・・・も、もう・・・。」


もう一歩


透明「私は料理なんてしたくない

   もう、夢なんて追いたくない

 灘「・・・もう、止めて


よし出た


透明「喝ッ

 灘「ビクッ



私はいきなり灘さんの後ろへ回り

灘さんの背中から出はじめた青い煙を

無理矢理引っ張り出す



 灘「

透明「オン・バザラ・・・・


腕にからみついた煙は徐々に霧散してゆく・・・。


 灘「い、いまのって

透明「う〜ん・・・あれはね




灘さんにも見えた青い煙の正体とは






        続く・・・。








おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水・4

2012年09月22日(土) 8時00分
・4



透明「・・・う〜ん・・・

 灘「・・・先生どうなのでしょう

透明「今の話、そのままとれば、灘さんに

   お店を復活させるなって言ってるように

   とれるけど・・・。」

 灘「やっぱりそうですよね・・・それに・・・。」

透明「お前には、やらない・・・か・・・。」

 灘「・・・・・・・

透明「本当に、そう言ったの

 灘「はい・・・間違いないです

透明「生前、お父さんにそんなこと

   言われたことあった

 灘「えっいいえ

   お前にはまだ早いとは言われたことは

   ありましたけど・・・。」


おかしい・・・灘さんのお父さんはちゃんと

成仏されているはず

そんなことを言いにワザワザ降りてくるか

それに、万が一何かを伝えに降りてきたと

しても、言い方が違うんじゃ・・・。

う〜ん・・・最初は夢オチも考えたけど

どうもそんな感じもしないし、何かあることは

間違いないのだけど

・・・・・困った・・・木人図には突発的な

霊干渉での会話は収録されていないはずだから

リプレイすることもできないし・・・



透明「う〜ん・・・

 灘「先生・・・父は私がお店を取り戻すこと

   反対なのでしょうか
・・・

透明「そ、そんなことは


透明のバカ

迷ってる場合じゃない

一番迷っているのは灘さん本人なんだ

彼女にとって、これは人生を大きく左右する

ほどのことじゃないか

考えろ絶対に何かあるはずだ

私は無い頭をフル回転させて考える・・・。



・・・・・いっそのことお父さんを召霊するか

いやいやお父さんが亡くなって4年目

丁度この年月では召霊を行なっても来てくれる

可能性は低い・・・。

(詳しくは書けませんが、あの世も色々と忙しいのです)



透明「・・・・・

   (あれもしかして私・・・

   基本的なこと忘れてない
)」



何かを思い出した透明

次回、真相に迫ります





          続く・・・。







おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水・3

2012年09月20日(木) 8時00分
・3




しばらくして・・・


 灘「す、すみません

   泣いてばかりで・・・

透明「少しは落ち着いた

 灘「はい

透明「よかったでも、泣くことも

   大切だよ


 灘「えっ

透明「どんなことでも、頭では理解できて

   いるのに、どうしようもない感情って

   あると想うんだ

   そう言うときは、思いっ切り泣く

   そうすると、頭と心が身を寄せ合って

   くれたりするもんだよ


   恥ずかしい話、私もビデオとか見て

   ワザと思いっ切り泣いてスッキリする

   こともあるんだよ

 灘「そ、そうなんですか

透明「そうだよ

   最近歳のせいか、涙腺弱くて

   もう、子供や動物モノなんか見たときには

   ・・・・・って

   何言わせるんですか〜

 灘「キョトン・・・くすくす

   あははははっ

   ・・・・・・・・・・・・・

   先生、ありがとうございます

   元気になりました

透明「そうそうそれそれ

 灘「

透明「泣いた後は、思いっ切り笑おう

   それが、人生を楽しく幸せに過ごす

   一番のコツだからさ

 灘「くすくすはい



さて、そろそろ本題に入らないと


透明「ところで、さっきの話って

 灘「はい・・・実は・・・。」




先日の夜のこと・・・

仕事を終えた灘さんは、クタクタの状態で

家へ帰り、食事も取らずにそのままベッドへ

しばらく深い眠りに入っていた彼女は、

突然の耳鳴りと金縛りに襲われ、目をあけた

そこには、彼女を覗き込む一人の男性が・・・


それは、白いシェフ帽子をかぶった

彼女のお父さんだった

彼女は亡くなったはずの父親を視て

一生懸命声をだそうと力を入れるが声がでない

沢山話したいことがあるのに出ない声に

苛立ちながらも、懸命にお父さんを呼んでいた

目からは涙がこぼれ、父の温もりを想い出しながら

一生懸命手を伸ばそうとするが届かない・・・

しかしそんな、必死の彼女を見ていた父親から

意外な言葉が飛び出す

もう・・・やめろ・・・。

 お前には・・・やらない・・・。



彼女の頭の中にこだまする声は、何度も何度も

響き渡る・・・。

彼女は次第に意識を無くし、そのまま深い眠りに

ついていった・・・





意外な言葉・・・彼女のお父さんの真意は






         続く・・・。






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水・2

2012年09月18日(火) 8時00分
・2



 灘「・・・すみませんでした

   取り乱しちゃって・・・

   先生の顔見たら、何だか力

   抜けちゃって


透明「あははっ気にしなくて良いよ

   それよりも、何かあったの

 灘「・・・実は・・・。」



灘 冨子さんは、彼女が高校生だった頃

からのお客さんで、家業のレストラン

継ぐために一生懸命料理の勉強をしていた

頑張り屋さんです

しかし、4年前の秋・・・

レストランのオーナー兼シェフのお父さん

他界され、お店を閉める結果となり

彼女は、他のレストランのシェフとして

頑張っていた・・・。

彼女の夢は、いつかお父さんのお店を

取り戻し、その場所で自分のレストランを

開くこと


そんな彼女の頑張りをずっと見てきた私ですら

初めてに近い取り乱しかただった



 灘「・・・昨日、お父さんが・・・。」

透明「

 灘「お父さんが、出てきて・・・。」

透明「えっ

 灘「私、わからなくなっちゃって



そこまで言うと、灘さんは泣き崩れた・・・。



どういうこと

お父さんが出てきた

霊としてそれとも・・・。


とにかく、話を聞かねば





          続く・・・。






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

種と水

2012年09月16日(日) 8時00分




透明「みなさ〜んこんにちは〜

   今日も張り切ってまいりましょ〜う


相変わらず元気いっぱいの透明です



カランカラン



透明「はいは〜い


元気よくお出迎え



透明「・・・・・

 灘「・・・・・ぐすっ・・・



突然、泣き出すお客さんに高低差が

ありすぎてバツが悪い透明先生 



透明「ど、ど、どうしたの

 灘「・・・ごめんなさい・・・。」

透明「と、とにかく、中に入って

   今、お茶入れてくるから


私は灘さんを部屋に案内し、急いでお茶を

いれる



透明「ごめんね、待たせちゃって

   はい少し飲めば落ち着くと想うから

   飲んでみて

 灘「・・・・・ごくっ・・・わ〜っ

   いい香り〜


何とか落ち着いたかな



ここで、気持ちを落ち着ける

ハーブレシピー


材料

レモングラス・・・ティースプーン1杯

ジャスミン・・・・ティースプーン半杯

ローズマリー・・・ティースプーン半杯

300ミリリットルのお湯


作り方


材料となるハーブを70℃のお湯で2分ほど置き

最後に大きめの計量スプーン1杯の水を入れて

香りを引き出しま〜す



気持ちの落ち込んだとき落ち着かないとき

是非試してみてね〜




ってこんなことしてる場合じゃなかった

一体、灘さんに何が



鑑定64

 灘 冨子(なだ とみこ)さん・24歳

スタートです





           続く・・・。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2012年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月 別☆アーカイブ