夜狡の闇・13

2012年03月18日(日) 1時00分
夜狡の闇・13





いずな「終わったのかい

透明「うん取り敢ずはね



私達は村長の待つ仮住まいへ戻る・・・。



村長「おおっお帰りなさい

   ど、どうでした

透明「もう、大丈夫です

   夜狡も二度と出ることはないでしょう

村長「ありがとうございました

透明「ただ、ひとつだけ村長さんにお願いが・・・。」

村長「



私は、村長に夜狡となった雅美さんのことを

話しだす・・・。



透明「雅美さんが夜狡となったのは、

   弥彦くんという忠勝さんと雅美さんの

   子供を捜すためだったようです

村長「えっでも、そのお子さんは・・・。」

透明「もちろん亡くなっていることは

   雅美さんもわかっているのでしょうけど、

   子を亡くしたことを信じたくない

   きっと、弥彦くんは何処かで生きている

   と信じたい母親の深い愛情が強い念として

   残ってしまったんだと想います・・・。

   ただ、私が彼女の想いを昇華する際に

   ひとつ気になったことがあったんです

   それは、夜狡が雅美さんだけの念で構成

   されてはいなかったことです


村長「そ、それって、どういうコトですか

透明「多分、夜狡は雅美さんの念を受けて

   形となったものだとは想うのですが、

   多分、それだけではこの100年もの間

   形を保つことは出来なかったと思うんです

   彼女の想いを身体に取り入れたとき、

   彼女だけではなく、もっと多くの人達の

   想いや存在を感じました

   きっと、その当時沢山の人が強い無念

   残していったのではないでしょうか

   その想いが雅美さんの想いに呼応して

   ひとつの形となった

   それが、夜狡の本当の正体だと想います

いずな「なるほどね〜確かに、一人の想いだけ

    じゃ〜そこまで強くはならんものな〜

透明「そこで、お願いなのですが

   小さいもので良いので、鎮魂祭を神社で

   行ってあげてくれませんか


   今度は、夜狡をおさめる為ではなく

   犠牲になった多くの人達のために

   行ったあげて欲しいのです

   そうすれば、もうこの様なことは

   二度と起こることは無くなると想います

村長「わかりました

   一度、村の者を集めて話してみます

   私の首をかけてでも必ず行いますので

   安心してください


透明「はいよろしくお願いします



私は、村長に鎮魂祭のやり方を指示し

村を後にした
・・・。



帰りの車中・・・


いずな「いや〜っ今回は見応えあったね〜

    さすが、透明ちゃんだね〜

透明「あのね〜人に何かさせたいなら

   もう少し情報集めてからにしてくれない

   毎回こんなのじゃ、身がもたないよ〜

いずな「おお〜っそれじゃ〜次もやってくれるんだね



し、しまった



いずな「次はこれなんだがね

透明「もうあるんかい



いずな婆さん、全開です・・・。







            
    


1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・12

2012年03月16日(金) 1時00分
夜狡の闇・12






きいいいぃぃいっぃぃぃぃぃいいぃぃい



夜狡は狂ったように泣き叫ぶ



透明「ち、違う・・・これ・・・言葉

   何て言って・・・。」



私はこの奇怪音を冷静に読み取る・・・。



透明「・・・・・・・・・・。」



突然、夜狡の声が止まる


透明「やひこ・・・

   そっか、お前は子供を・・・

夜狡「・・・・・・・・・。」

透明「夜狡よいや、雅美さん

   あなたの子供は弥彦というの

夜狡「・・・・・・・・・・・。」



反応した

そっか・・・今あわせてあげるからね



透明「弥彦はここだよおいで

夜狡「



私は雅美さんの想いを受け止めるべく

両手を広げる・・・。



いずな「ば、ばか何を



夜狡が私の身体を貫く

夜狡が身体を通過した瞬間

私は雅美さんの想いだけを身体に止めおく





透明「辛かったよね悲しかったよね

   足を失い、弥彦を失い、旦那も失った
・・・。

   もう良いんだよもう、誰も悲しまないから。

   もう、探さなくてもいいんだよ

   その想いは、私が必ず弥彦くんに届けるから




雅美さんの想いは緩やかに昇華してゆく・・・。

私は、その想いを霊界にいる弥彦くんの元へ

送り届けるため、身体をゲートとして解放する


いずな「透明ちゃんまだだよ

透明「



雅美さんの想いは昇華された

しかし、夜狡は未だ空を旋回している



いずな「ありゃ〜雅美に乗っ取られた烏の魂

    だね〜
長いこと夜狡として人を

    襲ってたから、狂ったまんまだよ

透明「東の空か・・・。」



私は夜狡に向かって印を結ぶ


透明「オン・ソンバ・二ソンバ・ウン

           バザラ・ウンパッタ

   東方を統べる王よ

   宝鞭をもちて難敵を縛されたし

   ・・・・・・・・・・ウーン



夜狡「キッ

いずな「おおっ落ちた



私は、地に落ちた夜狡の側に走り寄り

夜狡を本来あるべき場所に帰す


透明「オン・アボキャ・ベイ・・・・・・・。

   夜狡となって、君も辛い想いをしたよね

   私がちゃんと送ってあげるからね




夜狡となった烏の魂も滞りなく送りだす

長い闇が終わりを迎える・・・。






            続く・・・。




1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・11

2012年03月14日(水) 1時00分
夜狡の闇・11






透明「さてと、行きましょうか

村長「えっどこへ

いずな「決まってるだろう夜狡のとこさね

村長「ええ〜っ
   
   夜狡のところって何処かわかるんですか

透明「夜狡は、雅美さんが想いをよせている所

   それは同時に今回の災いが最初に起こった

   場所ということです

村長「そ、それって

いずな「あんたの家だよ

    あんたは夜狡の巣の上に住んでたって

    ことになるね〜
ひっひっひっ

村長「ひえ〜〜〜っ



もう、そのやり取りも慣れちゃったよ〜



透明「取り敢ず、村長さんはここに残って

   おいてください

   何かあったら大変だから

いずな「そうだねそうしな

透明「おばばもだよ

いずな「へっ

透明「さっきのこともあるし、もし私に何か

   あったら、次は必ずおばばを狙ってくる

   そうなったら、犠牲者が増えるだけだからね

いずな「いいやあたしも行くよ

    透明ちゃんばかりを危険なところに

    行かせるわけにゃ〜いかないからね〜


透明「・・・そんなこと言って、ただ興味がある

   だけなんじゃないの

いずな「・・・・・・

透明「図星かよはぁ〜っどうなっても

   知らないからね・・・。」

いずな「おほほほほっさすが手練れの透明ちゃん

    話しがわかるね〜

村長「わ、私も行きます

透明&いずな「ダメ

いずな「あんたは、ここで大人しくしてなさい

    いざと言うとき、自分で自分を守れない

    だろうが

村長「は、はい




私達は一路火事にあった村長宅へ向かう・・・。



いずな「こりゃ〜ひどいね〜

透明「しっおばば、力を隠して・・・。

   近くにいるよ

いずな「



静まりかえった焼け跡に、もの凄い妖気にも似た

気配が漂っている・・・




バサッ



突然建物の影から黒い大きな鳥が飛び立つ

その大きさは2メートルいや、3メートル程に

視える



透明「で、でかっ



夜狡は空でこちらを睨んでいるようだ

しばらくの沈黙の後、ふっと目が合う


きいいいぃぃいぃぃぃぃぃぃぃぃいぃぃぃっ



もの凄い音を発して夜狡が咆吼する



透明「くっ耳が・・・

いずな「ど、どうした

透明「ダメおばば、力を使わない方がいい

   鼓膜がおかしくなる

いずな「・・・夜狡のヤツ、叫んでるのかい

透明「う、うんそれも凄い声で




でも、これって・・・。

私は、この奇怪な声の本質を探りはじめる







           続く・・・。






1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・10

2012年03月12日(月) 1時00分
夜狡の闇・10





いずな「今読んだ感じだと、忠勝あたりかい

村長「えっ

透明「う〜ん、多分違うと思う・・・。」

いずな「じゃあ、敬吾じゃないかい

    最後かなり狂ってしまってるし

透明「敬吾さんも考えたけど、少し

   弱いかな

いずな「わかったこの文献を書いていた

    村長だろう

    かなり詳しく書いているところを

    みると、村への想いや責任感が

    強いタイプみたいだからね〜


村長「おおっ確かに

透明「確かにその線も考えたんだけど、

   そこまで村を大切にしていた人が

   この騒ぎは起こさないでしょう

いずな「う〜むそれじゃ〜、一体誰なんだい

    大体の可能性は出尽くしたじゃないか

透明「多分だけど、雅美さんじゃないかな

いずな「

村長「そ、それって忠勝さんの奥さん

透明「うんこの時に一番辛い想いをしたのって

   雅美さんじゃないのかな

   足を失い子供を失い旦那様も失った

   雅美さんは、疫病で亡くなった方のリスト

   にも入っていない

   残された雅美さんの想いを考えると

   いたたまれない・・・

   この文献で雅美さんが亡くなったのが

   1910年になってる詳しいことは

   書かれていないけど、多分・・・。」

いずな「自分でってことかい

透明「うん

村長「

いずな「でも、どうしてなんだろうね〜

透明「それも推測なんだけど、鳥葬って知ってる

村長「鳥葬

いずな「・・・なるほどねもし雅美が

    人知れず命を絶ったなら、その可能性は

    あるわけだ

村長「

透明「鳥葬というのは、古い葬儀方法のひとつで

   死者の肉体を鳥に与えて、その魂を空高く

   天国まで連れていってもらうという考え

   からはじまった葬儀方法です


   今でもチベットや宗教色の強い地域では

   行われているものなんですが・・・。」

いずな「要するに、その葬儀方法には少し

    問題もあるんだよ

村長「問題

透明「鳥葬は、その死者がこの世に未練を

   残している場合にはとりおこなうことが

   出来ないものなんです

   もし、この世に強い執着を残している場合

   その想いだけが、肉体を食した鳥に憑依し

   その鳥が寿命を全うした後に憑依した

   想いが鳥の魂を使って暴走することが

   あるんです


村長「そ、それじゃ〜

透明「きっと、雅美さんは亡くなった後

   しばらくしてから発見されたんじゃ

   ないでしょうか

   その為、自然と鳥葬の形をとって

   しまった

いずな「なるほどね〜そう考えると

    ツジツマが合う

透明「まあ、あくまでも想像出来る範囲だから

   後は、本人に聞いてみるしかない





大体の流れは見えてきた

後は・・・・。






           続く・・・。







1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・9

2012年03月10日(土) 1時00分
夜狡の闇・9





透明「100年前の疫病・・・その前くらい

   からかな



〜〜〜〜〜〜〜文献(訳・省略)〜〜〜〜〜〜〜



1903年


今年は豊作例年の年に比べ倍近い作物がとれた。

 村の皆も喜んでいる



1904年


この春、南に住む井坂のお婆さんが亡くなった

 御年70歳 胸を患って長かったようだ・・・。


今年も豊作畑と田んぼの拡張計画が出る。


1905年

小火騒ぎがある佳美の実家が半焼した。

 けが人は幸いにしていなかった。


今年は日照りが続いている、皆少し不安が

 あるようだ・・・。



1906年

昨日、親友の忠勝の嫁の雅美が足を怪我した

 そこから壊疽をおこす可能性もあるらしい。


幸子の家に子供が産まれる。元気な男の子だ

忠勝から相談。やはり嫁さんの足を切断する

 しかないようだ命には別状がないとのことで

 安心した・・・。



1907年

隣村で疫病が出たらしいこの村は今のところ

 大丈夫だが、注意が必要


熊が出た村民の男手で山に追いやる。

 けが人は無し。


今年は例年に比べ作物の育ちが悪い

 なるべく早い対処を考えなければ・・・。



1908年

弥生が崖から転落、亡くなった・・・。

村の北側に井戸を掘る。


1909年

世界的情勢があまり芳しくないようだ

 村に影響がなければよいのだが・・・。


この村に新たな仲間が加わる

 笹木敬吾 30歳


忠勝の長男が高熱を出した、かなり高い

 熱があるようだ・・・。


今日は村の農業会議、最近の日照りで

 作物の種類を見直す話しがでる。


忠勝の長男が医者にかかったところ

 疫病の疑いがあり

 感染を防ぐため隔離するしかない・・・。

 忠勝は激しく抵抗したが仕方がない。


敬吾が発病忠勝の子供からうつった

 ものなのか彼が持ち込んだものなのか

 未だ不明・・・。


感染が止まらない

 村の年寄りや子供達が次々と感染してゆく。

 政府に救援の要請をするも未だ回答来ず。


最初の犠牲者が出る・・・。

 忠勝の息子が今朝息を引き取る


皆、感染を恐れ村を出て行く菌をまき散らさない

 ためにも、勝手に村から人を出してはいけない

 皆で交互に見張りをする。


この疫病は視力を奪うようだ

 熱がそうさせるのか菌がそうさせるのか


敬吾が鉈を持って暴れ出す

 皆死ぬんだ!と狂ったように叫んでいた。

 村の男達で抑えたが、皆不安の色が隠せない・・・。


感染は収まりつつあるようだ、政府から支給された

 薬が効いているのか


毎日死者が増える、この村は祟られているのか

 地獄のような日々が続く・・・ああ、神様


死体は全て火葬にすることが決定した。

私もとうとう感染したようだ、薬は効いているが

 安心はできない・・・。


犠牲者は36人、疫病は沈静化したが

 あまりにも犠牲が多すぎる・・・。


村長職を息子に引き継ぐことにする。

父の病状が芳しくない・・・。

疫病での犠牲者

 敬吾、綾野、巧、忠勝、吉野・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・岩城(村長)etc.



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




透明「う〜ん・・・

いずな「凄まじい内容だね〜

    確かにこの後から毎年この時期に

    足の怪我や目の怪我、事故とかが

    集中している

    戦争がはじまってからはあまり

    触れられていないが、それでも

    ちょこちょこと書いてるね

村長「何かわかりましたか

透明「はい御陰様で

いずな「ほんとうかい





皆さんは何かわかりましたか

次回、真相が明らかに・・・。





        続く・・・。






1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・8

2012年03月08日(木) 1時00分
夜狡の闇・8





私達は一度、村長の仮住まいに戻る・・・。


いずな「・・・・・。」


あれまだ怒ってるのかな〜


村長「あの〜透明先生

   先ほどはスミマセンでした

透明「

村長「村の為にそんな危険な状況になって

   しまって・・・。

   本当に申し訳ありません

透明「いえいえこれはあくまでも自分の

   判断ですから

   実際、その方が明確でわかりやすい

   ですしね

   それよりも村長さん

   さっき言っていた村の古い文献って

   拝見することは出来ますか

村長「それはもちろんです

透明「出来れば相手の目星をつけておきたい

   ので、参考になればと想って

村長「わかりました今、取ってきます



村長は、急いで文献を取りに出かけていった



いずな「・・・透明ちゃん・・・。」

透明「は、はい



おばばが急に頭を下げる・・・。



透明「ちょ、ちょっとなにしてんの

いずな「透明ちゃんを危険な目に合わせる

    結果になってしまって・・・

    あたしが側にいなけりゃこんな事には

    ならなかったんだよね〜

透明「そんなことないよ

   もしあばばが側にいなかったとしても

   この方法が一番楽だから

   他の人が無差別に襲われるより

   ずっと分かりやすいじゃない

いずな「透明ちゃんはいつも優しいね〜

    何か手伝えることはあるかい

透明「う〜ん・・・先ずは、相手の特定だね

   文献に何かヒントが書かれていれば

   いいんだけど・・・。

   それに、さっきのアレは霊体とは違う

   もっと不安定な存在だった

   何か強い想いのような・・・。」

いずな「強い想いと言うことは、じゃなくて

    人の想いってことかい

透明「うん怨念や邪念に近いものだけど

   でも、そういう感じでもないんだよな〜



おばばと話をしているうちに息を切らして

村長が帰ってくる



村長「はぁはぁこ、これがそうです

   ど、どうぞはぁはぁ・・・。」

透明「ありがとうございます

   それじゃ早速・・・・・。」



文献には、この村であったことや作物の

出来不出来など、意外に細かい内容が

記されていた




透明「これって、今でも書かれているもの

   なんですか

村長「は、はい村長になった者は、必ず

   毎年あったことやその年の作物の状況

   など色々書いてファイルすることが

   義務付けられています


透明「すばらしい

   ここまで細かいモノは滅多にないですね

   これなら何かわかるかも・・・。」



私は、村長の持ってきた文献をくまなく読みあさる





次回文献から導き出す謎

みなさんも一緒に考えてみてください



     
        続く・・・。






1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・7

2012年03月06日(火) 1時00分
夜狡の闇・7





赤き月が神社の真上で輝いている・・・

異様な気配は徐々に近づいてきているようだ

私は、隙をみせないように辺りを見回す



ザザッ



透明「(右・・・後ろ・・・右・・・)」



気配の出所を探りながら、相手を特定しようと

躍起になる・・・。



10分くらい経ったか



透明「(気配が・・・消えて行く・・・。)」



諦めたのか徐々に気配は遠ざかってゆく・・・。



透明「ふ〜っこりゃ〜想った以上に厄介だ



私はおばばと村長に手を振り安全をアピールする




いずな「透明ちゃん大丈夫かい

村長「い、一体何が

透明「う〜ん・・・多分、今のが夜狡と呼ばれる

   モノなんだろうと想うけど・・・。」

いずな「何かわかったのかい

透明「うんただ、残念ながら正体は掴めなかった

   でも、もう大丈夫だと想う

いずな「

村長「

透明「今のことで、夜狡は村民に手は出さない

   と思うから

いずな「あ、あんたまさか

村長「ど、どういうことですか

透明「夜狡のターゲットが村民じゃなく

   私に変わったということですよ

いずな「あんたワザと挑発したね

村長「

透明「今回のことでハッキリしたのは、

   夜狡は霊質の塊だということ

   そして、赤い月に夜狡が出るのは

   この月の夜が霊質を高める作用

   あるからなんじゃないかな

   これはあくまでも予測だけど、

   夜狡は霊質としても不安定な

   存在なんだとおもう
だから、

   より霊格の高い者を襲い、その霊質を吸収しようと

   本能的に考えているように思える

   そんな中、今この村で夜狡の考える

   御馳走が転がり込んで来たとなれば

   確実に・・・。」

いずな「馬鹿者何故ワザワザ霊格を見せつけた

    お前なら、霊格を隠すことぐらいワケは

    ないだろう



そんなこと言われても



いずな「・・・まさかあんた



あの時・・・もし私が霊格を隠していたなら

一番近くにある霊格の高い相手

いってしまっただろう・・・。



いずな「・・・・・。」

村長「す、すみません

   話が・・・・・・。」

透明「あっすみません

   要するに、夜狡のターゲットが私に

   変わったので、村民のみなさんには

   いかなくなったということです






状況の変化、無謀ともいえる判断だが

この方が自分らしい



次回、夜狡との闘いが始まる





           続く・・・。





1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・6

2012年03月04日(日) 1時00分
夜狡の闇・6




北側にある神社は、歴史のある良い

たたずまいをしている


社も綺麗に整備をされ村の信仰心が

うかがえる気がした・・・。



いずな「ほお〜っここは良いね〜

透明「うん神橋の据わりも良いし

   何より村の人達が大切にしている

   気持ちが充満している

村長「そんなことまでわかるんですか

いずな「あんた、村長なんだからそんなこと

    くらいわからなくてどうするんだい


村長「す、すみません



そんな無茶な



透明「あれっあれは・・・。」



神社の社からすぐ右側に小さなお堂がある



村長「あっあれが、昔に使っていたものです

   今でも村民が順番に掃除をしているのですが

   何か障りでもあると恐ろしいので、壊すこと

   が出来なくて
・・・



私は小さなお堂を見て回る・・・。



透明「(これはちゃんとお奉りされている・・・。

   それにしてはさっきの祠は随分とチンケな

   ものだったけど・・・。
)」

いずな「村長さっきの祠とこのお堂!

    つくった者が違うね〜

村長「は、はいこちらのお堂はここの神社の

   総本山の方が来て建てたものと聞いて

   おります

   さきほどの祠は、何でも高名な霊能師

   による助言
でつくられたものらしい

   のですが・・・。」

いずな「ふ〜ん・・・高名な霊能師ね〜

透明「あれっこの村はおばばが視てたんじゃ

   ないの

いずな「いいや、あたしが話を聞くように

    なったのは、こいつが村長になった

    ときからだからさほど古い話じゃ

    ないよ

透明「そ、そうなんだ

いずな「まったくこらだから素人は

村長「



ザワザワッ


透明「んっ(なんだ)

   ・・・・・・・・・

   おばば村長連れて、

   急いでこの神社の鳥居の外まで出てくれる

いずな「

村長「

透明「走って



おばばと村長は、急いで神社の敷地からでる




透明「(なんだこの異様な威圧感は

   ・・・何かいる・・・確実に視られてる
)」




風が強く吹き、一気に気温が下がり出す

異様な気配が辺りを包み込む
・・・。






          続く・・・。

   


1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・5

2012年03月02日(金) 1時00分
夜狡の闇・5





いずな「赤いね〜こういう月の日は

    何かいわれのない不安がついて

    くるもんさね

村長「だ、大丈夫でしょうか

いずな「大丈夫なワケないだろう

    さっき自分で言ってただろうが

    何かがあるから不幸が起こる

    この月が昔からその不幸を呼んでる

    としたら、大丈夫なワケもあるまいよ

村長「ひえ〜〜〜っ



・・・脅しすぎ



いずな「それに、今回のことはアタシにゃ〜

    どうすることも出来ないしね〜


村長「えっそ、そんな〜

いずな「だから言ったろ〜

    今回のことは透明ちゃんが全部やって

    くれるって

    透明ちゃんはその筋のスペシャリスト

    だから、あたしに出来ないことも

    出来るんだよ

    まあ、あんたはさっきからバカにして

    いるみたいだけどね〜





あれっもしかして・・・。



いずな「だから、透明ちゃんのご機嫌を損ねたら

    そこで終わりだ

    まあ、せいぜい機嫌を損ねないように

    気をつけな

村長「は、はい〜っ



そっかさっきの村長の態度・・・おばばも

怒ってたんだ・・・良いトコあるじゃん



いずな「ところで透明ちゃん

    この場所がそうみたいだけど、

    何か感じるかい



そこは、小さな祠があり中になにやら烏の

置物のような御神体がおかれている・・・。


透明「う〜ん・・・特には・・・。」

村長「そ、そんなわけ・・・。」

いずな「あたしも思ってたんだけど、

    これ、ただの飾りだね〜

村長「

透明「御神体として奉られる分には効果は

   あるんだろうけどこの祠自体には

   なんの気配も感じない・・・村長さん
 
   この祠っていつからあるものなんですか

村長「は、はい

   この祠は、30年前くらいにつくられた

   もので、その前までは村の北側にある

   神社の横
に小さな社を設けていたと

   想うのですが・・・。」

透明「う〜ん・・・この祠が村の北東に位置

   しているというワケか〜・・・。

   村長さん取り敢ず北側にある神社も

   案内してもらえますか

村長「は、はい




私達は北にある神社まで移動をする・・・。




未だ見えてこない謎、一体なにが






         続く・・・。






1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

   





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・4

2012年02月29日(水) 1時00分
夜狡の闇・4



18:00・・・。


私達は村長のいる仮住まいを訪ねる


村長「おお〜っいずな様

   来ていただけたんですね


い、いずな様


いずな「久しいね〜村長今回は大変

    だったみたいじゃないの

村長「は、はい

いずな「ところで、話を聞かせてくれる

    みたいだけど

村長「そ、そのことなんですが

   村の古い文献を調べたところ

   やはり今夜が夜狡の月にあたる

   らしいのです

透明「夜狡の月

村長「あ、あの〜こちらの方は

いずな「ああ〜っ紹介がまだだったね

    この子は透明ちゃん

    まあ、私の弟子みたいなもんさ

    今回は、透明ちゃんが全てやって

    くれるから


で、弟子〜

それに、何だその紹介の仕方は〜


村長「そ、そうですか・・・

   まあ、よろしくお願いします



むかっなんだそのあからさまな態度

完全に実力を疑われてる〜〜〜っ



いずな「それで、夜狡の月って言うのは

    詩に出てくる紅の月ってことかい

村長「は、はい

   毎年、その月が出る前に3日かけて

   鎮魂祭をとりおこなうはずだったのですが

いずな「そう・・・透明ちゃん

    さっきの冗談、本当になっちゃったよ


さっきの詩の最後の脅し文句は

冗談だったのか〜〜〜い




透明「村長さんとにかく、その鎮魂祭を

   今からでもはじめられないんですか

村長「ふん鎮魂祭は、時間もお金も人手も

   かかるんです


   今は、村も過疎化が進んで若者も少なく

   なって村の財政も逼迫している状態ですから

   そんなに簡単には行えないんですよ



い、今、ちょっとバカにされたような



いずな「まあ、ともかく鎮魂祭が行われるはずだった

    祭壇に案内しておくれよ

    何かわかるかもしれないからね〜

村長「はいわかりました





私達は一路、村の外れにある祭壇へ案内される

辺りは徐々に暗くなり異様な雰囲気が立ちこめる




透明「



私はふと不穏な気配を感じ空を見上げる




透明「赤い・・・・・・。」




夜狡の闇が始まる・・・・。







          続く・・・。





1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  
 





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・3

2012年02月27日(月) 1時00分
夜狡の闇・3




透明「今夜か・・・

いずな「まあ、今回は事が起こっちゃって

    るからね〜
今日中に何とかする

    ことは考えず、時間をかけてでも

    根本を何とか取りさらって

    もらわんといけないね〜

透明「う〜ん・・・

   (あまり時間かけたくないんだけど)」



伊座名村は、昔から神の住まう土地として

村民全員が深い信仰心をもった土地柄だ・・・。

しかし、約100年前

村に疫病が蔓延し、相当な被害を出した年があり

その年を境に毎年この時期に不幸が続くように

なったということだ・・・。

その当時から被害にあった人達は口をそろえて

狂ったような烏の鳴き声が聞こえた

夢に目の赤い烏が出てきた

普通の烏の倍近い大きな烏を見た

など、さまざまな烏の目撃情報が飛び交い

夜狡の祟りとして、その魂を鎮めるための

鎮魂祭が行われるようになったという・・・。

その鎮魂祭が行われた年からは、今まで続いて

いた不幸もピタリとおさまり、毎年の恒例行事

として今も続いているらしいのだが今年は

色々なことが重なり、まだ行われておらず

通常の祭り時期を過ぎてしまったらしい

そんなやさき、村長の家が突然火事になり

家屋が全焼村長は外出していて無事だったが、

一緒に住んでいた家族3人が右足を火傷する

大怪我をして現在治療中とのこと・・・。

その後も、仕事中に木材が倒れてきて右足を

骨折
する事故や突風により窓ガラスが割れ

その破片が左目を直撃失明する事故など

村民に被害が広がってきているらしい・・・。



透明「しかし、それ全部が夜狡の祟りだと

いずな「まあ、全てが全てじゃないかもしれないが

    どのケースも右足と左目の事故ばかり

    偶然にしては出来過ぎてないかい

透明「確かに・・・

いずな「とにかく、一度村長の話を聞いて

    おやり何かわかるかもしれないからね〜

透明「右足・・・左目・・・。」




おばばの言う通り、先ずは村長に話を

聞いてみるか
・・・。






         続く・・・。





1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  
 





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇・2

2012年02月25日(土) 1時00分
夜狡の闇・2



老婆「ひっひっひっそれが今夜だよ

透明「・・・でっ

老婆「へっ

透明「へっじゃないそれだけ

老婆「なんだいつまんないね〜

   もっと怖がるかと思ったのにさ〜

透明「何でそんなので怖がんなきゃならん

老婆「まったく透明ちゃんはぶつぶつぶつぶつ

透明「ぶつぶつ言わないそれで、おばば

   その詩と今回のことがつながってるわけ

老婆「多分ねこの村では毎年、夜狡をおさめる

   祭りがあるんだけど、今年は色々あって

   まだ行われていないからね〜

   まず間違いなく・・・。」

透明「う〜ん・・・厄介そうだな〜




みなさ〜んこんにちは

出だしからいつもと違う感じでスタートしました

鑑定ファイルですが、今回はちょっと頼まれ事です


みなさんも気になっているでしょうこの老婆

実は私に色々と厄介事を押しつける・・・い、いや

お仕事を下さるクライアントさんで、

九段いずなさん御年82歳

元霊能師と言った経歴をおもちの方です

今は引退され、厄介事に首を突っ込む・・・い、いや

余生を楽しんでいる素敵な御婆様です

今回も素敵そうなお仕事で楽しくなりそうです・・・




遡ること2日前・・・。

事務所に着いた私はポストをチェック

その中にハートのシールがついた手紙が



透明「おお〜〜〜っこ、これは


いそいそと封をあける私



透明「え〜っと、ナニナニ

   拝啓、透明様私は貴方の大ファンです

   つきましては、一度お食事でもしたく

   招待状を同封させていただきました

   是非一度、お話がしたいので心より

   起こしをお待ちしております

   PS 貴方の心の恋人・いずなより


   ぶ〜〜〜っ

   あのババア〜〜〜っ



こんなワケで呼び出し・・・とにかく悪戯好きな

素敵なババア
・・・御婆様です





次回この村に起こった出来事が明らかに







           続く・・・。


   


1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  
 





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

夜狡の闇

2012年02月23日(木) 1時00分
夜狡の闇





老婆「こんな話を聞いたことがあるかい



 闇夜の月が深く・・・赤く・・・

   染まる時・・・一羽の烏が舞い降りる

 烏は目を食い足を食い・・・

   気づけば我が子を手にかける・・・

 狂いし烏は泣き叫び・・・夜を呪いて飛び回る

   夜狡(やずる)となったその烏・・・

 赤き月夜に舞い戻る・・・

   我が子を求めて舞い戻る・・・

 あの味求めて舞い戻る・・・・・。



老婆「ひっひっひっそれが今夜だよ



とある村いにしえからの伝承

言い伝えが詩になり、今宵の幕があがる・・・




PM17:21


舞台はここ、伊座名村(いざなむら・仮名)から始まる。



鑑定ファイル57


夜狡の闇(やずるのやみ)スタートです・・・。







           続く・・・。







1人でも多くの方々を支えてあげてください

皆様のご協力をお願い致します

      





おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

  
 





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ