くれ くれ ガ〜ルるるるる〜っ!・12

2010年02月26日(金) 1時00分
くれくれ ガ〜ルるるるる〜っ・12



諸田「ひえ〜っ それじゃあ、が多いと

   を2つ積まないとマイナスのままじゃん

透明「そうだねでも、間違えないで欲しいんだけど

   さっき話した人の為に何かをすることや、

   やり過ぎたり、人を使うようなことは

   徳や業の概念の糸口にすぎないんだ

諸田「そう そこ聞きたかったんだけど

   徳とさっきの対価業と自分本位に人を使うのと

   どう違うの

透明「簡単に言うと さっきの対価は幸明(こうみょう)

   って言うんだけど、この幸明は徳の糸口 つまり

   徳は、人の人生に大きく影響し、多大な幸明を

   成したものを言い


   幸明は、人への心配りが成すものとされているんだ

諸田「じ、じゃあ、徳を積むのって、その幸明を

   沢山しなくちゃいけないってこと

透明「ううん そうじゃないんだよ

   幸明の中でも、相手を想い行動したことが

   その人の人生を正しい方向に導いた時に得られるものが

   徳ってこと
 もともと人は、幸せになることが

   正しい道だから、それだけ見ても誰にでも

   幸せになる権利はあるってことだよね

諸田「そっか〜 何だか嬉しいですね

   あっ でももあるんだよね〜

透明「うん そうだよねもともとこのマイナス要因は

   無明(むみょう)って言うんだけど

   これは業の糸口 要するに

   業は、人の人生に大きく影響し、多大な無明を

   犯したものを言い


   無明は、自己への執着が成すものとされているんだ

諸田「う〜ん、なるほどね〜

透明「まあ、無明の中でも人の人生を狂わせるような

   ことをしたものが、業ってところかな

諸田「なかなか難しいもんだな〜・・・。」

透明「それじゃあ、もう少しまとめてみようね

諸田「ちょっと待って メモる〜っ



幸せを得る対価

+10
  
  (但し、一度積んだ徳は幸せを得る対価として
 
   使われても昇華され消えることはなく、

   ひとつの事柄につき+10を永続的に加算してくれる
)

幸明+10

  (幸せを得る対価として使うと、昇華され消えるもの)

−20

  (但し、一度積んだ業は幸せを得る対価として

   清算されても消えることはなく、

   ひとつの事柄につき−20を断続的に施行するもの
)

無明−6

  (幸せを得る対価として使うと、清算され消えるもの)


諸田「へ〜っ 徳や業は、使っても消えないんだ〜

透明「そういうこと 沢山徳を積みたくなるでしょ

   ただね 徳と業は表裏一体だけど、業を生きている内に

   昇華するには、徳を2つ必要とするからね

   徳と業は、あの世に帰ってからはじめて相殺されるんだ

   幸せになる為に使う対価としては、どちらも大きい存在だし

   徳を2つもって+20としても、業をひとつ積めば−20

   幸せを得る対価としては、±0になっちゃうから

   気をつけないとね

諸田「た、確かに・・・

透明「徳は、感謝の極み 業は、恨みや妬みの極み

   どちらも、感情や心情から来るものだけど、

   生きていく上では、大切なルールだから覚えておいて

   損はないよ それとね もう一つ

諸田「

透明「徳と業も2種類ある

   徳も業も、受ける側だけではなくて、

   与える側にも発生するものなんだよ

諸田「ええっ そうなの

透明「よく、幸せに成る為には人に感謝しなさい

   ということを耳にするけど、つまりはそういうことなんだ

   ただ、表面上の感謝ばかり言ってても意味はないけど

   心からの感謝や信頼は、自分の心をフクヨカにして

   徳を生み出すことにつながる

   もちろん業もしかりだけどね

諸田「そっか〜 でも、悪いことした人を恨むと

   自分も業を受けるのは、なんだかな〜・・・

透明「確かにそうだよね ただ、その場合は少し違うんだ

諸田「

透明「少し難しい話なんだけど う〜ん・・・。

   なるべく分りやすく言うね

   実際に被害を受けた人は、その罪の分は人を恨んでも

   業を免除される

   但し、その罪の分量はまちまちで人にもよるけど、

   ある一定の時間で、その事を過去のこととして

   自分自身が昇華出来た時 諸田さんで言えば、

   自分自身の為に幸せになろうって想えた時から

   罪の分量は終わるものなんだ

   人って不思議なもので、その呪縛が終わると

   自分と向き合い、前向きに幸せを探せるように

   出来てるんだよ

諸田「・・・それ、何となくわかる

   確かに、最初は殺してやりたいくらいだったけど

   それに縛られてると

   自分が自分を不幸にしている気がして・・・。

   まあ、私の場合

   それが途端にバカらしくなったんだよね〜


うん 強い子だ

諸田さんの前向きさは、ひとつのことを乗り越えた

強さなのかもしれないな
   

透明「要は、罪の分量を昇華した後自分が被害者ではない場合

   人を恨んだり妬んだりすると、自分にも返ってくる

   よく、自分が上手くいってないことを人のせいにしたり、

   過去のことを言い訳にしたりして、ことある事に

   人生から逃げ続けてしまうと

   心が貧相になって業が生まれてしまうこともあるんだよ

諸田「ひえ〜っ き、気をつけよう・・・

透明「まあ、人生業を積まない人なんていないもの

   大切なのは、徳を積んで生きようとする

   優しい前向きさかもね」  

諸田「う〜ん・・・

透明「 どうしたの

諸田「あの〜っ、こんなこと今更聞くのもなんだけど

   よく、人に迷惑をかけてるのに幸せな人っているじゃん

   そういう人はどうなのかな〜っ って思って・・・。」

透明「くすっ 大体の人がそこ聞いてくるよね

   まあ、確かに不公平な気はするけどね

諸田「・・・うん・・・。」



おおっと ちょっと長くなっちゃった

大切なことなので、ついつい

今回の鑑定ファイル 

少し長めですが、もうちょっと

          お付き合いくださいね





            続く・・・。



ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします
  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/395
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
わたぼうし
透明先生、ご説明ありがとうございます。

対人に怖さがあるので、徳を積むのは、どうも得手ではないようです。

陰徳なら無理なく自然に積めそうです。

頑張ります♪
2014年01月16日(木) 15時14分

>わたぼうしさん

陰徳について、コメント欄でお答えしていきますね

本来、徳積みというのは、誰かの為になる

ということが1番の前提となります

陰徳のように、人知れず誰かの為に善行をおこなう

ことは、すごく尊いことです

そして、この場合、誰が徳を返してくれるのか

と言えば、自らおこなった行法(ぎょうほう)を

自らが認め、心を豊かにし、徳となる

と言われています

この時に、大切な働きをしてくれるのは、

それを常に見ている守護霊様です

守護霊様は、その行法をしっかりと閻魔帳に書き

徳を換算してくれる心強い味方ですので

陰徳をおこなっておければ、その分の徳は

しっかりと守護霊様が保管してくれます

ですので、多くの徳を積んでいってくださいね
2014年01月15日(水) 22時45分
わたぼうし
理解したようで、時間が経てばまた見え方が変わってきて、何度もブログを読み返しています。

透明先生、リクエストです。
徳の積み方の中で、俗に陰徳とよばれる物は方程式にはどのように関わってくるのでしょうか。
子供のころ、「誰が見ていなくても、誰にも感謝されなくても善い行いをするそれが陰徳」と教わったことがあります。

今後、何かの鑑定エピソードに添う内容がありましたら、よろしくお願いいたします。
2014年01月08日(水) 15時28分
透明先生

>ニモさん

・・・あっ!・9にコメントいただいた

徳積みの質問に対する回答です


「憑いた霊や念を浄化してあげると

徳を積んだことになるのですか?」

という問いですが

基本的に、徳を積むというところまでは

いかないように思います

ただ、浄霊の場合

正式な方法で浄霊をして

相手にとって本当にプラスになる

結果がともなえれば

徳となる場合もあります

リクエストは了解しました
2010年11月03日(水) 1時14分
りこ
りこ

透明先生

透明先生とアンジェーリーク松本さんのおかげさまで、私の禄が広がりましたぁ。

有難うございます。

うれしくて}うれしくて
うきうきるんるんです

実は私は大いなる幸せ者だったようで、禄が広がると今まで気がつかなかった幸せに次々と気づくことができました。

気づかぬ間に思いやりいたわりの気持ちで物事をとらえ感謝しているんです。  こんな気分は初めてでもあり懐かしいようでもあり、とても自然です。

幸せルンルンがあふれておりますので、先生や松本さん、このブログつながりの皆様におすそ分けさせてください。
明日も禄をひろげますね。
妙な自信とともに  幸せりこ
2010年07月03日(土) 22時11分
レオ
透明先生へ

(^m^)―☆pupupu―!
私ってば、なんて理解力がないのでしょう〜!
私のおバカっぶりを、一緒に笑ってやってくださいナ

幸せを得る対価 の中の

【徳や幸明】が、幸せになる為に使える(充てる)ことは理解できたのですが

無明−6
幸せを得る対価として使うと、清算され消えるもの

の解釈を

「なんで自分勝手な事をして作ったマイナス(無明)を
・幸せを得る対価として使う(充てる)事が出来て?
・且つマイナスが清算までされて??
・おまけに消えてなくなるわけ〜??? 

と不思議に思ってました。。。はははっ はぁ〜 
マイナスをマイナスのまま、どうやったら幸せになる為に充てられるのか???真剣に考えていました
思い込みって怖いですねぇ〜★

無明には、同量の【徳&幸明】を充てる事により
マイナス分が清算《相殺》され→やがて消えてゆくのですね〜?
*正確には*
【徳】はこの世では相殺されず、あの世で【業】と相殺される。
(だから対価として 使われても昇華され消えることはない)


おなじ<無くなるという現象>に対しても
【昇華】と【清算】という風に使い分けてある事にも
注意を払っておらず、結果、こんがらがっていた様です。



かなり出遅れちゃいました♪

・・・〜

ではございますが(^‐^)
解釈に問題がなければ『質問』ではありませんので、スル〜してくださいね
いつもありがとうございます
2010年03月20日(土) 2時12分

透明先生。


大丈夫。
ちゃんと伝わってますから・・。

本当はみんなわかってると思いますよ^^

だからみんな幸せを求めるのだ^^


お願いだから先生が悲しくならないでください。
そんな風に感じちゃった先生のコメントを見て、
「ヤダぁ・・先生ぇ・・・(´;ω;`)」
って、何も出来ない私はどうにかなっちゃいそうです・・^^;


コメント入れようか迷ったけど、
やっと落ち着いたみたいなので、そっと・・・^^

2010年03月04日(木) 16時17分
Lisa-risa
透明先生が大変だって聞いて、遅ればせながら飛んできました

一日睡眠時間2時間程度

ハードスケジュール過ぎますよぉ〜

また不動明王様にお願いに行かなくっちゃ
今度は「透明先生が無理して倒れませんように」って

ブログの方は絶対に無理しないで、
本当に本当に体大事にしてくださいね
2010年03月02日(火) 21時14分
一言??
美しい蓮の花に魅せられてやって来たところ、
思いがけず、水面下の部分を覗いてしまった感じですね。

先生を気遣うのも大切。
一番、大切なのは、自分。
人の批判(自分の事は棚に上げてますが)は、五感で感じた事を
脳で組み立て、発するようになります。
このコメント欄の良いところは、自己の入力内容を再確認出来るところ。
一呼吸おいて、読み直し、自他共に徳になるのかよ〜く考えて送信して欲しいものです。全ては、ミラーイメージ(化)しますよね。

いつも、先生をはじめ、皆様には気づきを与えてくださり、感謝いたしております。
2010年03月02日(火) 8時44分
はな
失礼しました。
こんにちはが、こんんちはになってました。
すみません。

今日は朝から悪いことが続いていたので、先生の日記で
浄化しようと思ったら、。。。。でしたね。
コメント欄は、吸収しないようにしました。
まあ、そういう日もあるのでしょうね。
明日は、いい日になりますよ。

2010年03月01日(月) 11時09分
はな
こんんちは

数日振りに、拝見しました。
コメント欄は、コメント”乱”とうい感じですね。

これは、月の影響もあるのかな。
みんな、攻撃的すぎる。

高橋大輔選手の選考曲でも、聞いて
気持ちを切り替えて欲しいものですね。
2010年03月01日(月) 11時02分
ミツル
透明先生・・・すみません
ボクが、「前世」などという言葉を軽率に書いてしまったせいで、そちらの方に意識が向かってしまったのかもしれません

記事本文で、「自分が上手くいってないことを人のせいにしたり、過去のことを言い訳にしたりして、ことある事に人生から逃げ続けてしまうと心が貧相になって業が生まれてしまうこともあるんだよ」と書き、

コメント欄では、「前世やカルマと言ったものは本来、人として生まれて来られている以上、同じ事を繰り返さなければ、それに巻き込まれることは一切ありません。今を生きている事の全ては、今を生きている自分自身で作り得たものです

それが真実だとしても、ここまでハッキリ書くに至った透明先生の様々な想いを察すると、申し訳ない気持ちになります親兄弟でも友達でもないかっちさんのことを悲しんで叱ってくれているなんて

諸田さんにせよ、かっちさんにせよ、その他悩みを抱えている多くの読者にしても、不幸な事件や事故に巻き込まれたり、不幸な境遇に置かれてしまったとしても、人生の駒を進めるしかありません

「あの時こうしてたら回避できたかも・・・」「もし親がこんなことをしなかった・・・そんな思いが頭をよぎったり後悔することは仕方がないとは思います
でも、起こってしまったことの原因に縛られて、不幸を嘆いてばかりいては、決して幸せになれない事を今までのたくさんの記事で教えていただきました
もちろん運を呼び込む方法も
これ以上、「このブログの読者さんを信じています」と言ってくれている透明先生をがっかりさせないように、過去や現実を受け止め、前向きに、自分の人生を諦めずに頑張るしかないなと思いました
自分の幸せを掴むのはもちろん、周りの幸せのためにも

>かっちさん

>>カルマではないとすると「運がわるかった」ということかなあ。

運気の事を扱っているブログ記事で参考になりそうなものをピックアップしてみましたよかったらどうぞ

 運と木人図の関係について
  木が語る人生・9木が語る人生・10
2010年02月28日(日) 22時59分
キリン
ののみちさん
鬼太郎さん

コメントありがとうございます。確かに誰かのバックグランドを知ったところで自分自身はどうなのか?
ですよね。先生は諸田さんの例をあげてますが、要は伝えたいのはみんなが各自の幸せを掴むこと。

どうしても、なぜ?理由は?原因は?と何事にもそう考えてしまうタイプなので。
そこに執着するより、起きてしまった事としてこれからを見据えないといけませんね。私達が生きていくのは過去でなく未来ですもんね。
そして先生はそれを教えてくれてる。


お二人とも私に喝を入れて下さってありがとうございます
2010年02月28日(日) 22時17分
かっち
わたしが一番 変な子なのよお
幸せ探ししましょう
2010年02月28日(日) 18時58分
かっち
くどくてごめんね 言葉ってうまく伝わらないなあ ののみちさんに ここまで書かしてごめんね
2010年02月28日(日) 18時56分
ののみち
かっちさん

そうですね。今回のファイルは「最初やな奴!て思ってもほんとはそんな風に思われるべきでない人」みたいなことも教えられたのだと思っています。

でも初対面に抱く感情なんて殆んどが業になるほどではなく、そんなのは喜怒哀楽のひとつぐらいだと思っています。
先入観から差別したり虐めたり噂したり…そこまで行くと業にもなり相手も自分も狂わすことになりそうですが。

変な子!て思っても話してみると良い子だった、とか日常茶飯事ですよね。

諸田さんについては私も最初先生らしからぬ書き方だと思いました。
でもそこも、「先入観から判断しては駄目」ってことと「どんな爆弾あっても人間として気を付けた言動や行動をしないと誤解を招くし幸せや自分のためにならない」みたいな二つの要素もある気がしました。

根が暑苦しくてすみません(^_^;)。
真面目…嬉しいです。。
かっちさんに幸せに…と言われて嬉しいです凵B
頑張って一緒に幸せになりましょう。みんなで幸せになりましょう
みんなで幸せになって先生も幸せにしちゃいましょう〜

2010年02月28日(日) 18時27分
かっち
追記 ののみちさん みているだけでよいかと思います。同情したことではなく 知らない時にいろいろ批判してしまうことね。よく知るまでまってたらよいとおもうのね わたしは。どういう状態でこうなるのか 知らないといえない経験したから。ブログで話すのも不思議だけど透明先生 こういうこと望んでたんでは?ないかしら
2010年02月28日(日) 18時10分
かっち
ののみちさん 幸せになってね。わたしは自分のことだけわかりません。透明先生にとってしまっていたのは そういう力のこと。嫌なんですほんとに。諸田さんの話 最初読んだ時にわかりましたから。ののみちさん いいひとだとはわかるのね ただ世の中 正論だけではないの 大切な人大事にしてね。
2010年02月28日(日) 18時01分
ののみち
かっちさんへ

ボキャブラリーが貧困なため語弊を招きました。

諸田さんを「許せてしまう」というのはー…うーん、適切な言葉が見つからずにそう書きましたが、上からではないんですねぇ…。私も同情は嫌いです。でも感情を寄り添わすこと、感情を同じくするってことも同情と呼ぶのかなと思います。となると私の感情も同情といえるかもしれません。

どんな爆弾抱えた人も端からはわからないものです。
でも爆弾抱えてるからってなんでも許されるわけじゃありませんよね。

私はかっちさんの言いたいこともなんとなくわかります。
拘ってる部分もわかりますよ。

私は善意で動いている透明先生を困らせたくないし、先生の身体が心配なんです。
だからブログのコメント欄が質問攻めで暴走するのがたまらなく胸が痛いんです。それだけです。

みんなで慎みをを持てれば変われると思うので。

私に何を言うのは自由です。私はタフなのでへこたれませんから。いくらでもぶつけてください。
言いたいことが言い合えるのは友情さえ感じます。

ただ、先生が私たちを励まし支えてくれるように、私たちも先生を気遣いましょうよってことです。

先生だって人間なんだしきっと悩みも苦悩もたーーくさんあると思いますよ。
人の悩みまでも任されるお仕事なんだし、ほんとに私たちが思う以上に神経も身体も磨耗しているのではないかと心配なんです。

私たちが先生を支えることは無理でも、このコメント欄だけでも気遣いましょうよってことです。

本当に、心から思います。

良い子ちゃんぶってると思われても構いません。私はそうは思ってないからです。この一年、私は驚くほど強くなりました。先生のお陰です。そういう方は多いと思います。

コメント欄の混乱を避ける為にも今後はコメントを控えます。

かっちさん、読んでくれてありがとうございます。
私はあなたが嫌いじゃないです。
2010年02月28日(日) 17時53分
かっち
鬼太郎さんへ コメントありがとうございました。 ムッとしてはないの これはここでは書けませ あることをしったからね。透明先生に言うことです 透明先生がだれかということもわかりましたから
2010年02月28日(日) 17時49分
かっち
ののみちさん、真面目なのね。はずかしくないと思うならそれでもいいのではないかしら。わたしは言えないの でも最初にわかるではありませんか? 透明先生が書手であること すべてを書かないことで本人の影はうすくなるわ。だからどこまでか本当なのかしら 推測しない? あんなニュアンス いつもはなかったからねえ。物事を判断しないで非難しても あなたのよさはわかってもらえないといいたいのよ。しりたかったのはカルマかどうか?だし なにが起きたかは文章みたらみえますよ わたしは。ただみなさんは疑問を感じないわけにはいかない文章よね。書手がちがうひとかともおもったのよ。空気ちがうから。ののみちさんはののみちさんでいいんだけど 大切な人大事にしてね。すべて正論ではいかないわ わたしは失うもの大きかったから。
2010年02月28日(日) 17時45分
鬼太郎
「透明先生〜 寝ましょうよ」と書きながら、コメント欄で透明先生に質問や自分の相談をして睡眠時間を削らせてきたのは誰でしょう?
もし、ムッとした人がいたなら、それはあなたが図星を突かれたからです。
2010年02月28日(日) 17時29分
かっち
わたしも悪いところあるけどね。「許せてしまう」ってとこでさ 疑問を感じるわ。いろんなことあるけど(自分のこと言われてもなんともないが) 状態を知ったから許せてしまうって、同情よね。上から目線ではない? わたし一番困ったわ。いろんなひとがいることしってほしい。戦争で価値観はかわりました。極端だけど諸田さんの最初の発言、占いにくるでわかるとおもうのね。「眉つば」ってあなたの正義感は正しいの?正しければここはこなくてすむわよね。それと透明先生が一番ご存じ。わたしは鑑定は望んでません。あることを知ったので。
ひどいこと書いて申し訳ないけどね 沢山のひといるわけよ。わたしのことはいいけどね
2010年02月28日(日) 17時27分
ののみち
フェリーチェ☆ゆきさん
鬼太郎さん

ご理解いただけて恐縮です。
ありがとうございます。

ゆきさん、突然アチラから居なくなられて気になっておりました。お元気そうで何よりです。
諸事情などは私にはわかりませんが、また気が向きました戻ってきてくださいね~。

鬼太郎さん、妖怪ヲタの私には萌え萌えなハンネでドキドキです(笑)。

理解されることってやはり心強く有り難いです。
ありがとうございますm(_ _)m。

お騒がせしてすみませんでした。
私のせいで炎上しないよう祈るばかりです。

読んでくださった方が、「ちょっとはわかるな…」てお思いでしたら、そのまま行動に反映してくださったら…と思います。

この場を借りて発言させていただきましたことを心よりお礼申し上げます。
ありがとうございますm(_ _)m。
2010年02月28日(日) 17時12分
ののみち
かっちさん

かっちさんの短期間での前向きに変わられた姿が、顔も知らない私ですがとても嬉しく感じていた一人です。
心から人間て強いな凄いなって思っていました。
でも先生から見えるとか見えてないとか鑑定を匂わせるようなことには否定的な自分がいます。
言ったもん勝ちみたいに読者のみんなが同じように書き始めたり自分のことを絡めた質問が溢れてしまったら先生は本職の鑑定以外にブログ回答にも追われて大変だと思いませんか?そういう流れを作ってしまうような発言は控えた方がいいような気がしませんか?

賛辞のみ書けと言うわけでは決してありません。キリンさんにも書かせていただいたように、疑問を疑問だからといって簡単に相手に答えを求めてはいけないと思うのです。

諸田さんがカルマであろうが呪いであろうが、それが何であれ今回のファイルには特に関係のないことなのではないでしょうか。
頭の良い先生のことですから必要であれば詳しくそこを中心としたファイルを書くと思います。
今回の言いたかったことはそこではないはずです。
書き手が何を伝えたいのか、私たちはきちんと把握するべきだと思うのです。

コメント欄で確かにやりとりはできますが、対等な相互関係を築けるわけではないと思います。
あくまでも与えられた情報を自分と向き合いどこまで出来るかが幸せの鍵でありこのブログの味噌だと思います。

人のカルマや因縁を事例として知ったとしても、千差万別で自分で当てはめることはできないと思います。また勝手な思い込みがその人を逆に不幸に導くこともあるかもしれません。それ故先生はその辺りを詳しく書かないのかもしれません。全くの憶測ですが。なのでそれを知ることは自身に何の得もないことかもしれませんよ。

私は自分の諸田さんについてしたコメントは恥ずかしい物だとまったく思っていません。

彼女を知らない私にとって、彼女の言動や遅刻などは世間一般の常識からすれば眉をしかめるものであっておかしくないと思います。
彼女のバックグラウンドを知ったところでそれとこれとは別だと思っています。
でもそういう態度が過去の色々のせいだと知ればなんとなく許せてしまうのが不思議です。でも今回の鑑定を機にそういった部分も少しずつ変わるのかな?と思いました。
自分が不幸だからと甘えてはいけない、甘えていては幸せになれない、そう思います。
2010年02月28日(日) 15時34分
鬼太郎
>キリンさん
さらに横から失礼します。
「皆さん鑑定に沿った疑問を投げかけてると思いますよ。」とおっしゃいますが、「国津罪の生膚断・死膚断について先生のお考えをお聞きしたい」という質問は、鑑定とは関係ないことですし、「そもそもなんの為に人間は創られたのか」ということも直接記事とは関係ないことだと思います。
婚カツと縁・5のコメント欄を読んでみてください。
http://yaplog.jp/uranai-diary/archive/138#ct
恋愛にからめて記事とは関係ない手相の事を聞いていたり、自分が彼女が出来ない理由を、天罰や前世の因果なのか?というようなことを質問しています。これも、記事に関係すると言ってしまうなら、記事に絡めたらなんでもありになってしまうのではないのでしょうか?

私も相談したい悩みはありますが、コメントで聞くことは控えています。透明先生の負担を考えて、相談や質問を控えている読者の方も多いんじゃないでしょうか。
私は、コメント欄で個人的な質問をして回答をもらったりしている人は、ズルイと思っていました。ずうずうしい人の方が得をしてるって。
でも、無料で「教えて」と相手に強要することは、マイナス6の無明の借金をしていることだし、それが透明先生のやりたいことの時間を奪って人生を歪めること(業)にまでなるとしたら、私はずうずうしくなれません。
自分は他の人よりも切実な問題を抱えているから透明先生に聞いてもいいんだという自分勝手な解釈もできません。
人の為という大義名分のある質問も中にはあるかもしれませんが、それでも個人的にアドバイスを求めるのは、透明先生の負担になっていることは確かです。

だから、ののみちさんは、そういった個人的な相談や見解を求める質問は控えるように、皆さんに良識を呼びかけているんだと思いました。
2010年02月28日(日) 15時11分
ののみち
キリンさん

それは違うと思います。
ここは学校でも通信教育でもないんです。
本来先生がここで読者の疑問に答える義務は無いはずです。
先生の善意によりQ&Aが成り立っているだけで、ここには先生と生徒という関係があるわけではないと思います。

なので本来、私たちは書いてある内容を出来る限り理解し、与えられた限られたものだけで理解し納得しなければならないと思っています。

本を読み、疑問を持ち感心し共感し、本人の見解をも知りたくなるとします。でも本人の自宅に押し掛けたり出版社に問い合わせたりしないですよね。
似たことだと思います。
でもブログという特長上コメント欄が存在する。大事なことだから先生も応えてくれる。
でもそこに甘えてはいけない、そう思うということです。

あくまでも私の個人的見解です。
が、一理あるような気もしませんか?
私が正しいとか正しくないとかじゃないんです。
今の状態を「当たり前」としてほしくないなと思ったのです。
2010年02月28日(日) 15時02分
かっち
わからなくはないけど 今回 疑問をもたれた方 多かったみたいで、「なぜなのか?、どうしてなのか?」はありでしょ? 忘れて欲しくないことがあります。こういうこと書く人に限って 最初 諸田さんについて批判してませんでしたか? 説得力ないのよね。
2010年02月28日(日) 13時49分
かっち
ののみちさん 賢い人だね。いい子になっていられないときもあるし ではなぜ コメント欄があるのか? 励ましや賛辞だけあるのが 本当に正しいですか?ね 毎度毎度わたくし 行き過ぎてますが (すんません) すこしは聞いてよいのでは? 賛辞だけあるのは受け身すぎなんでは? なぜコメント欄があるのか?
2010年02月28日(日) 13時37分
フェリーチェ☆ゆき HAPPY☆

たびたびすみません。
読者がたくさんいれば、それだけ人により感じ方、受け止め方は違いますよね。

>ののみちさんの、現在新規の鑑定を行えないほど忙しい先生に、鑑定かと見まごうような個人的な相談や見解を求める質問は控えるべきではありませんか?にも私はとっても共感したんです。

私もブログ読んでいて、じゃあこの場合の業は?徳は?こんなケースは?どうなんだろう??と聞きたいことたくさんあるけど、先生の負担になるんじゃないかなって控えてしまいますし、過去のブログやコメントを読み返してヒントを探してみます。

わからないことや疑問に感じたことは、その回のブログじゃなくても、過去のブログにヒントや答えが書いてあったりするから、遡ってブログ読んだりしています。

それでも、どーーうしてもわからない事があったら、
ブログの内容に沿っての疑問は聞いてみようと思います。(^^)

ただ個人的な相談や見解は控えたいです。


学ばせてもらってることに感謝ですね。。
先生や皆さんのコメントも勉強になります♪

文章力が足りなくて、語弊があったら、すみません。
2010年02月28日(日) 12時43分
キリン
私も横から失礼します。

皆さん鑑定に沿った疑問を投げかけてると思いますよ。
私も、諸田さんにこだわったわけではなく、他者によってあまりに酷い出来事に巻き込まれる人ってどうしてなんだろう?って思いますし。
かっちさんやその他の方のように『今回の件は前世やカルマは関係ない』という部分を見て、ならば何が???と疑問を持ちましたし。

大切なことを教えていただいてるのは承知してますが、学ぶ側に疑問が生じるのは仕方ないのではないかと。
2010年02月28日(日) 12時11分
フェリーチェ☆ゆき HAPY☆
先生、みなさん♪いつもブログ拝見しています。
>ののみちさんの書き込み、すごく共感します。
私もそう思っていました☆

鑑定者に興味、、よりも、先生が伝えてくださることの意味、、
よーく考えてよんでいきたいですよね。

鑑定してもらえてる方は、お金を払って先生にみていただいている。

でもブログの読者は無料で、先生からとても有意義な情報を教えてもらっています。これってすごい感謝なことですもの。。

眠る時間も少ないのに、透明先生は、ブログを更新してくださっています。そこまでして読者に伝えたいこと、、または教えてくださることの意味を理解して、感謝していたいと思います。


生意気なこと書いてしまってすみません。

ののみちさんの書き込みが、私の考えと同じだったので、私も思わず書き込みしてしまいました。

透明先生が、眠る時間を惜しみながらも、
このブログを続けてくださる意味をしっかり受け止めていきたいと思うし、先生の負担にならないようでいたいです。

いつもありがとうございます!

読者のみなさまも透明先生もHAPPYでありますように。(^−^)

>ののみちさん、意見に共感して乗っかって書き込みしてしまいすみません。でもとても共感いたしました。
2010年02月28日(日) 12時09分
ののみち
すみません、一言発言させてください。

なんだか衝撃的な過去を持つ諸田さん自身に興味を示されてる方が多い気がしますが、今回の鑑定って諸田さんのケースと絡めながらも「幸せになるための方法」を先生は教えてくれてるんですよね?

今までだって、鑑定にこられた方の事例を踏まえて、でも伝えたいのは読者が幸せになるための糸口だったり手助けだったりしますよね?

私たちは鑑定師でもなんでもないんですから、鑑定ファイルから読み取れる大切な部分を各々しっかり血肉にする、ということがこのブログの核ですよね?

バスタースピリットをご紹介くださってる時だって、苛められてる小学生のお話と絡めてましたが、誰も小学生のバックグラウンドまで突っ込んだりしてませんよね?

鑑定された人について考えをめぐらすのではなく、メッセージをしっかり受け止めて欲しいです。

今回のファイルは意識し出すと不安になったり実行が難しく感じたりしそうだと思います。
でも幸せになるってそんな簡単なことじゃないし、これから盛り返せる要素が沢山ある、幸せになることは自分をみつめなおして向き合うことだと思います。

どの鑑定ファイルも全て内観するきっかけをくれていると思います。
目を背けず誤魔化さず自分を見つめることが出来た時、幸せが見えてくると思います。

先生は睡眠を削って身を削ってお仕事されているのは読者の方の殆んどがご存知だと思いますが、それ故体調を崩されたりブログ活動が負担となり一時期お休みされたり、質問は分かりやすく「質問です」や「教えてください」と書くことが決まりとなりましたよね。

でもそれは「質問です」とか「教えてください」と書けばなんでも良いわけではなく、ブログの内容に沿ってどうしてもわからないことがあれば質問してください、ということだとは思いませんか?

先生は知識も豊富で魅力的な方であるのは読者のみんなが知ってることだと思いますが、現在新規の鑑定を行えないほど忙しい先生に、鑑定かと見まごうような個人的な相談や見解を求める質問は控えるべきではありませんか?

それは先生が律するのではなく、読者である私たちが良識をもって控えたり察したりするべきなのではないでしょうか?

生意気だと思われたならすみません。
でも黙ってられませんでした。
一読くださった方々にお礼を申し上げます。
2010年02月28日(日) 11時25分
かっち
透明先生〜、みなさんありがとう。ごめんなさいね なぜか諸田さんの件 不思議な感じするわ…
透明先生〜 寝ましょうよ 急がれてるのはわかります。先生の人生だから 言ってはいけないのも分るしね。長さはかわりますよね。
わたしの件ですが、やはり両親に感謝できないでいます。父の浮気 保証人で借金 母の自殺未遂 などなど 振り回されました。いまだに傷なんでしょう。おまけに○○だし、家族はできません。出来ることといえば芸術ばかり、体育会のひとは怖いですし。
透明先生〜 諸田さんの前世がしりたかったんです。カルマではないとすると「運がわるかった」ということかなあ。でもそれは…。人の運命にまきこまれないようにできますかねえ? いまの時代 運のよい人が生き残る感じするわ… 透明先生を攻撃してるわけではないの。なんか今回の話 変だなあって。
言ってるうちは自殺しません。こっそり!
2010年02月28日(日) 11時02分
ゆめまる
今回の諸田さんの件は前世やカルマは関係ない…

前世と同じ過ちをしなければ巻き込まれることはない…
ん〜。でも本人じゃないのに、お父さんが強引な経営者だった為の業に、諸田さんとお母さんは巻き込まれたのですか?

揚げ足取るようですみません。なぜか今回のテーマは素直に納得できなくて。

先生や読者の皆さんに不愉快な思いを与えたらすみません。
2010年02月28日(日) 9時46分
たっちー。

透明先生、おはようございます。

先生のお体が心配です。
精神はずっと高いところにあっても、体がついていかなかったら先生の夢が遠くなってしまうのでは、と余計なお世話の心配をしています。

先生のブログは大好きで、応援していますが、先生が休めるのなら、更新は週1でも隔週でも、月1でも良いと思っています。

もっと休まれてください。どうぞご自愛ください。
2010年02月28日(日) 6時21分
桃太郎
先生が大好きです。

お仕事頑張ってください

ありきたりな響きですが心底そう思っています。
おこがましいですが、みんなの幸せを願う先生こそが一番幸せでありますよう願って止みません。

お仕事頑張ってください
先生が大好きです!

2010年02月28日(日) 2時51分
しろ
先生ごめんなさい
私 本当は解っています
親のせいにして 自分の言い訳にしていることも
前世のせいかもと言って 努力から逃げていることも

自分以外に 何か原因があるんじゃないかと思っていないと
自分のやってきたことが否定されるようで怖いんです

>今を生きている事の全ては、
>今を生きている自分自身で作り得たものです

ぐさっと突きささる言葉でした

反省しても直らなかった自分を今ここで変えなきゃ
私は一生幸せになれないままだと思いました

先生に叱られて やっと目が覚めた気がします
2010年02月28日(日) 2時31分
ニモ
わたしも
かっちさん、強くなってきて
とてもいいなって思ってました

でも、時として
こころが不安になると
ポロって出ちゃうんですよね

わたしも同じです
2010年02月28日(日) 1時59分
透明先生

続き・・・。

そして

私は、人を生かす仕事を生業とし、どんな不幸にも

立ち向かおうとしている人の応援をしています

どうか、私に生きていかねばならないのかなんて

悲しいことを聞かないでください

現実は苦しくても、人は変われるものです

現に、かっちさんは変わって来ましたよ

どうか、後ろを振り返らず前を向き現実と向合い

打破する強さを持って下さい

自分を信じてあげてください

私は、この仕事(運命や宿命)から逃げる気はありません。

私にも夢はあります、ですがそれはこの仕事をし、

一日睡眠時間 2時間程度のハードスケジュールでは

到底出来ないものです

ですが、私は何時か必ずそれを運命から逃げずに

やり遂げるつもりです

最後に、今回の鑑定ファイルで皆さんを試すようなことは

思っていません

もし、そう思うのであれば、かっちさんの心に直接

聞いてみて下さい、それは生きる意味で大切な

感情なんですよ

私は、このブログの読者さんを信じています、

もちろん、かっちさんもです

必ず人は、幸せになれます それは、目に見える

分だけで、十分なものです。

どうか、自分を信じて前を向き歩んでください

キツイことを言ってしまってゴメンね、でもそれは

私が、かっちさんを信じているからです。

ご理解くださいね
2010年02月28日(日) 1時39分
透明先生
>かっちさん

もし、このコメントでお気を悪くされたらごめんなさい

少し、お話を聞いて欲しいのですが。

この鑑定ファイルを載せるさいに、あらかじめ諸田さんには

承諾を得ています。 ですが、このブログは本来その人の

全てのプライバシーを暴露する場所ではなく、諸田さんの

好意で書かせて頂いているものです

かっちさんの知りたい部分は、本来その人にとって

書いて欲しくないであろう部分で、諸田さんの承諾無しでは

書けないものなのです そこは理解してください。

ですが先ほど、諸田さんより連絡があり

書いても良いとのことなので、書かせて頂きます

諸田さんのお宅は裕福で、お父様はそれを一代で築いた

やり手の経営者だったようです

そのやり方は、少し強引なところもあり、お父様をあまり良く

思わない方もいたようです・・・。

その事件の犯人もそのことの関係者だったわけです。

今回の諸田さんの場合、前世やカルマなどと言ったものとは

関係はありません。

もともと、前世やカルマと言ったものは本来、人として生まれて

来られている以上 同じ事を繰り返さなければ

それに巻き込まれることは一切ありません。

今を生きている事の全ては、今を生きている自分自身で

作り得たものです

                    続く
2010年02月28日(日) 1時38分
与太郎

>透明先生

お返事ありがとうございます

>殺生の有無より発祥した教え
そうでしたか 色んな解釈があるようなのでお聞きしました


臓器移植に関しては先生は中立的な立場のようですね

キリスト教系は違うかもしれませんが一般的に宗教は臓器移植
に否定的だと思います 私も絶対反対なので・・・

臓器移植の根底にある西洋医学は人間の体を単なる物質とし
だったら売ってもあげてもいいや的な霊性を無視した考えだと
思いますが

神からその人に与えられた体を勝手に傷つけたり(整形等)
パーツを他人に譲渡するなどもってのほかと考えています

臓器移植を成り立たせている延命治療も霊的には問題あり
と思うのですが・・・


>これからこの国が臓器移植を認め、ハッキリとした
判断が出来るようになったら、もう一度一緒に考えて
みましょうね
 
はい!分かりました
2010年02月28日(日) 0時59分
透明先生

>カオルさん

う〜ん

それは大変ですね〜 確かに方位は人間がこの世界に

暮らしている以上、多大な影響をもたらすモノです

これは、徳や業の観念とは離れ、自然の摂理に属するもので、

外的要因になってしまいます

徳や業は、内的要因として幸せや個人の望みに関係してくる

もので、心の余裕もここから発生してくるものなんです

ですが、方位や厄災は外的要因として、多くのストレスをかけ、

外からの影響を強く受けてしまうもので、その厄災から受ける

過度のストレスを徳としてもつ心の余裕が勝ればそれほどの

影響もなく、自分の力で乗り越えられるようになります

方位の厄も時間と共に薄れては行きますから、いつか

内在する徳で盛り返すチャンスは来るはずです

その方達が、巻き返す日もくると思いますので

カオルさん どうかそれまで、支えてあげてください

私も、その方達が一日でも早く抜け出せるのを

お祈りしています
2010年02月28日(日) 0時31分
ニモ
先生も
いろいろと辛い経験を持った方なのに
明るく、前向きに強く、
私たちにこの世の理を
時間をかけて説いて(解いて)
くださっているのではないかと
わたしは思っています

ブログを始めて
これだけ多くの方が見ていれば
いろいろな意見も反対もありました

なかには傷ついてしまうのでは?
と思うようなものもありましたよね

それでも前向きに
ブログを続けてくださっている

私みたいな業の深いのものには
本当にありがたいことです

わたしもはっきり
見てもらったわけではないですが
前世のしがらみを断ち切れない者です

断ち切れないことがいいことかわるいことか
いまだにわからないのです

でも必死に生きていく中で
その答えを見つけられたらと思っています
2010年02月28日(日) 0時23分
透明先生

>与太郎さん

国津罪の生膚断・死膚断

なるほど〜 確かに整形や臓器移植は

考え方としては、近いモノにも思えますが、

本来、生膚断・死膚断は殺生の有無より発祥した教えなので、

少しニュアンスが違うようですよ

臓器移植の問題は、その個人個人で徳や業の発生は

あるのかもしれませんが、一括りにするには個人が

強いものもあり、判断は難しいですね〜

これからこの国が臓器移植を認め、ハッキリとした

判断が出来るようになったら、もう一度一緒に考えて

みましょうね
2010年02月28日(日) 0時16分
しろ
私のコメント見て書いたんでしょうね。

私は 他人から見下されるのが どうしても許せません
人から指摘されると 批判的人間にイラっときます

友達が褒められて 自分が評価されないと
「良かったね」と笑顔で手を叩いていても
心の中では 私が褒められなかったことに不満を持っています

そんな器の小さい人間なんです

感情がコントロールできない自分にもイライラします
1日の中で 気分が上がったり下がったり
自分の精神状態の元凶は 親や周りの環境にあると思っています
私の人生 こんなはずじゃなかったのになぁ
感謝されたり 褒められるようなことをやってきたのに…
前世に悪いことしたから なかなな上手くいかないのかな

自分が何ポイント溜まっているのか 今は怖くて聞けません
優しい前向きさ持ちたいです
2010年02月28日(日) 0時11分
ゆめまる
かっちさんの言ってることすごい共感します。前世の業の為にひどい目にあうのなら、もう産まれてきた時点でマイナススタート??
極端な例だと子供達。幼くして親に殺されたり、暴行されたり、まだ業も徳も積む行いすらできない段階で、それが前世の影響ならば何をどうしたらいいんでしょう。前世で自分がしたことの記憶すらないのに。

やっぱり理不尽さを感じてしまう。凡人の考えなんでしょうが、あ〜分からなくなってきた
先生ごめんなさい。
2010年02月27日(土) 22時16分
かっち
みつるさん 丁寧な言葉ありがとうございました。前世って反則だわあ 覚えてないし 人格はわたしではないでしょ? いまのわたしだったらしないことしてるでしょうしね。みんな幸せになりたいだけなのにね。わたしは意外と質素です。ひとりで静かにいきていければよかったの。あまり欲望なかったし。愛する人は思い出でよかったし いまさらねえ… 人間の接点は少なくしときたかったのに 広がるし 心配ごともね。
透明先生〜 今回の話 素直に共感できなくてごめんなさいね。なにかひっかかります やはり。まだ終わってないから仕方ないけど 試されているようでなんか嫌なのよ〜 そんな気がする。いつも文字から出て来る感覚がちがう
2010年02月27日(土) 21時08分
かっち
みつるさん いろいろ考えてしまうわね。わたし 人の不幸を吸って 幸せあげてるみたいだわ(なんか映画あったわね) 妬みとかは一切ないのだけれど 自分自身がいやになります。どうにかならないかしらねえ〜 言えないことが多いから わかりにくいと思いますが 好きになったひとが心配。
2010年02月27日(土) 20時44分
ミツル

「諸田さんの件 なぜ不幸にならなければいけなかったのか」
(かっちさんのコメント)

確かに、人から見て凄く良い人が不幸になっていたり、純真無垢な子供が不幸になっていたり、理不尽さを感じて疑問に思うことが世の中に一杯ありますよね
それらは、今生まれてきているこの世の中だけで精算できるものではないのかなと、透明先生のブログを読んで漠然と感じています
自分で書いてきた木人図も、人との関わりの中で色々な歯車があって、1秒違っていたら免れた災難、様々な選択で右ではなく左の道を選んでいたら違った結果、というのがあるかもしれません(全くの私見ですが。)
そして、幸せか不幸かの感じ方は千差万別
他人から見て不幸な境遇だと思っても、本人は十分に幸せを感じているかも知れない
(以前、虐待経験がある方がコメントされていたように。)

諸田さんは、何が原因で過去の不幸な事件が起こったかは分かりませんが(本人が木人図に書いた試練前世のカルマ何者からの呪い先祖代々の祟り関連厄災の類…etc.)、いずれにせよ、それを乗り越えて掴んだ幸せは、とても大きな幸せだろうなと思いました
辛い過去を乗り越えた強さと、心の痛みを知っている優しい諸田さんなら、透明先生の鑑定を受けた後は、きっと幸せになる1歩を自分の足で踏み出せると思っています
2010年02月27日(土) 20時36分
ミツル
扱いにくいテーマを解りやすく説明してくれてありがとうございます
最後まで楽しみに読ませていただきます


かっちさんのコメント
「言わない方が正しいときもありませんかねえ。」

その通りだと思います
時には何かを守る為に、正当性を主張することが大事な場面もありますが、そうではない場所で、むやみに人を非難したり、人を傷つける言葉や態度はやめた方がよい、とボクも思います
(正しい・間違いという言葉の定義は別にして。)

反撃する人の心理としては・・・うーん
自己防衛の意識が働いて、その基準は自分が不快に感じたかどうかってところなのかな

基本的には、紳士的に話し合いをすれば分かり合えるのではないかと思っていますが、確かに、一行動を指摘されると全面否定されたと感じたり、自分がバカにされたと思い込み、ムキになって食ってかかるような人もいるようなので、コミュニケーション上の注意が必要ですね

まあでも、自分がした事は全て自分の身に跳ね返ってくるシステム(自業自得)なので、仕返しという人が嫌がることをすれば自分が痛い目に遭うのは、透明先生のブログを読んで分かったのではないでしょうか
きっと理解されたからこそ「努力します」とおっしゃっていると思うので、その人のことも、同じ透明先生のブログ読者として、共に成長していけるよう応援していきたいなと思いました
自分が変わりたいと思って行動した人は、やり方さえ間違えなければ、必ず想い描く幸せが手に入るはずですから
2010年02月27日(土) 20時34分
かっち
追記 透明先生〜 霊能者とか霊媒師より やりたかったことはなかったのですか? 運命とか宿命に抵抗することは無意味なことなんでしょうか? わたし 今 ○○に行ってますが 結果的であり いきたくないけどいきました。すきなひとをみつけたのも悲しいことです。○○に行くことはある神社の方に当てられたのですが (忘れてましたが)後がありまして心配してます。好きになったひとは○○です。一番なやんでいることです。
今日 宗教的な歌が夢のなかできこえました。
2010年02月27日(土) 15時23分
かっち
透明先生〜 なにかひっかかります。ひとに注意して 逆ギレされ殺害された人とかいるではないですか? 状況というものがありませんか? あと 無礼な行動をとってるひとに反撃すると どちらかがいっておられましたが 基準はなんですか? あなたがそんなに正しいですか?常識があってないような時代、なにを基準にしますか? それにより死んでも大丈夫なんですか? 言わない方が正しいときもありませんかねえ。
諸田さんの件 なぜ不幸にならなければいけなかったのかがしりたかったです。話の筋道がいつものようにないので 真ん中が空洞みたいに見えました。話に入れないです。生まれてきた場所により あうあわないはありますよ。それでも生きて行かなければ行けませんかねえ。たまに自殺を考えていますよ。存在することに拒否したいときもあります。(単にうまくいかないからではなくて、ある問題がありますから) 透明先生から わたしはみえてるのでしょ? それでも生きて行かなければ行けませんかねえ。
霊媒体質を変えることもありますが…。
2010年02月27日(土) 15時02分
カオル
質問なんですが、私の知人が家を建て引っ越したのですが、とたんに夫婦二人とも(別々な日に)事故に遭う、子供が登校拒否になる、旦那さんの給料が大幅ダウン、その他もろもろで、今や離婚の話し合いです。

それが方位を侵したからだと。

とてもいい人達で、ボランティアなどもやり真面目に生きてきたのですが、いくら徳を積んでも方位などでこんな一気に壊れてしまうものなんですか?

方位や風水は徳や業にこんなにも影響してしまうのですか?
2010年02月27日(土) 9時28分
ニモ
私も償わなければならない業がいっぱいあります

でも、先生の

「大切なのは、徳を積んで生きようとする
優しい前向きさかもね」  

に救われました

先生、今日も本当に
貴重なお話をありがとうございます

2010年02月27日(土) 0時20分
くう
先生・・…今回のテーマは本当に
難しいような気がします。
先生の・・・・・・・不思議なもので、その呪縛が終わると
   自分と向き合い、前向きに幸せを探せるようにできて
いるんだよ・・・・
今 まさに自分が そうなれたらいいな・・という状況に
います。 
信頼していただけに 裏切りを どうのりこえたらいいのか・・
人生一度 人を怨むより毎日笑顔でいたいですよね
     頑張ってみます (*^_^*)   
2010年02月26日(金) 23時33分
フェリーチェ☆有紀 HAPPY ☆
先生yいつもブログで素敵なお話しありがとうございます
今回のブログは 何回も何回も読みましたQ
業と徳は、難しくて深いけど でも逆に物事素直にとらえ、 感謝していけば 簡単なことなのかもyとも思えたりしました
人を幸せな気持ちに自分のしたことで出来るのなら~
自分も幸せですものね。(*^-')
不平不満も、幸せも自分の心が作り出すもの
徳についてQ
もう一度、先生の今までのブログ 読んで頭にいれ 人生より良く行動していきますo(^-^)o
いつも透明先生ありがとう
皆さんがHAPPY でありますように~
2010年02月26日(金) 23時27分
与太郎
透明先生に質問があるのですが

先生の今までのお話とはちょっと違ってなんですが
国津罪の生膚断・死膚断についてです

色々解釈がありますが私自身は美容整形や
臓器移植もこれに該当する気がします

世間ではOK、あるいは他人を救う素晴らしいことでも霊的には
悪徳積みな事も多々有ると思いますので

臓器移植が出来ない日本はおかしい。臓器も手術にかかる費用も他人から頂くのが当然という感じの関係者の態度には疑問を感じます

お金を寄付した人が無明や業を増やすことになっては大変

厳密にいうと外科手術全般や司法解剖等も含まれそうですが先生のお考えをお聞きしたいです
2010年02月26日(金) 21時04分
しろ
自分の為に やるしかないのは 頭では解っているんですが…

私も じょんさんと同じで 私も自分を傷つけた相手に対しては
あからさまに態度に出しています
挨拶を無視したり 話しかけられても聞こえないふりしたり
私に対して失礼な相手には キッチリ反撃するようにしてます
だって そういう人間は 自分が痛い目をみて反省させないと
本人の為にならないですからね
私は被害者だから 仕返しをする権利はあると思うんですが
被害者は 人を恨みに思っても業を免除されるみたいだけど
仕返しという行動を起こすと やっぱりそれは業になるのかな
でも 私がうまくいっていないのは その子がいるから
私にとって 邪魔な存在
その子の味方をする人にも 不満があります

この前、心を入れ替え…とコメントに書きましたが
むかつく人が周りに多くて本当に困ります
そういう人に対して やっぱりイライラします
自分にとって損だと頭では解っていても その時になると
どうしても感情的になってしまいます
自分に正直な性格で 感情を抑え切れないんです

あーあ それが自分を不幸にしているなんて
人を恨んだり妬んだりすると心が貧相になるのかぁ…
一応、顔には出していないつもりですが…

たくさん人にやってあげても 帳消しにするマイナスのことを
やってしまっていた自分が情けない
ここに私が書いた事は 全部言い訳になるんでしょうね
言い訳や愚痴ばっかで ごめんなさい
努力します
2010年02月26日(金) 19時08分
みまる
>kさん

ありがとう、そうですよね。業しか持ってない気持ちでいたけどそれは自業自得だし。道がないわけじゃない、徳を積めば越えられる。
まずその気持ちが大事ですよね。

kさんのコメントで希望が出ました。kさんまたこれでひとつ徳を積みましたよ
幸せになりますように。
2010年02月26日(金) 13時44分
k
私はとんでもない業を追ってますが、それ以上に徳も積んでいる気がします。
友達にしていたこと、してもらったこと、それがいい感じで回ってます。
業ばかり見るとネガティブになりますが、徳を積めばいいんです。
と思えば気が楽になりませんかぁ?
そんなに簡単なことじゃないのはわかりますが、ポジティブにいきましょー。
そういうことこそ息吹ですよーーーー。
2010年02月26日(金) 11時41分
みまる
私も不安になりました。この先幸せにはなれない気がする。
酷いことされまくって恨んですさんで、優しい気持ちや人を信じる気持ちなんて無意味だって生きてきたから。私には業しかない気がする。
悪循環ですね。
2010年02月26日(金) 10時54分
た♪
コメントした方の名前の文字が読みやすくなりましたね

昨日から携帯の調子が悪くて今回のブログのコピーが出来ない


追伸…宇宙の話興味津々です刳o悟出来てます「
2010年02月26日(金) 7時38分
あゆ
生きて行くのって難しいですね(T_T)ちゃんと生きて行けるのか不安になってきた…
2010年02月26日(金) 6時48分
インカローズ
てんちゃん
私も幸せが近くなって来た気がします。

次回 うP超超楽しみですありがとう(^0^)/
2010年02月26日(金) 5時21分
ののみち
今まで私の持論で、いつも恨みや怒りの感情などや「許さない」って気持ちや言葉は忘れなきゃ駄目っていうのがあって、
恨みや許さない!て気持ちを持ち続けていると、いつもその事がらに縛られて、思い出す度に怒りに燃え当時の辛さや憎さがありありと戻ってきてしまい、自分が前に進めないし、そこに縛られてしまう。
だから「決して許さない」って気持ちや言葉はとても恐くて自分も苦しく不幸にする言葉だから、思っちゃ駄目!「許す」っていう気持ちが自分をも救うから…って思っていたんです。

周りに怒りに燃え、「死ぬまで忘れない、一生許さない」と言ったりしてる人にも「許すことで見えることも沢山ある」って伝えたりしてきました。

今回のブログを読んで、自分が漠然と掴んでいたものにこういう仕組みがあったとはっっ!と納得&驚いています栫B

一時期私も恨んで恨んで恨んでそこにがんじがらめに囚われまくっていましたが、なんの得にもならん、と、自分だけがそこから進まない感じが嫌になり、「許す」とか「忘れる」って大事って思ったんです。

わたし業はきっと沢山積んじゃってると思います…浴B
でも人間だもの(笑)!
ブログをきっかけに私は変わります!
自分が幸せになるために、というより私を取り巻く皆と一緒に幸せになれるように徳を積んで行きたいです!

そんな風に言っていても胸にシコリのようにある苦手な人物達の酷い仕打ちをすべて消し去ることが出来ない自分です磨B
胸の中で小さく小さくなっても、顔を見るたびにムクムク大きくなってしまいます。
もう忘れよう、忘れようと思うけど、忘れられない。
だからやっぱり「いいよいいよ、もう許すよ」って相手を認めてしまえるよう…あと少し、年内には消化出来る気がするので頑張ります。

はー…ほんとに透明先生のブログに感謝ですh。自分を成長させる糸口がいっぱい~。読者さんのコメントもみんな勉強になるし、ブログを知ることが出来て、なんだかしみじみと幸せです凵B

次回の続きも楽しみにしています!
先生、いつもありがとうございますh!
2010年02月26日(金) 4時20分
あや
先生、今回こんなに丁寧に書いてくださりありがとうございます(>_<。)

大切なことなので
しっかりと心に染み込ませるまで何度も読み返そうと思います!
続きも楽しみにしています(*^-^*)
2010年02月26日(金) 3時13分
じょん
はぁ〜私が幸せになれない理由が痛いほど納得

私は訳あって母親をずっと恨んできました、今だに。周りの人にもその事を話したりして。

それ以外にも自分を傷つけたり苦しめた相手には、心の中で恨み妬み……時にはあからさまに態度に出して。

自分自身の為に、終わった事!と消化していかなきゃいけなかったんですね。

気をつけます、いや、心を入れ換えます!
2010年02月26日(金) 1時31分
サエコ
こんばんわです〜。
私、あほなんで騙されやすいんですよね。
例えば「明日、槍が降るらしいよ」レベルでも
「え?ホントに?」とすぐに真に受けるので、よくからかわれますし(笑)
で、それに関しては具体的な金銭的被害とかもなると
自分が「騙された、ちっ」って心の隙間が喪黒福蔵ってだけじゃなく、
家族にも迷惑をかけちゃうんで、
一時期は「騙されるもんか〜」と、知識を詰め込む事に重点を置いてました。

でも、あるときに、「そうか、私が騙されなかったら、相手に騙したというカルマも背負わさなくて済むんだ」と思う事があって、
自分だけが被害者で善人、みたいな考えはなくなりましたん。
…なくなったはず…の、つもり(笑)

どの例も「この難問をどうやって解決するんだろう」と考えながら
読ませていただいているんですが、
基本的にどの解決例にも、根底にやさしさがあるなあと感じます。
2010年02月26日(金) 1時16分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2010年02月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
月 別☆アーカイブ