カモ〜〜〜ン〜ヌ!・17

2019年09月10日(火) 8時00分
カモ〜〜〜ン〜ヌ・17



透明「家紋はあくまでも、家徳の力を表記するものだけど、

   家系の血の力を引き継ぐのにも役立っていて、

   その家紋を普段から使っていることで、

   遺伝子の中にある血の力を引き出す効果があるんだ

   つまり、子供の血には、両親の血の力が存在するから、

   家紋を普段使っている旦那さんの家の血の力が

   引き出されていることが大半で、眠っている奥さんの

   血の力は表に出てこない


   でも、もしその夫婦が離別した場合、奥さんが子を

   育て、名を実家に戻し、実家の家紋を使うようになれば

   眠った血の力が復活する
こともあるんだ

一郎「それって、離婚したほうが子供の力が二倍になるって

   ことですか

透明「そうじゃないんだ

   家紋の力、つまり血の力は継承して行く呪法が組まれている

   ものだから、その子が使っている、もしくはその庇護下にある

   血の力しか継承できないんだ


一郎「そっか〜よくできていますねぇ〜

   ということは、俺は親父の血の力しか発動していない

   ということなんですね

透明「う〜んと説明するのが難しいのだけど、

   実はそういうわけでもない

一郎「

透明「例えば、一郎さんが結婚した場合、

   一郎さんの子供は、血の力を引き継いで、その才能を

   開花させることができるのだけど、奥さんの血筋の力も

   少しだけど付与される
ことになるんだ

一郎「えっえっ

透明「つまり、昔の人は、奥さんが一郎さんの家へ

   嫁いだとしても、着物の紋付きや小物などで

   実家の家紋を身に着けていたんだ

   そうすることで、子供にも奥さんの血の力が

   少し反映されるようになっているんだよ

   だからこそ、昔は家紋を見て、自分の家に

   付加させたい血筋の力を持つ人と結婚させる

   政略結婚があったんだ

一郎「なるほど〜

   そういうことなんですね

透明「これは、語弊がないように説明しないといけない

   のだけど、結婚する際に、神様へご報告する

   結婚の儀には、こういった血の力の継承という

   術式も組み込まれていて、神様も了承している

   ものなんだ

   これは、西洋式でも神前式でも、同じだから
   
   安心してね

   そんでもって、もしその夫婦が離婚をした場合

   これは、神様との契約を破棄したことになるから、

   血の力はどちらかに偏ることになるんだ

   もちろん、死別の場合は、契約破棄にはならないから、

   両方の家紋を使い続けてくれれば、双方の能力を

   子供は発揮できる

一郎「も、もしかして、よく離婚した後、子供の性格が

   変わってしまうっていうのにも、関係してきますか

透明「そうだね・・・今までは二家の力を有していた子は、

   片方の能力や性格を使えなくなるから、しばらくは

   変化について行け無くて、バランスを崩すことも

   あるかもしれないね

一郎「ち、ちなみに、結婚式をあげていない場合は、

   どうなるんですか

透明「その際は、神との約定が無いから、嫁ぎ先の血の力

   だけが、子供に影響することになる

一郎「つまり、奥さんの血の力は引き出せないって

   ことになるのか〜

   そんでもって、離婚したら、奥さんの家紋の影響を

   受けるから、やっぱり子供への負担は大きいことに

   なりそうですね

透明「もちろん、離婚がダメと言っているワケではない

   のだけど、そういった知識をもっておくと、

   離婚の際の子供への負荷は軽減できるから

   って一郎さん離婚前提に話しするのは止めようよ

一郎「あっあははっま、まあ、念の為にと思って

   後、もう一つ良いですか

透明「なに

一郎「結婚するときの結婚指輪って、なんか関係ありますか

透明「結婚指は、今はファッション的に扱われているけど、

   昔は呪印円式(じゅいんえんしき)といって、

   神様の加護を強く引き出すお守りなんだ

   つまり、結婚の儀で指輪を交換するのは、血の力を

   引き出しやすくする為のお守りを作る儀式も含まれて

   いる
というわけなんだ

一郎「それじゃぁ〜結婚式をしないで指輪だけだと、

   指輪の意味は・・・

透明「もしかして、一郎さんて、結婚式する気が無いの

一郎「い、いや、最近地味婚が主流じゃないですか〜

   そうなると、結構出費が・・・

透明「あははっまあ、どうしても結婚式をしない、できない

   というなら、私に相談して

   そういった神様との契約を指輪だけで、行うことが

   できる指輪を作れる人間を知っているからさ

一郎「おお〜っそれは助かるかも〜

   先生も、なかなか営業上手ですねぇ〜

透明「アホなこと言わないでくれ私はそれでバックマージンは

   取らないから、営業とか言うなぁ〜

一郎「はははっ分かってますよ

   先生、無欲ですもんねぇ〜

透明「う〜む・・・なんか語弊があるような・・・

   まあいいや

   それよりも、先の心配より、相手探しでしょ

一郎「うっいきなり現実に戻された


ちょっとだけ、仕返し・・・



透明「話がかなり反れたけど、つまり一郎さんの家紋は

   山紋の力を主軸に、いくつかの付加紋様が配されて

   いて、その意味を知り、自分の才能を引き上げる

   努力ができれば、君の家徳が上がって、運命の人

   とも自然と結婚できるようになる可能性が高まる

   ということなんだ

   ということで、次は付加紋様についても話して

   おかないとね

一郎「よ、よろしくお願いします





        続く・・・。



昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします



   
  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/2220
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
和樹
>ヨネコさん

どうか気をしっかり!
血筋能力の引き継ぎを、ご先祖様からの恩恵と思うヨネコさんの慎ましさが、なんといじらしい・・・(。´Д⊂)

結婚式をあげてないと、嫁ぎ先の血の力だけがお子さんに影響される、とは書かれてますが、冒頭でも
『子供の血には、両親の血の力が存在するから、家紋を普段使っている旦那さんの家の血の力が引き出されることが大半で、眠っている奥さんの血の力は表に出てこない』
と、書かれています。だから、ちゃんとうけついでます。

なお、それでも
『奥さんの血の力も少しだけど付与されることになることもある。それは実家の紋付き袴を身につける』
そして
『神様へ報告する結婚の義には、こういった血の力の継承という術式が組こまれている』

つまり、結婚式は、嫁ぐ側の血の力も継承しまっせ、という神様への誓いを含むものであって、結婚式の有無で、ご自身を責める必要はないです💦 

そ、その解釈で良いはず・・・

いや、今回のこの会話の流れ、先を考えすぎる一郎さんの解釈の仕方と、発するセリフまとめ方がミスリードしている気もしなくもなくもない。

??『どっちだよ』

結果、一郎さんが悪い(^_^;)←こら
鑑定内容を明かしてくださったのに、すみません💦

墓相の時もそうでしたが、現代生活から距離を置いてきてしまったもの・・・お墓や家紋に想いを馳せ、ご先祖様との繋がりや見守を意識するだけで、良い方へ導かれる方法だと思い、生きなくちゃなあ
2019年09月11日(水) 22時21分
rururu
私は結婚前に、母から家紋入りの留袖などを仕立ててもらい、喪服と共に我が家に保管してます。あまり着る機会もないのですが、何のために家紋が入ってるのか、知ることができました。ありがとうございます。この度結婚する娘にも、うちの主人側の家紋入りの着物を仕立てて持たせた方が良いのでしょうね。
勉強になります😊
2019年09月11日(水) 15時42分
透明先生 みなさま こんにちは♪

ワタシは母方の家紋を継いでいて(父は婿養子
なので)これまで父方の家紋を知りませんでした。
こちらの記事を読んで慌てて実家に電話で確認
したところ、父方も十大紋でした…
父曰く「明治時代に家紋を付けるようにお達しが
あった時に、好きな武将の家紋でも付けたんじゃ
ないかなぁ」とのこと。ってホントに?!
そんな安易に付けちゃっていいものなのか…
両家共々、権力やカリスマ性とは程遠いイメージ
なのですが…(汗)まぁ、北海道を開拓しよう!と
渡ってきたご先祖様達なので、自分の手で人生を
切り開くという意味で、リーダーシップや経営
能力が必要だったのかもしれません。

その能力を全く引き継げていないのが申し訳ない
限りです…家徳の高め方を知って少しは恩返しが
できたらいいのですが。。

ところで、結婚指輪ですが…ダンナの指輪は
結婚して数年のうちに千切れて粉々になって
しまいました(ToT) 力仕事のたびに外すのが
面倒になり、そのまましていたら不可抗力で
千切れたそうで。。って、どんだけのチカラが
加わったら指輪が千切れるんじゃーい!
ワタシだけが律義に指輪をしていますが、これでも
お守り効果はあるのかな…?(あ、質問じゃないです)

今回のお話が思いのほか長くなりそうで、先生は
なかなか夏休みが取れないなぁ…と、ソワソワして
います。色々と教えて頂きたい気持ち半分、早く
先生に休んで頂きたい気持ちが半分…うーんでも
やっぱり先生にはゆっくりと休養を取って頂きたいです

と言いつつも、続きを楽しみに待っていま〜す
2019年09月11日(水) 14時13分
ヨネコ
そんな…ショックです。
私は結婚式を挙げていません。
従って子どもたちには私の家の恩恵はゼロということですね。だから病気や入院が多かったのでしょうか。
家紋すら夫本人も知りません。
そしてその夫から離れることを現在考えている私としては。。
子どもたちに申し訳なくなってしまいました。
2019年09月11日(水) 11時46分
とらじゃ
他の方もコメントされてましたが
人前式やホテルやブライダルハウスのチャペル式(神父はバイトの外国人が多い)場合は神様との契約は成り立つんでしょうか?
2019年09月11日(水) 9時17分
ゆうこ
透明先生こんにちは❗

なんで女性は実家の家紋で着物を作るのか不思議に思っていましたが、きちんと理由があったのですね。
洒落紋でいいかと思っていましたが、考えを改めます。
貴重なお話をありがとうございます🙇
2019年09月11日(水) 9時04分
ゆーか
透明先生、ふと気になったことが。我が家の家紋は○に三つ柏の紋ですが、それでも、白黒が反対になった三つ柏もありますよね。
我が家のかもんは○で三つ柏…で葉脈が白で真ん中の○(花弁)も白なんです。○(花弁)塗り忘れ‼?って思ってしまいました。ご先祖は養子でこられていて、これまた、私の父も婿養子…何かやっぱり意味があるのかな?
気になる〜〜💦

取り合えず写メでとって待ち受けで持ってみますか😅
2019年09月11日(水) 6時21分
お茶の子彩幸
こんばんは☺️
関東の皆さん大丈夫でしたでしょうか?
千葉の方は暑い中大変な思いをされていますね1日も早い復旧を望み、また皆さんの体調管理が心配ですね。福岡という遠い地から皆さんの無事を祈っております。透明先生のブログにて関係ないことをコメしてすみません。
2019年09月10日(火) 23時59分
透明先生大好き❤
透明先生 みなさま こんばんは

家紋って普段から使ってないと活かせられないんですね。
大半の人が血の力を表に出せてないような

私の色紋付の着物、呉服屋さんが家紋間違えちゃってるし
なので袖は、一度も通した事ないです
私もアクアさんのマネして待ち受けにしようかな

先生、家紋にまで詳しくて
相変わらず博識で凄いです
お師匠様の家紋創設のお話、エピソードとか知りた〜い
お師匠様前世に興味あります。前世でも凄い人だったのだろうなぁ
2019年09月10日(火) 22時39分
るんるん
うちは、夫がバツイチ(デキちゃった婚で盛大な結婚式を挙げるも3年程で離婚)で、『さすがに2回目は…。』って感じだったし、経済的にも厳しかったので結婚式を挙げてませ〜ん(^o^;)

家紋を普段から使うのにはどうしたらいいんだろう?
私も、アクアさんのマネをして家紋を待ち受けにしてみようかな〜♪

次回の付加紋様のお話しも楽しみにしてます!
2019年09月10日(火) 21時03分
神無月
 透明先生、こんばんわ。
 台風、すごかったですが、お元気そうでよかったです。
 先生に、お聞きしたいのですが、結婚の儀ってなんですか ?
 神様の前で、誓うとありましたが、人前式も、結婚の儀になるのです 
か?
 また、ホテルのチャペルや結婚式場で結婚式を挙げた場合も、結婚の儀は成り立つのですか?
  よかったら、教えてください。
2019年09月10日(火) 20時09分
たっちー。
透明先生、こんにちは!
うちの女紋、母方の家紋と全くちがーう😂
両親共関東出身なのですが、父方はどこをどう見ても九州の家紋なので大昔九州を離れた時に女系のご先祖様が使っていた紋がそのまま習わしで残っちゃったのかな、とか思います。
2019年09月10日(火) 19時35分
アクア
我が家の家紋は両親とも十大紋で、
確かに色んな事に抜擢されることが多々あるように思います。
しかし過去を振り返ると私自身はご先祖様が喜ぶような結果は出せなかったなぁとひしひし感じています。
せっかくそんな能力が有ったのに力を使いきれず、
もっと自信を持って続けていれば良かったと今思うと残念に思います。
では、今の職場で私は何が出来るのだろう
家徳を高めるにはどうしたら良いんだろうと
ここしばらく、自問自答して過ごしていました。

で、今日のお話
家紋を普段から使うですか〜
普段から着物を着たりは難しいですが、
家紋を持ち歩くことなら今すぐ出来そうだと
携帯の待ち受け画面にしてみました
これが血の力を引き出すかどうかは分かりませんが
私はこの血を受け継ぎ、こんな能力があるのだと
チョッピリ自信が付いたような気分です
 単純〜
我が家のように〇が付くことが付加紋様と言うのかな
でも線が少なくなって簡素化されてるから
能力が薄くなってるのかもと色々気になることはありますが、
次回のお話も楽しみにしています

先生夏休みまでもうひと踏ん張りですね
応援していまーす
2019年09月10日(火) 15時46分
ヨン
こんにちは。
いつも楽しみにしています♪
家紋ですが、私の父は血の繋がりのない夫婦のもとに養子として育てられたそうで
育ての親の家紋を引き継いでますが、血の繋がりはないけれどその家紋が血筋として考えて良いのでしょうか。
疑問に思いコメントしてみました。


2019年09月10日(火) 15時07分
しゅ
私は結婚式はしなかったし、指輪も作ってないです。
でも、親戚達には夫婦揃って時間をかけて挨拶に行きました。(式をしなかった分、努力しなければ、と思って)
神社に家の人達と行くことも、かなりあります・・・。
神の前で誓いは立てなかったけど、分かってもらいたいもの・・・。
いや、大金をかけたり、誓いを立てると、プレッシャーになりそうなので、正式な場での誓いをしなかっただけですが。

家徳ですが、自分の家徳に合った趣味のような仕事をしだしてから、気持ちが楽しくなったのは当然のこと、私自身が結婚したくなってきて、相手を探したら、結婚できたのは事実かもしれません。
家徳と違う仕事のときは、つらいだけで、将来も見えませんでした

2019年09月10日(火) 13時32分
おおとり
家紋は父親の家系のものしか使えないんだろうなと思っていたけど、母親の家系の加護も少しは受けているのですね(*^^*)
何だか得した気分です。

質問があります!
私の母親は外国人ですが、確実にエンブレムを持っている家系です。
その場合でも使われている紋様を日本でいう植物紋、動物紋、器材紋などに当てはめて考えたら良いのでしょうか?
急ぎではありませんので、お時間あるときに教えて頂けると幸いです。
2019年09月10日(火) 9時39分
エリーゼ
普段から家紋を使うことで、
血の力を引き出すことが出来るのですね

我が家には夫の両親が生前に購入したと思われる
金色の立派な「家紋額」があります。

私は今回の記事を読むまで家紋だったと知らずに…
結婚前まで玄関の棚に置いてあったものを、
誰も使っていない部屋に移動していました

で、今慌てて(笑)
とりあえず玄関の棚(元の位置)に移動してみました
どこに置くのが正解なのか・・・
2019年09月10日(火) 9時09分
祐果
普段家紋は使っていないです。秋祭りに家紋の入った提灯を玄関に飾り、地元の神社へ飾り、それも一年に一回。
家紋をどのように普段使えるのかな?

後、神様の前で結婚式をあげていなくても、透明先生が発案された、指輪で結婚の誓いをたてた事になるんですよね。😌
私の両親は家で結婚式を挙げたといってました。家紋からの家徳はどうなってるんだろう?
私が家の事で色々悩んでんから、余り上手くいってないのかも😣

次回のブログ楽しみです。

それから、透明先生、台風の影響は大丈夫でしたか?体調は大丈夫ですか?
お忙しくさてれいると思いますが、お体には気をつけてくださいね。




2019年09月10日(火) 8時22分
ゆりちゃん
先生と一郎さんの会話がなかなか噛み合ってなくて笑ってますw
一郎さん、アツい男ですね!先生が振り回されかけてる😨
2019年09月10日(火) 8時07分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2019年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月 別☆アーカイブ