やまやま、マウンテン・4

2019年07月18日(木) 8時00分
やまやまマウンテン


透明「ここからの話は、一般的な話だから、

   自分と投影するのはやめて聞いてね

蘭子「は、はい・・・。」

透明「そもそも、嫉妬されるというのは、

   どういう人だと思う

蘭子「えっし、嫉妬ですか・・・・。

   自分よりも能力が低いのに評価・・・あっ

   もしかして、私よりもあの人達の方が

透明「ストップストップ

   だから、自分と投影しないで聞いて

   これは、一般的な話だよ

蘭子「は、はい・・・要するに、その人の評価に

   不満がある
ということですよね

透明「そうだね

   恋愛なら、自分が好きな人が他の子を好きに

   なれば、その子に嫉妬する

   そこには、自分よりも相手が下という認識

   あったりもする

   当然、自分よりも優れていると認めてしまっている

   人を選んだ時には、嫉妬というよりは、悲しみや

   相手や自分を恨んだり妬んだりもする
けど、

   嫉妬は起こらないんだ

蘭子「な、なるほど・・・。」

透明「つまり、その感情には、上下関係が存在する

   特に、相手を下に見ている場合、

   人は、必ずその人よりも自分が上であることを

   知らしめようと、マウンティングをする行動に

   出ることが多い

   しかし、これも上下関係が微妙なところにいる

   人にしか起こらなかったりもする

蘭子「どういうことですか

透明「例えば、Aさんという人がいた場合、BさんとCさん

   にとってその子は、自分よりも下という認識

   あったとするよね

   この時、AさんがBさんやCさんを追い抜くような

   評価を受けた場合、BさんはAさんに何らかの

   マウントをとろうと躍起になるけど、Cさんは

   ならなかった


   ここで大きな違いがあるんだ

蘭子「

透明「Bさんの場合、嫉妬からマウンティングをしている

   ことになるのだけど、裏を返せば「負けたくない

   「負けていない」という心が隠れている

   つまり、Bさんは、Aさんを心の何処かで認めてしまって

   いるということなんだよ


   しかし、Cさんの場合は、嫉妬を抱かない

   ここには、Cさんの「負けていない」「負けるわけがない」という

   確固たる自信があって、Aさんの評価に対しても、

   素直にすごいと褒めてあげられたりもするんだ

   もちろん、これもAさんをある程度認めているという

   ことにもなるんだけどね

蘭子「つ、つまり、どちらもAさんをどこかで認めている、

   認めているから、Bさんは嫉妬をしているということなんですか

透明「そうじゃなければ、追い抜かれる危機感を持ったり、

   マウンティングはできないんじゃないかな

蘭子「でも、明らかに自分よりも能力が低い場合は・・・。」

透明「その場合は、評価した人に嫉妬しているんじゃない

蘭子「

透明「会社なんていうのは、役職があったり、年功序列が

   未だにあるし、簡単に人を評価しにくい環境なのかも

   しれないけど、嫉妬する人が、誰に対して嫉妬して

   いるのか
を考えれば、打開策も見つかるもんだったりする

   蘭子さんの場合、上司や先輩が嫉妬しているなら、

   蘭子さんの方が年齢的にも役職的にも下という認識が

   あったり、同期や後輩であれば、蘭子さんを評価した

   会社に対して嫉妬している可能性もあるんだ


   だから、嫉妬といっても各人の思惑は異なっていることが

   多いんだよ

蘭子「・・・・認めている・・・・私が・・・


おっ気がついたかな

自分に対する周りの目線だけでなく、自分自身が周りを見ている

目線
をもてれば、今の状況が少しは見えてくるはず


蘭子「先生・・・それって、期待とかも含まれますか

透明「おお良い質問だね

   蘭子さんの言う評価という観点から見れば、

   会社に対する期待値というもの大きく関わって

   くると思うよ

蘭子「そう・・・ですか・・・。」



うんいい感じ

しっかりと、自分と向き合ってる




次回、新たな問題が




         続く・・・。





昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/2192
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
サキ
やばい、ゆっくり何回か読んでもなかなか理解できないんですけどーーーっっ!笑笑
※先生のご説明が決して悪いんじゃなくて、私の理解度が本当に低いんです!ヽ(;▽;)ノ

わからなすぎて、嫉妬してる時を思い返す、思い返す…。私、嫉妬ってなんかあんまりしてない…嫉妬するほどまず自分にそこまで自信がない…いや、謙遜とかじゃなくって、嫉妬できるほど自分はそこまでまだ頑張れてないはず、出来ることをまずやろうって思ってる、、、
なんか嫉妬できるってすごいと思います。それだけ頑張ってる話じゃないかって思う笑 ほら、やばい!全然理解できてない!笑 理解してから読もうと思ったけど次の更新を先にもう読んじゃおう…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
2019年07月22日(月) 0時22分
和樹
Σおお!嫉妬って、相手を認めて発生するものというのが目からウロコです💦
そうか、相手が格下だからさげすむことの奥底には、脅威の存在でもあるという実感があるからなのですね

だけど実力なら、アドバンテージというのかな、やっぱり凄いなあ、と感じてのち、
そこから嫉妬によるマウンティングやら嫌がらせとなるか、
よーし、私も負けないぞ!頑張ろうと発奮するか、
エネルギーの持って行き方も、自分自身を大事に出来るかの別れ道かもしれないですね

だって、嫉妬の行方はどう進んだって苦しいものだもの
2019年07月19日(金) 6時38分
しゅ
嫉妬したり嫉妬されたり、妬んだり妬まれたり。
相手の能力や人間力を評価しながらも、ついつい自分と比べて、余計な感情が出てくるから、人間関係って厄介っと思ってしまいます。
しかも、何かに頑張ったりして、気持ちが入り込むほどに、感情も大きくなってきて。なかなか冷静になるのが難しくなることもある・・・。
後になって、そんな勢いが無くなった時に、自分が周りを見えていなかったことに気付いたり。
勢いや感情をコントロールするには、かなりの年季がいるのかもしれないですね・・・。
2019年07月18日(木) 21時54分
ra
透明先生、今回の鑑定は生きててよくあるあるパターンですね。
嫉妬の感情はとても大変です…!
蘭子さんの察しのよさはやっぱり能力が高いからなんでしょうね…。
すごいです!
次の問題は…ドキドキ
2019年07月18日(木) 13時18分
熊の親切
おっ!スゲーじゃん!
キーワード「マウンティング」を先読みした読解力!
或は予知能力(笑)

慢心や他人を見下す事は宗教的に言えば「罪」
神から見れば人間同士の比較は大差ないでしょ
嫉妬も立派な「罪」

他人や集団の中で己の幸せを見出そうとする考えが
自分には全く理解出来ないけど?
仮に評価されたとしても環境の変化、時間の経過
とともに消えちゃう可能性大だよね
2019年07月18日(木) 12時45分
るんるん
自分が相手を認めていることを認める。
…頭では理解しているつもりでも、なかなか難しいですよね(>_<)

次は、どんな問題が!?
2019年07月18日(木) 10時59分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月 別☆アーカイブ