哲学への道・7

2017年07月30日(日) 8時00分
哲学への道



槙本「答えがあるのですか

透明「そうですね答えと言うと御大層ですが、

   誰もが死に対して、一度は恐れを抱く

   理由はあるのではないでしょうか


槙本「

透明「槙本さん先程も言いましたが、

   兎角、人間は求める答えの前段階にこそ

   その答えがあるものなんですよ


槙本「前段階・・・・・・う〜ん・・・


ちょっと、頭が硬いかな

もう少し手伝ってみようか



透明「槙本さんは、死後の世界は無いと考えている

   そして、死に対しての恐れは、存在の消滅が

   有力だとおっしゃった

   しかし、自ら望んで死を選んでしまった人からすれば、

   死は直接的に恐れとは結びつかない

   しかし、自ら命を断ってしまった人でも、最初から

   死にたいとは考えていなかったはずですよね


槙本「あっ

透明「死を選ぶだけの理由はあったとしても、死を選ぶような

   事柄さえなければ、決して死を選んだりはしていないはず

   ですから、やはりそういった人でも死は最終段階での選択

   なります

   そして、死を選んだ人が何故恐怖にとらわれないのか

   それは、自らが選んで死を受け入れようと決めたからです

槙本「ああ〜〜〜っそ、そうか



クスッ気がついたかな


槙本「死は、自らが選べば恐怖の対象にはならないことがある

   もちろん、それまでのプロセスの中で恐怖を感じる人も

   いるかもしれないが、それは表面的な痛みや苦しみに対する

   恐怖であって、死に対しての恐怖ではない

   そして、自殺を選ぶ人でも、死は最終段階でしか選ぶことが

   できない特別なものと認識すれば、やはり、これらの人達にも

   死への恐れはあったということ

   宗教的な知識を持つ者、そういった事柄に否定的な者も

   この恐れは存在する

   それは、死というモノと向かい合う前の段階に存在する恐怖

   つまり、「自分は、いつ死を向かえるのか」という疑問にある

   ということでは無いのか

   死は、どんな人にも平等に訪れるモノ

   そうなれば、死を受け入れる者、受け入れられない者、抗う者も
   
   でてくる

   しかし、これらの全ての人々が、いつか来る死という当たり前の

   事象に恐怖することは少なく、何時その時が来るのかを知ることが

   できないことこそ、死というモノに対しての恐怖が生まれるという

   ことではないかぶつぶつぶつ・・・・・。」


ここから、しばらく槙本さんワールド全開

入る隙間がないので、それを見ながら、ひとりお茶をすする透明先生・・・



10分後・・・


槙本「先生

透明「ブッふぁい


漫画のように、お茶が霧となり宙を舞う


槙本「だ、大丈夫ですか

透明「うっ、うんご、ごめんね


うわ〜っはずかし〜い


槙本「先生それよりも、先生のおかげで、自分の考えが

   まとまって来ました
   
   本当に、ありがとうございました


あははっ全然気にしていないのね・・・


透明「いえいえ私は、あくまでも疑問をぶつけていた

   だけですよ

   でも、少しでも何かが得られたのであれば、嬉しいです

槙本「あ、あの〜


ドキッもしかして、まだ何か・・・


槙本「また、来ても良いですか


ホッ良かった

これ以上、ない頭を回転させたら、煙でそうだったよ


透明「もし、何かに行き詰まったら、いつでもお相手しますよ

槙本「今日は、本当にありがとうございました

   良い論文が書けそうです

透明「あっ槙本さん、最後に一つだけ良いかな

槙本「



論文が書きたくてウズウズしている槙本さんを呼び止める透明



次回、ファイナル

槙本さんに、悩んだ時のアドバイスを伝えます







             続く・・・・。




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/1835
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
海雀
いつもは飛雄馬の姉・明子(誰も知らないだろうなぁ)の如くそっと見守るだけでしたが、和樹さんの「先生」がぬけていることに萌え〜のコメントを発見。
私は凄く萌えてしまいました〜。会社の休み時間に見てひっそり悶えてしまい。
私も反省室ですね…

和樹さんと、萌えポイント似ています
2017年08月02日(水) 20時30分
サキ
>E7#9さん

他の方のコメントを読ませていただいて、気づくことや楽しませてもらうことがあるから、管理人のみ表示って個人的な意見ですが、イヤだ!笑
けど名前を濫用されて嫌な思いされてるから…そう思っちゃうのもわかるような。管理人が承認したら公開、とかいうのもあるかもしれないけど、先生の手間増えちゃうし! 学べるブログだから、そういうことがなくなることを願ってます💫横からすみませんでした!
2017年08月02日(水) 8時31分
サキ
は〜い👋(#^.^#)💓

これからも、先生のブログ楽しみにしてます!
とんちんかんなコメントをしちゃうこともありますが、先生、皆さま宜しくお願いします(^人^)
2017年08月02日(水) 8時23分
E7#9
無理な相談かもしれませんがコメント欄を「管理人のみに表示」
機能が付いたブログ(Fc2)だと嬉しいですね。

人間は皆違うのにどうして自分の尺度だけで悪意を向けるのか
分かりません。まして勘違いなんてとんでもない話です。
2017年08月01日(火) 20時59分
E7#9
>ただ、1つ理解しておいていただきたいのは、
someさんが思い描いている相手と、コメントの方は
別人ですので、ご注意ください

これって私の事 自分になりすました荒らしの所為で
今までもコメント削除を濫用されたりしたけど我慢してた。

他人のコメントを批判する事を禁止事項にしてもらえませんか
2017年08月01日(火) 20時15分
some
>透明先生さん
透明先生、わざわざありがとうございます(*^^*)
そうだったんですね…。ありがとうございます!文章の書き方が瓜二つだったので、その方だと思ってました。 
 
いかんせん、顔や状況が見えないのでわからないことや誤解することもありますね。ごめんなさいm(。_。)m

うつ病になりどん底の時に私はここから這い上がらせてもらって、今みたいにどんどんチャレンジできるまで回復させてもらったので、どうしても透明先生のブログが大切です。そのため、かなり言ってしまったように思います。
 
コメント欄で何か協力できることがあれば、何なりと言ってください♪
これからも応援しています!
2017年08月01日(火) 18時39分

>someさん

あわわわわ

なんだかあらぬ方向へ行っているような

少し思い違いをされているかもしれないので

今回一言だけ入れさせてもらいますね

コメント欄の管理に関しては、不適切な言動や文言が

入っているものは、私の方で削除したり、注意をしたり

していますのでご安心ください

まぁ、中には、私に気づいてもらおうと、

ワザと名を騙ったりする方もいらっしゃいますが

私が削除したりせずに、残している意味を

自らが理解してくれるのを待っていますし、

成長してくれると信じて見守っています

あとは、学ぶための意見として、極力コメントは削除せず

残していますので、その点もご了承くださいね


それと、この場で伝えることではないのですが、

せっかくここで重ねてコメントをいただいたので

一応お伝えしておきますが、someさんがACCESSの方へ

個人的にメールでご連絡してきてくれたことに関しては、

対処させていただきました。

ただ、1つ理解しておいていただきたいのは、

someさんが思い描いている相手と、コメントの方は

別人ですので、ご注意ください


このブログは、皆さんにとってプラスになる知識を構築できる

学びの場であってほしい、と常に願っていますから

こういったことは、趣旨から外れていますので、

何卒ご理解の上、これからもブログを楽しんでいただけたら

と思います
2017年08月01日(火) 18時18分
和樹
樺さん、someさん、お気遣い有難うございます💦💦

ノビノビしちゃったり、『今の言い方、ちょっと強くない?』という部分は……我ながら感じてたりあったので💦💦
改めて、皆々様と先生の優しさに感謝いたします💦
m(_ _)mm(_ _)m


先生、ハンドルネーム、いつもの『先生』が抜けておじゃる……
……焦ってらっしゃる文面………


す、すみません、ちょっぴり萌ました……

懺悔の部屋行き、
先生と皆々様からの水、かぶらせていただきます!


2017年08月01日(火) 12時50分
some
>和樹さん
和樹さん、私のコメントで不安な思いをしてしまったらごめんなさいね(^_^;)
もちろん和樹さんのことではなく、いつも楽しくコメント読ませてもらっていますよ♪
というか、価値観の違い・考え方の違いは感じても不快に思うコメントはほとんどありません。本当にそのお一人だけですので。
 
不快に思う理由としては、悪意ある下品で否定的な言葉使いのみならず、ハンドルネームを悪用したり、ネットの匿名性を利用してるのも含まれてます。正直、あまりにくだらなくて、哀れです…。
それを透明先生にはお伝えして、多分に知ってるにも関わらず見てみぬふりをしているのは如何なことかと思いました。(もしこっそり注意を促してるならごめんなさい!)

透明先生のブログですので、透明先生が判断することとは思います。何か考えがあるようでしたら、ごめんなさい。ただ、この件でコメント欄は不快に感じることが多いです。
2017年08月01日(火) 10時18分
透明
皆さん💦

ご、ごめんなさーい🙇

今回の私のコメントは、決して何か

問題があった訳ではなく、ただ単に

鑑定ファイルが分かりにくい内容

なのではないか?

と言う、勝手な心配と、皆さんと

コミュニケーションが取りたいなぁ〜💕

と言う想いだけだったので💦

お騒がせしてしまい、申し訳ない🙏

皆さんが色々な意見を持って、

鑑定ファイルと向き合ってくれること✨

本当に嬉しいです💖

私もまだまだ、学ぶことが多いですが、

皆さんと一緒に成長できたら嬉しいな〜😄

本当に騒がせてしまい、ごめんね🙇
2017年08月01日(火) 10時12分
>和樹さん
いつもコメント見てますが、特に不快感はないので気になさらなくて大丈夫だと思いますよ

読んでて、てんやわんやしてる様子が伝わって面白いですけどね((((;゚Д゚)))))))
2017年08月01日(火) 8時47分
和樹
透明先生、皆々様

私コメント投稿多いから、表現に難あり、という場合もあるかと存じます💦💦

気を付けます………m(_ _)mm(_ _)m


2017年08月01日(火) 6時59分
サキ
ドキドキ。透明先生からのコメントを読んで、自分のコメントが何か押し付けがましいものだったらら!!?と思い読み返してました笑
た・たぶん大丈夫…(^^;)💧 でもって和樹さんのコメント読んで自分の名前出てきたことに。゚(゚^∀^゚)゚。ブワッ💨となりました。 お茶飲んでなくてよかったです笑

死ぬことが怖いのは…うーん、私はやっぱり寂しいなぁ
、、大切な人達を抱きしめられなくなるし、、何かしらやりたかった事がもう出来なくなりますもんね〜 そしてやっぱこの考えに来ちゃうけど、死ぬ時は、それが、突然だろうとじわじわだろうと周りの人からお疲れ様、行ってらっしゃい!と言われるほど充実した人生でありたいです。今ものすごく急に眠気が…笑 文章変ですみません。哲学?にもなってないけど脳が疲れてきたのかなー、おやすみなさい💤
2017年07月31日(月) 22時53分
some
>透明先生さん
透明先生、ものの考え方を考えるというテーマの記事も楽しく読ませてもらいました(*^^*)

ただ、わざわざ透明先生がコメントし、「押し付けにならない程度」と注意を促しておりますが、大勢いる透明先生の読者の中でそんなことをしてるのは1人だけだと思いますよ。
 
穏便にことを済ませたいという透明先生の優しいお気持ちは昔から大好きですが、言うべきことは本人にはっきりと言った方がいいと私は思います。悪意を持って、否定的な下品な言葉を並べたコメントが散見すれば、コメント欄から多くの人が離れていくのは当たり前だと思います。
 
透明先生は誰に優しさを向けたいのですか?
悪意を持ってる人を放置することですか?それとも、そういう言葉に傷つく繊細な人達にですか?
ここを覗く人達の中には今にも心が壊れてしまいそうな状況の方もたくさんいらっしゃると思います。私はそういう人達が安心して学べる場が透明先生のブログであるといいな、と思います。 
 
透明先生ならすでに状況をよくわかってらっしゃると思いますので、詳しいことは書かないでおきますが、今一度コメント欄ならびに透明先生の運用の仕方を考え直して頂きたいと思います。
2017年07月31日(月) 21時24分
E7#9
最新記事のコメント欄に透明先生の名があったので何事
と思いましたがそういう告知でしたか

予想通り読者のコメント数が少なかったですね…

クソ暑いのに論理展開追跡でばててしまいましたよ

ネットなどを介して間違った危険な考えを拡散する輩が
多いのでどうぞ宗教色も気にせずに「真実」を読者に
ゴリ押しして下さいマセ
2017年07月31日(月) 18時38分
透明先生
みなさ〜ん💖

しっかりと、考えてくれていますね😄

今回の記事は、記事中の事象を考える事

よりも、考え方自体を考えてみるという

少し変わった主旨になっています👍

ものの考え方は、人それぞれですから、

押し付けにならない程度に学んでみて

くださいね💕

2017年07月30日(日) 15時23分
クリスタル
おはようございます🌞
いつも、ありがとうございます😊
今回の、お話しは、とても考えさせられました。哲学って考えて悩むことなんですね。
次回、悩んだら、どうするか?が、とっても楽しみ(╹◡╹)です。
2017年07月30日(日) 9時42分
和樹
先生、皆々様、おはようございます。
やはり、死となれば、木人図ははずせません。

夏だからか、ネットコラムにも『死後』について考察している記事も見受け、某新聞にも、『地獄と極楽』のコラムがあり、イラストも淡いながらも結構、グロかったです(´;ω;`)

そこで、死の恐怖って、『地獄』の存在も加味されているのかな?

2009年6月『木が語る人生(往生の章)』を中心に、シリーズ読み返して参りましたm(_ _)m

確かに今なら悔いはなくても、死因……選べない(^_^;)
老衰希望となると、長生きイコール修行も続く(苦笑)
キレイな(なるべく希望)おばあちゃん目指すわ!

それにこの世でちゃんと修行出来たかって言われると……
あの、いわゆる、他者とガッツリ向き合わなかった……例えばちゃんとした恋愛とか、もちろん結婚とか、パートナーも作らんかった点で、
『俺たちひょうきん族』懺悔の部屋の神様によるバッテンポーズくらいそうです……(*´;ェ;`*)
ごめんなさい、昭和ネタで💦💦

槙本さんが、哲学者ゆえに死後を認める訳にはいかなくても、
論ずることは不可能ではない訳で、
長すぎて(笑)省略されたけど、槙本さんの変化、羨ましく。


どんな事象も出来事も、悩みも、アプローチや角度を変えられれば、
自分次第で、その先……そう、サキさん、あるでよ!

また人様の名前で……申し訳ない
m(_ _)mm(_ _)m💦💦

2017年07月30日(日) 9時17分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月 別☆アーカイブ