哲学への道・5

2017年07月26日(水) 8時00分
哲学への道



うわ〜っ目がランランと輝いてる・・・


透明「わ、私でわかることであれば・・・

槙本「ありがとうございます

   それでは、単刀直入にお聞きします

   人間は何故、死を恐れるのでしょうか

透明「えっ

槙本「この題材は、正直、哲学者の中でも

   意見がバラバラで、私もいつの日か

   この事への答えを導き出したいと想って

   いるのですが・・・・。」

透明「う〜〜〜〜ん・・・・難しいですねぇ〜

槙本「先生でも、やはり難しいですか

透明「いや多分、私だから難しいのだと想います

槙本「えっ

透明「う〜んと、これは哲学者さんにお話する

   ことではないですし、信じてもらえるか

   わからないことなのですが・・・。」

槙本「だ、大丈夫ですどんなことでも受け取ります

透明「う〜ん・・・簡単に言えば、私は死後の世界が

   視えるのです


槙本「れ、霊感というやつですか

透明「少し違うのだけど、同じようなモノなので、

   その認識で良いと想います

槙本「

透明「私は、この能力をコントロールするために、

   寺で修業をしてきた身なので、私が視ている世界と

   宗教としての教え、つまり教えとしての死後の世界

   を見比べてきてしまっているのです

槙本「ということは、死という概念を視てきている

   言うことになるそ、それでは

透明「私の言っていることを信じていくれるのであれば、

   答えはあるということになります

   しかし、それは難しいと想います・・・。」

槙本「えっどういうことですか

透明「私が捉えている死という概念と、多くの人が持つ

   死という概念が同じではないからです


槙本「

透明「例えば、私の持つ、死という概念は、

   そのことを視ることができる者の概念であって、

   宗教色の強い教えとなってしまうのです

槙本「

透明「しかし、槙本さんが知りたいのは、哲学としての

   死への概念です

   視える者の概念と見えざる世界への人の概念は、

   大きく異なります

   ですから、すべての人が納得できる死という概念

   そして、死への恐怖を、私が答えてしまえば、

   それは理論でも何でもない、教えとなってしまう

   そこには、すべての人が納得できる答えは無いと

   言うことにも繋がります

槙本「た、確かに・・・正しい答えだとしても、

   視えない人からすれば、感じることも難しい

   いうことですよね・・・先生を信じ、学びを得て

   いる人は、正しい答えを持つことができるけど、

   それは、先生を知らない人からすれば、全ての

   人が受け入れられる理論ではないということに

   なるということか・・・

透明「歯がゆいところだけどね

槙本「う〜む・・・・でも、やはり先生の見解は聞いて

   おきたいです

透明「えっ

槙本「確かに私達のような哲学者と宗教的思想は

   かけ離れてしまっています

   しかし、先生がおっしゃることが教えになることでも、

   そこから、哲学者としての見解は生まれてくる

   かもしれません

   是非、先生が考える死への見解を聞かせてください


うわ〜っ知識欲ハンパねぇ〜

でも、ちょっと私も面白くなってきたかも・・・。

哲学的思考かぁ〜チャレンジしてみるか





          続く・・・。




この記事を最初から読むには

  鑑定108 (哲学者の卵さん)『哲学への道』




昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします

  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/1833
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
サキ
>和樹さん
悔いなしって言えることがすごいです、私からすると!(マンガやポエムは横にそっと置いときます笑)
…うん、すごい。
後悔、は確かにないけど、私まだまだ精一杯生きてません。毎日を精一杯生きれるようにしたいです。だけど、夢中になれることがわからなくて…夢中になれることを見つけたいんです!!時折ふっとものすごい孤独を感じて寂しくなってます。…。゚(゚^∀^゚)゚。それと、虚しさというかやるせなさというか。だから人生地図を真剣に考えてしまうのかもしれない笑 いやいや、充分幸せなんですけどね!!笑
てかこんな話で和樹さん困らせたくない!笑 すみません、ついつい。 明日の更新楽しみです(^O^)

2017年07月28日(金) 0時04分
和樹
サキさんの、人生地図に悩むのも、ご自分の人生に、とっても誠実なんだと思うですわ✨ 
あっしは、ほとんど惰性です、目の前のことをこなすことで、精一杯。
それでも先生のブログのおかげで、「死」や「死後」に対する恐怖はなくなっているので、正直、生きるという修行はいつ終えても悔い無し。
で、でも、命を軽んじているわけではないです💦💦

むしろ、今、ようやく心が安定してるから、この状態で召されても悔い無し、
が近いかも(^_^;)

Σ(゚Д゚;) 
イヤ、恥ずかしい中学時代のマンガやポエム処分してからじゃ💦💦


それよりは本編の感想〜〜

「死の恐怖」とかって、それが「一般的」でない認識だからかな?

その瞬間、苦しいとか、意識の消失とかあるかな、解るような、でも証明できる論文もない(苦笑)
……という不確かな、未知なるものに対する怖さに近いのかしら?


哲学って、物の本質や原理に迫る学問だから、
先生の日頃望まれてる『まだまだ知らないことをもっと知りたい』という想いと相性良い感じ。(o⌒∇⌒o)


先生からの話を受けて、槙本さんの返しも気になりまち

2017年07月26日(水) 21時59分
E7#9
死後の世界の存在を否定する考えが支配的な日本では自分
が消滅する事が怖いのか?それとも未知な状況が恐怖なのか?

それとは別になるけど神の存在というか裁く神=閻魔大王が
何も良い事をしない人間も含む「悪人」にとって都合の悪い
存在だから地獄の責め苦を予見してビビッているのか?

いずれにしても現代の科学では証明不可能な事であるから
学問や科学としてはまじめに論ずるのは難しいですね。

昔、出口王仁三郎という霊能者がいましたが彼は一時的に
自分の霊能をその場に居る一般人に分け与える事が出来た
ようですね。遠隔透視とか。透明先生も哲学者の卵さんに
臨死体験さながらの世界を見せてなんて無理ですかね。

霊界の裁判なしでいきなり地獄の底に落とされるような
極悪人でなければ先祖とか誰かが迎えに来るんでしょう?
ちっぽけな肉体から解放されて心地よいって聞きますけど。
2017年07月26日(水) 21時25分
サキ
わー!知りたい知りたい知りたいです!
榎本さん、ナイス!!笑

昔に見た夢が、死んでる自分がさらにあの世へ行くのか薄くなってく感覚の内容で、その時に忘れないでっていう想いで胸がいっぱいで…号泣からの目覚めでした(・_・; それから死ぬ時って忘れられるのが怖いというか寂しいんだなって思っていました!

けど今は忘れないでという想いや死ぬことへの恐怖よりも、家族に対してごめんねって想うかも。それと、死ぬ時に自分は何して生きてきたんだって思うより、こんなことをして生きてきたんだって思えるように胸を張って死にたい!だからすっごい人生地図考えちゃいます、やっぱり笑
2017年07月26日(水) 9時13分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月 別☆アーカイブ