君の○は?・5

2017年03月30日(木) 8時00分
君の○は


乙坂「う〜ん・・・モテるのって、

   案外、難しいものなんですね

透明「あっいや私の言い方が、難しくして

   しまっているだけかもしれない

   ごめんね

   もう少し簡単に話をしようか

乙坂「はい

透明「乙坂さんが、人からモテたいというのは、

   人に望んでもらいたいということなんだ

   つまり、乙坂さんは、沢山の人に自分の持っている

   良さを理解してもらわないとならないということ
 
   その為に必要なのは、大げさにアピールをすること

   ではなくて、君自信から出てくる生き方や雰囲気が

   大切になる
ということなんだ

乙坂「私から出てくる生き方・・・雰囲気・・・。

   う〜ん・・・難しいですね

   まだ、わざとらしくアピールする方が楽な気が

   します・・・

透明「そうだね

   でもね、人が人を望むというのは、その人にある特定の

   魅力を感じるからなんだ

   その魅力は千差万別だから、人によって違うけど、

   一番大切なことは、モテようとせずに、

   多くの人に寄り添う気構えがあるかどうか


   にかかってくる

乙坂「えっ

   モテようとしないで、人に寄り添うって・・・。

   あれっモテたいから、人に関わって行くのでは

   ないのですか


   モテようとしないでえっえっ


くすくすここはまだ、わからないかもしれないな・・・。


透明「よしもっと砕いていこう

   それじゃぁ〜、乙坂さんがモテる為に、沢山の人に

   自分をアピールして、必死に周りに取り入ろうと

   したとしよう


   さて、そんな自分を客観的に見てどう思う

乙坂「ちょ、ちょっと、気持ち悪いです・・・・

透明「そうでしょ意外と自分がモテようと行動すると

   周りから見ると、変な状況になってしまうものなんだ

   もちろん、それに乗ってきてくれる人もいるかも

   しれないけど、乙坂さんの望んでいる、自分を望んで

   くれる人って、そういうことで乗ってくる人では

   無いんじゃないのかな

   それに、もしここで乗ってきた人とお付き合いを

   することになれば、無理をしている乙坂さんを

   一生見せ続けなければならなくなる
と思うんだ

乙坂「た、確かに、それはちょっと・・・

透明「でしょということで、核心に入るけど、

   モテたいと想う人は、モテたい気持ちはあっても、

   それを全面に出すことはもちろん、人に望むことは

   しないことが大切になる


乙坂「あっ

透明「何となくわかってきたかな

   モテたいという気持ちは、決して悪いことではない

   でも、それを表にだして行動すれば、相手に対して

   自分を望んでくれという自分の望みにしかならないんだ

   相手に望みを突きつけ、相手が望んでくれるというのは、

   非常に難しいこと

   モテる人になるというのは、相手が望むものを受け止めるだけの

   柔軟性や器が必要になるものなんだ


   望むことを強要すれば、相手は受け入れることしかできない

   そうなれば、相手が君に望むことは伝わらないと認識される

   さっきも言ったように、モテるというのは、相手に望まれること

   であって、望みを受け取ってもらうことでは無いんだ


乙坂「はぁ〜凄い納得・・・私は、モテたいと望んでいるだけで、

   相手の望みを受け入れる気はなかったかも・・・

透明「こういう柔軟性や器を、人間の格と言うんだ

   君の格はどこにあるかな




人が持つ格というもの・・・

次回、格について考えます




 

          続く・・・。

   

昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


   
  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/1778
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
凛々蝶
透明先生、皆様、こんばんは🌃

私、綺麗とか可愛いとかが、モテる条件の一つだと思ってました。
だから、自分にコンプレックスがありまして……💦💦

人から好かれるって、其だけではないのですね。でも人間の格って言われると、やっぱり自分に自信はないかなぁ〜〜😓

先生の考える格って、一体どんなものなんだろう……??

次回、楽しみにしてます♪♪
2017年04月01日(土) 2時36分
和樹
格……考えたこともなかったです
キャラクターとは違うんですよね……

格って字だけど、自分自身=核の意味でもあるような。


私、自分の格がしっかりできてないから、異性やモテることに興味薄いのかなあ。
構築するには、ちと年とりすぎたのう。(^_^;)

モテるって、目立つことだから、むしろ怖くないのかなあ……
若いっていいなあ、ちょっぴり羨ましいす
2017年03月30日(木) 22時03分
mymerci
今回の話もいいテーマですね✨

押し付けの好きは本当の好きではないですよね。

相手を受け入れる、理解する、共感することなんですね❗透明先生の考えは分かりやすくてみんなに知ってもらいたいです😻✨

また賢くなりました(*´∀`)
2017年03月30日(木) 20時48分
E7#9
なるほど〜 クレクレ剥き出しじゃ引いてしまうからねぇ。一部の異性ではなく万人受けするタイプってことかな?個人的には演技でもいいからブリッ子がいいけど(笑 )

ただ男女関係に限定すれば相手をおもんばかる器というより年齢や容姿など外見が99.999999%だと考えますね。知り合いのバツ一独身高齢男性で物を与えたりおごったりして俺はモテる人気者だと自慢している人がいますがエサで釣ってるだけで。相手はただ利用しているのみで全く好意的には思っていないしむしろ軽蔑しているのに気付かない… 

相手の望みを受け入れるだけの柔軟性はモテるモテないに関係なく重要だとは思いますが何か他人に支配され従属する感じで自分には難しいですね。それに相手の望みを叶えることが本当にいいことなのかと思う事が多いです。人間には生霊じゃないですが霊的な糸の繋がりがありますけどあまり数が多いとスピ的に色々影響されてしまいますよね。荷物が重すぎるとしんどいのと同じで。だから極力、人とはつながらないようにしています。感が鋭くなるし身軽でいいですよ! まあ簡単に言えば格が低いんですよね自分は(笑)
2017年03月30日(木) 18時43分
おおとり
名じゃなくて・・・格だったんですね!

そして、先生のブログは
人生の格言の宝箱や〜 \(≧▽≦)ノ (ひ〇まろ風にw)

ちょっと滑っちゃいました(;´∀`)

とても勉強になっています。
2017年03月30日(木) 16時04分
まみ
透明先生こんにちは♡
すごーくわかりました。10年くらい前に知っていたかったわ(*´`)学生時代はかなり勘違いした恋愛で、苦しみました(恥)
本当に、幅広く知識がおありで、感心させられます。
2017年03月30日(木) 12時40分
ゆい。
こんにちは。
スゴーク勉強になります❗
これは、人間関係全般に応用できる考え方ですね。
でも実は子供の頃の方が出来ていたかも。大人になる過程で色々苦しむ中で人間関係を結び続ける難しさを感じて人との距離は詰めなくなりました。それで、全く困らないのです。でも人に寄り添う心掛けは素敵な考え方ですね。そんな自分になりたいです。
2017年03月30日(木) 10時55分
さく

格 だったんだ〜!面白いです😊🌸
あるがままの自分を生きて、そしたら向こうから自然体な人が来るような。
その人を想う気持ちと。その人を受け入れるくらいの器が自分にあるか、のバランスが難しいです。
頭で考えてしまっていて、複雑化していましたが、どちらも大切にしていることがとても尊いことと気が付きました。
今回の記事。も🌸楽しみです♪
2017年03月30日(木) 8時21分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ