占い師の占い師・4

2016年12月07日(水) 8時00分
占い師の占い師


透明「麗奈さんは、お客さんと向き合う時、

   どういったことを意識してる

麗奈「う〜ん・・・そのお客様が、何を望んでいるのか

   どういったことを聞きたいのか・・・ですか

透明「なるほどね確かに、占いを行う前に必要な

   ことかもしれないね

麗奈「先生は、違うんですか

透明「違うことは無いけど、それを含めて、

   もっと違う視点からお客さんを見ているかな〜

麗奈「

透明「私の場合は、最初にお客さんを、どうすれば、

   笑わせてあげられるか
を気にしている

麗奈「えっ・・・そ、それって、芸人さんみたいな

透明「あははっ確かに芸人さんみたいだけど、

   それとはちょっと違うかな

   お客さんは、必ず悩みや判断のつかないこと、

   苦しみを抱えて来ている
・・・。

   もちろん、中には冷やかし的な人もいるけど、

   そういう人でも、心に余裕が無い場合が多いんだ

   私はねそういった人達の心に隙間を空けてあげて、

   心に余裕を持たせてあげることが大切だと思っている

   その為には、悩みを解決するだけでは足りなくて

   今を笑い飛ばせるくらいの心の余裕を持たせてあげて、

   前に進むための勇気を持って帰って欲しいと願ってる


   だからこその笑顔なんだ

   笑うというのは、本当に幸せな行動なのだと思う

   笑いのツボは、人によって違うものだと思うし、

   悩んでいる最中に笑うことなんて、本来できないから、

   相手の気持ちに立って、問題を解決して、なおかつ

   前に進む為の心の余裕を作ってあげられれば、

   自然と笑うことができるんだと思うんだ

麗奈「ひえ〜っそこまで考えているんですか

   わ、私に、できるでしょうか・・・

透明「まあ、これは私のスタンスだから、参考までにで

   良いと思うんだただ、大切なことは、そこまで

   お客さんの内側に目を向けること

   そして、短い時間で、どれだけお客さんのことを

   理解して同じ目線で考えてあげられるか

   だけだと思う

   お客さんに同調することとは、違うのだけど、

   お客さんの目線を理解できれば、おのずとその人を

   やる気にさせてあげられる言葉は見つかってゆく

   ものだと思うんだ

   だから、少しでもいいから、占い内容から外れて

   その人を理解しようとしてごらん


   そういったコミュニケーションが、麗奈さんの占いを

   より良い物にしてくれると思うからね

麗奈「人を見る・・・コミュニケーションですね

   確かに、私は占いの結果にばかり目を向けて、お客さんが

   どんな人で、どう感じるのかなんて、考えていませんでした

   ・・・・・・先生有難うございました

   なんだか、ちょっと自分のスタイルを変える切っ掛けに

   なりそうです

透明「うんその笑顔

麗奈「あっ

透明「これこそが、占い師として最高のご褒美だよ

麗奈「あははっ本当に、先生は不思議ですよね

   私の弱点や占いスタイルが悪いことを指摘してくれて、

   本来なら、一番言いにくいことなのに、

   ちっとも嫌な気持ちにならない


   やっぱり、先生は凄いです

透明「い、いやそんな、な、慣れだよ慣れ


なに、照れてるんだか


透明「くすっ麗奈さんは、これから良い占い師さんに

   なると思うよ

   沢山の人と出会って、沢山のことを学んでいってね

麗奈「はい


この後、私は、麗奈さんの個人的な悩みも聞き、

次のお客さんを向かえる・・・



源内「先生ご無沙汰じゃ

透明「おおっ源内(げんない)さん久しぶり




門脇 源内(かどわき げんない)さん

80歳を越える長老と呼ばれる占い師さんです



次回、おじいちゃん占い師さんの悩みです・・・




          

          続く・・・。






昴と透明先生のお店

      Guardian Jewelry  Access

           是非ごらんください

         

         http://guardian-jewelry.com/






おすすめのお店で〜す 是非役立ててくださいね

    





ポチしてくれると励みになります

応援よろしくお願いします
 ↓        ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村ランキング
 ↑        ↑
応援ボタン2箇所ポチッとよろしくお願いします


  • URL:https://yaplog.jp/uranai-diary/archive/1724
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
和樹
笑顔……は、「ええ顔」ってことですかね! (公共良俗ダジャレ ←?)


確かに、距離縮めるきっかけには笑顔が大きく貢献している、

なるほど、
行きずりの人様の、例えば、赤ちゃんの笑顔、目があってそれだけで、笑顔です!
それだけ、この表情は、パワーがあるのかなと思います

いろいろな思惑で足運ぶ相談者に、
真摯に向き合う先生の優しさでもあり、
笑ってもらって、筋肉を弛めて、緊張ほぐすと、悩み話す喉も声も楽になるし、『実践、あなたもできる身近な生理学』ですね!

先生のノリノリ楽しいブログも読むと笑顔になってます!
辛い時、何度救われましたか・・・

改めて有難うございます(o⌒∇⌒o)


そういえば今回、相談者の麗奈さん占術は、タロットですね、
絵が美しい素敵なカードは魅力的ですよね❤

だけど、絵柄が象徴的な大アルカナのほかに、さらに細かく探るためには
小アルカナというカードも用いるそうで、よみとくのは大変だろうな

何でそんなにカードがアルカナ〜! 
(正統ダジャレ)
2016年12月07日(水) 23時31分
初めまして
いつも拝見していますが、先生のブログがたくさんのまとめサイトに転載されています。
パワースポットの情報も更新されてないし、見る人に影響が出ないか心配です。
2016年12月07日(水) 23時18分
透明先生ファンの占い師
お客様の笑顔を引き出す。
簡単じゃないですよね(汗)
この言葉の中には、凄く深い意味を
感じました。
相手の気持ちまで考える余裕もない私は、
もっと精進しなければm(__)m

でも、先生の言葉は、いつも愛に満ちていて、頭が下がります。
きっと、先生の笑顔も素敵なのだろうなぁ〜
と勝手に想像しちゃいました♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

占い師の占い師、先生に相応しい
通り名だと思います。
これからも、学ばせていただきます。
2016年12月07日(水) 22時06分
透明先生 みなさま こんにちは♪

せ・せんせ〜〜〜〜〜〜!(ToT)

思い詰めて、現状にいっぱいいっぱいで先生の元を
訪れる方を「笑顔にして」帰すって…(涙)
その笑顔が占い師にとって最高のご褒美って…(涙)
やば、グッときた。。

先生は、やっぱり 凄いなぁ。。。

ワタシも前職では、緊張していらっしゃったり
不安を抱えていらっしゃるお客様に、いかに
安心して頂けるか?ということを頭の片隅に
常に置きながら仕事をさせて頂いていたなぁと
思い出しました。

お客様がホッとされたとき、少しだけ表情が緩んで
緊張が解ける瞬間を見ていると、こちらまで笑顔に
なっている…あの感覚、ワタシも大好きです。

激務でしたが、なんだかんだ前職が好きだったの
だなぁと今更になって懐かしく思い返します。

っと、先生とは比較にならない次元のお話でした
失礼しましたm(_ _)m

それにしても次々と占い師さんが登場する今回の
エピソードは、先生の鑑定スタイルを垣間見るようで
とっても勉強になります。

次のお話しも楽しみです
2016年12月07日(水) 20時23分
マチ
笑顔。
必要ですよね(#^.^#)
普通のトークにお笑いは必須メニューではありますよ。
私は、「自分に自信」を持ってもらうのを心がけています。
心が弱くなり自信がなくなってるから占いに頼る方が大半。
自分で自分の道に自信持って、
選択しているのは自分だと。
決めれるのも自分だと。
それをお伝えしているかな。
かわりに、全くだめなことは、バッサリお伝えしちゃいます(笑)
完全に、「無い」道以外は応援する道探っちゃいます。
長文失礼しましたσ(^_^;)
2016年12月07日(水) 8時58分
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:透明先生
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ランキング☆徳積みボタン
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
人気ブログランキングへ
多くの人が悩みを解決できるかも…
あなたの徳が積めますように♪
ブログ☆テーマ一覧
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月 別☆アーカイブ