かの国に思いを馳せて - 2005年04月29日(金)

もうすぐ5月になる。

スウェーデンの大学は、春、秋2学期のセメスター制で、6月半ばには夏休みが始まる。5月と言えば、そろそろ学期末試験でみんな大変になってくる頃だ。スウェーデンで知り合ったクラスメイト達も、今頃必死でテスト勉強したりしてるのかな、そういえば僕も去年の今頃は試験で大変だったな、なんてことがふと頭をよぎって、ちょっと感傷的になる。

ところで、去年の秋頃にスウェーデン語コンテンツのPytt i Pannaでカミュ(Albert Camus)というフランス人の有名な作家について書いたことがある。とはいってもあまり深いことを書いたわけではなくて、カミュの『異邦人』という小説をその時とっていた現代文学史の授業で読んで、それがとても面白かったので「カミュすげえ、異邦人まじハマるって!」ぐらいのことしか書いていない。
 
Posted at 03:15 / 北欧とか / この記事のURL
コメント(0)

Bravo復活 - 2005年04月27日(水)

−僕、日本ではモペッドに乗ってるんだ。
−ハンッ、モペッドなんてフランスではガキの乗り物さ!

スウェーデンに留学した時、フランス人のクラスメイトにこんな事を言われた。しかしだから何だというのか。例えフランスではガキの乗り物であっても大阪では原付は生活必需品、オトナな僕らの軽いフットワークとアクティブライフをサポートするナイスなパートナーだ。

というわけで、長い間宇治の方へ里子に出していたBravoが戻ってきた。写真を見て分かるように姉妹機のciaoと較べるとだいぶバイクっぽいフォルム(でもペダルはついている)だけど、スピードはciaoよりも遅いので中央環状や万博外周をフルスロットルで走っていても周囲の車から露骨に邪魔にされる。特にタクシーの煽りは激しいので注意が必要だ。

けれども、bravoはciaoよりも立ち上がりが良くパワーがある。そして、なんと坂道発進の時にこがなくても発進できるのだ!北摂は起伏が多いため、上り坂の途中から発進する時でもこがずにエンジンの力だけで動き出せることのメリットは思いの外大きいゾ。これから新しく原付を選ぼうという人には、この点は是非気をつけてほしいところだ。

毎朝bravoに乗って大学の前の長い坂をのんびりペースで登るたびにストレイト・ストーリーが頭に浮かびほっこりするが、せめていずれ中免を取って排気量を60ccにグレードアップしたいと思う今日この頃でもある。

 
Posted at 21:11 / のりもの / この記事のURL
コメント(4)

トンでも☆生協オリジナル - 2005年04月24日(日)

というわけで、今回はO阪外大生協オリジナルのチョココロッケ。

生協のおばちゃん曰く「じゃが芋のコロッケにチョコレートを入れてみた」という葱坊主もビックリの仕様を持つこの商品は、今日も生協のおかずカウンターに(閉店するまで)山積みにされています。

味はあくまでチョコレートがメイン。芋はもはや具の体積と粘性を保つためのつなぎと成り果てており、その主張は食後の口の中に粉っぽいニュアンスを残す程度にとどまっているので、ご飯と一緒に注文しないこと、決してソースをかけないこと、添えてあるレタスは飾りだと割り切ることの3点さえしっかり押さえていればフライ・ド・ショコラとして十分通用するでしょう。

食後は相当胃にもったりとくるので、チョコを嫌になるまで食べたい人や、チョコと縁を切るきっかけが欲しい人などにはオススメ。105円。
 

ほころびニュース終了とウラピチの継続 - 2005年04月22日(金)

かねてから予告していたとおり、ほころびニュースがウラピチに統合されます。平たく言うと、これまで同時進行でやって来たほころびの更新を停止して、今度からはウラピチ一本に絞っていくということなのですが。

というわけで今後はほころびに代わりウラピチがメインコンテンツにのし上がりますが、これからもeverGreenをよろしくお願いいたします。
 
Posted at 20:32 / Information / この記事のURL
コメント(4)

ホットケーキ - 2005年04月02日(土)

ホットケーキの死ぬほどうまい喫茶店がある。東京に戻ってきてから一度も行っていなかったのでこの機会に行くことにした。

わりとと分厚いホットケーキが二枚、表面はパリッとしていて中はふっくら(使い古された表現だな)。これにバターを塗ってシロップをかけまくり、ひたひたにして食べる。

うまい。うますぎる。

場所は京王線八幡山駅ガード下のル・ポーゼすぎという純喫茶。ホットケーキは単品450円、コーヒーとセットで730円。毎月5、15、25日はホットケーキの日で単品150円になる。他の食事のメニューもおいしいよ。
 

スウェーデンのエイプリルフール - 2005年04月02日(土)

さて、エイプリルフールも終わったわけですが、スウェーデンはまだまだ4月1日です、これ書いてる時点で。最近日本でも毎年恒例になってきたように(.orzドメイン取りたいYO!)、スウェーデンでもこの日になるとウソの記事を紛れ込ませる新聞が多いです。というわけで、ここで2つくらい紹介してみます。
 
Posted at 02:16 / 北欧とか / この記事のURL
コメント(0)
 
Global Media Online INC.