Goda Svartur (アイスランドのチーズ) - 2004年12月17日(金)

「アイスランドのチーズはフランス人にも上々の評判」というのはルンさんの弁。アイスランドもスカンジナヴィア諸国に負けじと酪農国なのでそれも頷けます。というか、そこら辺のスーパーで売っているチーズを買ってその国のチーズを判断しちゃいけないということを最近学びつつある自分。酪農国に行ったらちゃんとしたチーズ屋さんへ行こう。

GODA SVARTUR 26%
svarturは「黒い」という意味の形容詞男性単数主格。難しい話は置いといて、まあ、チーズの外皮のロウが黒だからこの名前なんだろう。アイスランド産のゴーダチーズ。

結構熟成した濃いチーズ。
乳脂肪分は26%と高めで、とろけるようにクリーミーな舌触り。ひたすら濃くてコクがあり、削って一枚口に放り込むとなんだか舌の上で色んな味がして、それらを香ばしい香りが一つにまとめてる感じ。食べた後もクリーミーさとうまみがいつまでも舌の上に残って幸せになれる。
はっきりいっておいしい。

Brennivínは痩せたチーズのうまみも引き出すけど、このチーズと一緒だと酒精40度のドライさで乾いた舌をチーズのコクが潤してくれるようで、いつまでも後を引く。
 
Posted at 09:45 /  / この記事のURL
コメント(0)

Viking Jolabjor(アイスランドのクリスマスビール) - 2004年12月17日(金)

レイキャヴィークの宿で日本人の方に何人か会いましたが、結構みんな口を揃えて言うんです。

「アイスランド、ビールうまくないっすよね」

けど、よくよく話を聞いてみるとみんなスーパーで買ったビールを飲んでいるわけで。

アイスランド、ノルウェー、スウェーデンのスーパーではビールは3.5%の低アルコールバージョンまでしか置いてないんです。そしてそれらは別段うまくない。何はともあれ薄い。本当のお酒は国の管理している国営の酒屋に売っています。それぞれ、アイスランドではVínbúð(ヴィーンビューズ)、スウェーデンではSystembolaget(スュステムボラァーゲット)、そしてノルウェーではVinmonopolet(ヴィーンモノポーレット)といいます。せっかくの北欧滞在を無駄にしないためにも、お酒は必ずこれらのお店か空港の免税で買うようにしましょう。ちなみにスウェーデン以外は見つけてくれるなと言わんばかりの佇まいな所が多いので、がんばって探して下さい。

VÍKING JÓLABJÓR 5.2%
Vínbúð評価: ・そこそこのコク ・フレッシュかつ濃厚なモルトとホップの風味
Víkingというアイスランドのビールメーカーのクリスマスビア。グラスについでみると、普通のビールより色が濃いのが分かる。これがクリスマスビアの特徴。
 
Posted at 07:57 / ビール / この記事のURL
コメント(0)
 
Global Media Online INC.