Panasonic DMC-LX2K - 2006年11月03日(金)


今日は、ひさびさにカメラのお話です。

新しいデジカメを買いました。
LX1時代からデザインが気になっていたパナソニックのDMC-LX2です。16:9のHVサイズで撮れて、焦点距離が広角側で28ミリ。

28ミリというのはあくまで16:9の時で、それ以外の比率になるともっと長くなってしまうので、ちょっとどうかな、とはLX1が出たころは思っていました。でも、新機種のLX2が出たときがちょうど海外旅行に行く前だったこともあり、思いきって買ってしまいました。

まず、感想は。。。
デザイン ◎
とにかくレンジファインダーっぽいデザインがいい!まあ、画質を置いといたとしてもデザインだけで愛せるカメラだなあと思います。
操作性 ×
マニュアルを読まないとわからない操作がわりとあるので、残念ながら直感的に操作できるようになるまではちょっと時間がかかるかも・・・。ジョイスティックも意味不明
画質 ◯
前使ってたカメラがコニカのKD-500z。このデジカメの画質の良さが異常だったことはわかってるけど、やっぱり画質が落ちてしまうと悲しいね。ノイズは、どんな時に出てくるか癖さえ掴めば何とかなるかもしれない。RAWで撮れば問題ないみたいだけれど、RAWでは撮らない。
色 ◯
好みの分かれるビビット系。落ち着いた色のものを撮っている限りはいいけど、露骨に鮮やかなものを撮るとちょっとアレかも知れませんね。

作例をいくつか挙げておきます。クリックすると拡大するけど、クリックした先は重いので注意!





この記事のURL
https://yaplog.jp/upt/archive/100

コメントする

名前:

Email:

URL:

クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字
※注 Å Ä Ö Óなどの欧文特殊文字は文字化けします。文字エンティティも使えないのでご注意下さい。
OBS! Kommentarsdelen är inte anpassad för Å Ä Ö eller sådana icke-ASCII bokstäver. Jag beklagar detta:$

コメント

 
Global Media Online INC.