宗像組 ろうそく講

September 28 [Sat], 2019, 23:54

台風被害は大丈夫でしたか?
雲乗寺でも、若干、サンルーフの屋根が飛ばされましたが、怪我等がなくてよかったです。


被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

昨日は、護念寺様で、宗像組の秋のろうそく講がありました。




お話は、柴田光慈師でした。


如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師宗知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし


ご法座の最後に歌われる、親鸞聖人様が作られた、一番有名なご和讃ではないでしょうか。


この一つ一つの文字の意味とお味わいを共に、味あわせて頂きました。


一番、自分が思っていたのと違っていたのが、報ずべしのお味わいでした。


意味は、読んで字の如く、報いるという意味があり、御恩報謝という言葉でも使われていますが、報いるとは、頂いた御恩と同程度のものをお返しすると、いう事ですが。できますか?と、問われて、出来ませんと、即答するしかありません。


そんなことができると思うとは、うぬぼれも甚だしい。そんな事を親鸞様がお書きになられたと思いますか?と、言われて、では、どんな意味であろうかと、あれこれ考えていると、別の読み方、意味を考えていると、寺報の事をお話しして下さり、報せる 報る しらせる しる ?と、いう意味のあることを教えて頂きました。


如来大悲の恩徳を、しり続け、しらせ続けるのであるならば、それも大変な事ですが、誰にでも、身を粉にしてもは、難しいけれど、可能性のある事ならば、私達に生き方をお示し下さった歌であったのだと、あらためて、気付かせて頂きました。有り難い時間でした。


北九州ブロック講員研修会が、11月6日7日に二日市温泉で開かれますが、佐々木 高彰氏の節談説教があるとお聞きして、行きたいなあと、思っていますが(行けるかはわかりませんが)9月いっぱい募集してますので、興味のある方で、北九州の浄土真宗ご門徒様は、所属のお寺様に、お尋ねしてみて下さい。


節談説教は10月にも沢山各地で、開催されますが、10月4日は広島別院でございますので、お問い合わせしてみて下さい。


告知ばかりで、明日の今日ですが、宗像組の宗念寺様で秋の法要がありますが、13時30分から、フラダンスのお披露目があるそうです。


もし、お時間あれば、御参詣されてみて下さい。


南無阿弥陀仏







  • URL:https://yaplog.jp/unjyouji/archive/583
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。