産み分けの本を実行した結果

自分の体のことと、真剣に向き合う
「大石さんとは長い付き合いになりそうですが、ずっとサポートしてくれそうな信頼感を感じています。」

いいチャンスに。



 長崎県諫早市  Natsuさん








私は30代の2人の男の子の母親です。

夫婦2人とも1人目から女の子が欲しかったので書店で産み分けの本を購入し、
産み分けを実行したのですが、なかなか妊娠しない焦りから慎重に排卵日を

予測するのを怠ったりして結局2回の妊娠で男の子を2人授かったわけです。



もちろん授かった子供はとても可愛く、とても愛しているのですが、
私も4人兄弟で1人だけ女の子という境遇に生まれ、

妹がいたらな〜なんて女兄弟に憧れていたせいもあり
どうしても女の子を育ててみたいという気持ちをもっています。



ただ、一人目の時から帝王切開での分娩となってしまい、
結果出産はすべて帝王切開となってしまったので、帝王切開で産めるのは

3人までと言われているせいもあり3人目がラストチャンスとなりました。



二人目が2歳になったのでそろそろ3人目を考える時期なのですが、
また男の子だったらどうしようという思いで子づくりを躊躇していたときに
インターネットで偶然この「魔法の女の子産み分け術」にであったのです。



半信半疑で、でもなんとなく信用していいような・・・
キャッチコピーなどを読んでそう感じたので購入を決めました。



実際読んでみて、自分の体のことにもっと目を向けないと成功することも

成功しないんだって分かって自分の生活全体にも注意を払うようになりました。



目的は女の子の産み分けですが、自分の体のことと真剣に向き合う

いいチャンスとなったことにこの「魔法の女の子産み分け術」は気付かせてくれました。



大石さんとは長い付き合いになりそうですが、

ずっとサポートしてくれそうな信頼感を感じています。

絶対女の子が授かることを信じて、そして女の子を絶対産みます!!


→ 詳しくはこちら>>>




「 購入して、本当に良かったと思っています。」

早速いろいろなチェックも

やりはじめました。



 東京都調布市
  ちゃおさん









女の子の産み分けをしたくて、サイトを見たり、中国式産み分けをみたりと自分なりに色々調べました。

なんとなくこうすれば女の子が生まれる、と言う知識はありましたが、あうまでもなんとなくで・・・でも、これを読んだら、なんとなくのあやふやが無くなるのでは? と思いました。

主人と読んでからは、なんとなくの部分がきちんと書かれてて、さらに私が知りたかった事もわかり、早速いろいろなチェックもやりはじめました。


今は、主人と協力して頑張ろうと思ってます。


→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/umiwake-hime/archive/37
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大石幸子
読者になる
こんにちは!

「女の子ができた魔法の産み分け術」の大石幸子と申します。

私はこれまでたくさんの方の女の子産み分けアドバイスをさせていただきました。私のもとには、いろいろな産み分けの悩みや相談が日々よせられてきます。

今回、私がこのホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

女の子をどうしても欲しいと思っているあなたに、念願の女の子を授かって

・「あなたに、女の子の赤ちゃんを胸に抱いて、喜び輝いてもらいたい」
・「あなたに、女の子にかわいい服を着せてお出かけして、楽しんでもらいたい」  
・「あなたに、女の子がいる明るい家庭を築いて、幸せになってもらいたい」

この思いだけです。