基礎体温と頸管粘液のチェックで産み分け

「私でも女の子を授かることが出来るということがわかりました。」

今は自分の体のことをよく知ろうと、
基礎体温と頸管粘液のチェックの日々です。


広島県広島市  ハルノンさん


私は男の子2人の母です。
2人ともなんの産み分けもせずに自然に授かりました。私自身が3姉妹の真ん中で、姉や妹に女の子の赤ちゃんが産まれているため、絶対に私は女の子しか産まれないと思っていたのですが、結局2人とも男の子でした。

男の子はママっ子でとてもかわいいのですが、どうしても女の子をもつお母さん達が羨ましく思ってしまいます。女の子はいるだけで華やかで、洋服もかわいく、大人になってからも一緒にお買い物をしてくれるし・・。

3人目は絶対に女の子と思い、産み分けのことを知りたくてパソコンを開いたところ、大石さんのページが目にとまりました。最初はネットというところに大丈夫かな?と不安はありました。が、読めば読むほど私と同じ気持ちの人がたくさんいるんだ!と。

とても共感が持てました。男腹と言われたり、男の子のお母さんって大変よねぇと言われるたび、なんで私は女の子が出来ないんだろうと思っていましたが、読んでみて、私が男の子を授かった理由、私でも女の子を授かることが出来るということがわかりました。

今は自分の体のことをよく知ろうと、基礎体温と頸管粘液のチェックの日々です。あせらずゆっくり、絶対女の子の赤ちゃんが出来ると確信がもてるまで頑張ろうと思います。


→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:https://yaplog.jp/umiwake-hime/archive/11
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大石幸子
読者になる
こんにちは!

「女の子ができた魔法の産み分け術」の大石幸子と申します。

私はこれまでたくさんの方の女の子産み分けアドバイスをさせていただきました。私のもとには、いろいろな産み分けの悩みや相談が日々よせられてきます。

今回、私がこのホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

女の子をどうしても欲しいと思っているあなたに、念願の女の子を授かって

・「あなたに、女の子の赤ちゃんを胸に抱いて、喜び輝いてもらいたい」
・「あなたに、女の子にかわいい服を着せてお出かけして、楽しんでもらいたい」  
・「あなたに、女の子がいる明るい家庭を築いて、幸せになってもらいたい」

この思いだけです。