ジャンボジェット

January 31 [Fri], 2014, 23:40


ANAのジャンボジェットの引退が近づいて来た。来月一杯で引退する。

ボーイング747、通称ジャンボはたぶん誰でも乗ったことがあるだろう。高度成長期、空でも大量輸送がもとめられた時代、空港はジャンボジェットで溢れていた。しかし時代は変わり、よりきめ細かい航空輸送、そして燃費の有利さからジャンボよりも小型のジェット機が好まれる時代となった。そしていま、最後のジャンボジェット機が去ろうとしている。

また一つ、昭和の象徴が消えていく。

RUSH

January 30 [Thu], 2014, 21:51


久々に映画の試写会に行って来た。来週金曜に公開される「RUSH」だ。
ストーリーは実話、オレの世代は誰でも知っているF1ドライバー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの話だ。

チャンピオンシップをあらそった二人のライバル、不慮の事故っ大火傷を負ったニキ・ラウダ。あまりに有名な話なのでストーリーに目新しさはない。

こうなると当時のF1マシン、そして走行シーンをいかに再現したのかがキモとなる。そしてそのできばえは…

後は封切り後に自分でお確かめください(笑)

ミニさむに会いたい

January 29 [Wed], 2014, 23:31


おらが湊鐵道応援団さんが毎日アップしてくれる写真の中に、那珂湊駅の駅猫ミニさむの写真がある。

カワイイ…どことなくタイガーに似ている。

ミニさむに会いたい。


※写真はおらが湊鐵道応援団さんより拝借いたしました。

鉄の起源

January 28 [Tue], 2014, 23:50


今日はオレが鉄道・蒸気機関車好きとなったきっかけを紹介しよう。こんな機会はなかなかないので、これはオレ自身の振り返り記録でもある。

オレは1960(昭和35)年に都内で生まれた。出生後すぐは、南武線沿線の武蔵中原に住んでいたそうだ。自分の記憶は全くないのだが、家が南武線の線路に近かったらしく、オレが喜ぶので母親がしょちゅう電車を見に連れて行っていたそうだ。おそらくオレが鉄道好きとなった最初のきっかけはここだと思われる。幼少時の男子に、うかつに電車を見せてはいけないという好事例である。

その後3才くらいの時に、現在も住んでいる京急富岡(当時は京浜富岡)に越して来た。この頃にはすでに完全な鉄ちゃんになっていて、いきなり自宅からいなくなって親が警察に捜索願いを出したら、なんと品川駅で発見されたということがあった。勝手に富岡駅まで電車を見に行き、そのまま大人の後ろをついて電車に乗り品川まで行ったようだ。当然ながらの大騒ぎ、パトカーで自宅に連れられてきた時は猛烈に怒られ物置に閉じ込められたそうだ。こちらも本人の記憶は全くないが、とんでもないクソガキであったことだけは間違いない。

地元の幼稚園・小学校と進学したが、父親の転勤で小学校1年後半(1967年)〜3年前半(1969年)の間、山口県下関市吉見に引っ越した。オレの世代は首都圏在住であればおそらく現役時代の蒸気旅客列車に乗る機会はなかったはずだ。この引越しのおかげでオレは山陰本線の蒸気機関車に出会うことができ、貴重な体験を得ることができたのだ。一番上の写真は当時の吉見駅、嬉しそうに馬鹿面しているのがオレだ(笑)この下関時代がオレが蒸気機関車好きとなったきっかけなのは間違いない。通っていた吉見小学校は山陰本線のすぐ脇で、一日に何本も走るD51牽引列車を教室からながめていた。

横浜に戻ったオレは、高島線も1970(昭和45)年電化され残念なことにもう蒸気機関車を見ることはできなかった。しかしあるきっかけで近くに蒸気機関車があることを知った。それが当時国府津機関区跡に保管されていたD5272だ。御殿場線もすでに1968(昭和43)年に蒸気機関車は引退していたが、なぜか国府津機関区の扇形車庫と、その中にぽつんとD5272だけが保管されていたのだ。オレはまだ小学生だったが、このD5272を見に何度か一人で国府津を訪ねていた。父親からもらったフジペットというバカチョンカメラを持って、この頃から撮り鉄が始まった。オレが始めて鉄道写真を撮影したこのD5272の白黒の写真は1970(小学4年)〜1972年(小学6年)頃かと思う。間近で見たD5272は下関で見ていたD51より大きく、すごい迫力であったことを覚えている。扇形機関庫も、すでに転車台やレールは撤去されていたが、蒸気機関車の痕跡を感じるには十分だった。

下関時代の山陰本線のD51、そして地元で出会うことのできたD5272によりオレの蒸気機関車好きは始まったのだ。以後50年近く鉄っちゃんをやっている。三つ子の魂百までとはよく言ったものだ。







TOTAL FLOW F1-11

January 27 [Mon], 2014, 23:49



誰も食いついて来ないので自分で書く。土曜日に津久井で撮った写真のセイルだ。

1998GAASTRA TOTAL FLOW F1-11

16年前のレースセイルだ。
当時画期的だった「トップチップシステム」を採用し、フレキシブルに風を流すというものだった。価格は当時で99000〜114000円、高値の花だった。

このセイルの印象は「とにかく重かった」こと。7.4でラフ長は442cmと、マストは短かったのだが、トップチップを接続する部分が金属だったので重量が増した。仲間内ではGさんが使っていたがいつも「重い重い…」と嘆いていた。なので次の年からはトップチップは廃止になった。

そんな昔のセイルを津久井で見かけた。偶然最近のGT-Xと一緒に写っている。16年間でセイルはどれくらい進化したのだろうか?

腰痛・強風・・・@菊名

January 26 [Sun], 2014, 21:34


昨日は津久井でハーネスライン切れのトラブルで満足に乗れなかった。おまけに役場下沖からの3kmノンプレ帰還により、腰にかなりのダメージを受けていた。

朝起きるとやっぱり痛い(涙)
昨日からの風が吹き続けていて、おやじさんやisoさん・akayamは早くも出撃するという。オレはこの腰では乗るのは無理だろうと、出撃を諦めkenkenさんに誘われていたカキ小屋も欠席とさせてもらった。
家でうだうだしているとだいぶ痛みが引き、それならばとRISEにハーネスラインを買いに行った。

さすがにRISEはハーネスラインの品揃えも豊富だ。昨日切れたものと同じハーネスラインも並んでいた。どうかほかの人がオレと同じ目に遭わないように。そして4父と同じハーネスラインを買った。安いものが2つ買える値段だが、たとえこんなパーツでもケチるとえらい目に遭うということを学習したからだ。

買い物後は様子見に津久井に行って みた。
風はもう終わってしまっていたようだが、まだ西南西でアウトではラージセイルが走っていた。誰もいないだろうと菊名に回ってみると、なんとサトーさんとSWのM田さん、A川さんが風待ちしていた。三人とも北に変わるのを待っているらしい。
確かにオレも今日は北の吹き返しが期待できるのではと思っていた。昨日のままクルマに道具を積んであり腰も平気そうだったので、もし吹けばオレも乗ることにした。

みんなでダベっているとなんとM田さんとオレが同い年であることが判明!お互いいろんな意味でぶったまげた。いやーM田さんのような上手い人が同い年なのは嬉しい。
肝心の風はなかなか北に変わらない。それどころか西南西のままアウトでは気持ちよさそうにプ レーニングしている。今日もダメかな・・・という空気が漂った頃、観音崎が北に変わり上がってきた。よーし!と三人でセッティングを開始したが、もう15時近かったので短時間勝負だろうとオレ、M田さん、A川さんは7.5前後、サトーさんは6.6で出撃した。しばらくするとプレーニングするようになる。待った甲斐があったというものだ。しかし風はみるみる上がり、20分くらいすると完全なオーバー状態に。セイルを引き込もうとしても空を飛びそうになるので怖い。
しかし今日は初めて4父から譲ってもらったレース用カーボンブームを使っていたので、
乗りながらアウトカニンガムを引いてオーバー用に調整してなんとか乗った。それでも周囲が5点台で走るようになるとさすがにギブアップ。三人揃って撤収した。

待ち時間が長く、乗れた時間は短かったが暖かい陽気でウィンドできてなんとか合格だろう。







一人だけダメだった…@津久井

January 25 [Sat], 2014, 19:49


3日間にわたるパシフィコ横浜での立ちっぱなしで、腰は限界に来ていた。しかし今日は暖かく午後からはばっちり吹きそうな予報。isoさん&akayam、そしてツカモンは館山に行くという。オレは遠征は無理そうなので、近場で軽く乗ることにした。

どれくらい吹くのかわからなかったので、4.7〜7.6と90L+122Lという幅広いセットを積み込み、かわさんのいる津久井に向かった。

津久井に到着すると全く吹いていない…仕方なく最大セットの7.6+122Lで出撃。しかし漂う…今日はかなり西っけの強い風で、菊名のアウトに向かうラインだ。そうこうしているうちに待望のブローが入り始める。よーし!とセイルを引き込むと…「ぶちっ」いきなりハーネスラインが切れました〜(涙)
しかも運悪く場所は一番アウト、菊名沖の生け簀近くだ。プレーニングコンディションの中ノーハーネスで延々と浜まで戻る。すぐにハーネスラインを交換して再度出直し。この間およそ30分。しかし風は終わっていた。
その後かわちゃんと話したら「30分ばっちりプレーニングできたから満足!」ですと。その間オレはハーネスライン交換で終わっていた。そして館山も材木もプレーニングしたとのラインが入る。オレだけがやらかしてしまった。

そもそもすぐ切れるハーネスラインなんて売っていいのか!切れたリバティのハーネスラインはまだ1〜2シーズンしか使っていないはずだ。このブームは使用頻度が少ないので、実質20回も使っていないかもしれない。かわちゃんも「こんなにキレイなのに切れたの?」と驚いていた。
昨年何本も切れたオーシャンギアのアップホールラインといい、単純なパーツだからこそ絶対に切れてはならないはずだ。ロープ部分を太くすればいいだけの話ではないか。メーカーはこんなつまらないトラブルで風を逃したウィンドサーファーの気持ちを考えろ!





展示会最終日

January 24 [Fri], 2014, 23:31



パシフィコ横浜での展示会もいよいよ最終日。今日は会場内で見つけたらヘンなものを紹介しよう。

ペンギン、犬、猫、鳩、巨大パスタ、新幹線…etc

いったい何の展示会なんだー!(笑)










展示会2日目

January 23 [Thu], 2014, 23:18


パシフィコ横浜での展示会2日目だった。
お堅いイメージの展示会だが、実は一般の人でも入れるし結構楽しめるブースがたくさんある。

巨大ポストやウルトラセブンが目を楽しませてくれ、お約束のキャンギャルも愛想を振りまいている。会場内にはリンガーハットやサーティワン、珈琲館の出店もあり、食事にも困らない。

会場内を一回りすると色々なギミックをもらえる。ミネラルウォーターやエコバッグ、ミニチュア植物にクリアファイル。これらを集めるのも楽しみだ。そして今年の特長はゆるキャラの大量登場!会場内を常に5〜6体のゆるキャラがうろうろしている。

会期は今日まで。お時間、お暇のある方ぜひどうぞ!













展示会

January 22 [Wed], 2014, 23:18


今日から3日間、毎年恒例のパシフィコ横浜での展示会だ。オレはこれの担当なので、3日間張りつくことになる。

展示会自体は準備が大変なだけで、始まってしまえば粛々と作業をこなすだけだ。昼休みに周辺をウロウロしてみるのも例年どおり。すぐ裏手が海なので癒される。ここでウィンドをやってみたいものだ。

立ちっぱなしの長い1日が終わると腰がもう限界…何とか桜木町駅までたどり着く。そのまま帰れば良いものを、駅を通過して足は新横浜機関区へ。結局パシフィコから関内まで歩いてビールで疲れを癒す。これも昨年と同じだ。

こんなハードな3日間、最後まで腰が持ちますように…





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:catman
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:9月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
横浜「海の公園」でウィンドサーフィン&SUPをやっています。その他「野毛好き」「猫好き」「撮り鉄」「客船好き」でもあります。
2014年01月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像catman
» シキザキベコニア (2019年08月24日)
アイコン画像げみ
» シキザキベコニア (2019年08月23日)
アイコン画像catman
» 日々草 (2019年08月22日)
アイコン画像げみ
» 日々草 (2019年08月21日)
アイコン画像catman
» 全身ダメージ大 (2019年08月20日)
アイコン画像げみ
» 全身ダメージ大 (2019年08月20日)
アイコン画像catman
» 全身ダメージ大 (2019年08月19日)
アイコン画像ぴょんいち
» 全身ダメージ大 (2019年08月19日)
アイコン画像catman
» ドルフィン (2019年08月18日)
アイコン画像高ポン
» ドルフィン (2019年08月11日)
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE