これも欲しい…

May 31 [Thu], 2007, 20:30

ヤフオクを見ていると色々なものが欲しくなるが、本当にきりがないというのが実感だ…。
今RX1がヒートアップしているが、このセイルなんてもちろんもう新品を買う事なんてできないので、今持っていないサイズはもちろん、予備に同じサイズを買っておきたくもなる。つまり何枚でも欲しいのだ。

それはボードでも同じで、オレは現在2005年モデルのAB+SLALOMの106Lと80Lの2本を持っているが、今中間の94Lが出品されている。
これを見てしまうとやっぱり欲しくなってしまう…。106Lでオーバーで80Lではボードが沈んでしまう時にちょうど良いのではないか?とか、今回のように106Lか80Lどちらかが使えなくなってしまった時、中間があれば代用できるのではないか?…

とにかく考えれば考えるほど欲しい気持ちが強くなってしまう。さらにこのボードには最も大きい130Lのモデルもあるので、もし出品されたらそれも欲しくなってしまう事だろう…

夢は2005AB+SLALOM全種類+RX1全サイズだろうか?
全くきりがない話である…(涙)

ヤフオク過熱

May 30 [Wed], 2007, 7:54



今日はオレの知っている人達が、かなりの数ヤフオクに出品されているセイルの値段の動きをはらはらして見ている事だろう。1999年モデルのNEILPRIDE・RX1=それもほとんど新品のような状態のものが2サイズ出品されているのだ。

RX1はオレも6.7と8.8の2枚を使っているが、風域が広くオーバーにも強く、最近のレースセイルみたいにスリーブも広くないのでとても使いやすい。Foretrex101さんをはじめ富津にもファンが多い。しかし何せもう8年前のセイル、ショップの中古にはもう全くと言っていいほど出てこないし、たまにヤフオクに出品されたとしても状態が悪くほとんど寿命といったものばかりだった。
しかし今回のRX1は違う、写真から判断すると使用回数は多くても5回程度、パネルの曇りも全く無く、おそらく発売時に数回使用されたものがデッドストック状態になっていてそのまま眠っていたのだろう。
まさに奇跡としか言いようがない。出品者を見ると案の定リサイクルショップだった。どこかの倉庫の中身を丸ごと仕入れ、その中にこのセイルがあったのかも知れない。

この奇跡に全国のRX1ファンが飛びつかないはずはない。2サイズのうち、7.6はすでに20,500円、6.7ももう16,500円に価格が跳ね上がっている。いくら状態が良いとはいえ、8年前のセイルの価格としては破格と言えるだろう。一番ビックリしているのは出品したリサイクルショップではないだろうか?
入札者一覧を見るとやっぱり関係者がごろごろいる。(笑)みんなこのRX1が欲しくてたまらないのだ。

いったいいくらで落札されるのだろう?Foretrex101さんのコメントにもあったように、オレも30,000円近くまで行ってしまうような気がする。そう言うオレももちろん狙っている。
ヒートアップ必至のヤフオクRX1、終了時間の明日夜11時過ぎ、みんながパソコンや携帯にかじりつくのだ。

オレ流洗車術

May 29 [Tue], 2007, 17:53


オレの実家=別名ウィンドの道具置き場&洗車場だ(笑)

ウィンドから帰って、車が汚れたりしていると道具の片付けついでに洗車してしまう。
誰だってもちろん車はキレイな状態で乗りたいだろう。だけど仕事行ったり海に行ったりで、中々洗車や掃除をできないと言うのが大半の事情だろう。特に洗車については一度始めると結構な時間がかかるので、あまりやりたくはない。人それぞれやり方も様々なのだろうが、オレの場合の洗車方法はこうだ。

コンセプトは「なるべく頻繁に水洗いをする」
オレが考えるに車は汚れたまま時間が経ち、よくある1ヶ月に1回の洗車&ワックスがけというパターンだとまず洗車の時点でエライ苦労する。汚れはこびりついて取れないし、水垢は専用の水垢落としを使わないと落ちないし、万一鳥のフンでも付いたまま時間が経ってしまうと、車の塗装自体がやられてしまっている事もある。それを防ぐためには汚れたら即洗車する、1週間に1回は洗車するのだ。

そんなダルイ事やってられないと思うだろうが、頻繁に洗車していると汚れは簡単に落ちるので、洗車時間も驚くほど少なくて済む。オレの場合必ずロードスターとウィングロードの2台いっぺんに洗車してしまうのだが、2台洗車しても時間は30分かからない。
洗い方はまずホースで水をかけて、表面に付いた汚れを洗い流す。そしてバケツの水に食器洗い用の洗剤を薄めて泡立てたもので、スポンジで汚れを軽く洗う。後はまたホースの水で洗剤を洗い流し、ウェスで拭き取るだけだ。
逆にワックスは3〜4ヶ月に1回くらいしかかけない。ワックスがけが面倒臭いというのもあるのだが、これまでの経験からあまり頻繁にワックスをかけると車の塗装が痛むし、ワックスの拭き残しが色々な隙間にこびりついてしまうからだ。

昨日も津久井から帰ってからちゃちゃっと2台の洗車を済ませた。
キレイな車で出勤したりウィンドに出かけるのは気持ちのいいものだ。

平日爆沈Part2

May 28 [Mon], 2007, 19:31

到着時の津久井、ボードはまだ無事
昨日も出勤だったので、今日は吹いていれば午前中出撃するつもりでいた。
昨日の夜から北に変わった風は、夜中はかなりのドン吹きで今日も引き続き北風の予報だった。朝6時に海保をチェックすると、剣崎北東12m!まんまと作戦どおりといったところだ。

津久井に到着すると当然ながら吹いてる、それも予想以上に。海面は白波ビシバシで、ひょっとして4点台?と思うような感じだったが、意外に出ている人のセイルサイズは大きい。ちょうど上がって来た江頭2:50さんに様子を聞くと「5.4ジャスト〜アンダー」との事、それではと5.9+106Lで出撃した。

風は超ガスティ…ブローではオーバー気味なのに抜けると無風になる時も…しかも夜中に吹きまくっていたので波ばかりがやたらにデカい。アウトに出るのも波越えが一苦労だった。そうしているうちに、かなりデカい波が立て続けに3つ迫って来た。一つ目はクリアしたものの、二つ目でジャンプしてしまい、三つ目にノーズから突っ込んでしまった。ノーズを軸に一回転するようなバウ沈…当然オレも吹っ飛ばされた。
幸いにも今回は人間はセーフ、どこも痛くない。しかし道具は…やってしまった…ノーズから50cmくらいの場所に亀裂が入ってしまった…(涙)


流さ15cmの亀裂…ショック…
すぐに陸に上がり、ボードをTEARSに持って行くと「あ〜やっちゃいましたね」と言う事で即入院…月曜という事でタイミングよくボード修理の人が取りに来て次の週末には仕上がっているとの事だった。

普通ならこれで本日終了〜なのだが、TEARSはボードを修理に出すとその日は代車(笑)を貸してくれるのだ。借りたボードは07JP・X-CITE110だった。フリーライドのボードなのだろう、とにかく借りれるだけ有り難いという事でそのボードで再度出撃した。


代車の07JP・X-CITE110
最近スラロームしか乗っていなかったので、フリーライドは久しぶりだったのだが第一印象は「とにかく重い…」、このボードが別に重たい訳ではなく標準的な7Kgくらいなのだろうが、それでも普段5Kg台のボードに乗っていると足元が引きずられるような感じだ。そしてプレーニングに入ると、遅い…(涙)同じようなボリュームなのにまるで別の乗り物という位に艇速が違う。さらにブローが入ってセイルを引き込むと、あっという間にフィンが抜ける…。これはスラロームボードと違ってレールが丸く全く水面に食い込まないのも原因だろう。まぁ全くジャンルの違うボードなので、スラローム的な乗り方をするほうが間違いなのだろう。このボードにはジャンプやアクションといった別の楽しみがあるはずだ。

しょうがないのでレースセイルなのに立ち乗りのような乗り方をするしかなく、すかっとしなかった。しかし一つ新発見だったのは、これだけスピードをセーブしてプレーニングしていれば、ヒジョーに安全だという事だ。これなら爆沈のしようがないといった感じだ。

これで平日ウィンドでは連続2回爆沈して被害を被った事になる。
「2度ある事は3度ある」にならないよう気をつけたい…

タイガー近影

May 27 [Sun], 2007, 23:57

19歳2ヶ月のタイガーだ。
タイガーは小さい頃から写真映りがとても悪い…。動いている時はすばしっこくて、まともな写真は全く撮れない。
寝ている時や、ぼーっとしている時にしか写真は撮れないのだが、そういう時にカメラを向けると、必ずとてもうさん臭そうな迷惑顔をする。そして撮れたのがこの写真だ 。

この顔、この眼光、誰かに似てると思う…。
そうだ!ゴルゴ13だ!
だからタイガーの背後に立つと襲われるのだろうか?(笑)

疲れた津久井…

May 26 [Sat], 2007, 21:32

今日は午後から吹く予報。
先日の爆沈で痛めた右肩がまだ上がらないが、天気が良く風も吹くのにウィンドに行かないのはストレス以外の何物でもないという事で、海に向かう事にした。

富津にも行きたいなぁと思い、さすがに毎週アクアラインを往復していたのでは金が続かないので、朝7時Gさんに「相乗りで富津行かない?」とメールしたのに返事が来たのは10時だった…(怒)さすがにこの時間からでは富津モードにもなれず、海公か津久井かで迷ったが腕が痛くてあまりタックやジャイブをしたくないので津久井に行く事にした。

11時津久井に到着すると、まだ全然吹いていない…それでも今日は確実に風が上がるだろうと言うのと、重いセイルは使いたくなかったので6.7の決め打ちでセッティングした。マルハさん&トリエさんとダベっていると、隊長から「岩井5点台」のメールが、さらに高ポンさんからは「海公完プレ」の電話が…こりゃ津久井も時間の問題で吹くだろうと、13時に出撃したものの、吹かない…待てど暮らせど吹かない。どうして津久井だけ吹かない?と思いながら海上を行ったり来たりした。海面を見ていると南側の金田方面の方がブローが入っていそうだったので、必死こいて上らせて金田まで行った。それでも風は足りず、イライラが募るばかりだった。

しかし、やっと15時半になってプレーニングする風が入り始めた。やったー!と思う間もなく、みるみる風は上がって来たので、今度は金田から必死のダウンウィンドで津久井まで戻った。津久井に到着する頃にはすでに5点台のセイルも走っていて、危うく風上から戻れなくなるところだった。nekoさんとG男さんと合流し、浜で待機しているとやがて少し風が落ちたので、少しオーバーながら再度出撃した。

そんなんで実質乗れた時間がとっても短く、ヒジョーに疲れた津久井だった…。
こりゃ海公のほうが正解だったかなぁ〜〜〜

撮り鉄

May 25 [Fri], 2007, 18:36

4月からTBS系で始まったテレビドラマ「特急田中3号」は、大学の鉄道研究会のメンバーを主人公としたドラマだ。

その人気のせいでもないのだが、鉄道ファンの事を最近では「○○鉄」と言うのが定着してきた。列車に乗ることを趣味とする人を「乗り鉄」、列車の撮影を趣味とする人を「撮り鉄」、走行音または発車メロディなどを録音、または走行中の列車を録画する「録り鉄」(とりてつ)、廃止直前の路線や廃車間近の車両を趣味の対象とする人を「葬式鉄」のように呼ぶ。
更に派生語として、鉄道に関する情熱の度合いを「鉄分」と表現したり、鉄道ファンでない人を「非鉄」と鉄道ファンが呼ぶこともある。また、女性の鉄道ファンを「鉄子」と呼ぶ習慣もできつつある。

オレの場合、このジャンル分けにあてはめるとと「撮り鉄60%・乗り鉄40%、鉄分20%」くらいの鉄ちゃんであると考えられる。なのでたまたま好きな列車に遭遇したり、絶好の撮影ポジションにいたりすると無意識に携帯カメラを構えて写真を撮ってしまう。

この日も仕事でたまたま線路脇の場所に行くと、相鉄線の7000系(比較的古い形式)が駅に入線してきた。普段ならどうってことないのだが、この日は立ち位置(撮影に好ましい)最高、天気最高、太陽光の方向最高(列車のこちら側からの光)などの条件がすべて揃っており、思わずシャッターを切った。その結果なかなか満足いく写真を撮ることができた。

もしオレがウィンドをやっていなかったら、筋金入りの「撮り鉄」として大型カメラと三脚担いで全国を飛び回っていたかも知れない。(笑)

島寿司

May 24 [Thu], 2007, 19:00

海公地元の有名店といえば「島寿司」だ。
シーサイドラインの野島公園駅下車、野島橋を渡ってすぐの場所にあるので電車に乗ってわざわざ食べに来る人もいるほどだ。おいしい地の魚を食べられる店として、地元ではあまりにも有名で土日の昼などは結構行列ができたる事も多い。

島寿司の一番の特徴は、そのにぎりの大きさだ。
ネタ、シャリとも通常の店の1.5倍くらいあって、普通の感覚でにぎりを注文するとあっという間に満腹になってしまう。
マグロや穴子といった人気のネタも、シャリを遥かに凌ぐ大きさで握られて出てくる。
そして、もうひとつ人気なのが何杯でもお替り自由のアラ汁だ。帆立の肝やいろんなもののアラが入っているが、骨は全く入っていないので、食べやすく飲みやすい。
海公でのウィンド帰りに、島寿司に寄って噂のBIGにぎりを賞味してみてはいかがだろう。


と、さも常連客のようにウンチクを語ったがこれらはすべて行った人からの受け売りで、実はまだ1回も島寿司に行ったことがない。
誰か「私を島寿司に連れてって」…(涙)

危機一髪

May 23 [Wed], 2007, 19:25

やばいコケ方をした…
うねりのある海面で、ジャイブ中まともに横波を食らい、いっぺんにふっ飛ばされたのだ。
肋骨に激痛が走った、道具は訳のわからない方向を向いて飛んでいった。この場合、身体か道具のどちらかか、あるいは両方か、とにかく経験上決して無事では済まない。

沈してひと呼吸おいてから、まずは身体をチェックした。ハーネスのバーが身体に食い込んだらしく、その場所が痛いがどうやら骨は折れていない。
次に道具、先日直したばかりのRX1のメインパネルが大きく裂けていた。これは今回の沈のレベルから考えて致し方ない。問題は、肋骨に激痛が走るほどの衝撃を、いったいどこで受けたのかだった。感触からいってボードであることはまず間違いない。デッキをやってしまったのか?はたまたノーズか…?
恐る恐るボードをチェックしてみると、なんと後ろ足のデッキパッドが大きく削られていた。
幸いにもパッドの場所であったおかげで、ボード本体までは削れていなかった。

なんとかセイリングして岸に戻ったが、陸で改めてみると本当に危機一髪だったと言うのが実感だ。もしも大穴が開いていたら、ボードの長期入院は避けられなかったところだろう。

かろうじてラッキーだったという事で、ほっと一息ついた。

映画館

May 22 [Tue], 2007, 12:37


ららぽーと横浜にできたTOHOシネマズに行って来た。
12スクリーンもあるいわゆるシネコン(シネマコンプレックス)なのだが、本当に映画館も変わったものだなぁとつくずく思った。高い天井、ホテルのようなロビー、ハリウッドスターでも降りてきそうなエスカレーター、写真だけでここが映画館と思う人も少ないかも知れない。

オレは一時期ショッピングセンターの映画館に関わる仕事をしていたので結構映画館へも足を運んだ。
昔遊ぶ所がまだが少なかった時代には、映画はまさに娯楽の花形だった。「一つの街に1つの映画館」といった時代もあり、鎌倉駅前にあったテアトル鎌倉なんて、駅前広場に面したたたずまいが、まるでニューシネマパラダイスのようで何とも味わい深かった。横浜の関内周辺も10館以上もの映画館があり、休日となるとどこも賑わっていたが今や2館しか残っていない。

なぜこんな時代になってしまったかと言うと、映画館というのは儲からない商売であるという事が大きな理由だ。映画配給会社の取り分が約60%と非常に大きく、一人1,800円の入場料金でも720円しか利益がでない。仮に1スクリーンの映画館に1日100人の大人入場者があったとしても、720円×100人×30日=1ヶ月216万円しか利益が出ない。そこから賃料・人件費・販促費用・機器メンテ費用などを差引けばほとんど利益は残らない。そして1スクリーンしかないような映画館には1日100人もお客は来ない、ヘタすれば1日の入場者は10人なんて日もザラなのだ。これでは街中の映画館が廃館となっていくのも、むしろ必然であるのだろう。

ではなぜシネコンは成り立つのだろうか?
まず第一の理由はそのほとんどがワーナーや東宝といった配給会社の直営だからだ。直営なら配給元への支払いも当然抑えられるのだろう。
第二にシネコンの出店先は大型のショッピングセンターであるが、ショッピングセンターとしてはシネコンを強力な集客装置と考えているのでその賃料設定は非常に低くしている。シネコン側にとっては非常に出店しやすい条件だろう。
第三に12スクリーンもあれば、12種類の映画を上映する事ができる。映画館というのは当たった作品が年間2本あれば成り立つというほどの水商売で、上映作品の種類が多ければ多いほどその当たり作品を上映出来る可能性が高い。極端に言えば12スクリーンのうち1館が満席で、残り11館の観客がゼロでもシネコンは成り立つものなのだ。そしてシネコンは様々な大きさのスクリーンを持っているので当たっている作品は500人クラスの大きな劇場で、それでも足りなければ他の作品を削ってもう1〜2スクリーンで上映するといった荒業も可能だ。

要は映画興行のシステムが根底から変わってしまったという事なのだろう。
これからも確実に街中の映画館の淘汰は進む。これはもうどうしようもない事なのだ。
住んでいる街に、まだ昔ながらの映画館が生きているのなら早めに訪れて欲しい。
子供時代に、初めてのデートに、その映画館で映画をみた思い出に浸れるのもあと僅かなのだから。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:catman
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:9月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
横浜「海の公園」でウィンドサーフィン&SUPをやっています。その他「野毛好き」「猫好き」「撮り鉄」「客船好き」でもあります。
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像catman
» サニートラック (2019年09月18日)
アイコン画像catman
» サニートラック (2019年09月18日)
アイコン画像ぴょんいち
» サニートラック (2019年09月17日)
アイコン画像ビッケ
» サニートラック (2019年09月17日)
アイコン画像catman
» シキザキベコニア (2019年08月24日)
アイコン画像げみ
» シキザキベコニア (2019年08月23日)
アイコン画像catman
» 日々草 (2019年08月22日)
アイコン画像げみ
» 日々草 (2019年08月21日)
アイコン画像catman
» 全身ダメージ大 (2019年08月20日)
アイコン画像げみ
» 全身ダメージ大 (2019年08月20日)
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE