東京モーターショー(新車編)

November 04 [Wed], 2009, 18:43

昨日は残念ながらISO先輩の一大イベントに立ち会うことができなかった。と、いうのもウィンド後にちょっと仕事がらみもあって幕張メッセで開催されている「第41回東京モーターショー2009」に行ってきたのだ。
モーターショーに行くのなんて何年ぶりだろう?昔はそれはそれは華々しいものであったが、今年は自動車業界の不況や海外メーカーの不参加など、何とも盛り上がっていないように感じる。湾岸線も空いていて1時間ほどで幕張に到着。朝から来場している人は帰る時間ということもあり駐車場もがらがらだ。会場を一回りして、オレ的に興味のあったコンセプトカーを紹介しよう。



まずホンダの「CR−Z」
これは2010年2月に発売が予定されているという、ほとんど市販車バージョンだった。
スタイルは一目でこれがCR−Xの直系であることが解る、独特のデザインだ。CR−Xはオレも大好きだった車で、そのコンパクトなボディに高性能なVTECエンジンでジムカーナでは無敵の強さを誇っていた。自分でも買おうと真剣に考えた車だった。そのCR−Xがハイブリッドスポーツとして現代に蘇ったCR−Z、今回最も欲しいと思った車だ。



次にホンダの「SKYDECK」
これもインサイトをベースにした6人乗りのハイブリッドミニバンだ。注目したのは室内の広さ、これならウィンドの道具がたくさん入りそうだ。



次はレクサスの「LFA」
これは市販車で、0-100km/h加速は3.7秒で最高時速は325km/hを超えるという日本車史上初の本格的な“超高級”スーパーカーである。全世界で500台の限定生産となり日本では165台を販売予定である。販売価格は日本円で3,750万円以上と発表されている。



そしてトヨタの「FT−86」
未だに人気の高いハチロク(AE86)の現代版というコンセプト。そこそこのパワーで、クルマ本来の運転する楽しさを狙ったという。 スバル製の2.0リッター水平対向エンジンと6速MTをFRに搭載している。真剣に走りを狙った1台と言えるのだろう。



最後にロータス「エキシージ・ステルス」
エキシージと言えばエリーゼのレースバージョン。箱根などの走り系人間たちの間では、GT−Rをも押さえて無敵と呼ばれている車だ。ステルスの特徴はなんと言ってもその「つや消しブラック」のボディカラー。オレも長年車を見てきたが、新車でつや消しブラックというのは初めて見た。何とも渋くてカッコイイ!これぞ走りの車といった雰囲気だ。箱根でこいつに後ろに付かれたら、速攻で道を譲ったほうが賢明だろう。

全体的には今回のモーターショーは報道されているとおり環境やエコ、ハイブリッドやEVが主体で地味な印象だった。こんな時代だからこそ、もっと車に乗ることの楽しみ、所有することへの憧れをうったえ掛けられるような内容であれば良かったのにと感じた。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:catman
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:9月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
横浜「海の公園」でウィンドサーフィン&SUPをやっています。その他「野毛好き」「猫好き」「撮り鉄」「客船好き」でもあります。
2009年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ゲミ
» 廃線跡SUP (2019年09月26日)
アイコン画像catman
» サニートラック (2019年09月18日)
アイコン画像catman
» サニートラック (2019年09月18日)
アイコン画像ぴょんいち
» サニートラック (2019年09月17日)
アイコン画像ビッケ
» サニートラック (2019年09月17日)
アイコン画像catman
» シキザキベコニア (2019年08月24日)
アイコン画像げみ
» シキザキベコニア (2019年08月23日)
アイコン画像catman
» 日々草 (2019年08月22日)
アイコン画像げみ
» 日々草 (2019年08月21日)
アイコン画像catman
» 全身ダメージ大 (2019年08月20日)
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE