First~

October 09 [Sat], 2010, 1:45


海です。

とある県で大1やってます。




恋多き女



とゆうイメージがある

とゆわれがちです。



が、人を好きになりません。



すっごく大好きだった人がいます。





高校のとき付き合ってた人です。


朝も一緒に学校へゆき
お昼休みには会い
部活終わるまで4時間待ち


という依存生活をおくっていました。


ラブラブでしたが
突然冷たくなっていき、
そのせいで私が重くなり



ふられて戻って
ふって戻って
を繰り返すこと2ヶ月


別れました。



それからは言葉をかわすことなく
1年以上を過ごしました。





しかし、卒業式の日。


彼を必死にさがしました。
しかし、もう帰ったところでした。



彼と私は違う大学に進学することが
決まっていたために
後悔の気持ちでいっぱいになりました。


しかし、式後に
友達とあるゲームセンターに
いったところ
彼に遭遇。


勇気をふりしぼって

「今までありがとう」


と伝えました。




「おう」

とゆう返事をしながら
びっくりした彼。

大好きだったころの彼のままでした。


その夜メールがきて

「俺こそありがとう
ときました。


嬉しくて嬉しくて
なんども読み返し


返事をしました。


その日久々のメールで
お互い楽しみ
電話をすることになりました。



私は思わず

「まだ好き」


とゆっていまいました。



しかし彼は


ありがとう


とゆっただけでした。





そんな彼と
最近はお互いに恋人ができましたが
コムをする関係になりました。



やっぱり長く付き合ってたぶん
気はあうため
とても話がはずみます。



楽しくてしょうがないです。


しかし、私は別れましたが
彼には彼女がいます。


しかし、コムはしてきてくれます。

完璧に友達としか
みてないのでしょうが。


それでも居酒屋で働いている彼は
「飲みにこいよ」


とゆってくれます。


私は会ったらきっとまた
この気持ちが戻ると思います。


だから会うのは怖いです。




でも本音をゆうと
会いたい。




会いたい。




戻りたいです。





加藤ミリヤの
この街のどこかで



が私の思う通りです。




おやすみなさい。




  • URL:https://yaplog.jp/umi7/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:umi7
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる