アトピーを斬る〜アトピージャーナル〜

医者や医師会、厚生労働省が進める方向違いの医療を真っ向から理論的に反論するBLOG。・・と、毎日のつれづれ、トピックスなどを書き込むBLOG。

アトピー完全克服マニュアルの伝授











血液型乳酸菌

アトピー完全克服マニュアル

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:赤嶺福海
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1955年
  • アイコン画像 現住所:石川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-野球(社会人野球出身)、子供たちへの野球指導
    ・ガーデニング
読者になる
人間は自分で解決力を持っている。 体も心も・・。 初めての経験には誰も動揺するし、 大きなストレスとなるだろう。 しかし、そのハードルを1個1個乗り越えて 成長するのが人間だ。 経済主義のために日本国は多くのものを失った・・・ 誰を批難することは出来ない。 まず、自分から変わる以外、 この国を救う道はない。 そして医療も、、、、真実は一つ。 自然の法則に従えば、 自ずと真実は見えてくる! 小生理論を国が実践すれば、 この国から アトピーで苦しむ人はは3年以内に0となる 。・・・いや、本当だよ。
Yapme!一覧
読者になる
« ラブレさん、お宅まで・・・大丈夫ですか、広告費。 | Main | 子宮頸がんワクチン副作用事件 »
痒みのメカニズム、意外な正体が判明・・・? え、、? / 2013年05月29日(水)

痒みのメカニズム・・・痛みとの延長線上と思われていたが、、、、って?

世界でもこの「痒み」について、未だに解明されていないという。何で?・・彼らは神経伝達のことばかりを考えるからいろいろなことが見えなくなっているのではないだろうか。

私は簡単な仕組みと判断する。人間の痒みが発生する原因は、異物が体内に侵するということだけなんだけどなぁ。人間の外部からの異物侵入・・・その外部とは? 当然皮膚であり、鼻や目や耳、口、膣、尿道、肛門となるが、もう一つ、体の内部と勘違いされる「腸管内部」である。この外部粘膜から異物が侵入し、体内へ入ろうとしたり、侵入した異物を体外へ排泄するときに「痒み」が発生し、皮膚を傷つけて異物排泄させたり、異物侵入を阻止したりするのである。

世界の痒みトップ研究者が、こんな事も判らないのだろうか? 

そして、その痒みは痛みで消えるのである。






■ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 5月27日(月)18時14分配信


 なぜわれわれは痒(かゆ)みを感じるのか? それは科学の大きな謎だ。



◆痒みの源に迫る

 痒みを引き起こすのは、B型ナトリウム利尿ペプチド(NPPB)という心臓から分泌される分子で、腎臓が排泄するナトリウム量を調節することで血圧を制御するはたらきが知られている。

 チームがNPPBを研究することに決めたのは、痒みを感じる細胞から適切な分子を見つけ出す過程で、NPPBが有力候補として浮上したためだ。

 しかし、それにはまずNPPBが脳に痒みを感じさせる神経伝達物質として作用していることを突きとめなければならなかった。

 そこでチームはマウスの皮膚にNPPBを注入したが、何も起こらなかった。ところがNPPBを脊髄が他の神経と連絡する部位に注入したところ、マウスは体をかき始めた。痒みの発生を示す何よりの指標だ。

 続いてチームは、NPPBをもたないマウスを遺伝子操作で作りだした。痒みの原因となる複数の化合物にさらしたところ、マウスは全く体をかかず、「これだとわかった」とフーン氏は述べる。NPPBをもたないマウスは痒みを感じることがなかった。

 痒みの感覚それ自体は、おそらくわれわれを疾患から守るために進化したものだとフーン氏は述べる。「痒みというと、あの皮膚を伝わるいやな感覚を思い浮かべるかもしれないが、痒みはわれわれを守り、皮膚についた刺激物を害になる前に取り除くための手段だ」。

◆2つの役割を兼ねる分子

 カリフォルニア大学デービス校のカーステンズ氏は、痒みとは縁遠い役割を担うNPPBが痒みを引き起こしているとは「思ってもみなかった」と話す。

 研究を手がけたフーン氏も、「この分子が心臓から分泌されているというのが実に奇妙」だと述べる。

 しかし、われわれの体はきわめて効率的にできており、NPPBのように特定部分に複数の仕事をさせる方法を見出すこともよくあると両氏は指摘する。

 フーン氏はこれを「生物学的なカセットテープ」にたとえる。体の異なる器官で「再生する」と異なる反応を示すからだ。今回はたまたま痒みを引き起こす分子が見つかっただけで、われわれの体には2つの仕事をこなす分子がほかにも存在するのではないかとフーン氏は考えている。






アトピー研究所 アトポス 赤嶺




Facebook始めました。よろしければ「いいね」クリックお願いしたいです。
フェイスブック アトポス




Posted at 14:25 / アトピー / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/umi29/archive/467
P R
2013年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
にほんブログ村 病気ブログ
メールフォーム
タイトル

内容
   
Powered by yaplog!