熊野路の旅<4>:新宮

2012年03月10日(土) 10時00分
  
 紀伊田辺から始まる熊野古道は、熊野本宮大社→熊野那智大社とめぐって、新宮の熊野速玉大社へと至ります。そして、新宮から今度は船で熊野川をさかのぼり本宮へと戻ります。現在は、国道がこの熊野川沿いに走っているので、本宮から那智へ直接向かうのは合理的ではありません(徒歩で古道を歩いても1日では無理です)。で、私は本宮から新宮へバスで向かい、時間の都合上そのまま帰路に着いてしまいました。ですので、那智は訪れないまま、この熊野路旅行記は今回で最後となります。

 新宮というのは、本宮に対してそう呼ばれるのかと思ったらそうではなく、もともと町の西側の神倉山にあった速玉大社がいつの間にか現在の山麓に遷され、前者を元宮と呼ぶのに対し後者を新宮と呼ぶようになったのだそうです。というわけで、何はともあれ新宮の地名の由来となった熊野速玉大社をまずは目指します。

 
熊野速玉大社


 檜皮葺の本宮大社の落ち着いた雰囲気とは逆に、こちらは朱塗りの柱の鮮やかさが印象的です。境内には、ちらほらと南方系の樹木があり、これまた山深い本宮とは違うなぁと感じさせられました。

 残念なのは、これは本宮と同じでやはり門前が寂しいことでしょう。で、どこか店はないかとフラフラしていたところ、ちょっと面白いものを見つけました。大社の本殿に向かって右手に歩き、道路へ出たところで左斜め前をみると、板葺板張りの小屋が数軒並んでいます。小屋にしては妙に新しく整っているのが気になって近づいてみると、軽食店と土産物屋であることが分かりました。さらに近づくと、脇にようやく説明版があることに気付き、そこには「川原町について」とありました。それによれば、速玉大社裏手の熊野川の河原には、釘を使わず誰でもすぐに解体・組み立てができる「川原家」と呼ばれる小屋が百数十軒立ち並んだ町があったそうです。別に闇市という訳ではなく、物資の集積地である熊野川河口に江戸時代から発展していた「何でもそろう町」で、洪水のときだけ小屋をたたんで避難するという営みが続いていたのだそうです。その川原家を簡単に再現・アレンジしたものが、速玉大社脇の新・川原町ということなのですが、あまりにこじんまりしている上に大社境内には一切案内がないので、私が見つけられたのさえまったくの偶然でした。せっかくの観光資源・復元歴史的建造物なのですから、もっと宣伝しないと!と歯痒く感じられました。

 
速玉大社脇の復元川原町(手前の小屋群)。


 次にオススメなのが、「浮島の森」です。その名の通り、森が沼の上に浮かんでいるというもので、今では30%くらいが地続きになってしまっていますが、かつては完全に独立していて台風などが来るたびに移動していたのだそうです。このような浮島自体は、高山の湿原などでよく見られますが、新宮の浮島の特異な点は一年草・多年草だけでなく樹木が生い茂っているということです。しかも、鳥が方々から種を運び、寒冷地と温暖地の草木が混在している珍しい植物群落が形成されています。さすがに冬だったので、花も葉もなくさびしかったのですが、暖かくなれば日本中の草花が楽しめるスポットになるのだろうと思われます。

 
浮島の森


 ところで、この森には聞けばツッコミたくなるような伝説があります。「おいの伝説」というのですが、そのあらましは次の通りです。ある日、おいのという娘が父親と薪を採りに出かける。昼飯の弁当の箸を忘れたことに気付き、おいのは浮島へ代用の枝を採りに行く。おいのはうっかり大蛇の住む穴に足を踏み入れ、大蛇に飲まれてしまう。なかなか戻らないおいのを探しに父親が浮島へ渡ると、おいのはまさに大蛇に飲み込まれる寸前!父親は頑張って助けようとしましたが、おいのはそのまま飲み込まれ、大蛇は底なしの巣穴に戻ってしまいました。めでたし、めでたし。………いやいや!オチは!?何ですか、この消化不良のまま終わる物語は!そんな浮島の森には、おいの伝説にちなんだ石像があります。

 

 ……ちょっと待った。なんでおいのさん、自分を食った蛇と仲良くツーショットしてんの?石像にまでツッコまずにはいられません(笑)。

 新宮は、御三家のひとつ紀州徳川家の家老水野家の領国でもあり、町の北には新宮城址があります。近年公園として整備されたようで、城跡に登れば新宮市内や太平洋が一望できます。が、写真の掲載上限の関係上、詳しい説明はこちらのページにいずれまとめることにします。

 さて、私が新宮でもっとも感激したもののひとつが「食」です。今回の熊野旅行を通じて、イノシシはもちろんのこと、シカにキジと様々な珍しい肉を食べてきました。その極め付けが、新宮で食べた「イルカ」です。イルカと聞いて顔をしかめられる方もいるかもしれませんが、私はそれでも声を上げて言います。イルカは本当に美味です。最初から知ってて食べに行ったわけではなく、南紀の名物「さんま鮨」を食べようと入った寿司屋でメニューに「イルカ」とあることに気付きました。味はともかく、食べられるものなら試してみなければと思って注文したのですが、想像をはるかに上回る美味しさにビックリしてしまいました。臭みがなく、あっさりしてて柔らかい鯨肉といった感じです。そもそもイルカとクジラは同種ですから、クジラの若く雑味のない感じといえば良いでしょうか。逆に、鯨肉のあのクセが好きだという人には、物足りないかもしれません。よく見るとそこいらの魚屋さんにも「イルカ肉」と書いて売っています。都会では「イルカ肉」と書いて売り出したら途端に大変なことになるでしょう。あんなにおいしいのに、都会ではまず入手不能というのは何とも残念に思いました。

 4回に分けてお送りした熊野旅行記も今回で終わりです。実質、本宮と新宮しか訪れていないのですが、それでも多くの感動・発見・癒しを得られた貴重な旅となりました。ただ、世界遺産やパワースポットとして売り出している割には、台風被害の後とはいえ随分と観光客が少ないように感じました。卒業旅行、慰安旅行、ハイキング、自分探し、何でもいいので、もっともっと旅行者が増えてくれればと祈らずにはいられませんでした。

 
オマケ
さすがはみかんの国!果物屋にみかんしかありません。。


  
  • URL:https://yaplog.jp/umebachi/archive/348
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>yappuさま

 出身者を前にしての執筆だったので戦々恐々でした(笑)。みかんのくだりなど怒られるかと思ったので一安心です^^;

<正式な参拝ルート
 自分も、熊野川さかのぼるより下った方が効率的だろうになぁと不思議には思っていました。ただ、中辺路が本宮→那智→新宮の順に続いていることや藤原定家などの貴族の実際ルートが上記の順だったので、これが正式だと思い込んでましたm(_ _)m

 おいの伝説は、「この森には人を呑み込む大蛇が住んでいたという言い伝えがあります」で済んでしまう話に、なぜおいのさんという固定キャラを登場させたのか理解に苦しみますww
 
2012年03月10日(土) 21時37分
yappu
お疲れ様でした。大変読みごたえがあり面白かったです^^
誤解を生みそうなので補足ですが、熊野の正式な参拝順序は本宮→新宮→那智です。本宮→新宮は熊野川を船で下りました。帰路は那智からもう一度新宮を経て本宮へ戻るのが一般的ですが、新宮へ寄らず直接本宮へ抜けることもあったようです。
私はあの土産物のない素っ気なさが逆に好ましかったのですが、確かに遠方から遥々来られた方には物足りないかも知れないですね。
おいの伝説は・・・この意味不明さがむしろ本来の伝承話のあるべき姿のようで、結構好きです笑
2012年03月10日(土) 11時35分
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像うじょう
» 恭賀新年 (2019年01月09日)
アイコン画像k,y
» 恭賀新年 (2019年01月08日)
アイコン画像うじょう
» 奥尻島ウニ剥き生活記@ (2018年08月13日)
アイコン画像k,y
» 奥尻島ウニ剥き生活記@ (2018年08月13日)
アイコン画像うじょう
» 木蝋生産で栄えた商家の町並み:愛媛県内子町 (2018年02月22日)
アイコン画像うじょう
» 秋風人情奥尻島:前編 (2017年11月07日)
アイコン画像k,y
» 秋風人情奥尻島:前編 (2017年11月05日)