年寄り扱いもたまにはありがたい

July 31 [Tue], 2018, 18:31
先週突如として末の弟から「少し遅くなったけど誕生日祝いなにがいる?」とラインがあってちょっと驚いていた。確か5年前に一度祝いを貰ったことがあったのだが、今回はそれ以来なのでどういう心境変化なのかと思いつつも嬉しい事には違いないので「お前んとこが家族で飯食いに行くときそれに便乗して奢ってくれたらそれで良いぞ」と返事をし、結果この日曜(29日)に集まろうという事で話は纏まっていたのであった。

もともとウチはそれぞれの親と身内の子供連中に祝いをすることはあっても兄弟間ではそういう慣習はあまりなかったのである。但し我が輩だけは長兄で年がだいぶ離れている関係で妹(10歳下)や末弟(15歳下)にはヤツらが18歳になるまで毎年誕生日+クリスマス+お年玉の三点セットは必ず渡すようにしてきたのだった(今は同じセットが彼らの子供たちに行くようになっているのだけどね・・・自分で言うのもなんだが貢献度は長期にわたり高いものがあるのだよ)なので今回のように弟からこういうことをされると嬉しさ半分面はゆさ半分みたいな(^_^;) なんとも不思議な気持ちになってしまうのである。

行く所については弟夫婦にお任せしていたのだが、私からすればファミレスみたいなところで甥(13歳)や姪(1歳)と一緒にご飯食べるだけで十分楽しいと思っていたのだけれども、当日は意外にちゃんとした居酒屋の個室(目を離せないちっちゃい子がいるが故の方策ではあるけど)を予約してくれていて、なかなかしっかりとした料理を食わせて貰った。

※行ったのは徳島駅前にある"徳島個室居酒屋 若の台所" この日は台風のせいで食材補給が不足しておりメニューの三分の一程度が供給できないとかで(ーー;)オーダーするのは一苦労だったけど味は悪くない。

それだけでも全然良かったのに弟とその嫁からも一品ずつプレゼントがあってさらにビックリしてしまった。それでふと思い出したのは彼らが毎年親の誕生日にはこういう贈り物をしているのを見ていて(我が輩は無粋に現金を渡すのみという祝い方しかしていない( ̄。 ̄;))あー、ひょっとしてもう彼らの中では私も親とおんなじカテゴリー(老人チーム?)に突入しているのかなと、そんなことも想像してしまった(じっさいここの子供たちとの年齢差を考えたら「おじいちゃん」の立場でも全然おかしくないわけで)

そんなわけで頂いたプレゼントは下記の皆さん。シェーバーはけっこうな高性能品でヒゲが濃く剃り残しの多い自分には実にありがたい逸品。またブルーレイのブランクディスクは映画を録りまくっている我が輩にとって「絶対必要な消耗品」でもある(2点とも実用品として重宝できるタイムリーなモノだったとも言えるだろう)

と、言うことで今回は心から素直に彼らに感謝しなければなりますまい。そして次はまた5年後?或いは還暦を迎える8年後??このあたりで某かの祝いをしていただければ言うことはないス。
  • URL:https://yaplog.jp/ume4696/archive/1519
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しろくろ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1966年7月21日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:徳島県
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画を見ること-主に70-80年代の映画が好み
    ・野球を見ること-福岡ソフトバンクホークスと読売ジャイアンツのファン
    ・本を読むこと-年に何度か訪れる読書旺盛期限定で
読者になる
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ