2006年も半分が過ぎ

2006年06月30日(金) 23時24分
ついこの前新調したと思った手帳が、もう折り返し地点。そしてこれから加速度的に時間が経つのが早くなることが目に見えている。

にもかかわらず、相変わらず机の上は散らかり放題だし、やらなきゃいけないと分かっていることも、なかなか手がつかない。夏休みの宿題は8月25日を過ぎてから取り掛かる悪癖が残っているせいでしょう。

引越し、引継ぎ、新しい仕事。。。面倒くさいことは置いておいて、想いを巡らせるのは新居となるであろう、築30年以上の狭い公団アパートの寮に、いかにシャックとアンテナを設けるかばかり。

そうそう、入院中のK2との対面や、国内某所への家族旅行もワクワク、楽しみ。今回はCWのできる相棒も忘れずに。大学時代と就職後の東京勤務時代には、アクティビティゼロだった自分を本当に不思議に思う今日この頃。

今朝の6m

2006年06月30日(金) 12時32分
今朝、出勤前のワッチ(0250Z前後)で6mのJA局のCQが聞こえました。

50.110 JH7XRZ
50.102 JM1DTF

呼び出せば応答がありそうなコンディションでしたが、ぐっと我慢。。。

それでもいいや

2006年06月26日(月) 22時35分
特に外出する予定もないときは、朝8時半くらいからオフィスで半日間、本当にイスに座ったまま、PCに向かったままです。このままでは生活習慣病の発症も遠くはないと危機感を覚えたのと、1ヶ月後に控えている東京の通勤ラッシュへのリハビリを目的に、今更ですが少し運動することにしました。近くのホテルのジムのメンバーシップを復活させ、チンタラチンタラ、マイペースで身体を動かしています。

ランニングマシーンで走ったり、サウナで汗を流すと、高温小湿の気候も手伝って、ビールが美味い!最高に美味い!!

所期の目的を達成するのは極めて困難な見通しです。

帰宅するまでには直ってほしい

2006年06月23日(金) 12時50分
ブラジル戦、後半戦が始まったところ(午前1時)で急に激しい落雷を伴った雨脚が強くなりました。しばらくしてまわりが一瞬明るくなったかと思うと案の定停電。リグのアンテナはその前に抜いていて、今回は無事ですが、試合の続きが見られなくなりました。残念な結果に終わったようですが、停電は今朝方、未だ復旧していません。

変更申請

2006年06月22日(木) 22時19分
今ある局免にK2とKX1の増設とPSK追加などの変更申請を行うべく、TSS宛ての文書を書き上げました。保証認定代はネット経由の振込み。帰国の頃には出来上がっているでしょう。

住処が決まったら固定局も申請するつもりです。JE1のRくらいかな?

タイは雨季

2006年06月22日(木) 12時49分
昨日、20mのPSKでHS0ZEU/Manと交信しました。「タイには何度か行きました、私はタイが大好きです」と打ったら、「それはFBだ。RASTのミーティングが毎月あるので、次回来る時はぜひ顔を出して欲しい。ウエルカムです」と返ってきました。

さらに、彼のQTHはバンコクから70キロほど北東の田舎らしく「周りはrice fieldしかないんだよ」とのこと。この年末年始にチャームという比較的ローカルなタイのリゾートへ行った時も、確か国道の両側とも延々と田んぼ(塩田)が広がっていたことを思い出しました。

「ありがとう。タイは料理がおいしいね。私のお気に入りはパッタイです。ああ、またパッタイが食べたいなあ」と打つと、「ハハハ、残念だけどon the airではパッタイは送ることができないよ」。Manさん、なかなかユーモアがあって楽しくなります。

「Manさんの名前は私のManabuとよく似ているから、もう忘れないよ」、「そうだね、ur name same same」。そういえば東南アジアの人たちとお互い拙い英語で話していると、時々耳にする「セーム、セーム(なぜか繰り返す)」という響きがよみがえってきました。

蛍光灯の屋台の下で、サンダル履きのスクーター連中が夕涼みしている様子がふと思い浮かんだ、そんな楽しいManさんとのPSKでした。

Уважаемые посетители на мой сайт!

2006年06月21日(水) 17時44分
Думаю, что возможно некоторые русскоязычные подходят на мой сайт. Оставите, пожалуйста, Ваш message. Буду очень рад!

de UK/JI2MED Манабу

6月も3分の2が過ぎ

2006年06月20日(火) 22時54分
週末日曜日、夜な夜な14MHzで10ワット以下のPSKでCQを出していたら、LA、OZ、そしてTFからも呼ばれた。

060付近では欧州のQRP同士のQSOが聞こえたり、朝方出勤前にはWが良好に入感するなど、コンディションはまずまずのよう。

KX1でQRP局をコールしてみたり、疲れたら31mのBCバンドをワッチしたり、CQ誌めくりながら帰国後のアンテナシステムをあれこれ考えたりと、地味だけど、それなりに楽しい余暇のひと時をエンジョイしています。

やっちまった。。

2006年06月19日(月) 21時38分
TurboHamlogのバージョンをアップグレードすると各種設定をカスタマイズするまでの期間、データの加工等で必ず何かしら「しでかして」いたが、今回は最近のQSOデータを見事に消失する事態に見舞われた。

過日のAPスプリントのzLogデータをコンバートしHamlogへインポートする際、「データの上書きチェック」をはずさずにいたため、6月13日〜16日までの、確か10数局であったとは思うが、過去のデータが画面から消えた。

バックアップが取ってあった6月12日までは無事だが、先週一週間の、珍しく出勤前にできたWのフォーンや、深夜Gと盛り上がった2WAY QRPのデータなどが失われてショック。インポート前のバックアップは鉄則であります。。

あんまり目くじら立てなさんなって?

2006年06月19日(月) 12時54分
AAでランニングしていて気がついたこと。

(1)ナンバーを送出する際、

599 599 XX XX

というようにRSTを最初に繰り返す人が数局いた。かなり困ります。

(2)0(ゼロ)の送り方

長点三つのO(オー)で送る方がやはりチラホラ。JAドメスティックのコンテストならともかく、対全世界モノではやめた方が無難でしょう。

(3)簡潔を心がけましょう。原則、相手の信号強度がそれなりに強く、QRMも著しくないとの前提で。
UK/JI2MED : CQ UK/JI2MED TEST

UK8MED : UK8MED UK8MED

UK/JI2MED : UK8MED 59937

UK8MED : R UK/JI2MED DE UK8MED CFM TU UR 59900 59900 BK

UK/JI2MED : TU UK/JI2MED

(赤字の箇所)通常は1コール・1回で結構。

(青字の箇所)私のCQ呼び出しに応答してきて、私のコールを打つ必要は全くありませんね。

(ピンクの箇所)相手(上記ではUK8MED)が自局のコールサインを繰り返すと、こちらは「コールサインをミスコピーしたかな?」と構え、混乱します。

(緑の箇所)TPO次第ですが、基本的に不要と考えます。

(茶色の箇所)このTUを不要とされる方もいらっしゃるようですが、これはあったほうがやりやすいかなと。

ロシアあたりの局はソフトのマクロをコリコリに凝っている連中が時々いて参ります。相手の送信が長くなりそうな時は、当方タバコの点火タイムとなっております。