フルーツ天国

2006年07月05日(水) 17時21分

一日の寒暖の差とさんさんと降り注ぐ太陽のおかげで、ウズベキスタンの果物は本当においしい!!

紫色はスモモ、日本のと同じ桃、そして小ぶりのオレンジ色はアプリコット。どれも甘味がギュッと詰まっています。アプリコットは今までそんなにおいしいと思わなかったのですが、今年は特別に美味い。そこらじゅうに生えていて、子供が石を投げて落としてはおやつにしています。バザールでもキロ数十円。

リンゴはいまひとつ、私は日本の「かじると歯茎から血が出るような」固いのが好きです。

スイカやドゥイニャ(ハミウリ)も出回り、食後のデザートとして娘も大のお気に入り。

「日本帰ってまったら、もう食べれーせんで。今のうちにぎょーさん食べたってチョーよ」

外野がとやかく言うことではない、と?

2006年07月05日(水) 16時50分
午前中はUNDP主催の Tax reform in Uzbekistanというプレゼンに出席してました。商工会議所会頭や経済省次官なども出席。ウズベキスタンのような計画経済から市場経済への体制移行国では、少なからずこの税体系をはじめとするLegislative issueが問題となっていて、国際機関や二国間のバイで支援が行われています。日本もJICAが法整備支援の専門家を派遣して協力しています。