UK/JI2MED CL

2006年07月23日(日) 17時18分
思い返せば2000年8月、事務所の立ち上げのため一人でタシケントに赴任して以来、はや6年弱の月日が流れました。妻と知り合い、娘が生まれたウズベキスタンをこの25日に離れます。無線は2001年2月からオンエア。コンテストを含め、のべ3万6,000局あまりと交信しました。ざっとCWが7割強、残りがSSBほかデジタルモードでした。

JAの方々とはお空の上で、またブログを通じて、本当に多くの知り合いができました。ウズベキスタンをはじめ旧ソ連のハムとの交流も大変印象に残るものでした。自作機を作った時はトラブルシューティングのためメーリングリストで最後まで教えていただいたり、部品をタシケントまで届けていただいたこともありました。そうして出来上がったQP-7とダイレクトコンバージョン受信機のトランシーバで初めて交信できた時の感動は忘れることができません。

いつぞやのハムフェアではeQSO経由で会場の方とCWで交信しました。翌年のハムフェアでは一時帰国にあわせ実際に会場を訪れ、大変な刺激を受けました。数10メートルのビニール線の被覆をカッターナイフで取り、大雨の中、一人でクワッドをあげた苦労も、今となっては懐かしい限りです。ご近所さんとのTVIをめぐるトラブルもありました。

思わずニヤリとさせられる電信の英文平文でのQSOや、コンディションに恵まれ思いもかけず長話となった2WAY QRPのQSO、ギリギリのコンディションでなんとか成立したスケジュール、蒸し風呂のようなシャックでひたすらPCにログインしつづけたコンテスト、お互いの健康を祈りながらファイナルを交換した海外のJA局同士のQSO、ヨーロッパやロシアからの無秩序なパイルアップ、エトセトラエトセトラ。

QSOしていただいた皆さん、ブログをご覧いただいた皆さん、アイボールしていただいた皆さん、いつも惜しみないサポートをしてくれたタシケントのハムの皆さん、そして何よりも、趣味に没頭する夫を黙って見守り、常に最大の理解を示してくれた妻に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。次はJAのお空でお会いしましょう。

いよいよ。。

2006年07月11日(火) 17時24分
アンテナ撤去の日取りが決まりました。軍用アンテナ伸縮マストはUK9AAフョードルにプレゼントすることにしました。彼の別宅シャックで引き続き活躍してくれることでしょう。16日の日曜日に引き取りに来る予定です。したがって、UK/JI2MEDも事実上15日までの運用となります。

K2再生!

2006年07月10日(月) 21時43分
エレクトロデザインさんからK2とKPA100の修理が完了したと連絡がありました。誘導雷にやられたと見られるK2はファイナルのTrのうち一つがショート、KPA100はリレーのひとつを半田ごてを当てて溶かしまったことによる不調だったそうです。

修理代も勉強していただけるそうで恐縮してしまいました。木下社長、本当にありがとうございました。

修理が完了したことはもちろんですが、原因が判明したのがうれしいです。と、同時に自分ではリレーの不調を最後まで見つけられず、技術力のなさを痛感しました。

帰国後は元気になったK2でオンエアするのが楽しみです。KPA100は新規に開局するまで、もうしばらくお預けです。

今朝の6m

2006年06月30日(金) 12時32分
今朝、出勤前のワッチ(0250Z前後)で6mのJA局のCQが聞こえました。

50.110 JH7XRZ
50.102 JM1DTF

呼び出せば応答がありそうなコンディションでしたが、ぐっと我慢。。。

変更申請

2006年06月22日(木) 22時19分
今ある局免にK2とKX1の増設とPSK追加などの変更申請を行うべく、TSS宛ての文書を書き上げました。保証認定代はネット経由の振込み。帰国の頃には出来上がっているでしょう。

住処が決まったら固定局も申請するつもりです。JE1のRくらいかな?

タイは雨季

2006年06月22日(木) 12時49分
昨日、20mのPSKでHS0ZEU/Manと交信しました。「タイには何度か行きました、私はタイが大好きです」と打ったら、「それはFBだ。RASTのミーティングが毎月あるので、次回来る時はぜひ顔を出して欲しい。ウエルカムです」と返ってきました。

さらに、彼のQTHはバンコクから70キロほど北東の田舎らしく「周りはrice fieldしかないんだよ」とのこと。この年末年始にチャームという比較的ローカルなタイのリゾートへ行った時も、確か国道の両側とも延々と田んぼ(塩田)が広がっていたことを思い出しました。

「ありがとう。タイは料理がおいしいね。私のお気に入りはパッタイです。ああ、またパッタイが食べたいなあ」と打つと、「ハハハ、残念だけどon the airではパッタイは送ることができないよ」。Manさん、なかなかユーモアがあって楽しくなります。

「Manさんの名前は私のManabuとよく似ているから、もう忘れないよ」、「そうだね、ur name same same」。そういえば東南アジアの人たちとお互い拙い英語で話していると、時々耳にする「セーム、セーム(なぜか繰り返す)」という響きがよみがえってきました。

蛍光灯の屋台の下で、サンダル履きのスクーター連中が夕涼みしている様子がふと思い浮かんだ、そんな楽しいManさんとのPSKでした。

6月も3分の2が過ぎ

2006年06月20日(火) 22時54分
週末日曜日、夜な夜な14MHzで10ワット以下のPSKでCQを出していたら、LA、OZ、そしてTFからも呼ばれた。

060付近では欧州のQRP同士のQSOが聞こえたり、朝方出勤前にはWが良好に入感するなど、コンディションはまずまずのよう。

KX1でQRP局をコールしてみたり、疲れたら31mのBCバンドをワッチしたり、CQ誌めくりながら帰国後のアンテナシステムをあれこれ考えたりと、地味だけど、それなりに楽しい余暇のひと時をエンジョイしています。

やっちまった。。

2006年06月19日(月) 21時38分
TurboHamlogのバージョンをアップグレードすると各種設定をカスタマイズするまでの期間、データの加工等で必ず何かしら「しでかして」いたが、今回は最近のQSOデータを見事に消失する事態に見舞われた。

過日のAPスプリントのzLogデータをコンバートしHamlogへインポートする際、「データの上書きチェック」をはずさずにいたため、6月13日〜16日までの、確か10数局であったとは思うが、過去のデータが画面から消えた。

バックアップが取ってあった6月12日までは無事だが、先週一週間の、珍しく出勤前にできたWのフォーンや、深夜Gと盛り上がった2WAY QRPのデータなどが失われてショック。インポート前のバックアップは鉄則であります。。

あんまり目くじら立てなさんなって?

2006年06月19日(月) 12時54分
AAでランニングしていて気がついたこと。

(1)ナンバーを送出する際、

599 599 XX XX

というようにRSTを最初に繰り返す人が数局いた。かなり困ります。

(2)0(ゼロ)の送り方

長点三つのO(オー)で送る方がやはりチラホラ。JAドメスティックのコンテストならともかく、対全世界モノではやめた方が無難でしょう。

(3)簡潔を心がけましょう。原則、相手の信号強度がそれなりに強く、QRMも著しくないとの前提で。
UK/JI2MED : CQ UK/JI2MED TEST

UK8MED : UK8MED UK8MED

UK/JI2MED : UK8MED 59937

UK8MED : R UK/JI2MED DE UK8MED CFM TU UR 59900 59900 BK

UK/JI2MED : TU UK/JI2MED

(赤字の箇所)通常は1コール・1回で結構。

(青字の箇所)私のCQ呼び出しに応答してきて、私のコールを打つ必要は全くありませんね。

(ピンクの箇所)相手(上記ではUK8MED)が自局のコールサインを繰り返すと、こちらは「コールサインをミスコピーしたかな?」と構え、混乱します。

(緑の箇所)TPO次第ですが、基本的に不要と考えます。

(茶色の箇所)このTUを不要とされる方もいらっしゃるようですが、これはあったほうがやりやすいかなと。

ロシアあたりの局はソフトのマクロをコリコリに凝っている連中が時々いて参ります。相手の送信が長くなりそうな時は、当方タバコの点火タイムとなっております。

インターフェア問題再燃

2006年06月19日(月) 12時47分
AA初日は日本人会の行事を終わらせ、すぐに戦線に加わるつもりだったが、他社の駐在員連中が我が家で集まることになり宴会が始まってしまった。

1200Zころからアンテナを東に向け、14MHzでJAを中心にランニング。3時間で140局くらいのペースで気をよくしていたら、突然Xからブレーク。曰く、「お隣さんがテレビにブンブン音が入るって電話」。万事休す。

先日チェックして問題なかったはずなのに、なぜ?とりあえずお邪魔して症状を聞く。先方も「先日から何も触っていない」という。テレビのチャンネルを切り替えると10秒ほど画面の上半分が潰れたような状態。当然、私がその場で見ているので電波は出ていない。

「いいですか、はっきり申し上げますがお宅のテレビがボロなんです」。喉まで出かかった言葉をぐっと飲み込んで、即時停波することを約束。なんてこったい(涙)。

コンテストは一旦中断。そのあとは宴会に復帰。二日目はPSK用のPCとリグを接続するコードを作り直したりしながら、10ワットくらいのPSKで遊ぶ。夕方、14MHzでAAのJAがよく入感しているのでKX1で呼んでみると意外にコールバックがある。30局ほどログインできた。皆さんの耳に感謝。

これなら最初からQRPでボチボチやったほうが精神的によかったかも。