« 大和悠河が“写楽”役? 謎の絵師を題材にした新作ミュージカルが開幕 | Main | プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! »
「強いところとやると点が入らない」犬飼基昭会長=サッカー日本代表 / 2010年04月08日(木)
 サッカー日本代表は7日、大阪・長居スタジアムで「キリンチャレンジカップ2010」のセルビア戦に臨み、0−3で敗れた。
 以下は試合後の、日本サッカー協会、犬飼基昭会長のコメント。

「ああいう強いレベルになると点が入っていない。オーストラリアとオランダ、南アフリカなど。強いところとやると入らないので心配だ。縦にボールが入らない。岡田監督としては、思ったようにいかないようだった。ショックを受けているように見えた。期待度と結果のギャップがあったんじゃないか。あんなに簡単に入れられるとリズムが狂う。点の取られ方が悪いのは分かるけど、点が取れないのは問題だね。

(セルビアのアンティッチ監督は)上で全体を見て選手をチェックしていたみたい。それも1つの考え方でいいと思う。今日は国際Aマッチデーじゃないし、契約違反ではないと思う」

【4月8日0時50分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000007-spnavi-socc

Posted at 03:53/ この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/tzqdqwrihjuvlv/archive/9
P R
カテゴリアーカイブ
   
Powered by yaplog!