喉頭気管分離術を決断する前に

March 12 [Tue], 2019, 21:28

これまで一度だって娘の治療法を即決できたことはなかったけど、今回もミニ珍獣の呼吸や嚥下について、もがいて納得してから決断したいと思い、東京に行くことにしました。

お友だちから情報を色々教えてもらったおかげで、無事検査入院の予約を仮押さえできました。


麻酔鎮静下で、気管をカメラで覗く検査です。前回受けたファイバー検査は気管の入り口上までしかカメラを入れていませんが、今度の検査はさらにその奥気管の中にカメラを入れて気管の状態を見るそうです。


もし、ミニ珍獣のサチュレーション低下や唾液の垂れ込みが気管の問題で起きているなら、他の最適な治療法があるかもしれない。

可能性を探って最適な決断ができるように検査してみないとわからないと思ってのことです。

ミニ珍獣にとっては、外科手術にしても検査にしても辛いことですが、肺炎や気管支炎を繰り返す生活もまた続いていくと危険なこと。


取り返しのつかないことだからこそ、しっかり見極めるためにさらに精密な検査を受けようとパパ珍獣と相談して決めました。


真摯に相談にのってくださった東京の病院の医師に感謝です。



小児神経科のほうでは、地元かかりつけ病院でビガバトリンの導入目的で先週入院を予定していました。

入院予定の3日前にママ珍獣がインフルエンザA型を発症してしまい、ミニ珍獣もその前から鼻垂れ状態で入院できず来月に流れてしまいました。。。

ママ珍獣は、イナビルを処方され吸入しましたが、「※吸入したら息を吐かないよう(せっかく吸入した粉が飛んでしまうから)数秒息を止めて耐えて」と薬剤師さんから説明を受けていましたが、パウダー状のお薬の入った容器を口にくわえ、吸ってどれだけ耐えようとしても若干ブフォッ!!となるというのを数回繰り返して、「何この無限一人コント?」と自分に突っ込んでいました←

子どもたちの付き添いや送り迎えと主婦生活の毎日なのになぜ私だけが?と謎ばかり残りましたが、家族は皆陰性でした。

ミニ珍獣を守るため、ミニ珍獣とパパ珍獣はタミフルの予防投与を受けました。


家庭内感染やお友だちに移すことなく済んで本当によかったです。本当に不幸中の幸いでした。



卒園式、入学式、検査入院、ビガバトリン導入入院、他にも色々予定はありますが、体調を整えて大事な節目を向かえられますように。







にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ママ珍獣
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
West症候群(点頭てんかん)と闘う
2019年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ママ珍獣
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年06月09日)
アイコン画像ママ珍獣
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年06月09日)
アイコン画像ママ珍獣
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年06月08日)
アイコン画像ママ珍獣
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年06月08日)
アイコン画像ちびっこママ
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年06月05日)
アイコン画像♡りおママ♡
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年06月04日)
アイコン画像ちーちゃん
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年05月31日)
アイコン画像かづ
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年05月30日)
アイコン画像ちーちゃん
» ウエスト症候群患者家族会、第二回交流会 (2018年05月30日)
アイコン画像ちーちゃん
» 春の訪れとともに発作が乱れる (2018年04月18日)
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる