野菜生活について

November 18 [Tue], 2008, 17:12
前日の日記ではエクルがはじめてゆる●をしてから治るまでの経過を書いたが、
今回はそんなエクルの食事について考えたことを書いてみることに。

長文になりそうですが、どうか最後まで読んでいただけたら幸いです。

    

写真のようにエクルは我が家にきた日から毎日の食事メニューにいろんな野菜や野草を取り組んで、その量も”おやつ程度”じゃなくて”主食”になるくらいの量で与えてきた。そのほか牧草も毎回ひとつまみ程度で、ペレットは一番少なく毎日10〜15g程度の量しか食べなかった。

    

最初はあまりペレットを食べなくても平気なのかなーとか、エクルの体重はほかの子より少ないことから栄養不良になってないのかなと心配もしてたけど、うさぎ専門店に爪切りをお願いした時に「肉つきもいいですし、健康ですね」とスタッフから言われて、また健康診断の時も特に問題なかったので、この食生活について本当に大丈夫だと心からそう信じて、これからも季節の野菜などを一緒に楽しんでいこうと思ったところだった。

    

なので、今回は野菜が理由でエクルがゆる●をしたことに正直とてもショックだった。
この五日間、エクルに与えた野菜の量は本当に本当に慰め程度の量で、エクルは毎回野菜を置く場所で野菜を待ったり、近づくと催促したり。消灯したら牧草やペレットを食べ始める音を聞くと、ずっと我慢してたんだなと。

うさぎ専門店などのサイトで「ペレット+牧草+水」でも十分で良いと読んだ時はすごく動揺したけど、やっぱり完全にやめたらエクルがかわいそうすぎるだと感じて、●の状態を見ながら少量でも野菜を与えてた。

    

今日は、エクルに与える野菜を少し増やしたけど、●の状態も良くて問題がなかった。”人間も同じ食事の内容でも体調によって、下痢したりする時だってあるじゃない?”とダンナが言ってくれて、今回のゆる●も100%が野菜が悪いというわけじゃないので、これからもエクルにはおいしい野菜を与え続けることを決めた。

でも、牧草はもちろん、毎日のペレットの量(20g)も完食できることを第一に、野菜の量をコントロールして、割合でいうと、ペレット4割、野菜3割、牧草3割といいう方針でやっていこうかな!

今回のゆる●も忘れずに、でも神経質にならない程度で、これからもエクルと旬の野菜や野草を楽しもう


はじめて熟睡のエクルが撮れました!

  • URL:https://yaplog.jp/tuu-tuu-rabbit/archive/40
P R
TOP
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エクル♀2008年生まれ
  • アイコン画像 誕生日:5月18日
読者になる
『兎兎のお庭』へようこそ!

トウートウーとは台湾語でうさぎの幼児用語です。発音がかわいいよね♪
ペレットよりも生野菜が大好きなエクルちゃんなので理想はおいしい野菜がそのまま食べられるお庭を作って暮らせたいなと思っています。

いつか・・・ピーターラビットの作者のようにうさぎとのんびりした田園生活も過ごしてみたいです。♪

応援よろしく♪


byラナ(飼い主)
【うさぎのためのメモ】

千葉県の動物病院紹介

(宇都宮)アンドレ動物病院

アーリン動物病院

うさぎの健康手帳

うさぎアレルギー克服対策情報

2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

体重管理

2008.10.20-937g

2008.10.26-1100g

2008.11.8-1120g